漫画の地球儀

iPhoneのZIPファイルの解凍方法!【iOS、整理、編集アプリ、iCloud、Dropbox、One Drive、Google Drive】

スポンサーリンク

iPhoneでZIPファイルは解凍可能?

f:id:rick1208:20200627130351p:plain
ZIPファイルをiPhoneで見ることしたいとき、よくありませんか?
ダウンロードしたファイルがZIPだった。メールで送られてきたファイルがZIPファイルだった。そんな時、どうすればいいのでしょうか。

ZIPファイルをiPhoneで見ることしたり、解凍したりする方法、意外と色々な方法があります。ここでは、iOS純正機能で見る方法や、Appストアからもっと高機能なアプリをダウンロードして使う方法など、iOSでZIPファイルを解凍する方法をご解説します。

iOS純正のファイルアプリで見ることは可能

f:id:rick1208:20200627005754p:plain
iPhoneでZIPファイルを見る一番簡単な方法は、iOS純正のファイルアプリを使う方法です。さすがはiOS。ちゃんと純正機能で、ZIPファイルを解凍する機能を用意してくれています。

iOS11以降の端末で使用可能

2017年10月にリリースされたiOS11からは、ZIPファイルの見ること機能が備わっています。iOSはOSのアップデートも簡単なので、最新のiOSを使用している方が殆どだと思います。

当然、最新のiOSを使用している人は、ZIPファイルの解凍、見ること機能が使用可能です。自分自身の使用しているiPhoneiOSバージョンが分からない人は、下の記事を参考に、バージョンのチェックをしてみてください。

ダウンロード

f:id:rick1208:20200626220107p:plain
実ときにiOS純正のZIPファイル見ること機能を利用して、メールで受信したZIPファイルをiPhoneで見ることしてみます。とっても簡単な手順なのですが、慣れてないと気づけない方法ですので、是非覚えておいてください。

ZIPファイルをiPhoneに保存する

f:id:rick1208:20200626215758p:plain
まず最初は、お馴染みiOSのMailアプリで、iPhoneで受信した、メールに添付されたZIPファイルをダウンロードします。その後、ダウンロードしたファイルを、iOSの純正機能で見ることしてみます。

iOSのメールアプリでZIPファイルが添付されたメールを開きます。メール本文にZIPファイルのアイコンが見えますので、iPhoneに保存したいファイルを見つけたら、そのファイルアイコンを長押しします。
f:id:rick1208:20200627135108p:plain
ファイルアイコンを長押しすると、共有メニューが表示されます。
共有メニューが表示されたら、メニューアイコンの中からファイルに保存を選びます。
f:id:rick1208:20200627135638p:plain
すると、ファイルの保存先の選択画面に遷移します。iOSのファイルアプリから参照可能な場所であれば、どこに保存してもOKですが、ここではiCloudを選びます。保存先を選びてから、「追加」ボタンを押して選びます。

iCloudを使用しない場合は、「このiPhone内」と表示された項目を選びてください。iPhoneの内部ストレージが使用されます。
保存先を選びて、追加を選択する。
f:id:rick1208:20200627140303p:plain
次に、SafariでZIPファイルをダウンロードする場合の手順を解説します。SafariiPhoneiPadで標準でダウンロードされているWebブラウザです。

実はWeb上で公開されているZIPファイルも、Safariとファイルの共有機能を利用してダウンロードすることが出来ます。

まず最初は、SafariでZIPファイルのダウンロードリンクを押します。
f:id:rick1208:20200627140801p:plain
するとZIPファイルの詳細情報画面が表示されますので、下部に表示されている「その他」を押します。
f:id:rick1208:20200627140850p:plain
すると共有メニューが表示されますので、ファイルに保存を選びます。後の手順は、先ほどご解説した通りです。
f:id:rick1208:20200627140858p:plain
今回、ファイルの保存先として、iCloudを選びて説明しました。iCloudiPhoneiPadを便利に使用するのでの、Appleが提供するクラウドサービスです。

iCloudではiPhoneのバックアップなども自動的に行ってくるため、iPhoneをより安全に使用することが可能なようになります。iCloudに関する詳しい説明については、以下のリンクを参考にしてください。

解凍

f:id:rick1208:20200626214908p:plain
iPhoneにZIPファイルをダウンロードして保存することが出来ました。ですが、ここからが本番です。実ときにiPhoneでZIPファイルを解凍してみます。手順は簡単ですので、すぐに使えるようになると思います。

ZIPファイルの解凍手順

f:id:rick1208:20200626212334p:plain
iPhoneを使った、ZIPファイルの解凍手順を解説します。多少iOSらしい癖がありますが、慣れれば直感的に操作可能なようになります。

まず最初はiPhoneのファイルアプリで、ZIPファイルを開きます。ホームスクリーンからファイルアイコンを選びて押し、ファイルアプリを開きます。

ファイルアプリを開くと、ファイルの閲覧機能が使用可能です。先ほどZIPファイルを保存した場所を選びてファイルの一覧を取得します。
f:id:rick1208:20200627140932p:plain
ファイルアプリ上で、保存ファイルの一覧が取得されたら、先ほど保存したZIPファイルを探します。ZIPファイルが見つかったら、そのファイルを押して選びます。
f:id:rick1208:20200627141214p:plain
ファイルアプリでZIPファイルを選択すると、ZIPファイルの詳細情報を表示する画面に遷移します。その画面の下部にある、「内容をプレビュー」を押すことで、ZIPファイルの中身を見ることが出来ます。
f:id:rick1208:20200627141223p:plain
これまでの手順でZIPファイルの中身を見ることが出来ました。今回の例ではPDFファイルがZIPで圧縮されているファイルを見ることしたので、PDFファイルの中身を見ることが出来ます。

iOSの純正機能では、このファイルを解凍し、iPhoneにダウンロードされている他のアプリで使用することも可能です。プレビュー画面の右上にある、共有メニューを押します。
f:id:rick1208:20200627141248p:plain
共有メニューを開くと、使用可能なアプリの一覧が表示されます。一覧の中から、使用したいアプリを選びます。ここではPDFファイルをZIPで圧縮していますので、お馴染みのPDFビュワー、Acrobatを使用してみます。
f:id:rick1208:20200627141300p:plain
普段使用しているiPhoneアプリで、ZIPファイルの中身を見ることが可能でした。当然、開くときに使ったアプリを用いて、普段通りに編集なども行うことが出来ます。
f:id:rick1208:20200627141527p:plain
ここまで、ZIPファイルをiOSの純正機能で解凍する方法を解説しました。ですが、先ほど解説した共有機能を使用することで、Appストアからダウンロードした、任意の解凍アプリでも見ることが出来ます。

先に解説した手順と同様に、ファイルアプリでZIPファイルを開きます。ファイルを開いたら左下にある共有アイコンを押して、共有メニューを表示します。
f:id:rick1208:20200627141704p:plain
共有メニューが表示されたら、任意の解凍アプリを選びます。Appストアで入手可能な、おススメ解凍アプリについては、この記事の後半でご解説します。ここでは例として、iZipというアプリを選びてみます。
f:id:rick1208:20200627141717p:plain
共有メニューからアプリを選びた後は、アプリの画面に遷移します。iZipの場合は、そのまま「すべてのファイルを解凍しますか?」というダイアログが表示されますので、「OK」を選びます。
f:id:rick1208:20200627141726p:plain
無事に解凍が終了した場合、ZIPファイルの中身がiZipアプリ上でチェック可能です。内容をチェックしたい場合は、そのまま解
f:id:rick1208:20200627142059p:plain
解凍したファイルを選択すれば、iZipアプリでファイルの中身を見ることが出来ました。
f:id:rick1208:20200627142107p:plain

iPhone向けのおススメZIPファイル解凍、整理、編集アプリ

f:id:rick1208:20200626115833p:plain

先に解説したように、iOSの純正機能だけでも、iPhoneでZIPファイルを解凍、見ること、編集することが可能でした。ですが、App StoreからiPhoneアプリをダウンロードすることで、もっと便利にZIPファイルを解凍したり整理したりすることができちゃいます。

ここでは便利なおススメZIPファイル解凍、整理、編集アプリを解説します。

iZip

f:id:rick1208:20200627142903p:plain
iZipはiPhoneiPadで、ZIPファイルやRARファイルなどの圧縮ファイルを解凍するアプリです。パスワード保護されたZIPファイルの解凍も可能です。

Dropbox、Box、One Drive、および、Google Driveなど一般的なクラウドストレージのZIPファイルを直接解凍することも可能です。ファイルの一覧で取得することが出来るため、簡易なフォルダの整理をすることも出来ます。

iZipを開くと、ZIPファイルのある場所を選択するメニューが表示されます。iCloudに保存されたZIPファイルを選択する場合は、書類ブラウザを押して選びます。
f:id:rick1208:20200627142957p:plain
解凍したいZIPファイルを選びます。先述した通り、iZipではiCloud以外にも、Dropbox、Box、Google Drive、One Driveが使用可能です。
f:id:rick1208:20200627143006p:plain
ZIPファイルを選択すると、インポートが終了した旨を伝えるダイアログが表示されます。ファイルを開くかと問われますので、「はい」を選びます。
f:id:rick1208:20200627143036p:plain
ファイルを開くと、ZIPファイル内のすべてのファイルを解凍するかを問い合わせるダイアログが表示されますので、OKを押して選びます。この後の手順は、先ほど解説した通りの手順となります。
f:id:rick1208:20200627143057p:plain

Easy zip

f:id:rick1208:20200627143107p:plain
Easy zipは、ZIPファイルの圧縮や解凍、RARや7zファイルの解凍が可能なiPhoneアプリです。編集は可能でせんが、このアプリを利用してワードやエクセル、PDFファイルの見ることが可能です。ファイルの操作も可能ですので、ファイルの整理にも使用可能です。

Easy zipの初回起動時は、何もファイルが表示されていない質素な画面です。まず最初は、メニューからファイルを追加します。トップ画面右上のメニューアイコンを押してメニューを開きます。
f:id:rick1208:20200627143145p:plain
先ほどダウンロードしたZIPファイルを追加するのでに、メニューからiCloudを選びます。
f:id:rick1208:20200627143156p:plain
お馴染みのiCloudのファイル選択画面に遷移しますので、解凍したいZIPファイルを選びます。
f:id:rick1208:20200627150903p:plain
iCloudから取り込んだZIPファイルが、ファイルの一覧に表示されます。ここで、表示されたZIPファイルを選びます。
f:id:rick1208:20200627150913p:plain
ZIPファイルを選択すると、ファイルを解凍するかを問い合わせるダイアログが表示されます。ダイアログを表示されたら、解凍を押します。
f:id:rick1208:20200627150925p:plain
Easy zipでファイルを解凍すると、同じ名前のフォルダが作成されます。作成されたフォルダ内部にZIP圧縮されていたファイルが保存されていますので、解凍されたフォルダを押して選びます。
f:id:rick1208:20200627150938p:plain
解凍されたフォルダを開くと、解凍されたファイルを見ることが出来ます。中身をチェックすることで、ファイルが正しく解凍されたことをチェック可能です。
f:id:rick1208:20200627150947p:plain

GoodReader

f:id:rick1208:20200627150953p:plain
GoodReaderは有料のiPhoneアプリですが、有料であるがゆえ高機能であると言えます。リリースから10年間アップデートが続いている老舗アプリです。

ファイルの読み込み機能も高機能で、音楽や動画ファイルを含めて多種多様なファイル読み込みに対応しています。編集や整理の機能を充実していて、PDFファイルには注釈をつけることも可能です。

さらに高機能なPro版も公開されており、こちらはセキュリティを意識する人向けの機能が追加されています。

GoodReaderは、使用許諾条件に同意することを求める画面が、初回起動時のみ表示されます。目を通して問題なければ、画面右上のAcceptを押して条件に同意します。
f:id:rick1208:20200627151025p:plain
ファイルアプリから開きたいZIPファイルを選びます。GoodReaderはZIPファイルの関連付けがダウンロード時に行われますので、共有機能を使わずファイルアプリから直接GoodReaderアプリへ遷移することが出来ます。
f:id:rick1208:20200627151032p:plain
GoodReaderアプリへ遷移したときに、ZIPファイルの開き方を選びます。開き人は2種類提示されますが、"Copy to GoodReader, then open"を選択するほうが安全ですので、こちらを選びます。
f:id:rick1208:20200627151115p:plain
ファイルをGoodReaderへ追加すると、ZIPファイルを解凍するか問い合わせるダイアログが表示されます。中身を見ることしたいので、Unzipを選びます。
f:id:rick1208:20200627151123p:plain
ZIPファイルの解凍後、GoodReaderのファイル一覧に解凍後のファイルが追加されていることをチェックします。ファイルを押すと、中身を見ることが出来ます。PDFなどは注釈を追加することも可能ですし、TXTファイルなどは編集することも可能です。
f:id:rick1208:20200627151141p:plain

Documents by Readdle

f:id:rick1208:20200627151209p:plain
Documents by Readdleでは、ZIPファイルの圧縮と解凍が行えます。対応している圧縮ファイル形式は少ないですが、PDFファイルに注釈を記載できたりなどファイルの編集機能は高機能だと言えます。

ファイル操作のためのUIもわかりやすく、ファイルの整理に向いているiPhoneアプリです。

まず最初はiCloudからZIPファイルをアプリに追加します。アプリのトップ画面から、iCloudを選びます。
f:id:rick1208:20200627151232p:plain
iCloudを選択すると、iCloud Driveと記載された項目が現れます。続いて、表示されたiCloud Driveを選びます。
f:id:rick1208:20200627151242p:plain
iCloud Driveを選択すると、おなじみのiCloud Driveのファイル選択画面に遷移します。ここで、iCloudに保存したZIPファイルを選びます。
f:id:rick1208:20200627151250p:plain
続いてZIPファイルの解凍先を指定する画面に遷移します。解凍先として「書類」を選び、抽出を押します。
f:id:rick1208:20200627151314p:plain
すると、Documents by Readdleアプリのメニュー画面内にある、書類カテゴリに解凍したファイルが生成されます。解凍したファイルを選択することで、中身をチェックすることが出来ます。
f:id:rick1208:20200627151323p:plain
Documents by Readdleでは、PDFファイルに対して注釈ツールを用いて編集を行うことも可能です。
f:id:rick1208:20200627151330p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200626112846p:plain
iPhoneでZIPファイルを解凍するだけであれば純正の共有機能だけで十分です。ですが、iPhoneの純正機能だけでは解凍することが出来ない場合もありますので、その場合はiZipやEasy zipを使うのがオススメです。

iPhoneでPDFファイルをよく読んだり、ファイルを綺麗に整理したい人には、Documents by Readdleや、GoodReaderがオススメです。みなさまの普段使いに合わせて、選んでいただくと良いと思います。