漫画の地球儀

iPhoneの写真が読み込めない原因、対処法!【Windows、Mac、iPhoto、HEIF、OSバージョン】

スポンサーリンク

iPhoneの写真が読み込めない

f:id:rick1208:20200625173339p:plain

iPhoneの写真が読み込めないことになったことはありませんか?iPhoneの写真が読み込めないと何もかもが表示されません。こないだまでiPhoneの写真アプリに保存していたのに、急に写真が読み込めないようになっただとかいろいろ症状はあります。

iPhoneの写真が読み込めないようになった。その前に何か操作や設定を変更しませんでしたか?もしかしたらあなたが何気に操作して設定が変わったのかもしれないです。それによりiPhoneの写真が読み込めない原因となっている可能性もあります。

その原因を見極める必要があります。iPhoneの写真アプリで読み込めないのか?パソコンに繋いでiPhoneの写真を見たときに読み込めないのか?原因が発生する場所も異なります。それでは、iPhoneの写真が読み込めない原因を探っていきましょう。

写真を選びても表示されない

f:id:rick1208:20200625173408p:plain
それでは、iPhoneの写真が読み込めないことになる具体的な症状について説明をしていきます。iPhoneの写真アプリを開くと、写真が保存されていることがチェック可能なと思います。写真ファイルはあるけど押しても読み込めない(無反応)のです。

あるいは、完全にいままで保存していた写真が0枚となり読み込めないようになります。iPhoneの写真にビックリマークが付いていることがあれば、写真は読み込めない状況であることがチェック可能です。消去してもないのに消去されている状況になります。

つぎにパソコンからiPhoneの写真が読み込めない場合は、iPhoneの写真が保存されているフォルダを開いたときに、フォルダの中身が空になっていることがあります。このような写真が読み込めない原因がありますので、正しい対処法を取っていきましょう。

iPhoneの写真はどこにある?

f:id:rick1208:20200625155137p:plain
iPhoneの写真が完全に表示されないのは原因は、もしかしたらiPhoneの写真が入っている場所とは異なる場所を見ているかもしれません。もちろん保存した写真は決められた場所に保存されます。iPhoneの写真が保存される場所をどこに指定していますか?

ですから、写真の保存フォルダや保存アプリを見極めることが必要になります。パソコンにiPhoneをUSBケーブルを利用して接続したら写真が入っている場所をまず最初は見つけなくてはなりません。写真が入っているフォルダをチェックしましょう。

そしてiPhone側では、写真アプリに写真が入っているかをチェックしておきましょう。写真アプリに写真が入っていない場合は、当然パソコンにiPhoneをUSBケーブルに繋いでチェックするときに写真が表示されないことになってしまいます。

チェック手順

f:id:rick1208:20200625155114p:plain
まず最初は最初に、iPhoneの写真アプリに写真がきちんと入っていなければ、パソコンで写真をチェック可能でせん。もしかしたら写真を消去してしまっている場合もありますので、iPhoneの写真アプリを見ていきましょう。

それでは、写真のチェック方法を行っていきます。でははじめに、iPhoneのホーム画面から「写真」を押してください。
f:id:rick1208:20200625173440p:plain
そうするとアルバムという画面になりますので「カメラロール」を押してください。ここで写真があるか?ないか?をチェックしてください。写真がない場合は、パソコンでも写真を見ることは可能でせん。

そしてもしかしたら、写真を消去していた場合の手順を説明していきます。カメラロールの画面に戻り「最近消去した項目」を押してください。ここに消去した写真がある場合があります。消去した写真を戻すことも可能です。

カメラロールに消去した写真が復元しましたら、パソコンとiPhoneをUSBケーブルで繋いで「DCIM」フォルダを見てください。ここのフォルダにiPhoneの写真が基本的には入っています。対処法としてはまずDCIMフォルダをチェックしておきましょう。

容量不足

f:id:rick1208:20200625152749p:plain

iPhoneの容量不足になると、iCloudストレージ、フォトライブラリにバックアップができなくなったりしてしまいます。要するに容量不足になるとバックアップやダウンロードが不可能となってしまうので、写真が読み込めないことになってしまいます。

iPhoneなどのデバイスに保存されているほぼすべてのデータが、iCloudにバックアップされる仕組みになっていますので、もちろん写真もバックアップされます。容量不足を引き起こすとビックリマークが表示されるようになります。

空き容量を減らしてバックアップが可能なようにすれば、写真が読み込めるようになるかもしれません。当然、パソコンから写真をみることもできないようになります。ですので、容量不足とバックアップがとても重要になってくるのです。

iPhoneからパソコンへのバックアップ手順

f:id:rick1208:20200625173513p:plain
まず最初は、iPhoneの設定からiCloudフォトライブラリにバックアップをしなければ、パソコンから写真を見ることは可能でせん。そしてなにより、写真を誤って消去してしまったときに、バックアップをしていれば役に立つことと思います。

それでは、iPhoneiCloudフォトライブラリにバックアップをしていきます。まず最初はiPhoneのホーム画面から「設定」を押してください。設定画面から「Apple ID」を押していきます。
f:id:rick1208:20200625173524p:plain
Apple IDの画面から「iCloud」を押して進んでいきます。
f:id:rick1208:20200625173536p:plain
iCloudの画面から「写真」を押してください。
f:id:rick1208:20200625173647p:plain
写真の画面から「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。これでiPhoneで撮った写真や動画が自動的に、iCloudフォトライブラリにバックアップされます。容量不足にならないように、バックアップすることを意識してください。

容量不足になると、iCloudフォトライブラリに写真が保存されなくなりますので、容量不足には気をつけてくださいね。

iPhone内で不要なデータの消去手順

f:id:rick1208:20200625140352p:plain
容量不足にならない為には、不要なデータを消去しなければなりません。iPhoneの写真アプリにはいらない写真や動画が入っていることと思います。この写真や動画を消去して容量不足から解放されましょう。

まず最初は、iPhoneの写真アプリを開いて不要な写真や動画を選びた状態にします。必ずチェックマークが付いていることをチェックしてください。
f:id:rick1208:20200625173715p:plain
その状態で、右下にある「ゴミ箱ボタン」を押してください。これで写真や動画が消去されます。容量不足にならないように、こまめに消去していきましょう。

iPhoto

f:id:rick1208:20200625173737p:plain
iPhoneの写真が読み込めない場合は、通信環境が問題となっているかもしれません。通信環境が問題となっている場合、iCloudフォトライブラリにバックアップをした写真がダウンロードできなくなってしまいます。そうなるともうお分かりですよね?

当然通信環境がありませんので、ダウンロードできなくなってしまいます。お近くに使用可能なWifiがあれば接続してください。通信環境が機内モードになっていないか?通信環境が悪い場所で操作していないか?もチェックしていきましょう。

そして、もしWifiなどの通信環境が無い場合は以下の手順を取ってみてください。

対処手順

f:id:rick1208:20200625173749p:plain
まず最初は、iPhoneのホーム画面から「設定」を開いてください。そして設定画面から「写真」を押して進んでいきます。つぎの画面でモバイルデータ通信という項目を探してください。見つけたら「モバイルデータ通信」を押してください。

次の画面で「モバイルデータ通信」をオンに切り替えてください。これで通信環境が正常になるはずです。iPhoneの写真アプリから写真や動画が読み込めるようになったはずです。
f:id:rick1208:20200625173803p:plain
つづいて、iPhoneのストレージ容量に余裕があれば「オリジナルをダウンロード」をオンにすることをおススメします。写真を取ったそのままの高画質な状態でバックアップが可能になりますので、お好みでオンにするといいと思います。

USBケーブル

f:id:rick1208:20200625173827p:plain
つぎにiPhoneの写真が読み込めない原因として、USBケーブルが悪い場合があります。USBケーブルがちゃんとパソコンあるいはiPhoneに繋がっていることをチェックしてください。もしかしたらUSBケーブルが繋がっていない可能性があります。

またUSBケーブルが故障していないか?を確かめてください。USBケーブルを二つ以上所持しているのならどっちも試してみましょう。どっちかのUSBケーブルで接続ができないのなら、USBケーブルが断線している可能性があります。

チェック手順

f:id:rick1208:20200625173850p:plain
正常なUSBケーブルで接続を行えば、iPhoneの「DCIM」フォルダを開くことが可能です。フォルダが一つも表示されないようでしたら、USBケーブルに何か異常があります。またパソコンのOSによりUSBケーブルとの相性があります。

USBケーブルがあなたのOSに対応しているか1回チェックしてみましょう。

HEIF

f:id:rick1208:20200625125633p:plain
iPhoneをバージョンアップすると写真の対応形式が変わるためパソコンなどで見れなくなってしまいます。そこで、HEIFを利用してパソコンで見れる画像形式に変換しなくてはなりません。HEIFというソフトはあらゆる画像を変換可能なソフトです。

HEIFはシンプルな操作で画像を変換することが可能ですので、パソコンにダウンロードしておきましょう。

変換手順

f:id:rick1208:20200625173921p:plain
HEIFを利用しているパソコンにダウンロードしたらHEIFを起動させます。USBケーブルでパソコンとiPhoneを接続します。「写真転送」を押して写真管理画面に切り替えます。HEIFで画像を変換したい写真を選びます。

「エクスポート」の隣にある「▽」を押して、その下にあるメニューから「HEICをJPGへ変換」を選びていきます。「エクスポート」を再度クリックすると変換作業が始まります。ちょっと待てばHEIFで変換が終了します。

変換された画像はパソコンで見れることが可能です。HEICを利用して変換すれば今後も便利になりそうですね。

OSバージョン

f:id:rick1208:20200625125702p:plain
パソコンのOSを最新のものにしたら、iPhoneの写真が表示されなくなったという報告がネット上に飛び交っています。OSのアップデートを最近していませんか?OSをアップデートしたのなら、元のOSのバージョンに戻すといいですよ。

OSを元に戻すことで、今まで見れていた写真が再び見れる状態になるのでOSを戻していきましょう。

OSを戻す手順

f:id:rick1208:20200625124949p:plain
それでは、OSを元に戻す方法をWindowsMacで見ていきます。利用しているOSがどっちかで操作が異なりますのでチェックして一緒に行っていきましょう。

Windows

f:id:rick1208:20200625174011p:plain
Windowsの「設定」から「更新とセキュリティ」を開き、「回復」を押します。そうすると以前のバージョンに戻すという表示がなされているはずです。そこの「開始する」をクリックするとOSを戻す処理が開始します。

Mac

f:id:rick1208:20200625174045p:plain
Macのシステム終了して、電源ボタンを押してから「command+R」をAppleロゴが表示されるまで長押しします。画像のように「OS Xを再ダウンロード」をクリックするとOSが元に戻ります。

通信環境

f:id:rick1208:20200625055149p:plain
パソコンの通信環境が悪いと写真を見ることが可能でせん。それでは通信環境をチェックしていきましょう。

チェック手順

f:id:rick1208:20200625054319p:plain
パソコンの通信環境をチェックしていきます。パソコン本体の設定でWiFiのマークがきちんとある場合は、ルーターが不具合を起こしているかもしれません。

ルーターの再起動

1回ルーターを再起動させてください。不具合を起こしている場合再起動することによりリセットされます。

ファームウェアのアップデート

WiFiルーターを最新のファームウェアにアップデートにしてください。ファームウェアのアップデート方法は利用しているルーターにより操作が異なりますので、説明書などをよく読んで行いましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200625054256p:plain
iPhoneの写真が読み込めない場合は、iPhoneもパソコンも写真が表示されなくなります。この記事を読んで、どっちに原因があるか見極めていきましょう。