漫画の地球儀

Windows10のカレンダーに祝日を色分けする方法!【祝日の追加方法、アプリ、表示、pc】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200610152550p:plain

Windows10にはデフォルトでカレンダーアプリがありますが、初期設定のままだと休日が追加されていません。そこで、ここではカレンダーアプリへ祝日を追加する使用方法と、色分けする方法をご説明していきます。
f:id:rick1208:20200611020629p:plain

Windows10のカレンダーに祝日を表示して色分けする方法

それでは、Windows10のカレンダーに祝日を表示して色分けする方法を説明します。

まず最初はデスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、タイルメニューから「カレンダー」を押しましょう。タイルメニューにない場合は「すべてのアプリ」の一覧からカレンダーを起動しましょう。
f:id:rick1208:20200611020911p:plain
カレンダーが起動したら、ウィンドウ左下の「カレンダーの追加」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200611020918p:plain
カレンダーの追加ウィンドウが表示されるので、左側メニューの「休日カレンダー」を押します。

世界の休日カレンダーの一覧が表示されるので、下にスクロールして「日本」を押しましょう。

日本は漢字なので、ソートだと後ろのほうにあります。
f:id:rick1208:20200611020944p:plain
これで、カレンダーに日本の祝日が表示されました。このカレンダーだと追加した祝日が青色で表示されていて、いまいち祝日だと分かりづらいですよね。そこで、色分けしてみましょう。
f:id:rick1208:20200611020954p:plain
左側メニューの「休日カレンダー」一覧にある「日本」の右側の下矢印を押しましょう。色選択メニューが表示されるので、変更したい色をクリックすることで祝日の色分けが変わります。
f:id:rick1208:20200611021129p:plain
「その他の色」をクリックするとカラーバーが表示され、カラーバーをスライドすることでバーの色の近似色を選択することが可能です。デフォルトの色一覧で選びたい色がない場合は、こちらから好きな色を選びましょう。
f:id:rick1208:20200611021138p:plain
色を選択することで、すぐに休日の色が変わりますよ。赤色に変更したので、パッと見で祝日だと分かりやすくなりました。
f:id:rick1208:20200611021143p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200610152605p:plain
以上が、Windows10のカレンダーアプリの祝日の追加方法と色分け方法です。