漫画の地球儀

Safariのキャッシュを削除して軽くする方法!【iPhone、クリア、Cookie、閲覧履歴、データ、iOS】

スポンサーリンク

Safariのキャッシュ

f:id:rick1208:20200627064800p:plain
iPhoneSafariはデフォルトのブラウザとしてダウンロードされているアプリです。Safariのキャッシュクリアはどんなときに使用すればいいのかご説明していきます。

キャッシュクリアといってもさまざまなデータがあります。まず最初はどんなデータが消えるのか解説します。さらにそのデータを個別に消去したり、期間を指定して消去したりすることが可能なのか、キャッシュだけの消去も可能なのかなども併せてご説明します。

ウェブページで一時的に溜めておくデータ

f:id:rick1208:20200627060842p:plain
ブラウザでウェブページを出しると、履歴が保存されます。履歴といってもさまざまなものがあります。保存する情報もさまざまで、その内容によってキャッシュ、Cookie、見ること履歴と呼ばれています。

まず最初はキャッシュ、Cookie、見ること履歴のそれぞれの違いについて説明していきます。

キャッシュとは

f:id:rick1208:20200627004444p:plain
ブラウザでウェブページを見ることしたときに、ウェブページの情報を一時的に保存する仕組みのことです。これによって同じウェブページに再度訪問したときに、通常の表示スピードよりも速くそのページを出しることが可能です。

ウェブページが更新された場合は、追加・変更された情報を読み込むだけです。ウェブページの情報をキャッシュで保存しておくことでウェブページのアクセスまでの時間が短縮されるのです。Safariのウェブページを出しる動作を速くしている役割と言えます。

Cookieとは

f:id:rick1208:20200626215758p:plain
ブラウザでウェブページを見ることしたときのユーザー情報を一時的に保存する仕組みのことです。CookieにはユーザーIDやパスワード、メールアドレス、訪問回数などが ユーザー情報として保存されます。

これによって同じウェブページに再度訪問したときにそのユーザーを特定し、何度も同じ情報を記入する手間が省けます。

ショッピングサイトで、買い物かごに商品を入れておき、しばらく経ってまた同じサイトに訪れたときに買い物かごに商品が保存されたままになっているのもCookieがあるからです。

閲覧履歴とは

f:id:rick1208:20200626212334p:plain
ブラウザでウェブページを見ることしたとき、具体的にどのようなウェブページを見ることしたのかを見ること履歴として保存しています。Safariでは「履歴」という名称で表示されます。過去に検索して見ることしたウェブページと同じページを再度見ることしたいときに役立ちます。

Safariのキャッシュが溜まるとどうなる?

f:id:rick1208:20200626214908p:plain
履歴を使うことで、Safariでウェブページを見るときに処理動作を速くしたり、記入の手間をかけずにサイトにログインしたりすることが可能です。その反面、SafariのキャッシュやCookieなどの履歴が溜まることで起きる不具合もあります。

動作が遅くなる

f:id:rick1208:20200626220107p:plain
ウェブページを1つ見るとその履歴がキャッシュとして保存されていきます。たくさんのウェブページを見れば見るほど、履歴も多くなるのは当然です。もちろんキャッシュもたくさん溜まっていきます。

iPhoneの動作が重くなって、なかなかウェブページが開けないときには、キャッシュクリアで改善可能なこともあります。iPhoneの動作が遅いなと感じたら、再起動の他にキャッシュクリアも行うことをおススメします。

内臓ストレージの容量を圧迫する

f:id:rick1208:20200626210305p:plain
iPhoneで写真や音楽などコンテンツをたくさん本体に保存していると、内臓ストレージの容量が足りなくなることがあります。iPhoneの場合32GB、128GBなど、本体が所持しているもともとの内臓ストレージの容量は決まっていて、拡張することは可能でせん。

内臓ストレージの容量が足りなくなってしまったときは、キャッシュクリアして履歴を消去し、ストレージの空きを少量ですが作ることが可能です。

内臓ストレージのチェック方法

f:id:rick1208:20200626153119p:plain
SafariのキャッシュやCookieなどを消去する前に、iPhone内でどのアプリにどれくらいのストレージが利用されているのかもあらかじめチェックすることをおススメします。

1、「設定」アプリを開きます。

2、「一般」を押します。

f:id:rick1208:20200627170337p:plain
3、画面中ほどにある「iPhoneストレージ」を押します。
f:id:rick1208:20200627171736p:plain
4、アプリごとの使用ストレージが表示されます。
f:id:rick1208:20200627171745p:plain
Safariのキャッシュ、Cookieなどの履歴によって、かなりのストレージを使用している場合は、キャッシュクリアによって改善が見込めます。

Safari」の右側に表示されたMBという数字がついている値がSafariのアプリの容量とキャッシュとCookieの合計値です。

誤ったウェブページが読み込まれてしまう

f:id:rick1208:20200626023817p:plain
IDやパスワードを誤って記入してしまったり、システムの不具合があったりするとウェブページがエラーの表示になります。その後何度正しい情報を記入しても、ずっとエラー画面の履歴を読み込んでしまい、正しいウェブページを表示できなくなることがあります。

キャッシュやCookieなどの誤った履歴を消去することで、再度ウェブページを読み込み、正しいサイトの表示が可能なようになります。この現象は起きる可能性は低いので、あまりお目にかからないですが、もしものときに実施するといいでしょう。

Safariのキャッシュをクリア、消去する方法

f:id:rick1208:20200625221648p:plain
では実ときにiPhoneSafariのキャッシュクリア、消去する方法をご説明します。キャッシュクリアを行うことで、保存していたCookie情報も消去されます。ウェブサイトにログインするのでのユーザーIDやパスワードは分かるようにしておいてください。

Safariのすべての履歴とキャッシュを消去する

f:id:rick1208:20200625221818p:plain
iPhone iOS12、1、2でSafariのすべての履歴とキャッシュを消去する方法をご解説します。

1、iPhoneで設定アプリを開きます。設定アプリはグレーの歯車のアイコンです。

2、「Safari」の項目を押します。
f:id:rick1208:20200627171840p:plain
3、 画面の下から3番目の「履歴とウェブサイトデータを消去」を押します。
f:id:rick1208:20200627171854p:plain
4、チェック画面が表示されます。「履歴とデータを消去」を押します。
f:id:rick1208:20200627171918p:plain

3の「履歴とWebサイトデータを消去」がグレーになっていてが押せない場合は、消去する履歴や ウェブサイトデータがないことを意味します。

キャッシュだけもしくはCookieだけを消去することはできない

f:id:rick1208:20200625201822p:plain
iOS7まではキャッシュだけ、もしくはCookieだけを消去可能な仕様でした。しかし、現在の最新iOSでは、キャッシュとCookieは統合された「Webサイトデータ」という名称になっています。

ウェブサイトのキャッシュだけ、もしくはCookieだけの消去はできない仕様になっているためご注意ください。

閲覧履歴だけ残してウェブサイトデータを消去する方法

f:id:rick1208:20200625201805p:plain
先ほどご解説したSafariの「履歴とWebサイトデータを消去」する方法では、キャッシュ、Cookie、閲覧履歴をすべて消去します。閲覧履歴は残してキャッシュとCookieを消去する方法をご解説します。

1、設定アプリを開きます。
設定を開く

2、「Safari」を押します。
f:id:rick1208:20200627172024p:plain
3、画面を一番下までスクロールし、「詳細」を押します。
f:id:rick1208:20200627175346p:plain
4、一番上の「Webサイトデータ」を押します。
f:id:rick1208:20200627175402p:plain
5、画面一番下の「全 Web サイトデータを消去」を押します。
f:id:rick1208:20200627175410p:plain
6、「今すぐ消去」を押します。
f:id:rick1208:20200627175418p:plain

Safariの見ること履歴を整理したいときにはこの方法が役に立ちます。

個別にウェブサイトデータを消去することも可能

f:id:rick1208:20200625201740p:plain
ご解説した「全 Web サイトデータを消去」では、すべてのウェブサイトデータを消去する方法です。個別にウェブサイトデータを消去する方法もあります。

1、設定アプリから「Safari」-「詳細」-「Webサイトデータ」の順に押します。
f:id:rick1208:20200627175450p:plain
2、一覧から消去したいキャッシュのデータを左にスワイプします。
f:id:rick1208:20200627175502p:plain
3、赤い「消去」ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200627205034p:plain

この方法であれば、個別にキャッシュとCookieが消去されますが、見ること履歴は消去されません。Safariの動作が遅くなる現象に比べると発生頻度は高くはありませんが、誤ったウェブページを何度も読み込んでしまうような不具合の場合に有効な方法です。

Safariの閲覧履歴だけを消去する方法

f:id:rick1208:20200625190312p:plain
SafariのキャッシュやCookieの他に、Safariでウェブページを見ることしたときに、その閲覧履歴も保存されています。Safariの閲覧履歴だけを消去する方法をご解説します。

1、Safariを開きます。

2、右下の本のマーク「ブックマーク」を押します。このとき、メニューが出ていない場合は、画面上を押すとメニューが表示されます。

3、画面右上の時計のマーク「履歴」を押します。
f:id:rick1208:20200627205106p:plain
4、画面右下の「消去」を押します。
f:id:rick1208:20200627205116p:plain
5、期間を選びます。
f:id:rick1208:20200627205147p:plain
この方法であれば、キャッシュだけ、Cookieだけは残してウェブページの閲覧履歴を消去することが可能です。

消去する期間は「直近1時間」「今日」「今日と昨日」「すべて」のいずれかが選択可能です。この期間の選択は、Safariの見ること履歴を消去するときだけに表示されます。

個別に見ること履歴を消去したいときは、その項目を左にスワイプし「消去」を押します。

Safariのキャッシュをクリア、消去すると消えるもの

f:id:rick1208:20200625174954p:plain
最初にご解説したSafariのキャッシュクリア「履歴とWebサイトデータを消去」は、キャッシュ、Cookie、見ること履歴のすべてを消去します。

Safariのキャッシュをクリア、消去するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200625174937p:plain
iPhoneSafariのキャッシュクリア、消去するときの気を付ける点を挙げます。誤って意図しない履歴を消去すると、ウェブサイトのログインの手間がかかります。

Cookieが消去されるのでユーザー情報も消える

f:id:rick1208:20200625173827p:plain
「履歴とWebサイトデータを消去」を行うと、Safariのキャッシュ以外にもCookieも一緒に消えます。なので、毎回ログインなしで使用していたサイトも再度ログインをし直す作業が発生します。

ユーザーIDやパスワードを忘れてしまっているととても手間がかかります。Safariのキャッシュクリアを実施するときには、各サイトのユーザー情報がわかる状態にしてください。

iCloudアカウントにサインインしている他のデバイスからも履歴が消去されます」と表示

「履歴とWebサイトデータを消去」をするとき、注意書きとして「iCloudアカウントにサインインしている他のデバイスからも履歴が消去されます」と表示されます。Apple IDを使用してiCloudで同期していると、Safariの履歴もiCloudで同期されています。
f:id:rick1208:20200627205308p:plain
iPadMacなどでiPhoneと同じApple IDを使用している場合、iCloudで同期されているSafariの履歴は消去されます。同じサイトを複数のデバイスで使用する場合にはご注意ください。

Safariの履歴はウェブページを開き直す時間、ユーザー情報記入する時間が省略可能な以外にも、通信コストも省くメリットもあります。ただ、デバイス本体に保存しているデータであるため、履歴は徐々に大きくなります。

iOS8以降、キャッシュだけ、Cookieだけの消去はできない仕様に変更となっています。Safariの見ること履歴は期間の選択が可能ですので、履歴を整理したいときにはこの機能を上手に使いましょう。

iPhoneでもブラウザ関係のトラブル時にはキャッシュやCookieなどの履歴を消去してみることをおススメします。