漫画の地球儀

YouTube動画をキャプチャする方法!【pc、Mac、Windows、スマホ、iPhone、android、スクショ】

スポンサーリンク

YouTubeの動画をキャプチャーする方法『ソフト』

f:id:rick1208:20200630141139p:plain
ここでは、YouTubeの動画をキャプチャーする方法「ソフト」について説明していきます。みなさん、YouTubeのご使用は多いかと思いますが、YouTubeの動画をキャプチャーする方法について知っている人は多くはないでしょうか?

Youtubeの動画をキャプチャーする方法『パソコン』

f:id:rick1208:20200629211457p:plain
パソコン側(MacWindows)のYouTube動画を録画するには、スクリーン録画ソフト(動画キャプチャー)の使用をおススメします。

パソコン(MacWindows)の画質が一番よく、録画したYouTubeの動画が高画質、YouTubeの高音質でしかも大きなYouTubeの画面サイズで再生可能です。

ここで無料のYouTubeの動画レコーダーソフトウェア Renee Screen Recorder を使用してYouTubeのパソコン画面を録画する方法を説明します。

このソフトはYouTubeをコンピューター(MacWindows)画面上の任意の範囲を録画可能です。YouTubeの音声をYouTubeの録音、YouTubeの録音しないことも設定可能な無料・便利なYouTubeのスクリーン録画ソフトです。

このツールを使用してYouTube動画をキャプチャすることが可能です。

また、特徴は、手軽で便利。YouTubeの録画後にYouTubeの動画編集ソフトでビデオからクリップを消去する代わりに、YouTubeの必要な部分だけをキャプチャすることが可能です。

また、YouTubeの多形式に対応です。YouTube動画を録画する前に、MP4、AVI、WMV、FLVなどの出力形式(フォーマット)を設定することが可能です。手に入ったYouTubeの動画は望んでいる形式のYouTubeの動画です。

加えて、初心者向けです。日本語のYouTubeのインターフェースが簡潔で分かりやすい、直感的で操作可能です。難しい操作は一切ありません。

数回のクリックをするだけで、目標形式でYouTube動画を手に入ります。YouTubeの画質もそれなりで、悪くありません。

Youtubeの動画をキャプチャーする方法『iPhone

f:id:rick1208:20200629010203p:plain
iPhoneiPadの場合、ホームとスリープ同時押しでYouTubeの動画のスクリーンショットが撮れます。

AndroidiPhoneも、端末標準搭載機能のスクリーンショット機能でYouTube画像をキャプチャ可能ですが、その後のYouTubeの編集加工は編集アプリを使用すれば、面白いYouTubeの画像が入手可能です。

Youtubeの動画をキャプチャーする方法『Android

f:id:rick1208:20200629010129p:plain
Androidの場合、普通ホームとスリープを同時押せば、再生中のYouTubeを静止画としてYouTubeのキャプチャ可能です。

YouTubeの動画をキャプチャーする方法『スクショ、静止画』

f:id:rick1208:20200630125834p:plain
YouTubeのキャプチャというのは、モニターに写っているYouTubeの高画質のYouTubeの動画やYouTubeの静止画などのYouTubeの映像をファイル化して取り込んで保存することです。

あまり馴染みがないように思えるかもしれませんが、YouTubeの高画質の静止画のYouTubeのキャプチャは他の呼び方をすると「スクリーンショット(スクショ)」です。スマホでスクショを行っている人は多いのではないでしょうか。

YouTubeの高画質のYouTubeの動画をキャプチャすることのメリットは、YouTubeの動画の中で気に入ったシーンを静止画として保存可能な点があります。

また、他の人に見せたい時にいちいちYouTubeの動画を再生してもらわなくても保存したスクリーンショットを渡すだけで済む点です。

YouTubeの高画質のYouTubeの動画と違ってデータ容量も少ないので、気に入ったYouTubeのシーンはどんどんキャプチャしたいですね。

それでは、YouTubeの高画質のYouTubeの動画をキャプチャーする方法や、キャプチャするソフトについて説明していきます。

YouTubeの動画をキャプチャーする方法『パソコン』

f:id:rick1208:20200630083412p:plain
MacWindows)ではShift+Command+3キーを同時に押すと、デスクトップにYouTubeスクリーンショットが保存されます。

また、Shift+Command+4キーを同時に押すとポインターが十字型になり、ドラッグで選びた部分のみをYouTubeスクリーンショットすることが可能になります。

YouTubeのウィンドウをスクリーンショットするには、Shift+Command+4キーを同時に押してポインターを十字型にし、Spaceバーを押してポインタをカメラ型に変えます。その状態でスクショを取りたいYouTubeのウィンドウを押しましょう。

MacWindows)でYouTubeスクリーンショットをする場合は、Prt Scキーを押しましょう。YouTubeのデスクトップがYouTubeの静止画としてクリップボードに保存されます。

また、Altキー+Prt Scキーで選びているYouTubeのウィンドウのみを静止画としてクリップボードに保存することが可能です。この状態で、ペイントなどの画像編集ソフトを起動しましょう。
f:id:rick1208:20200630141439p:plain
ペイントのボード上で右押してメニューの「ペースト」をクリックするか、Ctrlキー+Vキーを押すことでスクショした静止画がペイントに展開されます。あとは保存すればオーケーです。

YouTubeの動画をキャプチャーする方法『iPhone

f:id:rick1208:20200628213138p:plain
iPhoneでは、電源ボタン+ホームボタンを同時押しすることでスクショすることが可能となっています。

また、設定メニューの一般→アクセシビリティにある「AssisteviTouch」をオンにし「最上位メニューをカスタマイズ」からYouTubeスクリーンショットを割り振ることで、AssisteviTouchボタンを押すことでYouTubeのスクショが撮影可能なようになります。

YouTubeの動画をキャプチャーする方法『Android

f:id:rick1208:20200628213233p:plain
Androidスマホでは、スマホの電源ボタン+音量ダウンボタンを同時押しすることでYouTubeのスクショが撮影されます。

また、Androidの一部の機種はナビゲーションバーのボタンを長押しすることでもYouTubeのスクショを保存することが可能となっています。

YouTubeの動画をキャプチャーするのにおススメのフリーソフト

f:id:rick1208:20200628210301p:plain
まず最初は、「MacX YouTube Downloader」を解説します。

「MacX YouTube Downloader」は無料のyoutubeダウンローダーです。直感的でシンプルなデザインになっており、最新の技術を取り入れている便利なYouTubeの動画保存支援ツールと言われています。

また、WindowsYouTubeの動画を無劣化でダウンロードすることができたり、保存することができ、YouTubeの動画を編集することが可能です。

iTunesライブラリーにも追加することができ、iPhoneなどに取り込むことも可能です。スピーディで軽く、無料で使いやすさなどの特徴があり、たくさんの愛用者がいます。そのほかにも、「Video Downloadhelper」があります。

Windowsで「Video Downloadhelper」はさまざまなYouTube動画共有サイトから簡単にYouTubeの動画を収集することが可能なFirefoxアドオンです。

幅広いサイトに対応していて、YouTubeの動画を他のYouTubeの動画形式に変えることが可能なので、日本では人気があります。設定や操作が簡単で、利用しやすいという特徴があるので、幅広い世代の人が使用しています。

YouTubeの動画をキャプチャーするのにおススメのiPhoneアプリ

f:id:rick1208:20200628205439p:plain
iPhoneで「AirShou」アプリを利用して撮影する方法(AirPlay)を解説します。
f:id:rick1208:20200630141730p:plain
iOS 11以降では画面録画が標準機能として提供されるようになったため、現在は非おススメの方法です。

YouTubeのキャプチャするのにパソコンを用意できない時は、アプリだけで録画する方法もあります。「AirShou」というアプリを使えば、パソコンがなくてもYouTubeの動画をYouTubeのキャプチャ可能です。ただし、AirShouはApp Storeで配布されていない非公式アプリです。

App Storeからダウンロードできないことに加え、何かYouTubeでトラブルが起きてもアップルのサポートを得られないというリスクがあります。

とはいえ、編集部でチェックした限りは問題なく動作していますし、またトラブルが起きたという情報も現状では伝わっていません。

上記リスクや用意にちょっと手間がかかる点もありますが、脱獄せずにアプリだけで録画したいなら、自己責任にはなりますが試してみてはいかがでしょう。

f:id:rick1208:20200630141739p:plain
最初に「AirShou」アプリをダウンロードします。上記のiEmulatorsのページを開いて、AirShouを押します。
f:id:rick1208:20200630141745p:plain
Installを押します。続いてInstall AirShouを押します。
f:id:rick1208:20200630141752p:plain
インストールを押します(iOS 9以降に対応するアプリです)。
f:id:rick1208:20200630141820p:plain
インストールが終了したら、iPhoneの「設定」アプリから一般→プロファイルとデバイス管理を開いて、Wise Technologies Co、, Ltd、を押します(開発元が異なる場合があります)。
f:id:rick1208:20200630141827p:plain
※開発元は時折、変更されていることがあるようです(気になる場合は使用を止めるか、この先は自己責任で進んでください)。

“Wise Technologies Co、, Ltd、”を信頼を押すと、開発元を信頼するかのポップアップが表示されるので、信頼を押します。
f:id:rick1208:20200630141834p:plain
ホーム画面からダウンロードした「AirShou」アプリを起動します。通知の設定をした後、「TuTu Helper」というアプリをダウンロードするように促されます。

現在これをダウンロードしないと、AirShouは使用できないようです。Installを押して遷移した先のページで、RegularタブからDownload Nowを押してアプリをダウンロードします。

AirShouをダウンロードした時と同様、「設定」アプリから一般→プロファイルとデバイス管理と進んで開発元を信頼し、TuTu Helperをダウンロードしてください(※繰り返しますが、気になる場合は使用を止めるか、自己責任で進んでください)。
f:id:rick1208:20200630141842p:plain
AirShouを再び開いたら、チェック事項に目を通してAgreeを押し、続けて確定を押します。
f:id:rick1208:20200630141848p:plain
マイクへのアクセスを許可した後、メニューから録画ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200630141856p:plain
画面の向きや画質などを設定します。動画のタイトルも任意に設定可能です。

デフォルトでは横方向が選択されているので、方向を押して撮影条件に合わせて画面の向きを決めます。縦横どっちの向きも指定可能です。そして、設定後、次のステップをタップ。
f:id:rick1208:20200630141903p:plain
画面下からコントロールセンターを表示したら、AirPlayを押してください。
AirShou(~のiPhone)を選びます。iPhoneの音と一緒に周囲の音が録音されます。
f:id:rick1208:20200630141909p:plain
録画中」と表示されます。カウンターが動作して録画がスタートするので、好きなアプリに切り替えて操作しましょう。

録画を終了する時は、AirShouに戻って中止を押します。

録画を終了すると、AirShouのトップ画面に戻ります。録画したファイルのチェックは、画面右上にあるフォルダのアイコンを押しておこなえます。

録画したファイルが表示されます。押して写真に保存をタップすれば、動画を端末に保存可能です。
f:id:rick1208:20200630141918p:plain
「写真」アプリを開いて、録画したファイルを再生します。AirPlayを設定しているところから録画されています。動きの速い映像にはノイズが乗ることもあります。また、画面を押している音なども録音されます。
f:id:rick1208:20200630141936p:plain

YouTubeの動画をキャプチャーするのにおススメのAndroidアプリ

f:id:rick1208:20200628205556p:plain
ここでは、YouTubeの動画をキャプチャーするのにおススメのAndroidアプリを解説します。

「AZ スクリーン レコーダー」はその名の通り、YouTubeの画面を録画することに特化した無料サードパーティ製アプリです。

YouTubeの動画キャプチャアプリのなかではトップクラスの評価を受けています。今では日本語化されており、より誰でも親しみやすいYouTubeの録画アプリになっています。Android 5、0 Lollipop以降が要件であることに気を付けてください。

YouTubeの動画をキャプチャーの著作権はどうなってるの?

f:id:rick1208:20200628205511p:plain
ここでは、YouTubeの動画をキャプチャーの著作権はどうなってるのか解説します。まず最初は、その第32条引用についてを見て見ましょう。

 「1」公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分自身の著作物に他人の著作物を引用して使用することが可能な。同じような目的であれば,翻訳も可能な。(注5)

「2」国等が行政のPRのために発行した資料等は,説明の材料として新聞,雑誌等に転載することが可能な。ただし,転載を禁ずる旨の表示がされている場合はこの例外規定は適用されない。また、同じく文化庁の”著作物が自由に使える場合”には、

 他人の著作物を自分自身の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。

(2)かぎ括弧をつけるなど,自分自身の著作物と引用部分とが区別されていること。

(3)自分自身の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分自身の著作物が主体)。

(4)出所の明示がなされていること。(第48条)

YouTubeの動画をキャプチャーは違法?

f:id:rick1208:20200628205313p:plain
実は方法を解説するのは表現の自由との絡みがあって、取り締まる事がとても難しいのです。したがって、雑誌サイドも実行を勧めている訳ではない、実行する場合は灰汁まで「自己責任」になります。と必ずどっかに書いてあります。

よって、雑誌の言う事を鵜呑みにしてはいけないって事を予め理解しておく必要が有ります。