漫画の地球儀

iPhoneの指紋認証(Touch ID)使い方、設定、登録方法!【メリット、デメリット、ログイン、LINE】

スポンサーリンク

iPhone指紋認証(Touch ID)

f:id:rick1208:20200626091250p:plain
指紋認証(Touch ID)とは、iPhoneで使えるセキュリティ機能のことです。基本的にiPhoneの初期設定をする過程で指紋を登録するのが一般的です。

でも初期設定の段階では使わないと判断し、登録しなかった人がiPhoneを利用しているうちにやっぱり必要だと思った場合は、簡単に登録可能です。

指紋認証(Touch ID)はiPhoneのセキュリティ性を格段に上げてくれるので、紛失したときにも勝手に第三者に利用される心配が減ります。iPhoneユーザーなら真っ先に設定しておきたい機能です。

指紋を識別する機能

f:id:rick1208:20200626091811p:plain
指紋認証(Touch ID)とはiPhoneにホームボタンを当てるだけで、指紋を識別する機能です。指紋登録を行うことでApp Storeでアプリを買ったり、ロック画面でiPhoneのロックを解除したりすることが可能です。

自動でログインやパスワード記入、決済が可能

f:id:rick1208:20200626041728p:plain
iPhoneのロック解除をするときやWalletの支払いなどのときにパスワード記入が必要な場合には、指紋認証(Touch ID)を代用することが可能です。指紋認証(Touch ID)とは、パスワード代わりに使える機能なのです。
f:id:rick1208:20200626091912p:plain
iPhone指紋認証(Touch ID)はAppStoreからアプリを購入可能なだけではなく、Apple Payで買い物をするときにパスワードを記入する代わりにも使うことが可能です。

Apple Payで使う方法とはApple Payを起動して、支払いの時にホームボタンに指紋をスキャンした指を当てるだけです。
iPhoneiPad で Touch ID を使う - Apple サポート

指紋認証(Touch ID)を設定する方法

f:id:rick1208:20200626041659p:plain

iPhone指紋認証(Touch ID)を使う場合には、事前に設定、登録する必要があります。iPhoneの初期設定で設定、登録することが可能ですが、そのときに「後で設定する」を選びた場合の設定、登録方法とは、どんな手順で行うのか説明していきます。

指紋を登録する

f:id:rick1208:20200626092252p:plain
指紋認証(Touch ID)の設定、登録の手順とは、iPhoneの設定アプリを起動して行います。1台のiPhoneで複数の指紋を登録することが可能ですし、いつでも消去することも可能です。
f:id:rick1208:20200626092307p:plain
iPhoneのホーム画面で設定アプリを押して、一番最初の画面を下にスクロールしていきます。
f:id:rick1208:20200626092316p:plain
最初の画面下の中盤にある「Touch IDとパスコード」という項目を押しましょう。
f:id:rick1208:20200626092539p:plain
パスコードの記入画面になるので、iPhoneに登録している6桁数字のパスコードを記入します。
f:id:rick1208:20200626092549p:plain
パスコードを記入したら、「Touch IDとパスコード」の画面で「iPhoneのロックを解除」を押します。
f:id:rick1208:20200626092556p:plain
この設定は指紋認証(Touch ID)に指紋を登録してからでも変更可能ですが、ついでにオンすることが可能なのでしておきましょう。
f:id:rick1208:20200626092605p:plain
「Touch IDとパスコード」の画面の下部にある「指紋を追加」という青い文字の項目を押してください。
f:id:rick1208:20200626092614p:plain
指紋を追加する画面になったら「指でタッチ」という画面が表示されるので、利き手の親指をiPhoneのホームボタンに当ててください。
f:id:rick1208:20200626092625p:plain
「指でタッチ」という画面でホームボタンに指を当てると、画面に赤い指紋のマークが表示されてどれくらい指紋をスキャンできたかをチェック可能です。
f:id:rick1208:20200626092652p:plain
ホームボタンに当てている部分の指紋がスキャンできたら、「指を離す」という文字が画面上部に表示されるのでもう1回ホームボタンを指に当ててください。
f:id:rick1208:20200626092700p:plain
指を当ててスキャンしたら指を離すという工程を何度か繰り返していると「グリップを調節」という画面が表示されるので「続ける」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200626092715p:plain
「指でタッチ」という画面で、今度は指紋の境界線がスキャン可能なようにホームボタンにつくように当ててください。
f:id:rick1208:20200626093221p:plain
指紋をスキャンできて「指を離す」という画面になったらホームボタンから指を離して、もう1回ホームボタンに指を当ててください。
f:id:rick1208:20200626093413p:plain
指紋の境界線をスキャンし終えたら終了という画面が表示されるので、「続ける」という文字を押してください。
f:id:rick1208:20200626093421p:plain
iPhoneに登録された指紋は「指紋1」や「指紋2」などという名前で登録されます。指紋認証(Touch ID)には利き手の親指の指紋を登録するのが一般的ですが、他の指でも登録することが可能です。

iPhoneのロック解除

f:id:rick1208:20200626040236p:plain
iPhoneに指紋をスキャンして登録できたら、指紋認証(Touch ID)を使えるようになります。ここからは指紋認証(Touch ID)の使用方法とは、どのような手順で行うのかについて説明していきます。

スリープ状態でホームボタンを押す

f:id:rick1208:20200626023817p:plain
iPhone指紋認証(Touch ID)を一番よく使うのは、iPhoneのロックを解除するときです。使い人はとても簡単で、まずiPhone端末の横にあるスリープボタンを押してスリープ画面にします。

次にiPhoneのホームボタンに指紋認証(Touch ID)に指紋をスキャンし登録した指を当てます。指紋が認識されるとiPhoneのロックが解除されて、ホーム画面が表示されます。

コンテンツを購入

f:id:rick1208:20200626023829p:plain
iPhone指紋認証(Touch ID)をiTunes StoreApp Storeでのコンテンツ購入に使う方法は、ロックを解除する使用方法とは異なります。指紋認証(Touch ID)でコンテンツを購入する方法は以下の通りです。

Touch IDでコンテンツ購入許可する

f:id:rick1208:20200626023022p:plain
まずiTunes StoreApp Storeで買ったいコンテンツを選ぶ前に、iPhoneの設定アプリから指紋認証(Touch ID)の設定を事前に変更しておく必要があります。

iPhoneの設定アプリを起動して、「Touch IDとパスコード」という項目を選びましょう。指紋認証(Touch ID)に関する設定はすべてこの項目から行います。
f:id:rick1208:20200626093523p:plain
「Touch IDとパスコード」の画面では「iTunes StoreApp Store」の項目にあるチェックアイコンを押してオンにします。この項目をオンにすることで可能になることとは、iTunes Storeでの音楽購入と、App Storeでのアプリ購入です。
f:id:rick1208:20200626093624p:plain
この項目をオフにしてある状態とは、iTunes Storeでの音楽購入も、App Storeでのアプリ購入もパスワードを記入しないとできない状態です。指紋認証(Touch ID)を利用してiPhoneでコンテンツを購入するのでにはオンにしておく必要があります。

コンテンツの購入方法

f:id:rick1208:20200626035147p:plain
指紋認証(Touch ID)を利用してiTunes StoreApp Storeでコンテンツを購入する方法は、まずコンテンツを購入するストアを開きます。

次にiTunes StoreApp Storeなどで、指紋認証(Touch ID)を利用して買ったいコンテンツを選びます。
f:id:rick1208:20200626093654p:plain
iPhoneを購入して初めてコンテンツを購入する場合や、iPhoneの設定をすべてリセットしてはじめてコンテンツを購入する場合は、コンテンツ画面で「入手」を押すとパスコードの記入画面になります。
f:id:rick1208:20200626093703p:plain
iPhoneに登録しているパスコードを記入して、「OK」を押しましょう。この画面でパスコードを記入すると、次の画面で指紋認証(Touch ID)が可能です。

コンテンツの購入画面に戻り、指紋認証(Touch ID)を行うポップアップが表示されたら、ホームボタンに指紋をスキャンして登録した指を当ててください。

「Touch IDでダウンロード」という文字が「終了」という文字に変わったら、指紋認証(Touch ID)でのコンテンツ購入は終了です。無料の場合でも、この手順は行います。

アプリ起動時のロック解除

f:id:rick1208:20200625221648p:plain
iPhoneで可能な指紋認証(Touch ID)ではアプリのロック解除も可能です。iPhoneのロック解除とは異なる設定画必要になりますので、ここからはアプリのロック解除の設定方法を説明していきます。

「LINE」での設定方法

f:id:rick1208:20200626093909p:plain
iPhone指紋認証(Touch ID)でロック解除可能なアプリはさまざまなものがありますが、代表的なのはLINEです。LINEのロック解除設定とは、どのように行うのか説明していきます。

まずiPhoneでLINEを起動して、友だちタブを表示します。友だちタブとは、iPhoneのLINEに登録している友達が一覧でチェック可能な画面です。友だちタブを表示したら、右上にある歯車アイコンを押します。
f:id:rick1208:20200626093922p:plain
iPhoneのLINEの設定画面で「プライバシー管理」という項目を押してください。指紋認証(Touch ID)の設定はここから行っていきます。

「Touch ID使用」項目をオンにする

次に表示される画面で「Touch ID使用」という項目があるので、そこをオンに設定してください。これでiPhoneでLINEを使う時に指紋認証(Touch ID)でロック解除可能なようになりました。

指紋認証(Touch ID)を使用するメリット

f:id:rick1208:20200626093941p:plain
iPhone指紋認証(Touch ID)を使用するメリットは、普通のパスコードの記入と違い、大半持つ動作だけでiPhoneを起動可能なことです。

パスワード記入の煩わしさがなくなる

f:id:rick1208:20200626093958p:plain
指紋認証(Touch ID)を使うメリットとはiPhoneを起動するとき、iTunes StoreApp Storeでコンテンツを購入するとき、Apple Payで支払いをするときなどにいちいちパスコードを記入する手間を省けます。

iPhoneを起動するときは大半端末を持つだけで済みますし、コンビニで電子マネーで買い物をするときも片手で支払いが終わるので、混んでいる時間帯でもイライラしません。またiPhoneでいいなと思った曲を直感的にさっと購入可能なのもメリットです。

指紋認証(Touch ID)を使用するデメリット

とても便利なiPhone指紋認証(Touch ID)ですがメリットだけではなく、デメリットもあります。デメリットを把握しないでiPhone指紋認証(Touch ID)を使うとストレスを感じるので、事前に知っておきましょう。

指が汚れていると認証してくれない

f:id:rick1208:20200626094015p:plain
iPhone指紋認証(Touch ID)のデメリットとは、指が汚れていたり、濡れていたりすると指紋を認証してくれないことです。iPhoneを操作するときは必ず指をきれいにして、水分をふき取ってから指紋認証(Touch ID)しましょう。

もし指が汚れている画面でiPhoneを起動することが多い場合は、設定アプリから「iPhoneのロックを解除」という項目だけオフにすれば、指紋認証iPhoneを起動できなくなります。

また指紋認証をするホームボタンが汚れている場合もうまく認証してくれません。iPhoneのホームボタンは定期的に拭いて、キレイに保ちましょう。

無駄遣いの原因になる

f:id:rick1208:20200626094026p:plain
指が汚れていると使えないこととは異なるiPhone指紋認証(Touch ID)のデメリットは、コンテンツを購入しすぎてしまうことです。

指紋認証(Touch ID)でコンテンツを買いすぎてしまって、しばらく無駄遣いをしたくない場合は、設定アプリから「iTunes StoreApp Store」をオフにしてください。
f:id:rick1208:20200626094033p:plain
またiPhoneApple Payで買い物をしすぎてしまい、しばらく節約したい場合も設定アプリから「Apple Pay」をオフにしておいてください。

指紋認証での支払いに関する項目はロック解除とは違い、常にオンにしておく必要がありません。常にオンにしておかないことが無駄遣いを防ぐコツです。
f:id:rick1208:20200626094046p:plain
また「パスワードの自動記入」もオフに可能なので、iPhoneでアプリにログインする頻度が多く、月末前に通信量の制限に達してしまうことがある人は指紋認証(Touch ID)はオフに設定しておきましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200625221818p:plain
iPhone指紋認証(Touch ID)のメリットは簡単に登録出来て、便利に買い物が可能なことです。しかし無駄遣いの原因になるなどのデメリットもあるので、気を付けて使いましょう!