漫画の地球儀

YouTubeアプリのキャッシュを削除する方法!【iPhone、Android、パソコン、スマホ、動作】

スポンサーリンク

YouTubeのキャッシュ

f:id:rick1208:20200628210618p:plain
皆さんはYouTubeをご使用でしょうか。YouTubeとは世界最大のは動画共有アプリです。世界中で色々な人がYouTubeで動画を投稿し、見ることしています。YouTubeは動画な分、データ量も多く、パソコンの処理動作も重い(遅い)印象があるかと思います。

パソコンの処理が重くなるとどうなるかというと、当然読み込みが遅くなったりしてしまいますよね。そこでここでは、YouTubeをよりスムーズに動画を見ること可能なよう、YouTubeアプリに対してキャッシュを消去する方法やその仕組みについて解説したいと思います。

YouTubeの一時データー

f:id:rick1208:20200628210520p:plain
キャッシュとは、YouTube上に一時データを保存する仕組みのことを指します。
f:id:rick1208:20200628211059p:plain

よく使うデーターをスマホに保存する

f:id:rick1208:20200628210359p:plain
前述していますが、パソコンやスマホにはキャッシュという1回開いたウェブページのデータを保存し、次に同じウェブページを開くときに早く表示してくれる仕組みが存在します。要するにキャッシュとは、よく使うデータをスマホに保存してくれているわけです。
f:id:rick1208:20200628211131p:plain
パソコンでのYouTubeページもスマホYouTubeアプリも、基本的にはこの機能・仕組みを用いることでスムーズな動作を行っているのです。YouTubeでこのキャッシュという機能を使用しない場合どうなるかというと、毎回YouTubeページを開くたびに、毎回スマホYouTubeアプリを開くたびに必要なデータを全部読み込む必要が出てきます。
f:id:rick1208:20200628211152p:plain
キャッシュがないとどうなるか、ようするにYoutubeを見る時のパソコンの動作も重い(遅い)という結果になるのです。特にスマホはプランにより通信制限もあります。

通信量を気にせずネットを使用しているとどうなるか、当然通信制限がかかってしまいますよね。ようするに、全部のデータを毎回読み込むという動作はとても無駄の多い行為となります。
f:id:rick1208:20200628211222p:plain
そのような問題をYouTubeでもキャッシュが解決してくれているので、本来であればとても助けとなっている素晴らしい仕組み・システムなのです。
f:id:rick1208:20200628211232p:plain

キャッシュがたまるとスマホの動作が遅くなることも

f:id:rick1208:20200628210301p:plain
実はこのキャッシュという仕組みには問題点もあります。キャッシュという仕組みをそのまま使用し続けた場合どうなるかというと、単純なウェブページからYouTubeのような重い動画ページまで色々なデータを見る分、パソコンやスマホにはこのキャッシュがどんどん溜まってしまいます。

この流れはYouTubeであっても変わりありません。このキャッシュを放っておくとどうなるかというと、再現なくデータを溜め続けてしまいます。

放っておけば動作が重い・ウェブページを開くのが遅いといった状況を生み出してしまうのです。結果としてどうなるかというと、キャッシュのせいでむしろ動作が重い(遅い)状態を作り上げてしまうことになるのです。

YouTubeの動画を見るときも同じような問題が発生します。キャッシュがたまる=スマホの動作が重い・遅いという流れはキャッシュというシステム上当たり前に起きる話なのです。要するにキャッシュとは、パソコン上手動で管理の必要なシステムなのです。

YouTubeのキャッシュを消去する方法「パソコン」

f:id:rick1208:20200628205511p:plain
ここではそんなYouTubeのキャッシュについて、端末毎に消去する方法を記載していきたいと思います。まず最初はパソコンでのYouTube上のキャッシュを消去する方法についてです。

Chromeの場合

f:id:rick1208:20200628205439p:plain
ではまず、ChromeにおけるパソコンのYouTubeキャッシュデータ消去方法についてです。Chromeを使用すると、ウェブサイトの情報が「キャッシュやCoookieに保存されるので、このキャッシュやCookieを消去する必要があります。

画面右上の三点リーダーをクリック

f:id:rick1208:20200628205313p:plain
ChromeにおけるパソコンのYouTubeキャッシュデータ消去方法については、まず最初に画面右上の三点リーダーを押してください。
f:id:rick1208:20200628211746p:plain

その他ツールから見ること履歴を消去をクリック

続いて、その他ツールから見ること履歴を消去を押します。
f:id:rick1208:20200628211803p:plain

上部で期間を指定する

続いて上部で期間を指定します。全部消去したい場合、全期間を選びてみてください。
f:id:rick1208:20200628211816p:plain

Cookieと他のサイトデーターとキャッシュされた画像とファイルにチェックを入れる

Cookieと他のサイトデーターとキャッシュされた画像とファイルにチェックを入れてください。
f:id:rick1208:20200628211831p:plain

データー消去をクリック

f:id:rick1208:20200628213045p:plain
データを消去をクリックすればYouTubeのキャッシュ消去は終了です。このように、YouTubeにおけるキャッシュの消去自体はとても簡単に行えるようになっています。

YouTubeを見るとき、このキャッシュという仕組みを知らない場合どうなるかというと、当然パソコンには不要なデータがどんどん溜まってしまいます。
f:id:rick1208:20200628213051p:plain
ですので、YouTubeを使用するときは動作が重い・遅い状態を避けるためにもぜひキャッシュ消去を試してみてください。ちなみにこれは、スマホのアプリであっても変わりありません。パソコンであれ、スマホであれ、動作が重い・遅い状態は誰しもが不快に感じるかと思います。

このキャッシュの消去方法は、YouTubeに限った方法ではありませんが、YouTubeでは親切なことにYouTubeヘルプでもキャッシュやCookieの消去方法を案内しています。YouTubeの動画見ること時のキャッシュを放っておくとどうなるか、Youtube側も理解しているということでしょう。YouTubeは動画というデータ量の多い動画配信サイトです。

YouTubeを見るというだけでもパソコンやスマホには負担がかかってしまいます。キャッシュとは、パソコンやスマホを扱ううえで必要な知識・対処方法なのです。ひとまずこれでパソコンでのキャッシュの対処方法は終了しています。

キャッシュを放っておくとどうなるか理解できた人はぜひ、今回お伝えしたキャッシュの消去方法をウェブサイトが重い・遅いといった場合のYouTube見ること時の対応策として使用してみてください。

YouTubeのキャッシュを消去する方法「Android

f:id:rick1208:20200628213138p:plain
それでは続いて、AndroidにおけるYouTubeのキャッシュを消去する方法について説明していきたいと思います。

YouTubeのキャッシュを消去する為、まず設定からYouTubeアプリを押してください。

アプリに対する設定項目では、ダウンロードされているアプリ全部が表示されます。その中からYouTubeアプリを押すと、YouTubeアプリの詳細画面へ移行します。その後表示される項目の中にストレージがありますので、ストレージを押してみてください。

YouTubeアプリの詳細画面へ移行してストレージを選択すると、YouTubeアプリが使用しているデータやキャッシュ量が表示されると思います。


ここに表示されているキャッシュは、前述した通りYouTubeを見ることでひたすらデータとして溜まり続けます。放っておけばYouTubeのキャッシュデータのみでスマホの容量をどんどん圧迫してしまいますので、YouTubeのキャッシュの消去が必要となります。

ですので、ここでYouTubeのキャッシュを消去を押す必要があるのです。スマホYouTubeアプリ内のキャッシュを消去すれば幾分かのデータが消去されます。

特に端末が古くなっている場合、こういったYouTubeのキャッシュの消去といった細かい作業は端末の処理速度に大きく影響してきますので、操作に慣れましたら常日頃YouTubeのキャッシュの消去を意識しておくことをおススメします。

YouTubeの設定内にあるキャッシュを消去を押してYouTubeキャッシュの消去が終わると、YouTubeキャッシュ量は0Bと表示されます。

この時点でYouTubeにおけるデータの消去が終了していますので、再びYouTube設定内でキャッシュの消去を押しても反応はありません。スマホYouTubeアプリを活用すると再びYouTubeのキャッシュが溜まりますので、YouTubeのキャッシュが溜まり次第利用してみてください。

YouTubeのキャッシュを消去する方法「iPhone

f:id:rick1208:20200628213233p:plain
続いてはiPhoneにおけるYouTubeのキャッシュを消去する方法についてです。AndroidiPhoneではYouTubeのキャッシュの消去方法が違いますので気を付けてくださいね。

まず、iPhoneでのYouTubeのキャッシュ消去方法は2パターン存在します。その一つ目の方法とはYouTubeアプリの再ダウンロードです。こちらは後述しますが、割と簡単な手法といえるでしょう。

二つ目の方法はやや難しい印象を与えるかもしれません。その方法とは専用のツールを使用してYouTubeのキャッシュを消去するという方法です。

iPhoneではAndroidのように設定からのYouTubeのキャッシュ消去は行うことが可能でせん。ですので、最も手っ取り早い方法とはキャッシュ消去したいYouTubeアプリを選びてYouTubeアプリごと消去します。その後、YouTubeを再ダウンロードすることでYouTubeのキャッシュのクリアが可能となります。

YouTubeアプリの場合における手間とは、YouTubeへのサインインくらいでしょう。YouTubeではあまり気にすることではないかもしれませんが、実はゲームアプリでもやり人は同じです。

ゲームアプリの場合、ゲームデータも消えてしまうのでこの方法はおススメ可能なものとはいえないでしょう。
f:id:rick1208:20200628213255p:plain
続いてiPhoneにおけるYouTubeのキャッシュを消去する方法二つ目ですが、専用のツールを使うことでYouTubeのキャッシュデータを消去することが可能となっています。

YouTube以外でもキャッシュデータについて消去を検討している場合、アプリデータを消去したくない、アプリのアンダウンロードが面倒といった方にとってはこちらが本命の方法といえるでしょう。

使用するツールはパソコンツールとなっています。「Phone Clean」というツールで、一部有料となっていますが、問題のYouTubeでのキャッシュ消去は無料で使用可能なので問題ありません。機能名はクイッククリーンという機能です。
f:id:rick1208:20200628213308p:plain
「Phone Clean」の使用方法についてですが、まず「Phone Clean」をパソコンにてダウンロードします。その後、「Phone Clean」を起動してiPhoneとパソコンを繋げてください。その後スキャンを開始します。最後にクリーンナップという作業を行えば、iPhoneYouTubeアプリのキャッシュの消去は終了します。
f:id:rick1208:20200628213314p:plain
操作自体は単純なものですので、YouTubeのキャッシュ消去において特に困ることもないでしょう。パソコンに繋げる手間はありますが、iPhoneの動作環境を良くしたいと考えている方にとってはさほど困るものでもないかと思います。

iPhoneにおけるYouTubeのキャッシュを消去する方法一つ目の場合、YouTubeアプリを消去しなければなりません。しかも、YouTubeアプリの消去とダウンロードをひたすら続ける必要があります。

YouTubeアプリ以外でも同じことを繰り返さなければならない、そのような手間を考えると二つ目のiPhoneにおけるYouTubeのキャッシュを消去する方法のほうがよっぽどお手軽に感じるかと思います。ぜひiPhoneにおけるYouTubeのキャッシュを消去する方法二つ目を検討してみてください。
f:id:rick1208:20200628213320p:plain
ちなみに、iPhoneであれAndroidであれパソコンであれ、どの端末であってもキャッシュはすぐにアクセス可能なように一時メモリとして保管される仕組みとなっています。

iPhoneはこのキャッシュを使用してデータを早く読み込んでいるのです。YouTubeであれ、他のシステムあであれこの仕組みは変わりません。

これは、インターネットの速度のほうが端末内の処理速度より遅いからこそ必要とされているシステムです。このキャッシュというシステムのおかげで、ウェブページにアクセスした瞬間キャッシュのデータを読み込みが行われ、私達は画面を苦なく見ることしています。YouTubeも動画も同様です。

とても便利ですが、そのデータに頭を抱えては意味がありませんよね。だからこそ、常日頃YouTubeのキャッシュやCookieの消去は必要な作業となるのです。

ちなみに、YouTubeページの一部しか読み込まれない場合やエラーアイコンが表示される場合はキャッシュが一時ファイルやCookieでいっぱいになりメモリの読み込みに問題が起きています。

この問題はキャッシュではありませんが、YouTubeのキャッシュファイルを消去することで解決する場合もあります。

YouTubeアプリを強制終了し再起動する

f:id:rick1208:20200628213356p:plain
ちなみに、最終手段としては、YouTubeアプリを強制終了し再起動するという方法も存在します。iPhoneのシステム再起動を行えば、端末におけるキャッシュがクリア可能なということです。必然的にYouTubeのキャッシュ消去も可能となりますので、色々な不具合に対しても使用可能な手段となっています。

YouTubeにおいてキャッシュで悩んでいる方にはとても有用な手段かと思います。iPhoneマルチタスクでの作業が行える分、キャッシュも溜めやすい仕組みです。iPhoneではそのような現状に対する対策としてシステムの再起動で対応しているということですね。

Youtubeアプリを終了して再起動するだけですので、特に手間がかかるというわけでもありません。特にキャッシュとは色々なアプリに対して使用されている仕組みなので、iPhoneの動作が重い・遅いといった問題に繋がりやすいです。Youtubeの動作が重い・遅いと感じている人は、ぜひこの仕組みを使用して再起動をかけてみてください。

さて、いかがだったでしょうか。ここではYouTubeにおけるキャッシュ消去の方法について説明してみました。Youtubeにおけるキャッシュの消去は、パソコン、スマホそれぞれやり方が違います。

ブラウザによっても対応方法は異なるのです。最初は分かりにくいかもしれませんが、Youtubeにおいてキャッシュはとても重要な問題です。動作が重い・遅いといったことにならないよう、Youtubeを使用するときはぜひこのキャッシュの消去を行ってみてくださいね。

Youtube以外にも他のシステムにも影響が必ずありますので、とてもおススメの対策方法ですよ。それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。