漫画の地球儀

YouTube「この動画はご利用いただけません」の原因、対処法!【pc、スマホ、iPhone、android】

スポンサーリンク

YouTube「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」の原因

f:id:rick1208:20200630125834p:plain
YouTubeiPhone端末やAndroid端末などスマホで動画を見ようとした時にYouTube「この動画はご使用いただけません」「この動画は再生できません」と動画上に出て動画を見る事ができない場合、どういった対処法を行なえばいいのかを原因を踏まえた上で説明していければと思います。

アプリ・端末(スマホAndroidiPhone)に原因

f:id:rick1208:20200629211457p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示された時、YouTubeアプリ自体にが不具合を起こしている場合や端末(スマホAndroidiPhone)自体にキャッシュが溜まっている可能性があります。

動画がモバイルに最適化されていない

f:id:rick1208:20200629010203p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示された時、アップされた動画が、何かしらの原因でモバイルに最適化されていない事があり、YouTubeを見ることできない場合があります。その場合YouTubeをパソコンでは見る事が可能です。

動画自体に原因がある

f:id:rick1208:20200629010039p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示された時、動画に著作権や、一般公開にふさわしくない内容などの問題があり、YouTube管理者に公開を停止されている場合はAndroidiPhone、パソコンでも見る方法がない場合がある事は予め理解しておく必要があります。

また著作権の問題によって、日本の通信環境のみ制限されている事もありこの場合は、VPN(仮想プライベートネットワーク)を使うとYouTube動画を見ること可能なようになる可能性があります。

アプリ・端末に原因

f:id:rick1208:20200628210301p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示された時、YouTubeアプリに問題がある場合と端末自体に問題がある場合がありますので原因別で対処しましょう。

YouTubeアプリを再起動する

f:id:rick1208:20200628210618p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示された時、対処法として、YouTubeアプリを再起動する方法があります。

YouTubeアプリ自体が何かしらの不具合を起こしている可能性がある場合、iPhone端末ならホームボタンをダブルクリック、Android端末なら▭を押してバックグラウンドで起動しているYouTubeアプリを消去し、起動しなおしましょう。
f:id:rick1208:20200630130511p:plain
iPhone端末やAndroid端末で動画を再生しようとしたとき、画面に再生エラーと表示された場合、原因は本体のメモリ不足か回線不良の可能性があります。対処法としてYouTubeアプリを再起動するとYouTubeを見ること可能なようになる可能性があります。

Android端末の行なうべき対応

f:id:rick1208:20200628210520p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示されたときや動画のバッファリングが終了しないなどの症状が出た場合以下の対処法をお試し下さい。



・ ブラウザのキャッシュとCookieの消去

デフォルトのブラウザを開き、メニューを開く
プライバシーとセキュリティをタップ
キャッシュを消去を押してOKをタップ
Cookieを全部消去を押してOKをタップ


・別のブラウザを使用

デフォルトのブラウザで動画が再生できない場合Google Chromeなどのほかの携帯端末用ブラウザをダウンロードする。


・別のネットワークを使用

3G、4Gネットワークで動画を再生できない場合は、Wi-Fiネットワークに接続し動画を再生可能なかごチェックください。Wi-Fiネットワークで動画を再生可能なのに、ワイヤレスネットワークで再生できない場合は、使用しているワイヤレスプロバイダに問い合わせて、お住まいの地域サービスに問題がないかどうかをごチェックください。


・最新のシステムアップデートのチェック

最新のシステムアップデートを適用する事で改善しYouTubeを見ること可能な可能性があります。設定➡この携帯電話について➡システムソフトウェアの更新の順に選び、今すぐチェックを押します。

iPhone端末の行なうべき対応

f:id:rick1208:20200628210359p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示された時、iPhoneも履歴や情報が大量に溜まっている場合はiPhoneの処理速度が遅くなり動画の読み込みができない場合があります。Android同様、履歴とウェブサイトデータを消去する事で処理速度を高め、YouTube動画が読み込める可能性があります。

1、デバイスを再起動する
2、設定アプリからSafariを開く
3、履歴とWebサイトデータを消去を押しデータを消去

端末を再起動する

f:id:rick1208:20200628205313p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」と表示が出た場合、iPhoneAndroidの端末自体のメモリ不足が原因で不具合が発生している可能性がありますので、1回再起動し不具合が改善しYouTubeが見ること可能なようになるかを確かめましょう。
f:id:rick1208:20200630131140p:plain

対処法『動画がモバイルに最適化されていない』

f:id:rick1208:20200628202420p:plain
Youtubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示された場合の原因として動画がモバイルに最適化されていない場合がありますので以下の方法を試しましょう。

safariを起動する。

ウェブ履歴が残っている状態だと下画像へ移動します。
f:id:rick1208:20200630131510p:plain
ウェブ履歴が無い状態だと「アクション」アイコンはタップできません。

赤枠内のアクションアイコンを押すと下画像に移動します。
f:id:rick1208:20200630131519p:plain
上画像の通り赤矢印に沿ってスワイプして頂けるとした画像に移動します。

赤枠内の「デスクトップ用サイト」を表示を押してください。
f:id:rick1208:20200630131537p:plain
以上の手順を踏んで頂ければパソコン用サイトに切り替わります。
その他の方法としてSafariの更新アイコンをロング押して切り替える事も可能です。
f:id:rick1208:20200630131544p:plain
上画像画面右上赤枠の「更新アイコン」をロング押すと下画像に移動します。

赤枠内の「デスクトップ用サイトを表示」を押してください。
f:id:rick1208:20200630131646p:plain

アプリアップロードでiosに未対応で見れない場合

f:id:rick1208:20200628201858p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示された時、AppStoreでアプリをアップデートすればYoutubeを見ること可能な可能性があります。

アップデート可能なアプリが上から順に並びますがそのとき、ページの更新も忘れずに行ってください。画面に押し下に2~3秒引っ張る操作で更新されます。YouTubeアプリにアップデートが必要な環境にあれば更新後に画面に表示されます。
f:id:rick1208:20200630131857p:plain

対処法『動画自体に原因(著作権、消去)がある』
f:id:rick1208:20200628191619p:plain
ChromeスマホアプリでYouTubeを見る時に「この動画は再生できません」「この動画はご使用頂けません」と表示されて見ることできない理由は大きく分けて2つあります。

YouTube側がブロック

f:id:rick1208:20200628193052p:plain                          
初めに考えられる理由として、YouTube側が特定のコンテンツをその地域でブロックしているためです。YouTubeガイドラインには、居住している地域で動画再生できない理由について次のように説明しております。

以下抜粋
一部のYouTube動画は、次の理由によりお客様の居住国ではご使用できない場合があります。

・動画の所有者が特定の国でのみコンテンツを使用可能なように選びている。(通常はライセンスや権利が原因)
・各地域の法律に準拠する為YouTube側で特定のコンテンツをブロックしている可能性がある。


法律に関して、各国で異なる為、自国で問題のない内容でも、他国で違法な内容として扱われることがあります。そのときYouTube側にブロックし見ることできないようにしているようです。

投稿者が地域制限を設定

f:id:rick1208:20200628203218p:plain
ガイドラインにも記述されておりますが動画投稿者が権利などの問題で、他国に動画を見る事ができないように設定している可能性もあります。動画投稿者が地域制限を設定している場合が多いのは、音楽やアニメなど権利のハードルが高いジャンルになります。

音楽PVを見ることしようとしたときに見ることができない場合、ブロックされている可能性があります。

地域制限のブロックを回避して動画を見る方法

f:id:rick1208:20200628193347p:plain
「この動画は、お住まいの国では公開されていません。」と表示された場合はProxyを使用して動画を見ることすればブロックを回避可能です。地域制限はIPアドレスで判断されておりIPアドレスが日本のものではなく、その国のIPアドレスで使用すればYouTubeで見る事は可能となります。ですが、あまり実用的ではありません。

YouTube動画の消去

f:id:rick1208:20200630132456p:plain
動画再生画面に「エラーです。」「この動画は再生できません」等と表示され具体的な原因が書かれていない事から動画見ること者側からすると原因がわからない時があります。

もし、直近で見ていた動画が消去された場合はYouTubeの動画見ること履歴を見る事で対象動画が消去されたかどうかが分かります。(見ること履歴から動画が無くなります。)

対処方法はない

f:id:rick1208:20200628195447p:plain
基本的に対処方法はなく見る方法はありません。Youtubeで「この動画は再生できません」など表示された場合でも著作権の問題や動画消去されていた場合などはあきらめるしかなさそうです。

その他、YouTubeで「この動画は再生できません」と表示され、見ることできない原因として以下が考えられます。

回線が原因でiPhoneで動画を再生できない

f:id:rick1208:20200628202405p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示されたときやYouTubeをはじめとした動画共有サイトで動画を見る事ができない場合は回線が原因である可能性が考えられます。

回線がつながっていても、スマホの回線の速度によってYouTube動画を読み込むことができない場合があります。

もちろんインターネットでYouTube動画を見る場合は回線が唾がっている必要があります。iPhoneの回線は大体3GあるいはLTEです。3GよりもLTEの方が高速度になっていますので、YouTube動画を見るのに適しています。

しかし、LTEは高速度ですが動画の種類によってはスピードが追いつかず読み込めない事もあります。スマホYoutube動画を安定してみる場合はWi-Fiを使用するのが最善と言えます。

データの通信制

f:id:rick1208:20200628202740p:plain
キャリアによって上限は異なりますが、通信上限を超えてしまうと処理速度が遅くなり、YouTube動画を読み込めなくなることがあります。契約時に1ヶ月のパケット上限を設定しているはずですのでご使用のキャリアにチェックしてみましょう。

YouTubeの設定の問題

f:id:rick1208:20200628202816p:plain
パソコンでは再生可能なのに、スマホでは「この動画は再生できません」となる場合は以下の対処法をお試し頂ければと思います。スマホだけ見る事ができない時にはYouTubeの使用に問題があるので設定の変更等が必要になります。

1、YouTubeアプリを消去

2、ブラウザでYouTubeにアクセス

3、画面右上の設定ボタンをクリック
f:id:rick1208:20200630133540p:plain
4、下から2番目の「パソコン」をクリック
f:id:rick1208:20200630133546p:plain
以上の方法でお試し下さい。

まとめ

f:id:rick1208:20200628205145p:plain
YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご使用いただけません」と表示され、YouTube動画が見れない、見れなくなってしまった時の対処方法として、まず最初は原因の解明が大事です。

原因によって対処方法が異なってくるので間違った対処を行うと、なかなか直すのに時間がかかってしまいそうです。

ですので、まず端末の再起動やWEB履歴、バックグラウンドで起動しているアプリなどをいったん消去してみて、それでも直らなければ他の対処法を試していくようにしましょう。