漫画の地球儀

iPhone、iPadのホームボタンの効きが悪くなる原因、対処法!【掃除方法、アルコール、綿棒、ドックコネクタ】

スポンサーリンク

掃除

f:id:rick1208:20200625152749p:plain
iPhoneiPadの修理代は高く、Apple Careに加入していないとなかなか修理に出すことも難しいはずです。

iPhoneiPadのホームボタンの効きが悪いと感じた場合、まず最初は掃除をしてみましょう。正しい方法で掃除をすれば、出費を防いで対処することが可能なはずです。

ホームボタンの掃除方法

f:id:rick1208:20200625150800p:plain
基本ですが、ホームボタンは指で何度もさわる部分です。さわる回数が多ければ多いほど、目に見えないホコリや手の油が付いてしまっていることが多いです。

まず最初はここで説明する方法に従って掃除をしてみてください。ホコリや手の油が原因でホームボタンの効きが悪い場合、ちゃんとと掃除をすれば、修理に出すことなく解決することができる思います。

イソプロピルアルコールを使用

f:id:rick1208:20200625125744p:plain
ここでは、イソプロピルアルコールを使用した掃除方法を解説します。Amazonなどで簡単に購入することが可能なので、まず最初はイソプロピルアルコール用意しましょう。

イソプロピルアルコールがない場合は、水や石鹸水でも良いですが、綿棒に染み込ませしすぎないように注意しましょう。

万が一、iPhoneiPad内部に水が入り込んでしまった場合、故障の原因にもなるので気を付けましょう。

綿棒等に染み込ませ拭き取る

f:id:rick1208:20200625133812p:plain
まず最初は、綿棒にイソプロピルアルコールを染み込ませてください。次に、ホームボタンを軽く叩くような感じで、綿棒で拭き取っていきます。

この作業だけでも改善することが多いですが、ホームボタンの中にホコリが詰まっている可能性もあるので、ホームボタンを押して、隙間も掃除していきましょう。終わったら、10分ほど放置しておきましょう。

ホコリや手の油が原因で、ホームボタンの効きが悪いというパターンも多いので、まず最初は正しい対処法で掃除をすることをお勧めします。

ドックコネクタで調整

f:id:rick1208:20200625134142p:plain
ホームボタンの掃除をしても直らない場合、ドックコネクタに問題があるかもしれません。ドックコネクタに問題がある場合、調整をすることで直ることがあります。
ドックコネクタとは、iPhoneiPadを充電するときに使う差し口部分のことです。

普段から使用する充電コネクタやイヤフォンコネクタの挿し口でもあるため、ドックコネクタに問題があるとiPhoneiPad全体に影響が出てしまうこともあります。
早速、ドックコネクタでの調整方法を見ていきましょう。

ドックコネクタでの調整方法

f:id:rick1208:20200625125633p:plain
iPhoneiPadドックコネクタに問題がある場合、ホームボタンの効きが悪くなり反応しなくなるパターンが多いです。きちんとした対処法で安全に調整することができれば、直るかもしれません。

充電コネクタを差し込む

まず最初は、iPhoneiPadドックコネクタ部分に充電コネクタを差し込んでみてください。1回差し込んでも反応しない場合、何度か差し込んでみましょう。

抜き差しを繰り返したら、次にホームボタンを確かめてみてください。この時に、ホームボタンが問題なく使えるようであれば、ドックコネクタが原因です。

最後にドックコネクタを爪楊枝やティッシュなどを使い、掃除しましょう。エアスプレーがある場合、それを使用して中にあるホコリを払うと良いと思います。

iPhoneiPadを押すように力を加える

f:id:rick1208:20200625125702p:plain
あまりお勧めする方法ではありせんが、iPhoneiPadに力を加えることでホームボタンの効きが改善することもあります。強く押してしまうと画面部分に傷ができてしまうので、優しく力を加えることが大事です。

ただし、むやみに力を加えてしまうと、iPhoneiPadの画面損傷や故障にもつながるため、この方法をやってみるときには十分に気をつけて行うようにしてください。

ホームボタンを何度か押してみる

f:id:rick1208:20200625124949p:plain
iPhoneiPadのホームボタンを何度か押してみることで、改善することもあります。おそらく、一番有名で即効性の高い対処法と思います。

しかし、効果が続くのも数分だけという問題があります。急ぎで使いたい場合は良いですが、それ以外の場合は可能なだけ控えた方が良いと思います。

ホームボタンに問題がある場合、iPhoneiPadの内部に問題があることも考えられるため、可能なだけ早めに原因を見つけて直すことが大事です。

キャリブレーション

f:id:rick1208:20200625054256p:plain
iPhoneiPadのソフトウェアに問題がある場合、キャリブレーションをすることでホームボタンの効きが直ることもあります。

キャリブレーションの手順

f:id:rick1208:20200625054319p:plain
キャリブレーションとは、バッテリーのリセットという意味です。バッテリーがキャリブレーションされていない状態が続くと、同時にバッテリーの寿命も短くなってしまいます。

iPhoneiPadの反応速度にも関わるので、普段から以下の手順をすると良いと思います。

iOS標準アプリを起動

まず最初は、iPhoneiPadiOS標準アプリを起動させてください。iOS標準アプリとは、iPhoneiPadを買った時に元々入っているアプリのことです。具体的には、時計や計算機を起動させましょう。

もし、iOS標準アプリがないという場合、App Storeからダウンロードすることが可能なので、iPhoneiPadの画面上に設置しておくようにしましょう。

電源ボタンを長押し

iOS標準アプリを起動させたら、電源ボタンを長押ししてください。電源ボタンを長押しすると、次のような画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200625153819p:plain
正しいキャリブレーション方法をしている場合、このようにiPhoneiPadの画面に「スライドして電源をオフ」という画面が表示されるはずです。

最後に、ホームボタンを長押ししてみましょう。ここで、電源ボタンを押さないように注意しましょう。電源ボタンを押してしまうと、正しくキャリブレーションされません。

ホームボタンを長押ししたら、アプリが強制終了されるはずです。電源が戻ったら、ホームボタンの効きをチェックしてみてください。

Assistive Touchを使用

f:id:rick1208:20200625055149p:plain
これまでの方法を試しても効果がないという場合は、AssistiveTouchを利用してみましょう。すでに設定で、AssistiveTouchを設定している人は、飛ばし読みして構いません。

Assistive Touchの機能

f:id:rick1208:20200625050653p:plain
AssistiveTouchとは、分かりやすく言えば仮想ボタンのことです。

ホームボタンは物理的に押すことで画面を操作することが可能ですが、AssistiveTouchの場合、画面上に仮想ボタン(AssistiveTouch)を設置することで、ホームボタンを押す必要なく画面を操作することが可能です。

実ときの画面上には、このように操作可能なことが可能です。故障予防になる以外にも、普段iPhoneiPadを使う方であれば、より便利に使うことが可能なと思います。

Assistive Touchの設定方法

f:id:rick1208:20200625050106p:plain
iPhoneiPadを使用する場合、故障の予防以外にも便利な機能がたくさんあるので、まず最初は設定方法から見ていきましょう。

流れとしては、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」という簡単な作業です。
f:id:rick1208:20200625153902p:plain
まず最初は、設定アプリを開きます。開いたら、「一般」を探しましょう。3つめの項目の一番上にあることが分かります。

f:id:rick1208:20200625153910p:plain
「一般」を見つけたら、押して選んでください。すると、ホームボタンとiPhoneストレージの間に「アクセシビリティ」があるのが分かります。「アクセシビリティ」を選んでください。
f:id:rick1208:20200625153923p:plain
アクセシビリティ」の項目を選ぶと、VoiceOverやズーム機能など色々な機能が出てくるはずです。その中から、「AssistiveTouch」を選んでください。

ちょっと分かりにくいですが、下にスクロールしていくと「スイッチコントロール」の下に「AssistiveTouch」の項目があります。
f:id:rick1208:20200625153935p:plain
上の状態のままでは、AssistiveTouchは機能しないので注意しましょう。AssistiveTouchをオンにすることで、初めて使用することが可能です。

AssistiveTouchが正しく機能しているかどうかは画面上に丸いボタンがでているかどうかでチェックしてください。画面上に丸いボタンがある場合は、問題なく機能しています。

Assistive Touchを使った予防

AssistiveTouchを使うと、iPhoneiPadのホームボタンを押す必要がないため、故障予防にもなります。

また、画面上で全部操作することが可能なようになるため、より便利にiPhoneiPadを使用することが可能なと思います。

iPhoneiPadユーザーで、設定していなかった人は、この機会に慣れてみるのも良いかもしれません。いかがでしたか。修理に出す前に、以上の対処法をやってみることで直るかもしれません。