漫画の地球儀

YouTube動画の音ズレの原因、対処法!【パソコン、スマホ、iPhone、android、WiFi、画質】

スポンサーリンク

YouTube動画の音ズレの原因

f:id:rick1208:20200629010203p:plain
日本で動画投稿サイトのトップである「YouTube」ですが、皆さんはパソコン、スマホなどでYouTubeを見ることしている時に「音ズレ」を経験したことはありませんか?

音ズレとは、YouTubeなどの動画を見ることしている時に映像に対して音声や効果音などが遅れて聞こえる現象のことを言います。とりあえず映像は見ること可能ですが遅れて聞こえる音声に、嫌な違和感とイライラが募りそのままYouTubeを見る気にはとてもじゃないけれどなれません。

特にリズムゲームなどのYouTubeお手本動画で音声が遅れて聞こえると、全く参考にならないので困り果ててしまいます。

YouTubeで起こる音声が遅れて聞こえる「音ズレ」の原因は色々あります。ここでは「YouTubeで音ズレが起きる色々な原因」と「音ズレの解消方法」を詳しくお伝えしていきます。

YouTube動画の音ズレを補正する方法『パソコン』

f:id:rick1208:20200629010039p:plain
パソコンの場合の「YouTubeの音ズレの原因」「解消方法」を操作方法も加えて説明していきます。

グラフィックドライバの更新

f:id:rick1208:20200629010129p:plain
パソコンからYouTubeの映像に遅れて聞こえる「音ズレ」が起こる場合、グラフィックドライバが原因の可能性があります。グラフィックドライバとは、GPU用のデバイスドライバの事で簡単にいうと「画面に映像を表示ための部品を動かすソフト」です。

このグラフィックドライバに不具合がありますとYouTubeなどの動画見ることで音ズレが発生してしまう事がありますので1回更新してみてください。(お持ちのパソコンにより操作方法が違いますのでお持ちのパソコンに合わせて更新してください。)

また、YouTube以外にもパソコン自体の動作も遅れてしまう原因となるため早めに対処しておきましょう。

ブラウザの再起動

f:id:rick1208:20200629005957p:plain
パソコンのブラウザ(「Google Chrome」「Internet Explorer(IE)」などのソフト)がYouTubeの音ズレの原因の可能性があります。

ブラウザをずっと開いたままにし、更にタブをたくさん開いているとメモリ不足になりYouTubeが重く遅れてしまい音ズレの原因になってしまいます。

ブラウザを使用してYouTubeを見ることしている場合は、再起動することでYouTubeの音ズレを解消させることに有効的な対処方法になります。(パソコンの再起動は、タブを含め1回ブラウザを閉じてからまた立ち上げる事です。)

ちなみにYouTubeの見ることに一番最適とされているブラウザは「Google Chrome」になります。それ以外のブラウザでYouTubeを見ることしていて音ズレがある場合は、Google Chromeにブラウザを変更するだけで音ズレが解消されることも多々あります。

音ズレを直すサイトを使用する

f:id:rick1208:20200628213233p:plain
ネット上には音声がズレているYouTube動画を補正してくれるサイトやソフトがあります。

音ズレは直りますがYoutubeで登録したチャンネルや連続再生は可能でせん。1つ1つURLをコピペしていくしかYoutubeを補正可能でせんので使い勝手としてはあまりよくないと感じるかもしれません。

このようなYouTube補正サイトを使用してみるのも1つの方法です。どうしても音ズレを解消したいYouTube動画がある場合に使用してみてはいかかでしょうか?

YouTube動画の画質を落とす

f:id:rick1208:20200628213138p:plain
YouTubeは現在最大4K画質まで対応しています。超高画質でYouTubeを楽しめるのは嬉しい事なのですが、それと同時に「YouTube動画が高画質すぎて音ズレが発生し正常に見ることできなくなる」可能性がでてきます。

YouTube動画が高画質すぎて自分自身自身のパソコンがYouTubeについていけていなく音ズレが起きていることが原因かもしれません。その場合はYouTube動画の画質を下げて見ることしてみる事で音ズレが解消されることがあります。

パソコンでYouTubeを見ることしている場合のYouTube動画の画質を下げる操作方法を解説します。(スマホでのYouTubeアプリの操作方法は下の目当てでご説明しています。)

始めにYouTubeで見たい動画の画面を開いてください。

YouTubeの映像画面にカーソルを合わせると右下に「設定(歯車)」マークが表示されるので押してください。
f:id:rick1208:20200629191734p:plain
「設定」マークを押しますと、「画質」の項目がありますので押してください。
f:id:rick1208:20200629191740p:plain
YouTube動画の画質が何種類か並んで表示されるので選び押して終了です。(画質の数字が高いほど高画質になります。)

キャッシュやクッキーを消去する

f:id:rick1208:20200628205439p:plain
パソコンの容量不足によりYouTube動画に音ズレが起きている可能性があります。ブラウザのキャッシュやcookieを消去することで音ズレが解消されることがあります。

パソコンのキャッシュ、cookieの消去方法を説明します。(筆者が使用しているブラウザは「Google Chrome」ですのでここでは「Google Chrome」の操作方法になります。)始めにパソコンで「Google Chrome」を開いてください。

画面右上にあります「三点リーダー」を押してください。
f:id:rick1208:20200629191808p:plain
「その他のツール」を押して「閲覧履歴を消去」を押してください。

期間を選択可能ですので、すべて消去する場合は「全期間」を選びてください。
f:id:rick1208:20200629192011p:plain
Cookieと他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックして「データを消去」を押してください。以上がブラウザのキャッシュ消去終了です。これでだいぶYouTubeが軽くスムーズに見ること可能なと思います。
f:id:rick1208:20200629202859p:plain

  1. YouTube動画の音ズレを補正する方法『スマホ

f:id:rick1208:20200628205556p:plain
皆さんがYouTubeで音ズレを感じる時の大半がスマホで見ることしている時だと思います。スマホはメモリ不足・通信速度が遅いので、どうしてもYouTubeなどの動画再生には音ズレなどの不具合が起きる可能性が高くなります。

YouTubeなどの動画再生に不利なスマホですが、ちょっとでもYouTubeで音ズレを解消させる方法を今からお伝えしていきます。

WiFiで見る

f:id:rick1208:20200628205313p:plain
スマホは特に通信環境に左右されるので電波が悪い状態でYouTubeを再生すると、たとえ画質を低く設定しても音ズレやカクつきが発生してしまいます。

音ズレを解消するにはWiFiYouTubeを見ることが通信環境では一番安定しますので、WiFiがある場所では接続をWiFiに変えてYouTubeを見るようにしてください。

YouTube動画の画質を落とす

f:id:rick1208:20200629211248p:plain
パソコンでYouTubeを見る時にもあてはまりましたが、高画質のYouTube動画はかなりスマホに負荷がかかりますので音ズレが起きやすくなってしまいます。

今からスマホYouTubeアプリ)でYouTubeの画質を下げる操作方法を説明しますので、1回画質を下げてYouTubeを再生してみてください。画質を落とすだけでかなりYouTubeのカクカク感・音ズレが解消されると思います。

YouTubeアプリを開いて見ることしたいYouTube動画のページを開いてください。

開きましたらYouTube映像を押して操作画面を出し、右上にある「三点リーダー」を押してください。
f:id:rick1208:20200629211304p:plain
押すと、「画質」の項目が出てきますので、そちらを押してください。

「画質」を選択可能ですので選びてください。(画質は数字が高いほど高画質になります。)YouTube動画の画質を低く設定するだけでスマホの場合YouTubeがスムーズに動くようになります。

YouTubeアプリの再起動

f:id:rick1208:20200629211457p:plain
スマホをずっと使用していると「バックグラウンドアプリなどが溜まりすぎている」「YouTubeアプリ自体も重くなっている」などの理由で音ズレ、カクつきなどの不具合が出ている可能性があります。

ずっと開きっぱなしだったYouTubeアプリでYouTube動画を再生した時に音ズレを起こしてしまう場合は1回YouTubeアプリを切って再起動させることをおススメします。

また必要のないアプリはアンダウンロードしたりバッググラウンドから消したり、日頃からこまめに容量を確保するようにしましょう。

端末の再起動

f:id:rick1208:20200628205145p:plain
上の説明でお伝えしましたバックグラウンドの消去ですが、1つ1つ消去していくのは手間もかかるし面倒だなと思われる人は思い切って再起動してみることをおススメします。

また、スマホ本体もずっと電源を入れたままYouTubeなどのアプリを使用し続けていると色々な不具合が起こりやすくなります。ちょっと休ませてリフレッシュさせてあげる意味でも再起動してみてください。

再起動することで大体の不具合は解消してしまいますので、YouTube見ることのため以外にもスマホ本体を快適に使用するのでにも、たまに端末を再起動してあげてください。

YouTubeの生放送で音ズレする原因と対処法

f:id:rick1208:20200628191619p:plain
YouTubeにはライブというものがあります。リアルタイムで映像を配信することが可能な機能で、TVでいう「生放送」のようなものです。

ライブ配信中は見ること者とチャットで交流することが可能なため双方が楽しめる画期的な機能なのですが、アクセスが集中するので、録画配信されたYouTube動画よりも更に負荷がかかっており音ズレなどが起きやすい状態になっています。

リアルタイム配信の音ズレ対処は今回解説したものを実践していただくことしかありませんが、途中で通信が切れてしまい見れなくなることがないように、事前から早めの対処をしておきましょう。

大体のYouTuberさんはライブ配信される前に告知していますのでスケジュールをチェックしておくのも重要です。

またYouTuberのソフトの不具合・設定間違いなどでライブそのものが最初から音ズレしている場合もありますのでチャットで他の人が音ズレを指摘していないかチェックしてみましょう。

いかがでしたでしょうか?ここでは「YouTube動画の音ズレの原因」と「音ズレを補正する方法」を解説しました。

「全部の方法を試してもYouTubeの音声が遅れていて解消されない」「どの端末からYouTubeを見ることしても同じ音ズレが発生する」場合は、YouTuber(投稿者)側の原因である可能性が高くなります。

その場合は、先ほど解説したYouTube用「音ズレTube」などのソフトでYouTube動画を補正するか、残念ですがそのYouTube動画は諦めましょう。(YouTube補正ソフトまであるのは筆者も驚きました。是非1回試しに音ズレしているYouTube動画を見つけたら補正してみてください。)

YouTubeの音ズレは見ること者側が原因で起こる音ズレです。まず最初は自分自身自身自身のパソコンやスマホYouTubeを見ること可能な状態なのか、通信環境はちゃんと確保できているのかちゃんとチェックしてください。

本当に映像と音声がバラバラになっているとストレスがかかりますよね。YouTubeの音ズレの原因がわからないと頻繁に音ズレが起こってどんどんイライラしてしまいますので、原因を把握しちゃんとと解消してからYouTubeを是非ストレスフリーで楽しんでください。