漫画の地球儀

iPhoneで『コンテンツブロッカー』を設定できない原因、対策法!【オンオフ、アプリ、iPad】

スポンサーリンク

「コンテンツブロッカー」を設定できない原因

f:id:rick1208:20200627005754p:plain
iPhoneにてコンテンツブロッカーを設定できないと悩む人は実は多いです。そこでここでは、iPhoneにてコンテンツブロッカーを設定できない原因について、詳しくみていきます。

コンテンツブロッカー

f:id:rick1208:20200627004444p:plain
そもそも、コンテンツブロッカーについてご存知でしょうか。コンテンツブロッカーとは、ネットを見るときに表示される画像などのいわゆる広告コンテンツをブロックするのでのツールを指します。

急にポップアップが出てきて、全く異なるページに遷移してしまったというトラブルを避けるためにも、コンテンツブロッカーはとても便利なツールです。

考えられる原因

f:id:rick1208:20200626220107p:plain
ではここからはコンテンツブロッカーをiPhoneで設定できない場合の、考えられる要因について詳しくみていきます。

コンテンツブロッカーアプリがダウンロードされていない

コンテンツブロッカーアプリがiPhoneにダウンロードされていない可能性があります。この場合、どれだけ設定を試みてもコンテンツブロッカーは使用できないです。まず最初はご使用のiPhoneにコンテンツブロッカーがダウンロードされているかチェックします。

コンテンツブロッカー機能がオフになっている

iPhoneにてコンテンツブロッカーの機能がオフになっていると、設定できないです。コンテンツブロッカーがきちんとオンになっているかチェックする必要があります。

機能制限がかかっている

また、機能制限がかかっている可能性もあります。機能制限とは、携帯電話会社により制限設定で、例えば「あんしんフィルター」などが要因で、コンテンツブロッカーが機能制限されている可能性があります。
お近くのApple Storeなら、 最新のiPhoneがプライスダウン。

「コンテンツブロッカー」を設定できないときの対策法「アプリ」

f:id:rick1208:20200626215758p:plain
ではここからは、コンテンツブロッカーがiPhoneで設定できない場合の対策法についてみていきます。まず最初はアプリ側の設定からチェックしていきます。

アプリが許可されているかチェックする手順

f:id:rick1208:20200626214908p:plain
コンテンツブロッカーアプリがiPhone上で許可されているかチェックする手順は以下の通りです。

まず最初は設定アプリを開きます。

設定画面が開いたら、次に進みます。

Safariを選びます。
f:id:rick1208:20200627010052p:plain
Safariの設定画面に遷移します。
一般の中にあるコンテンツブロッカーを選択する

「一般」と表示されている中にあるコンテンツブロッカーを選びます。
f:id:rick1208:20200627055223p:plain
コンテンツブロッカーの設定画面に移動します。

コンテンツブロッカーアプリがオンになっているかチェックします。
f:id:rick1208:20200627055526p:plain
許可するコンテンツブロッカーの下に表示されるアプリが、現在利用しているiPhoneにダウンロードされているコンテンツブロッカーアプリです。

オンになっていた場合、1回オフにしてから再度オンにし、状況が変わるかどうかチェックします。

アプリが表示されない場合はダウンロードする

f:id:rick1208:20200626220107p:plain
アプリが表示されない場合は、そもそもiPhoneにコンテンツブロッカーアプリがダウンロードされていないということです。お好みのコンテンツブロッカーアプリをダウンロードする必要があります。以下はおススメのアプリです。

Legacy、

LegacyはiOS 9、0以降で使用可能なコンテンツブロッカーアプリです。

Legacy.

Legacy.

  • Salavat Khanov
  • 仕事効率化
  • 無料
apps.apple.com

AdFilter - 広告ブロック

AdFilterもiPhoneユーザーに人気のコンテンツブロッカーアプリです。日本語対応ありの点もおススメです。

その他

そのほかにもコンテンツブロッカーアプリは色々あります。AppStoreからダウンロード可能ですので、利用しやすいと思うアプリをダウンロードする事をおススメします。

「コンテンツブロッカー」を設定できないときの対策法「機能をオンオフする」

f:id:rick1208:20200626215758p:plain
つづいて、コンテンツブロッカーを使用できない場合に機能をオンオフにすることによる、対策法について説明していきます。

「コンテンツブロッカー」がオンになっているかチェックする手順

f:id:rick1208:20200626214908p:plain
コンテンツブロッカー機能がオンになっているかどうかは下記の手順でチェック可能です。

設定アプリをまず最初は開きます。

Safariを選びます。ここまでは先ほどと同様です。

続いて、Webサイトの設定の中にある、コンテンツブロッカーを選びます。
f:id:rick1208:20200627055810p:plain
コンテンツブロッカー機能の設定画面に遷移します。

すべてのWebサイトがオンになっているかチェックします。
f:id:rick1208:20200627055900p:plain
オンになっている場合は、コンテンツブロッカーの設定は終了しています。

オンになっていた場合は、先ほど同様1回オフにした後再度オンにすることで、状況が変わるかチェックしてみます。

「コンテンツブロッカー」を設定できないときの対策法「機能制限」

f:id:rick1208:20200626210305p:plain
最後に、機能制限が原因でコンテンツブロッカーがiPhoneで設定できない場合の対策法についてiOS11以前とiOS12以降の場合に分けてみていきます。

iOS11以前の手順

f:id:rick1208:20200626191734p:plain
まず、iOS11以前のiPhoneユーザ向けの設定をみていきます。

設定アプリを開きます。

一般を選びます。

設定を選びます。

機能制限を選びます。

Webサイトを「すべてのWebサイト」へ変更します。この対応で、機能制限が解除されコンテンツブロッカーがiOS11のiPhoneにて設定可能になります。

iOS12以降の手順

f:id:rick1208:20200626153119p:plain
続いて、iOS12以降のiPhoneユーザ向けの設定をみていきます。

設定アプリを開きます。

スクリーンタイムを選びます。
f:id:rick1208:20200627060320p:plain
スクリーンタイムの設定画面に移動します。

画面下の方にスクロールし、コンテンツとプライバシーの制限を選びます。
f:id:rick1208:20200627060327p:plain
機能制限の設定一覧が表示されます。

コンテンツ制限を選びます。

f:id:rick1208:20200627060336p:plain
機能制限の内容について詳細の設定が可能になります。

Webコンテンツを「無制限のコンテンツ」もしくは「無制限アクセス」へ変更します。無制限のコンテンツに変更することで、その名の通りiPhoneで見るWebサイトの無制限のコンテンツに対しコンテンツブロッカーが使用可能となります。