漫画の地球儀

iTunesでiPhoneを認識しない原因、対処法!【パソコン、Windows、Mac、最新、ケーブル、ドライバー】

スポンサーリンク

iTunesiPhoneが感知しない時に最初にチェックすること

f:id:rick1208:20200626115833p:plain
iTunesiPhoneが感知しない時、まずチェックするのは、iPhoneなどデバイス側にちゃんと電源が入っているかということです。

また、WindowsMacなどのソフトウェアが、iTunesに対応している最新バージョンのものかもチェックしておいた方が良いと思います。

パソコンに入れているiTunesのバージョンアップデートがされていないことも、iTunesiPhoneが感知しない原因になります。

パソコンに繋いだiPhoneなどのデバイスの電源が入っているかや、iPhoneなどのデバイス画面で、繋いだパソコンを「信頼する」という操作を行うことも必要です。

iTunesiPhoneが感知しない時には、単にiTunesiPhoneなどのデバイスに原因があるだけではないので、同時にパソコンのソフトウェアもチェックしてみてください。

iTunesiPhoneが感知しない原因

f:id:rick1208:20200626112846p:plain
iTunesiPhoneが感知しない原因としては、主にiTunesiPhoneのバージョンアップデート状況や、Windowsなどパソコンのソフトウェアの状態も可能性があります。

WindowsMacパソコンの故障など、ハードウェアの問題のときもありますし、iPhoneの電源などデバイスのハードウェアの問題もあります。

また、LightningケーブルやUSBコネクタの不具合など、デバイスとパソコンをつなぐ部分が原因で、iTunesiPhoneを感知しないこともあります。

iTunesiPhoneを感知しないときには、デバイス側でも、Windowsなどソフトウェア側でも、パソコン自体のハードウェア側でも、色々な原因が考えられます。

対処の前には事前用意

f:id:rick1208:20200626115944p:plain

iTunesiPhoneが感知しないときには、事前用意をしておくことも大事です。

iPhoneiTunesのバージョンアップデートや、Windowsなどソフトウェアの更新、LightningケーブルやUSBコネクタの状況チェックなどです。

iTunesiPhoneが感知しない状況は、意外と頻繁に起こります。

まず最初は基本的な用意をちゃんと行い、iTunesiPhoneが感知しない状況に陥っても、冷静に対処可能なようにしておきましょう。

iTunesiPhoneが感知しない時の対処法は?

f:id:rick1208:20200626113016p:plain
iTunesiPhoneが感知しない場合には、主に7つの対処法が有効です。

大まかには、Windowsなどパソコン側のソフトウェアやハードウェアの問題、iPhoneiTunesのバージョンアップデート、Lightningケーブルなどコネクタ関連です。

iTunesiPhoneが感知しない時に、Windowsなどソフトウェアのバージョンアップデートは意外と見落としやすいですし、ハードウェアの問題に気が回らないこともあります。

パソコン側の問題

f:id:rick1208:20200626094420p:plain
iTunesiPhoneが感知しないときに、パソコン側の問題も考えられます。

iTunesのバージョンアップデートや、Windowsのドライバーの更新など、iTunesiPhoneが感知しない時に見落としがちな原因が潜んでいます。

どれもすぐに対処可能なことなので、iTunesiPhoneが感知しないときに試してみてください。

iTunesを最新のバージョンにする

f:id:rick1208:20200626141022p:plain
iTunesiPhoneのマークが表示されないときには、iTunesのバージョンが最新状態かチェックしてみてください。

もしiTunesのバージョンが最新でなければ、更新することでiTunesに繋いだiPhoneが表示されない問題が解決可能な可能性が高いです。

更新の仕人は、iTunesの「ヘルプ」→「更新プログラムのチェック」で行うことが可能です。

iTunesを更新したら、再度iPhoneを繋いでみて、iTunes内でiPhoneのマークが表示されるかチェックしてみてください。

それでもiPhoneのマークが表示されない場合は、他の原因になります。

②ドライバーを更新する

f:id:rick1208:20200626141051p:plain
iTunesiPhoneのマークが表示されないときに、Windowsパソコンの場合はドライバーを更新することで、そのような不具合が解消されることがあります。

やり人は、「Windows+x」キーを押し、「デバイスマネージャー」→「デバイス名をダブルクリック」→表示されたデバイスドライバーを右クリック→「ドライバーの更新」→「自動検索」をクリック。

iTunesiPhoneのマークが表示されないとき以外にも、iPhone以外の周辺機器の不具合があった場合にもドライバーの更新が有効な場合があります。

コネクタの問題

f:id:rick1208:20200626091811p:plain
iTunesiPhoneのマークが表示されない場合には、コネクタに問題があるパターンもあります。

LightningケーブルのコネクタやUSBコネクタなど、物理的な問題でiTunesiPhoneのマークが表示されないときがあります。

LightningケーブルのコネクタやUSBコネクタなど物理的な問題が原因なら、対処法も簡単です。

③USBポートを別のポートでやってみる

iTunesiPhoneが認識されないなら、USBポートを移動してみるのも有効です。

パソコンの側面に、USBポートがいくつか設置されているタイプなら、場所を変えて試してみるだけでiTunesiPhoneが認識されるようになることがあります。

USBポートとLightningケーブルの相性もあるので、試してみるしかありません。

④Lightningコネクタを確認する

f:id:rick1208:20200626041636p:plain
iTunesiPhoneが認識されない時には、Lightningコネクタをチェックしてみることも必要です。

Lightningコネクタは、長く利用していると断線してしまったり、日々の使用状況によってはすぐに劣化してしまいます。

単に、iPhoneなどのデバイスとちゃんと接続されていないだけの可能性もありますし、パソコン側もiPhone側も、Lightningコネクタをちゃんとチェックしておきましょう。

Lightningケーブルの問題

f:id:rick1208:20200626041659p:plain
iTunesiPhoneが認識されない時に、Lightningケーブルの不具合が原因で認識されない場合があります。

Lightningケーブルは、知らない間に線が切れてしまっている場合もありますし、純正のLightningケーブルでない場合はiTunesiPhoneが認識されないパターンもあります。

⑤別のLightningケーブルをやってみる

Lightningケーブルの見た目に問題が無い場合は、別のLightningケーブルを利用して試してみるのも有効です。

純正でないLightningケーブルを利用して接続を試みていたのなら、純正のLightningケーブルに変更するべきですし、古いものなら新しいものに変更してみてください。

Lightningケーブルを変えるだけで、iPhoneが認識されるときがあります。

ソフトウェアの問題

f:id:rick1208:20200626040236p:plain
iPhoneのソフトウェアが問題で、iTunesiPhoneが認識されないこともあります。

iPhoneのソフトウェアの不具合を修復するには、再起動やDFU復元など、初心者でも簡単な対処法で行うことが可能です。

通常通り使用する分には気づかない不具合もあるので、試してみてください。

iPhoneを再起動をする

f:id:rick1208:20200626035205p:plain
iPhoneの再起動をしてみるのが、最も手っ取り早い対処法です。

iPhoneの再起動は、電源ボタンの長押しで電源を落とすか、ホームボタンと電源ボタンを同時に長押しすることで強制終了させることも可能です。

iPhoneが反応しないなど、目立った不具合でなければ、通常通り電源ボタンを長押しして1回電源を落とし、ちょっと間をおいてから再び電源を入れてください。

⑦DFU復元をする

f:id:rick1208:20200626023829p:plain
DFU復元は、1回iPhoneが初期化されるので、必ずiTunesにバックアップが保存されている状態で行ってください。

やり人は「iTunesを立ち上げる」→「iPhoneとパソコンをケーブルで接続」→「iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に長押し」→「画面が黒くなったら、電源ボタンだけ離す」

今度はパソコン画面を見て「iTunesにメッセージが出たら長押しをやめる」→「OKボタンをクリック」

その後、「iPhoneを復元」→「復元と更新」というボタンを順に押していくと、iPhoneが復元されます。

ハードウェアの問題

f:id:rick1208:20200626023817p:plain
パソコンやiPhoneのハードウェアの問題でiTunesで認識されないときもあります。

普段の使用方法で心当たりがある人は、修理が必要な場合もあるかもしれません。iTunesに繋ごうとして気づくこともあるので、注意が必要です。

水濡れの可能性

f:id:rick1208:20200626005258p:plain
よくあるのが、iPhoneの水濡れによる不具合です。

水たまりやトイレなど、iPhoneを水没させてしまった場合に、その後に電源が入ったとしても何かしらの不具合を残す可能性はあります。

それがたまたまiTunesとの接続のエラーというだけであって、普段プライベートで使用する分には何も問題が起こらないパターンもあります。

湾曲の可能性

f:id:rick1208:20200625221648p:plain
iPhoneをズボンのポケットによく入れているという人は、知らない間にiPhone自体が湾曲して歪んでしまっている可能性もあります。

iPhoneの特に画面が大きいタイプの機種は、ズボンのお尻のポケットに入れたまま椅子に座るなどすると、フレームが歪んでしまうことがあります。

iPhoneの特に画面が大きい機種を使用している人は、注意が必要です。iPhoneにパターンを装着するか、ポケットに入れないという対処をしておきましょう。

落下の可能性

f:id:rick1208:20200625221818p:plain
iPhoneを落下させてしまった衝撃で、iTunesに繋いだときにデバイスが認識されなくなることもあります。

落下した直後に普通に使用する分には不具合を感じなかったとしても、iTunesと接続しようとする段階で気づくこともあります。

落下させてしまった心当たりがある人は、もしかしたら修理が必要になるかもしれません。

バイスが認識されない場合はの対処法

f:id:rick1208:20200625201822p:plain
iTunesで、iPhoneなど他のデバイスが認識されないときには、考えられる原因としては共通したものがあります。

それぞれのデバイスやパソコンのソフトウェアのアップデート状況など、基本的な部分をチェックしておいてください。

macOSWindowsiTunes のバージョンのアップグレードが必要

f:id:rick1208:20200625201805p:plain

何か不具合があったときには、まず考えるのはバージョンアップデートです。

Macの場合は、Macのメニューから「システム環境設定」→「ソフトウェアアップデート」→「今すぐアップデート」

Windowsの場合は、「スタート」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムのチェック」

iTunesの場合は、「ヘルプ」→「更新プログラムのチェック」です。それぞれアップデートしておくことで、細かい不具合が修正されることが多いです。