漫画の地球儀

iPhoneの純正充電ケーブルの無償交換する方法!【条件、保証期間、シリアル番号、AppleStore】

スポンサーリンク

iPhoneの純正充電ケーブルを無償で交換する条件

f:id:rick1208:20200627130351p:plain
iPhoneの純正ケーブルを無償で交換可能なのをご存知と思いますか?iPhoneには本体保証があり、保証期間内なら、iPhone以外のハードウェアで、充電ケーブルや充電アダプタを無償で交換することが可能です。

ただ、全部無償で交換が可能なと言う訳ではありません。では、iPhoneの充電ケーブルを無償で交換可能な条件について細かく解説をしていきます。

保証期間内であること

f:id:rick1208:20200627005754p:plain
iPhoneの純正ケーブルを無償で交換する条件の大前提は、iPhoneの保証期間内であるということです。iPhoneにはAppleCare+という有料の保証と、限定保証という1年間の本体保証が付いています。

AppleCare+はiPhoneの画面割れや水没など、物理的な損傷の修理を特別費用で対応してもらえる保証です。AppleCare+に加入している場合は2年間ハードウェア保証が付与されます。

限定保証の場合は、1年間の間、AppleCare+の場合は2年間、充電ケーブルも交換することが可能です。ただ、iPhoneと同じで、自然故障なら無償、物理的な損傷なら有償での交換です。

壊れた純正ケーブルが手元にある

f:id:rick1208:20200627004444p:plain
iPhoneの充電ケーブルを無償で交換する条件の2つ目は、充電ができなくなった純正ケーブルを手元に残しておく必要があります。ケーブル交換はあくまでも交換が前提です。

手元に交換前のケーブルがないと交換するべきケーブルがないので、無償での対応は不可能です。

充電ケーブルに外傷が無く断線していないこと

f:id:rick1208:20200626214908p:plain
iPhoneの充電ケーブルを無償で交換するにはケーブルに目立った外傷がないことも条件の1つです。普通に利用している中で、目で見えない断線などの場合は無償で交換可能な可能性はありますが、完全に2つに断線していると無償での交換は不可能です。


純正のケーブルであること

f:id:rick1208:20200626191734p:plain
当然のことではありますが、AppleiPhone純正のケーブルでなければ無償での交換は不可能です。中にはキャリアのショップで購入をしたケーブルを純正ケーブルと勘違いしている方もいます。

iPhoneの純正ケーブルはiPhoneの箱に入っていたケーブルです。Apple認定品はあくまでの認定品で、純正品ではありません。

万が一純正のケーブルではないケーブルを交換に出してしますと費用が発生するの気を付けましょう。

iPhoneが保証期間内かどうかチェックする方法

f:id:rick1208:20200626115833p:plain
では、iPhoneの充電ケーブルを無償交換を行うために、iPhoneの保証期間のチェックをする方法の解説をしていきます。

iPhoneの保証期間はAppleサポートのホームページやAppleサポートのアプリなどでチェックをすることが可能です。ホームページからチェックをするときはシリアル番号が必要です。

設定アプリでの操作手順

f:id:rick1208:20200626152309p:plain
では、この項目では、ホームページでiPhoneの保証期間をチェックする手順の解説をしていきます。まず最初は、設定アプリでシリアル番号をチェックします。設定アプリを起動させます。

設定アプリを起動させたら、一般を押します。
f:id:rick1208:20200628145641p:plain
一般を開いたら情報を押します。
f:id:rick1208:20200628145656p:plain
情報を開くと、シリアル番号をチェックすることが可能です。
f:id:rick1208:20200628150320p:plain
最新のiOSにアップデートしてある場合は、情報ページで大まかな保証期間をチェックすることが可能です。保証期間を押します。
f:id:rick1208:20200628150331p:plain
保証期間を押すと、大まかな保証期間の満了の日付が表示されます。正確な日にちをチェックしたい場合はホームページからチェックをするようにしましょう。
f:id:rick1208:20200628150346p:plain

シリアル番号をコピー

f:id:rick1208:20200628150402p:plain
では、ホームページでiPhoneの保証期間をチェックする手順に戻りますが、iPhoneシリアル番号をチェックします。シリアル番号を長押しするとシリアル番号をコピーすることが可能です。

シリアル番号は英数字の羅列なので、メモなどに残すよりもiPhoneでコピーをしておいた方が楽なので、コピーをしておきましょう。
f:id:rick1208:20200628150411p:plain

Appleホームページでの操作

f:id:rick1208:20200626113016p:plain
では、コピーしたシリアル番号を利用してAppleのホームページでiPhoneの保証期間をチェックをする手順に移っていきます。

シリアル番号を記入し保証状況をチェック

f:id:rick1208:20200626112846p:plain
まず最初は、SafariでもChromeでもいいので、普段iPhoneで利用しているブラウザを利用してAppleのホームページにアクセスをします。下にAppleのホームページの保証チェックページのリンクを用意しておくので、そこからアクセスをしても問題ありません。

保証チェックページにアクセスをしたら、コピーしておいたシリアル番号をペーストします。
f:id:rick1208:20200628150443p:plain
シリアル番号を記入をしたら、その下の欄のコードも記入をします。コードが読み取りにくい場合は、コードをリフレッシュを押して読み取りやすいコードを記入しましょう。
f:id:rick1208:20200628150722p:plain
シリアル番号とコードを記入をして続けるを押すと、保証期間が表示されます。保証期間が満了している場合は満了と出るので、日付がない場合は保証期間外ということです。

iPhoneの純正充電ケーブルを無償で交換する方法は2つ

f:id:rick1208:20200626094420p:plain
では、iPhoneの純正ケーブルを無償で交換する方法の解説に移っていきます。ここまでも書いてきましたが、無償で交換する条件に全部当てはまっていないと無償交換ではなくなるので注意しましょう。

iPhoneの充電ケーブルを交換する方法は2種類あり、実店舗に持ち込ん交換をする方法と、郵送での交換サービスを使うかの2種類です。

AppleStoreに持ち込む

f:id:rick1208:20200626095029p:plain
iPhone純正のケーブルを交換する1つ目の方法として、AppleStoreなどの実店舗に持ち込み交換をする方法があります。

AppleStore以外のAppleの修理代理店でも交換対応してもらえますが、店舗に在庫がない場合は再来店をする必要があるので注意しましょう。

郵送交換サービスを使う

f:id:rick1208:20200626094437p:plain
iPhone純正のケーブルを交換する2つ目の方法は、郵送での交換サービスです。郵送交換サービスの手配は、Appleのホームページからも行えますし、Appleサポートの電話窓口に問い合わせをすることでも手配をすることが可能です。

電話窓口だと、繋がるまでの待ち時間等が発生することがありますが、ホームページからなら24hいつでも申し込みをすることが可能なのでとても便利です。

AppleStore

f:id:rick1208:20200626041728p:plain
では、AppleStoreでiPhone純正のケーブルを無償で交換をする方法の解説をしていきます。

AppleStoreに持ち込んで交換する

f:id:rick1208:20200626041636p:plain
AppleStoreで交換をするメリットは、Appleの専門のスタッフがちゃんとと検査をし、無償か有償かを判断してくれます。保証期間もスタッフがチェックをしてくれるので、操作に慣れていない場合は負担も少なくなります。

AppleStoreでの交換の場合は、ケーブルの交換であっても予約が必須なので注意しましょう。

郵送

f:id:rick1208:20200626041659p:plain
では、郵送サービスを利用してiPhoneの充電ケーブルを交換を手配する手順について解説をしていきます。配送で交換をする場合の気を付ける点として、問題がなければ無償交換は可能ですが、支払い方法の登録が必要です。

支払い方法はクレジットカードが必要なので、クレジットカードを所持していない場合はAppleStoreに持ち込みをしましょう。

Appleホームページで交換を申し込む

f:id:rick1208:20200626040236p:plain
ではまず、AppleのホームページからiPhoneのケーブル交換の申し込みの手順の解説をしていきます。下にリンクがあるので、申し込みはリンクから手続きを行いましょう。

端末、交換内容を選択

f:id:rick1208:20200626035147p:plain
では、ホームページから申し込みをする詳細な手順の解説に移動します。リンク先にアクセスをすると、問い合わせをする製品を選択可能です。ここではiPhoneの付属ケーブルの交換なので、iPhoneを選びます。
f:id:rick1208:20200628150955p:plain
iPhoneを選択すると、次は起きている問題の選択ページになります。ケーブルの交換は修理に含まれるので、修理と物理的な損傷を選びます。
f:id:rick1208:20200628151013p:plain
次はより細かい選択です。ヘッドフォン、ケーブル、あるいはUSBアダプタの交換を選びます。
f:id:rick1208:20200628151025p:plain

配送修理を選択

f:id:rick1208:20200626023829p:plain
交換まで進めると、サポートの種類を選択可能なページに移行します。郵送交換なので配送修理を選びます。
f:id:rick1208:20200628151045p:plain
その先はAppleIDでのサインインと名前や住所なのどの個人情報の記入です。アクセサリの選択画面で、間違ったアクセサリを選びないように気をつけましょう。

iPhoneの純正の付属ケーブルは1mのLightningケーブルです。2mのケーブルを手配すると有料になるので気を付けましょう。
f:id:rick1208:20200628151105p:plain

電話で申し込む

f:id:rick1208:20200626023817p:plain

では、次に、電話でiPhoneのケーブル交換の申し込みをする場合について解説をします。電話で申し込みをする場合は、AppleサポートのiPhoneの担当部署に電話をして、電話口で配送交換の手配をしてもらいます。

Appleサポートへ電話

f:id:rick1208:20200626023022p:plain
AppleサポートのiPhoneの窓口に電話をします。0120-277-535がAppleサポートの電話番号です。Appleサポートに電話をする場合は、iPhoneの保証状況をチェックしてから電話をすると手間が省けます。

Appleサポートに電話して申し込む場合もホームページから申し込みをする時と同様にクレジットカードが必要です。

クレジットカードがない場合は、配送手配をすることができないので、AppleStoreに持ち込み交換をするようにしましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200625221648p:plain
iPhoneの純正ケーブルを購入すると¥2,000程度します。保証期間内なら無償で交換可能なので、ちょっとですが金額的な負担を減らすことが可能です。

まったく使えなくなったケーブルで、早急に必要な場合は1週間程度交換までにかかる可能性があるので、買った方が早く改善することは可能です。

調子が悪く、交換までの期間に余裕があるならせっかくの保証なので、有効に活用しましょう。ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。