漫画の地球儀

iPhoneのWi-Fiが頻繁に切れる原因、対処法!【設定アプリ、機内モード、ルーター、接続台数】

スポンサーリンク

Wi-Fi設定

f:id:rick1208:20200625155114p:plain
iPhoneWi-Fi接続をしてインターネットを使用していたのに、突然Wi-Fiの接続が切れるという経験をしたことがある人は多いのではないと思いますか。

こちらでは、iPhoneWi-Fiが頻繁に切れる原因と対処法についてご説明していきます。Wi-Fiに原因がある場合は設定を見直してみましょう。また、iPhoneではどのような原因・対処法があるのかチェックしてみましょう。

機内モードオン、オフの切り替え

f:id:rick1208:20200625155137p:plain
まず、iPhone機内モードの切り替えについてご説明していきます。機内モードに設定をするとWi-Fi設定は自動的に切れるためオフになります。iPhoneに繋いでいたWi-Fiが突然切れる場合、iPhone機内モードがオンになっている可能性があります。

iPhoneの操作ミスなどで機内モードがオンになっていたら、オフにすることで改善されます。こちらではiPhoneの設定アプリを使う方法と、コントロールセンターを使う方法を解説します。

設定アプリを使う

f:id:rick1208:20200625155148p:plain
iPhoneの設定アプリを開きましょう。一番上に「機内モード」という項目があります。上の画像はオンの状態です。バーが緑色になっていると機内モードはオンになっています。
f:id:rick1208:20200625155208p:plain
iPhone機内モードをオフにするのでには、バーを左にスライドしましょう。そうすることで機内モードはオフになります。機内モードがオフの場合は、バーが白色になります。

コントロールセンターを使う

f:id:rick1208:20200625155334p:plain
次に、iPhoneのコントロールセンターを使う方法をご解説します。iPhoneのホーム画面を表示した状態で、下から上にスワイプします。そうするとコントロールセンターが表示されます。

iPhoneのコントロールセンターの機内モードアイコンは左上になります。オレンジ色はオンの状態です。押すことで切り替えが可能です。
f:id:rick1208:20200625155404p:plain
iPhone機内モードをオフにすると上の画像の状態になります。無色の状態であれば機内モードはオフです。必要に応じて設定アプリやコントロールセンターで機内モードの切り替えが可能です。これでWi-Fiの接続が切れる原因を対処可能なことがあります。

Wi-Fiのオン、オフの切り替え

f:id:rick1208:20200625150800p:plain
ここからは、iPhoneWi-Fiのオン、オフを切り替える方法をご解説します。iPhoneWi-Fiに接続するのでには、Wi-Fiネットワークへの接続設定を行う必要があります。

Wi-Fiの接続が切れる場合は設定を1回オフにしてみることで、すぐに切れるWi-Fiが繋がることがあります。
設定アプリを使う
f:id:rick1208:20200625155430p:plain
まず最初はiPhoneの設定アプリを開きましょう。上から2番目に「Wi-Fi」の項目があります。上の画像ではWi-Fiはオフの状態です。バーを左にスライドするとオフ・バーを右にするとオンになります。こちらを押してみましょう。
f:id:rick1208:20200625161037p:plain
一番上の項目が緑色でオンになっています。Wi-Fiがオンの状態でも、ネットワークの選択が必要な場合があります。自動接続をしていない限り、ネットワークの選択が求められます。
f:id:rick1208:20200625161047p:plain
Wi-Fi設定もバーを左にスライドすることによってオン、オフの切り替えが可能です。こちらの部分です。Wi-Fiが切れるときは設定アプリでチェックしてみましょう。

コントロールセンターを使う

f:id:rick1208:20200625161101p:plain
次に、コントロールセンターでWi-Fiを切り替える方法をご説明していきます。iPhoneのホーム画面を下から上にスワイプしましょう。Wi-Fiのアイコンは左上の上から二番目です。上の画像はWi-Fiがオンの状態です。
f:id:rick1208:20200625165238p:plain
iPhoneのコントロールセンターでWi-FiをオフにするのでにはWi-Fiアイコンを押します。無色になるとオフの状態です。オン、オフを切り替えることでWi-Fiの接続が切れる原因を対処可能なことがあります。

自動接続のオン、オフの切り替え

f:id:rick1208:20200625134142p:plain
Wi-Fiには自動接続という機能があります。iPhoneWi-Fiを自動接続に設定することで、通信範囲にいるときは自動で該当のWi-Fiに接続可能です。

また、自動接続も簡単にオン、オフの切り替えが可能です。オン、オフを切り替えることでWi-Fiの接続が切れる原因を対処可能なことがあります。
f:id:rick1208:20200625165301p:plain
Wi-Fi設定をオンにして押しましょう。ネットワークの選択を行うことが可能です。iPhoneで接続したいWi-Fiを一覧から選びて押します。
f:id:rick1208:20200625165310p:plain
Wi-Fiに接続してWi-Fiの名前を押すと上の画像の画面が表示されます。「自動接続」という項目があります。こちらでオン、オフを切り替え可能です。上の状態だと自動接続はオンになっています。
f:id:rick1208:20200625165319p:plain
Wi-Fiの自動接続をオフにするのでには、バーを左にスライドします。これでWi-Fiの自動接続をオフに可能でした。

ルーター

f:id:rick1208:20200625140352p:plain
iPhoneWi-Fiが切れる原因と対処法には、ルーターが原因の場合もあります。ルーターが原因かどうかチェックするのでには、自分自身自身のiPhone以外に別のデバイスが接続可能なかをチェックしてみるといいと思います。

また、通信範囲やデバイスの台数にも気をつける必要があります。iPhoneに問題があるのか、それともWi-Fiそのものに不具合が生じているか確かめる必要があります。場合によっては再起動をやってみることもオススメします。

別の機器が接続可能なかチェック

f:id:rick1208:20200625141725p:plain
自分自身自身のiPhoneの接続が切れるだけではなく他のデバイスの接続も切れる場合は、ルーターに原因があるかもしれません。Wi-Fiに対応しているパソコンなどの別のデバイスが通信範囲で接続可能なかチェックしてみましょう。

もし、自分自身自身のiPhoneと同じ様に接続がすぐに切れる場合はWi-Fiルーターそのものに問題があると思います。Wi-Fiルーターの契約先に問い合わせて、Wi-Fiがすぐに切れる旨を伝えましょう。

Wi-Fiルーターの再起動

f:id:rick1208:20200625140405p:plain
Wi-Fiルーターの再起動をしてみましょう。Wi-Fiの接続がすぐに切れるときは、Wi-Fiルーターに不具合がある場合があります。

Wi-Fiルーターの再起動をすることで改善されることがあります。まず最初は、Wi-Fiルーターのコンセントプラグをコンセントから引き抜きましょう。ルーターの電源を落とします。

1分程度の時間を置いて、再度プラグをコンセントに差します。Wi-Fiルーターが再起動して、正常運転のランプが表示されるまで数分かかります。再起動できたらiPhoneWi-Fiに接続してみましょう。

Wi-Fiルーターの通信範囲内であるかチェック

f:id:rick1208:20200625125744p:plain
また、Wi-Fiルーターの通信範囲内であるかチェックすることも大事です。iPhoneが通信範囲から離れているとWi-Fiが接続できずに切れることもあります。

Wi-Fiは通信範囲内で不具合がなければ通信速度も速く安定しています。しかし、Wi-Fiルーターの通信範囲からデバイスが離れてしまうと電波が弱くなります。

通信範囲から離れていることによって接続が切れるなど不安定な状態になります。通信範囲は見落としがちなため注意しましょう。

Wi-Fiルーターの接続台数のチェック

f:id:rick1208:20200625125702p:plain
場合によっては、Wi-Fiルーターの接続台数のチェックをしておきましょう。接続台数を超えているとiPhoneWi-Fiに接続できずに切れると思います。

ネットワーク設定

f:id:rick1208:20200625124949p:plain
iPhoneWi-Fiの接続がすぐに切れる場合は、ネットワーク設定もチェックしてみましょう。ネットワーク設定を再設定したり、ネットワーク設定をリセットすることによって改善される場合があります。

ネットワーク設定の再設定

f:id:rick1208:20200625165407p:plain

ネットワーク設定の再設定をするのでにはWi-Fiのページを表示します。一覧の中から再設定を行うネットワークを選びます。選択できたら押します。
f:id:rick1208:20200625165419p:plain
ネットワーク設定を再設定したいWi-Fiの御エージが表示されました。「このネットワークを消去」という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165438p:plain
再度、Wi-Fiのページを表示します。ネットワーク設定を再設定するのでにWi-Fiを一覧から選びます。選びて押しましょう。
f:id:rick1208:20200625165446p:plain
ネットワーク設定を消去したため、初期設定と同様にパスワードの記入が求められます。Wi-Fiのパスワードをチェックしましょう。
f:id:rick1208:20200625165454p:plain
Wi-Fiのパスワードを記入します。パスワードを記入して接続を押しましょう。これでネットワークの再設定を行うことが可能でした。

ネットワーク設定のリセット

f:id:rick1208:20200625054256p:plain
iPhoneWi-Fiが切れる時は、ネットワーク設定のリセットをすることで対処可能な場合があります。ただし、こちらの方法を使うとWi-Fiネットワーク・モバイルデータ通信設定・VPNなどの設定もリセットされてしまいます。

ネットワーク設定をリセットするときは、事前にWi-Fiルーターやパスワードを控えておきましょう。
f:id:rick1208:20200625165516p:plain
iPhoneの設定アプリを開きましょう。一般という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165524p:plain
一般のページが表示されました。一覧の中に「リセット」という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165531p:plain
リセットのページを表示可能でした。一覧の中に「ネットワーク設定をリセット」という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165540p:plain
iPhoneのパスコードの記入が求められます。パスコードを記入しましょう。これでネットワーク設定をリセットすることが可能でした。

手動設定

f:id:rick1208:20200625054319p:plain
iPhoneWi-Fiが切れる時に、手動設定を行う方法もあります。こちらでは「IPアドレス」を手動記入する方法と「DNS」を手動記入する方法をご説明していきます。手動記入によってWi-Fiが安定することもあります。

IPアドレスを手動記入

f:id:rick1208:20200625055149p:plain
IPアドレスとは、インターネットに接続されているウェブサイトやデバイスを識別するのでの番号です。固有のIPアドレスが割り当てられています。接続が不安定で切れる場合は、接続が安定しやすいIPアドレスを手動記入してみましょう。

事前に接続したいWi-Fiのネットワーク情報にあるIPアドレスサブネットマスクルーターそれぞれの数字を控えます。
f:id:rick1208:20200625165606p:plain
まず最初はWi-Fiをオンにして、接続したいWi-Fiを一覧から選びましょう。Wi-Fiのページが表示されます。「IPV4アドレス」の一覧に「IPを構成」という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165629p:plain
IPV4を構成のページが表示されました。「手動」という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165638p:plain
IPアドレス」を手動で記入します。事前に控えたネットワーク情報のIPアドレスサブネットマスクルーターそれぞれの数字を参考に記入します。「IPアドレス」だけは一番最後の数値を2~254の間のうち他の機器で使用していない番号を記入します。

DNSを手動記入

f:id:rick1208:20200625051737p:plain

DNSとはドメインネームシステムサーバーのことです。ドメイン名をIPアドレスに変換することが可能です。こちらでは例として「Google Public DNS」に手動設定します。Google Public DNSIPアドレスの8、8、8、8と8、8、4、4を記入していきます。
f:id:rick1208:20200625165657p:plain
まず最初はWi-Fiをオンにして、接続したいWi-Fiを一覧から選びましょう。Wi-Fiのページが表示されます。「DNS」に「DNSを構成」という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165705p:plain
DNSを構成するページが表示されました。手動という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165714p:plain
DNSサーバ」という項目を設定していきます。「サーバを追加」という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165723p:plain
Google Public DNSIPアドレスを記入していきます。まず1行目に「8、8、8、8」を記入します。次に「サーバを追加」をもう1回押して2行目に「8、8、4、4」を記入します。

アプリ

f:id:rick1208:20200625051459p:plain
iPhoneWi-Fi接続がすぐに切れる時は、アプリが関係していることもあります。iPhoneではなくアプリに問題がある場合もあります。特定のアプリを使ったときにWi-Fiが切れる場合は、アプリに問題があるといえると思います。

アプリに問題がないかチェック

f:id:rick1208:20200625050653p:plain
アプリに問題がないかをチェックしましょう。対象のアプリが最新版になっているかチェックしてみるといいと思います。最新版になっていたら、1回アンダウンロードを行って再度ダウンロードしてみましょう。

本体の不具合

f:id:rick1208:20200625050642p:plain
iPhoneWi-Fi接続がすぐに切れる場合は、iPhone本体の不具合やiOSが古いということもあります。iPhoneの本体の再起動や本体のiOSのアップデートをチェックしてみましょう。

iPhoneの再起動

f:id:rick1208:20200625050106p:plain
iPhone本体を再起動をするのでには、電源ボタンを長押しします。画面に「スライドで電源をオフ」と表示されたらバーをスライドして電源を落としましょう。電源が切れたら再度、電源ボタンを長押しします。これでiPhone本体を再起動可能です。

iOSのアップデート

f:id:rick1208:20200625045133p:plain
Wi-Fiがすぐに切れる時、iPhoneの本体が原因の場合はiOSがアップデートされていないことが関連していることがあります。本体のiOSのアップデートがあるかどうか、iOS最新版のチェックを行いましょう。
f:id:rick1208:20200625165757p:plain
まず最初は、設定アプリを開きましょう。一般という項目があります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165820p:plain
一般のページが表示されました。一覧の中に「ソフトウェア・アップデート」という項目があります。iOSのチェックではこちらを押します。
f:id:rick1208:20200625165829p:plain
「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されていれば、iPhone本体のiOSは最新版ということになります。iPhone本体のiOSが最新版でない場合は、押してiO本体のアップデートを行いましょう。古いiOSWi-Fiが切れる原因ともいわれています。