漫画の地球儀

iPhoneのアプリアイコンを隠す方法!【元に戻す、フォルダー、ホーム画面、スマホ、裏ワザ】

スポンサーリンク

iPhoneアプリのアイコンを隠す方法

f:id:rick1208:20200628181536p:plain
普段の生活でiPhoneを使用してい方が大半だと思いますが、ふとした瞬間にiPhoneのホーム画面を相手に見られてしまうことってあると思います。

他人に自分自身がどんなアプリを利用しているのか、あまり見られたくないって人も多いとおもいます。iPhoneのホーム画面からアプリのアイコンを見ただけで、何のアプリを使用してるのかわかってしまう場合も。

iPhoneのホーム画面から、アプリのアイコンを見られたくない、隠したいという方におススメしたい、iPhoneアプリのアイコンを隠す裏ワザをこれからいくつか説明していきたいとおもいます。

隠したアプリアイコンを元に戻す方法

f:id:rick1208:20200627235645p:plain
隠したアプリのアイコンを元に戻す方法ですが、iPhoneのアプリのアイコンを隠す方法によって戻す手順も異なるのですが、ここでは一番ベーシックな方法を解説します。

まず最初は、iPhoneの設定のアプリを開いてください。

一般という項目があるのでそこをタップ
f:id:rick1208:20200628181608p:plain
下の方にあるリセットという項目をタップ
f:id:rick1208:20200628181613p:plain
最後にホーム画面のレイアウトをリセットを押すとiPhoneから隠したアプリのアイコンを元に戻すことが出来ます。

f:id:rick1208:20200628181618p:plain

iPhoneのアプリをフォルダーで隠す方法

f:id:rick1208:20200627130351p:plain
iPhoneのアプリをフォルダーの機能を利用して種類ごとにまとめたり、iPhoneのアプリを整理したりするときに利用している方が大半だとおもいます。

とても便利なフォルダー機能ですが、iPhoneのアプリアイコンを見られたくない、隠したいときにもこのフォルダー機能が役に立ってくれるんです。

ここではこのフォルダー機能を利用して、人に見られたくないアプリをiPhoneのホーム画面から隠していきましょう。

まず、iPhoneのホーム画面から隠したいアプリのアイコンを指で長押しします。するとこのような画面になるとおもいます。

次に、iPhoneのホーム画面から隠したいアプリのアイコンを他のアイコンに重ねます。

そうするとフォルダーが自動的に作成され、見られたくないアプリのアイコンをフォルダーの中に入れて隠すことが出来ます。
f:id:rick1208:20200628181701p:plain
フォルダーの名前を変更することが出来るので、わかりやすく名前をつけるのもいいと思います。
f:id:rick1208:20200628182631p:plain

隠したアプリアイコンを元に戻す方法

f:id:rick1208:20200628182623p:plain
隠したアイコンを元に戻す方法ですが、先程作成したフォルダーを押すと、フォルダーの中にあるアプリのアイコンが表示されます。

フォルダーの中のアイコンを長押しして、元に戻したいアプリのアイコンをフォルダーの外に所持してくると元に戻すことが出来ます。
f:id:rick1208:20200628183054p:plain

iPhoneのアプリをホーム画面から完全に隠す方法

f:id:rick1208:20200627005754p:plain
iPhoneのアプリを、フォルダー機能を利用して隠す方法で、人に見られたくないアプリのアイコンを隠す方法を先程解説しましたが、この方法だとiPhoneのホーム画面からアプリアイコンを完全に隠すことは出来なかったと思います。

なので次は、iPhoneのホーム画面からアプリを完全に隠す裏ワザを解説しようとおもいます。絶対に人に見られたくないアプリをお持ちの人は必見の方法だとおもいます。

iPhoneのアプリをホーム画面から完全に隠す裏ワザですが、この裏ワザを知っている人は結構少ないと思うので、iPhoneのホーム画面からアプリを完全に隠す裏ワザをマスターして友達に自慢しちゃいましょう。

では、説明していきます。まず、iPhoneのホーム画面から隠したいアプリのアイコン長押しします。

隠したいアプリのアイコンをiPhoneのホーム画面上で動かせる状態のまま、ホーム画面を長押ししてsiriを起動します。

siriを起動したときに、隠したいアプリのアイコンが表示されていれば成功となります。そのまま指を離してsiriを閉じるとスマホのホーム画面からアプリのアイコンを完全に隠すことが出来ます。
f:id:rick1208:20200628183227p:plain
この裏ワザを行う前に、スマホのホーム画面から隠したいアプリが、iPhoneのバックグラウンドで起動していないかチェックするようにしてください。

バックグラウンドでアプリが起動している状態のままだと、この裏ワザがうまくいかない場合があります。

なので、この裏ワザを使用する前に、iPhoneのホーム画面から隠したいアプリを完全に閉じるようにしてください。

この裏ワザは一回で成功しない場合もあるみたいなので、何度か挑戦してみてください。iosのバージョンによってはこの裏ワザが使用できない場合もあります。

隠したアプリアイコンを元に戻す方法

f:id:rick1208:20200627004444p:plain
この裏ワザでスマホのホーム画面から、隠したアプリのアイコンを再びホーム画面に出しる方法ですが、最初のほうに解説したベーシックな方法で元に戻すことが出来ます。

まず、iPhoneのホーム画面から設定のアプリを押します。

一般の項目があるのでそこをタップ
f:id:rick1208:20200628183245p:plain
下のほうにリセットという項目があるのでタップ
f:id:rick1208:20200628183255p:plain
ホーム画面のレイアウトをリセットを押すと元に戻すことが出来ます。
f:id:rick1208:20200628183306p:plain

iPhoneの機能制限でアプリを隠す方法

f:id:rick1208:20200626214908p:plain
iPhoneに元々備わっているアプリを消したり隠すことは出来ないのですが、どうしてもホーム画面をスッキリさせたいというときは機能制限を利用してみてください。

この機能制限を使うことによって、デフォルトで消すことの出来ないアプリをiPhoneホーム画面から簡単に隠すことが可能です。

では、実ときに機能制限を利用してみましょう。まずiPhoneのホーム画面から設定のアプリを起動します。

設定画面に一般という項目があるのでタップ
f:id:rick1208:20200628184031p:plain
一般の項目から機能制限を押します
f:id:rick1208:20200628184037p:plain
すると、機能制限の設定を行うことが出来ます。初めて機能制限を使用する場合はこのような画面になります。一番上にある機能制限を設定を押すとパスコードの記入画面に移動し変わります。
f:id:rick1208:20200628184044p:plain
初めて機能制限を使用する場合は、機能制限パスコードを設定しないといけないので、好きな数字4桁を記入してパスコードを作成しましょう。

f:id:rick1208:20200628184050p:plain
パスコードを作成するといよいよ制限機能を使用することが出来ます。制限機能の設定画面から隠したいアプリのチェックを外すことで、スマホのホーム画面からアプリのアイコンを隠すことが出来ます。
f:id:rick1208:20200628184057p:plain

iPhoneの機能制限が使えるアプリ

f:id:rick1208:20200626215758p:plain
デフォルトでiPhoneに設定されているけど、あまり使ったことのないアプリもあるのではないかとおもいます。ここではiPhoneに機能制限が使えるアプリなどを簡単に説明していきます。

Safari

safariですが、このアプリを使ったことがない人はまずいないと思います。ネット検索する場合にこのをsafari使用しますよね。

普段の生活には欠かせないアプリだとおもいます。

カメラ

次にカメラのアプリです。普段からインスタグラムやツイッターなどに写真をあげている人はよく使うのではないでしょうか。

最近のiPhoneはカメラの画質も格段に上がってるのですごく綺麗に写真が撮れます。

FaceTime

遠距離で生活している彼女や海外に住んでいる友達など、普段会うことの出来ない人と顔を見ながら通話が可能なのがFaceTimeというアプリです。

このアプリもとても便利で、出張先から子供の顔をみて元気をもらったりも可能です。

iTunes Store

続いてiTunes Storeの解説です。このアプリも普段からよく使用する人は多いと思います。最新の曲や好きなアーティストとの曲を簡単にダウンロードすることが出来ます。

App Store

App Storeではゲームや便利なアプリなどをダウンロードすることが出来ます。色々なカテゴリのアプリがあるので見ているだけでも楽しいです。

podcast

最後に、podcastの解説です。このアプリはpodcastに配信されている、ラジオ番組やエピソードトークなどの配信をダウンロードして聞くことが出来ます。

NHKや英会話、経済ニュースなどの配信もあるので、興味のある配信を見つけて聞いてみるのもいいと思います。

隠したアプリアイコンを元に戻す方法

f:id:rick1208:20200626191734p:plain
隠したアプリアイコンを元に戻す方法ですが、機能制限の設定方法と同じでiPhoneの機能制限の項目から、チェックを外したアプリに再びチェックを入れると元に戻すことが出来ます。
f:id:rick1208:20200628190250p:plain

iPhone用のフィルターやフィルムでアプリを他人の目から隠す方法

f:id:rick1208:20200626115944p:plain
iPhoneのホーム画面からアプリアイコンを、他人に見られたくないときにはiPhoneの保護フィルターや、iPhoneのアプリから設定可能な画面のフィルター機能などを利用してみるのも良いと思います。

市販で販売しているのぞき見防止フィルターを購入する場合は、近くのケータイショップや電気屋などに探しに行きましょう。

ネット通販でも色々な種類のフィルターが販売しているので、外に出るのが面倒な人はネット通販がおススメです。

フィルターをiPhoneに貼るのが嫌だという人はappstoreから覗き見防止フィルターなどで検索してアプリをダウンロードしてみてください。

アプリだとフィルターの種類も豊富ですし、画面の明るさなども微調整出来て、ボタン一つで簡単に設定することが可能です。

デメリットとして無料のアプリだと、広告などの表示が多いです。広告の表示が面倒な人は課金をおススメします。

隠したアプリアイコンを元に戻す方法

f:id:rick1208:20200626152309p:plain
覗き見防止フィルターをはがしたり、ダウンロードした覗き見防止フィルターのアプリの設定を解除すれば元に戻すことが出来ます。


「必見」iPhoneアプリのアイコンを完全に隠す方法

f:id:rick1208:20200626115833p:plain
iPhoneのホーム画面からアプリアイコンを他人に見られたくない場合の対処法をいくつか説明してきましたが、最後にもう一つ、iPhoneのホーム画面からアプリアイコンを見られたくない場合に使える裏技を解説したいとおもいます。

※この裏ワザはiosのバージョンによっては使用できない可能性があります。

アイコンを隠すための用意

f:id:rick1208:20200626112846p:plain
まずiPhoneからアプリを隠す前に用意する必要があります。iPhoneのホーム画面の1ページ目をアプリアイコンで埋め尽くしてください。

iPhoneのホーム画面をアプリアイコンで埋め尽くすとこのような感じになります。

隠したいアイコンを長押しして1ページ目へ

f:id:rick1208:20200626113016p:plain
iPhoneのホーム画面から隠したいアプリアイコンを、ホーム画面の2ページ目に所持してきておいてください。ホーム画面のアプリアイコンを長押しするとアプリを移動させることが出来るようになります。

iPhoneのホーム画面から隠したいアプリのアイコンを1ページ目に移動させます。
f:id:rick1208:20200628190339p:plain

別のアイコンに隠したいアイコンを重ねる

iPhoneのホーム画面にあるアイコンに隠したいアイコンを重ねます。この時重ねるアイコンはどれでもOKです。アプリのアイコンを重ねるとフォルダーが作成されます。

フォルダーが作成されますが指を離さずそのままフォルダーの外にアイコン移動させます。
f:id:rick1208:20200628190548p:plain

空欄部分で指を離すとアイコンが隠れる

ホーム画面がアプリアイコンで埋め尽くされているのをチェックして、空白部分で指を離すとアプリアイコンがホーム画面から消えて、隠すことが出来ます。
f:id:rick1208:20200628190559p:plain

隠したアプリアイコンを戻す方法

iPhoneのホーム画面から隠したアプリは、iPhoneにある機能のスポットライト検索というものを使用することで隠したアプリを起動することが出来ます。

iPhoneのホーム画面から隠したアプリアイコンを戻す方法は、iPhoneの設定アプリから一般の項目を選択。
f:id:rick1208:20200628190606p:plain
一般画面から画面下のリセットを押します。
f:id:rick1208:20200628190613p:plain
ホーム画面のレイアウトをリセットからもとに戻すことが出来ます。
f:id:rick1208:20200628190623p:plain
あまり使用しないけど消したくないアプリなどがある場合に利用してみてもいいのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか、iPhoneを使用していると他人に見られたくないアプリなどを不意に見られてしまうパターンが多いと思います。

今回解説した方法を利用して他人に見られたくないアプリなどはどんどん隠していきましょう。