漫画の地球儀

iPhoneでSafariの閲覧、検索履歴を削除する方法!【キャッシュ、消去、タブ、Cookie】

スポンサーリンク

Safariの履歴は溜まっていく

f:id:rick1208:20200627060842p:plain
Safariを使い続けるとどんどんデータは削除されず溜まっていきます。

Safariの見ること履歴、検索履歴、キャッシュなどがSafariを見るたびに溜まっていくのです。これはiPhoneが1回ダウンロードしたデータを保存しておき、同じデータを再びダウンロードする手間を省く狙いがあります。

検索履歴など削除せず残っていればダウンロードし直すよりもそのまますぐに見返すことが可能ですし、再ダウンロードする通信コストがかからないのでiPhoneなどのスマートフォンでは大きな効果があります。

自分自身でiPhoneを操作して消去する必要がある

f:id:rick1208:20200627005754p:plain
Safariなどを見るにあたって便利だからと見ること履歴、検索履歴、キャッシュなどを削除せず残したままにしておくとメリットばかりではなく、デメリットもあります。

閲覧履歴、検索履歴、キャッシュなどを削除せず残したままにしておくとどんどんデータが溜まり、大きな容量になります。iPhoneのデータ容量は決まっているので、削除しないと次第にデータが圧迫し空き容量が少なくなってしまいます。

そして見ること履歴、検索履歴、キャッシュなどが溜まりすぎるとSafariが急に落ちてしまったり固まったりしてしまう原因にもなってしまいます。

iPhoneの検索履歴などを削除せず残しておくと他にもトラブルが生じることがあります。

身近な人に見られたくない検索履歴やデータを見られてしまうかもしれません。秘密にしておいたことがバレてしまうのはとても嫌ですし、検索履歴やデータを見られたことによって喧嘩に発展するかもしれません。

iPhoneを落としてしまったり盗まれてしまったとき第三者に個人情報が漏れてしまうかもしれません。大事な情報は事前に削除しておいたほうが安心です。セキュリティ面でも履歴を削除することはとても大事なことなのです。

Safariの履歴の消去する方法

f:id:rick1208:20200627004444p:plain
iPhoneで見たSafariの見ること履歴や検索履歴の削除方法を説明します。Safariの閲覧履歴、検索履歴は簡単な方法で削除することが可能です。

閲覧履歴を表示する

f:id:rick1208:20200626220107p:plain
Safariの見ること履歴を見てチェックするのでには、まず「Safari」を開く必要があります。iPhoneのホーム画面にある「Safari」のアイコンを押してください。
f:id:rick1208:20200627060939p:plain
Safariを開いたら上下どこでもいいので押してください。
f:id:rick1208:20200627060955p:plain
Safari画面の上下を押すとツールバーが出てくるので下にある「本マーク」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061004p:plain
上に「本マーク」「眼鏡マーク」「時計マーク」が並んでいるので一番右の「時計マーク」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061230p:plain
一番右にある「時計マーク」が見ること履歴になります。「時計マーク」を押すとSafariで今まで検索してきた見ること履歴が表示されチェック可能です。

閲覧履歴を消去する

f:id:rick1208:20200627061238p:plain
Safariで今まで検索して見てきた見ること履歴を残さないように削除します。Safariの見ること履歴を表示している画面の右下にある「消去」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061248p:plain
「直近1時間」「今日」「今日と昨日」「すべて」と表示されるので自分が消したい閲覧履歴期間を確認し選んでタップすると消去できます。

期間を選んで消去すると消去した期間の履歴、Cookie、その他のブラウズデータが削除されます。iCloudアカウントにサインインしているデバイスから履歴が消去されます。
f:id:rick1208:20200627061348p:plain
閲覧履歴を残さないようにすべて削除すると表示されていた見ること履歴はすべて綺麗に削除されます。今まで表示されていた見ること履歴が消えているのをチェックしてください。
見ること履歴を1つ選んで削除する

safariの閲覧履歴画面にて1つずつ消去

f:id:rick1208:20200627061420p:plain
表示されている見ること履歴はチェックしながらひとつひとつ選んで削除することも可能です。Safariの見ること履歴から残さないように削除したい見ること履歴をチェックし選び、削除したい見ること履歴を左にスワイプしてください。
f:id:rick1208:20200627061429p:plain
チェックしながら削除したい履歴を左にスワイプすると「削除」が出てくるので「削除」を押すと選んだ履歴だけ削除されます。

タブを削除する

f:id:rick1208:20200626214908p:plain
これで見ること履歴を削除することが可能でしたが、タブが残っているとタブを見れば何をSafariで検索し見ることしていたのかが分かってしまいます。タブそれぞれにも検索履歴、見ること履歴は残っているのです。

タブに残っている検索履歴、見ること履歴も残さないようにしましょう。次はタブの削除方法です。

f:id:rick1208:20200627061451p:plain
Safari画面の右下にある「タブマーク」を長押ししてください。
f:id:rick1208:20200627061518p:plain
「すべての○個のタブを閉じる」「このタブを閉じる」どっちか選んで削除可能です。「タブマーク」を長押しせずただ押すとタブの一覧がチェック可能です。
f:id:rick1208:20200627061530p:plain
タブはひとつひとつチェックしながら閉じて削除することが可能です。Safari画面の右下にある「タブマーク」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061542p:plain
タブの一覧がでてきます。ひとつひとつのタブの左上にある「×マーク」を押すとそのタブは閉じて削除されます。
f:id:rick1208:20200627061548p:plain
ひとつ便利な機能として下にある「+マーク」を長押しすると「最近閉じたタブ」一覧がでてきてチェックすることが可能です。
f:id:rick1208:20200627061555p:plain
間違えて削除してしまったときは「最近閉じたタブ」から削除してしまった見ることしていたタブを復元可能です。

「最近閉じたタブ」はSafariを終了すると削除されるので、残さないように削除したい場合はSafariアプリを閉じるだけだけではなくきちんと終了させてください。

検索履歴を消去する

f:id:rick1208:20200626153119p:plain
Safariから見ること履歴を削除してもSafariで検索したgoogle検索履歴は残っています。Safariで検索したGoogle検索履歴を残さない削除方法を説明します。

iPhoneホーム画面から「設定」アプリを押してください。
f:id:rick1208:20200627061634p:plain
設定画面になったら下へスクロールしてください。
f:id:rick1208:20200627061647p:plain
Safari」を探して見つけたら「Safari」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061655p:plain
「設定」から「Safari」画面にいったら下へスクロールしてください。
f:id:rick1208:20200627061706p:plain
Safari」画面を下にスクロールすると「履歴とWebサイトデータを消去」があります。「履歴とWebサイトデータを消去」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061738p:plain
「履歴とデータを消去」を押すと検索履歴がすべて削除されます。

消去すると履歴、Cookie、その他のブラウズデータが削除されます。iCloudアカウントにサインインしているデバイスから履歴が消去されます。

検索画面に履歴やデータを表示しない方法

f:id:rick1208:20200626115833p:plain
検索画面で検索履歴やデータ情報がでないようにする方法を解説します。

Siriから提案されたWebサイト

f:id:rick1208:20200627061810p:plain
「Siriから提案されたWebサイト」はユーザーが必要としている情報を予測候補として表示する機能です。

「Siriから提案されたWebサイト」を出しない方法を説明します。

iPhoneのホーム画面にある「設定アプリ」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061828p:plain
設定画面になったらい下へスクロールしてください。
f:id:rick1208:20200627061839p:plain
設定画面にある「Safari」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061855p:plain
Safari画面の「Safari検索候補」をオフにすると検索画面の「Siriから提案されたWebサイト」が表示されなくなります。
f:id:rick1208:20200627061918p:plain
Google検索、履歴を残さないでずっと出しない方法を説明します。ブックマークは登録してあるブックマークが表示されます。ブックマークも出したくない人はブックマークの登録を削除してください。

グーグル検索を出しないために、先に「履歴とWebサイトデータを消去」してください。検索履歴の削除方法は上記に書いてあります。

ホーム画面にある「設定アプリ」を押してください。
f:id:rick1208:20200627061936p:plain
設定画面になったら下へスクロールしてください。
f:id:rick1208:20200627061949p:plain
Safari」がでてきたら「Safari」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062001p:plain
Safariページにいったら設定アプリのSafariページにある「検索エンジンの候補」と「トップヒットを事前に読み込む」をオフにしてください。

「履歴とWebサイトデータを消去」しておくのを忘れないでください。
f:id:rick1208:20200627062022p:plain
オフにすると検索履歴が表示されないようになります。

Safariで閲覧、検索履歴を残さない方法

f:id:rick1208:20200626115944p:plain
いちいち見ること履歴や検索履歴を削除するのが面倒な人は、履歴を残さない方法でSafariを見るといいでしょう。

Safariブラウザには検索履歴やCookie(ログインiDやパスワードなど)も一切残さない「プライベートブラウズ」という機能があります。

「プライベートブラウズ」を使うと見ること履歴や検索履歴、記入の情報が保存されないので履歴が残らず個人情報が保護されます。検索履歴を残さないので削除する手間がかかりません。

プライベートブラウズの使用方法

f:id:rick1208:20200626112846p:plain
「プライベートブラウズ」の表示方法、使用方法を説明します。「プライベートブラウズ」はSafariの画面から切り替えることが可能です。

Safari」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062056p:plain
Safari画面の右下にある「タブマーク」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062115p:plain
Safari画面の右下にある「タブマーク」を押すとタブの一覧画面がでてきます。タブ一覧画面の左下にある「プライベート」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062128p:plain
Safariのタブ一覧画面の左下にあるプライベートを押すと「プライベートブラウズモード」になります。プライベートブラウズモードでは見ることした後タブを閉じるとアクセスしたページ、検索履歴、あるいは自動記入情報がSafariに保存されません。

プライベートブラウズモードで検索するときは下にある「+マーク」か「終了」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062151p:plain
プライベートブラウズモードでもSafariの検索方法はいつもと同じです。

検索、見ることが終わったらプライベートブラウズモードを終了させましょう。
f:id:rick1208:20200627062205p:plain
プライベートブラウズモードを終了したいときは、Safariの見ること画面の右下にある「タブマーク」を押してください。

タブを一気に消しておきたい人は「タブマーク」を長押しし、「すべての○個のタブを閉じる」を押すと一気にすべて削除可能です。
f:id:rick1208:20200627062215p:plain
プライベートブラウズモードではタブを閉じると見ること履歴、検索履歴が削除されます。(タブを残しておいても普段のSafariの検索履歴、見ること履歴には残りませんが、プライベートブラウズには残っています。)

見ること履歴、検索履歴を完璧に残さないようにしたい人はそれぞれのタブの左上にある「×マーク」を押してタブを閉じてください。

プライベートブラウズモードを終了させたいときは左下にある「プライベート」を押してください。これで通常のブラウザに戻ります。

プライベートブラウズが使えない場合

f:id:rick1208:20200626113016p:plain
プライベートブラウズが表示されず使えないとき、「コンテンツとプライバシーの制限」がオンになっているから使えなくなっている場合があります。

プライベートブラウズを使えるようにするには、「コンテンツとプライバシーの制限」をチェックし、オンになっていたらオフにするか、「Webコンテンツ」の設定を変えるとプライベートブラウズが使えるようになります。

「コンテンツとプライバシーの制限」の解除方法、「Webコンテンツ」の設定の変え方を説明します。

iPhoneのホーム画面にある「設定」アプリを押してください。
f:id:rick1208:20200627062245p:plain
設定画面になったら下へスクロールしてください。
f:id:rick1208:20200627062254p:plain
すぐに「スクリーンタイム」がでてくるので押してください。
f:id:rick1208:20200627062436p:plain
設定アプリのスクリーンタイム画面になったら「コンテンツとプライバシーの制限」をタップてください。
f:id:rick1208:20200627062445p:plain
「コンテンツとプライバシーの制限」画面の一番上にある「オン、オフラベル」をオフにするとプライベートブラウズが使えるようになりますが、他に設定していた制限もオフになってしまうので、Web設定だけしたい場合は「コンテンツ制限」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062653p:plain
コンテンツ制限画面にある「Webコンテンツ」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062700p:plain
Webコンテンツ画面の「無制限アクセス」を押すとプライベートブラウズが使えるようになります。

Safariの履歴の自動的削除も可能

f:id:rick1208:20200626095029p:plain
iPhoneSafariで検索履歴を残さず検索したいときは「プライベートブラウズ」を使うことをオススメします。プライベートブラウズを使うとそもそも検索履歴が残らないのでいちいち削除する手間がかかりません。

MacパソコンでSafariを利用している場合、履歴を自動削除可能な機能があります。手動でももちろん検索履歴は削除可能ですが、ここでは自動削除の方法を説明します。

Safariの履歴の自動削除設定

f:id:rick1208:20200626094437p:plain
MacのFinderからアプリケーションにいき「Safari」をダブル押して起動させてください。

起動しなかったときは再度何度かダブルクリックをしてみてください。
f:id:rick1208:20200627062748p:plain
Safariが起動したら左上にあるメニューバーの「Safari」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062837p:plain
Safariを押したらその中の「環境設定・・・」を選んで押してください。
f:id:rick1208:20200627062855p:plain
Safariの環境設定画面が出てきたら左上にある「一般」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062906p:plain
一般画面になったら「履歴からの削除」を押してください。
f:id:rick1208:20200627062936p:plain
自動的に削除する期日が選べます。「1日後」「1週間後」「2週間後」「1か月後」「1年後」「手動」から選べます。

履歴を削除したい期日を選んでください。期日を選ぶと選びた期日通りに自動で履歴が削除されます。「手動」を選ぶと履歴は削除されません。

Safariの履歴を残しておくことの危険性

f:id:rick1208:20200626041728p:plain
Safariの見ること履歴や検索履歴、位置情報を削除しないで残しておくと、Safariの見ること履歴、検索履歴、位置情報が火種となって何かしらのトラブルが生じることがあるかもしれません。

例えばネットバンキング詐欺というものがあります。ネットバンキング詐欺は最も直接的で被害が大きくなりやすい犯罪です。

今では多くの人がネットバンキングサービスを使用しています。記入するのでのパスワードや乱数表の記号などをSafariの履歴などから不正に盗み取り、その情報を利用して口座保有者を装って預金をごっそりと盗み出してしまう犯罪がネットバンキング詐欺です。

そんな事態に遭わないためにも、履歴のチェック方法や削除方法を知っておいて損はありません。

履歴はここまで見られる可能性がある

f:id:rick1208:20200626041659p:plain
履歴や見られて困るものは削除したから大丈夫!と安易に安心してはいけません。iPhoneという複雑な最新機器には私たちがすぐ気がつかないようなところに履歴が残っている場合があるので注意しなければなりません。

自分自身では削除したつもりでも実は削除しきれていないとき、iPhoneをとても詳しく知っている人が見れば簡単に盗み見られてしまいます。

思わぬところから履歴のチェックが可能な場合があるので、ひとつひとつ確実に残さないように削除しておく必要があります。

Safariの履歴を含めスマホは個人情報の固まり

f:id:rick1208:20200626041636p:plain
iPhoneにはSafariの履歴以外にもたくさんの個人情報が詰まっています。

例えば今や世界中の人たちが利用しているインスタグラム。鍵付きにして自分自身の友達だけとフォローしあっているアカウントだと安心して自宅の近くの画像を載せたりしてしまいます。

しかしいざスマホを落としてしまったとき、インスタグラムアプリを終了させていないで閉じているだけの状態だとパスワードもなくインスタグラムは簡単に開くことができてしまいます。

三者に自宅の特定、交友関係、行動範囲などの個人情報が漏洩してしまう危険性があります。

例えば今の時代とても便利なネットショッピング。ネットショップごとにアプリがリリースされていることが多く、買い物したいときはアプリを起動するだけで買い物が可能なのでとても便利になっています。

しかしそれぞれのアプリには個人情報が登録されています。ネットで買い物をするとき、いちいち名前や住所やカード情報を最初から記入するのが面倒臭くてアプリごとにデータを保存している人が多いです。

三者に見られてしまうと個人情報がダダ漏れになってしまう危険性があります。

セキュリティを意識して使用しよう

f:id:rick1208:20200626040236p:plain
検索履歴を削除するなどデバイス上のセキュリティ設定も大事ですが、Safariを見るユーザーの意識も大事です。いかにも怪しいサイトばかり見ることしたり重要な情報の履歴をそのまま残していれば被害に遭う可能性も高くなります。

いざスマホを落としてしまったときも、すでに対策がしてあり、対処可能なようにしておくと不安要素は減ります。

セキュリティ設定で万全を期した上で、自分自身の身は自分自身で守るという意識を所持して安全、快適なネット使用を心がけたいです。