漫画の地球儀

LINE LIVEのハートの貯め方、使い方!【換金方法、配信動画、送れない、押せない原因、対処法、連打】

スポンサーリンク

LINE LIVEのハートとは?

f:id:rick1208:20200626225230p:plain
LINELIVEのハートとは、LINELIVEの動画画面の右下に表示されるハートマークのことです。

これを押すと「いいね」のように、ハートを送られた数がハートマークの下に表示されます。それだけではなくLINELIVEの動画を配信している人にハートが送られます。またLINELIVEの配信者だけではなく、見ること者にもライブで動画を観るとハートがもらえます。

ライブ見ることボーナスは1回につき、5個のハートをもらうことが可能です。LINELIVEのハートは最大で100個まで持つことが可能です。

f:id:rick1208:20200626185006p:plain

LINELIVEのハートは貯め方も簡単ですが、使用方法も簡単です。スマホからレジでスキャナーで読み込んでもらうだけでお金として使うことが可能です。

LINELIVEは直接お金を稼げるわけではありませんが、ある程度の利益は得られるので、ここでLINELIVEのハートについて貯め方や使用方法、換金の方法などを知っておきましょう。

LINELIVEの動画配信とはスマホで撮影しながら、リアルタイムで動画を配信するサービスです。

動画配信とは動画をネット上に公開することで、YOUTUBEでの動画配信とは違い、チャンネル作成や配信の方法がとても簡単です。LINEアプリにログインして、LINEに登録しているユーザー名とは異なるユーザー名とプロフィール画像を設定可能です。

あなたのLINELIVEを観た人が、あなたのLINEに直接コンタクトを取ってくる心配がありません。YOUTUBEの配信とは違い、生配信可能なのも魅力です。

LINE LIVEのハートの貯め方

f:id:rick1208:20200626154335p:plain
YOUTUBEの動画配信とは違い、LINELIVEは動画配信をしてハートを貯めることが可能です。貯めたハートは色々な使い道がありますし、貯め方も使用方法も、とても簡単で初心者でも使用しやすいです。
f:id:rick1208:20200626153119p:plain

ハートをたくさん貯めるコツ

f:id:rick1208:20200625173737p:plain
LINELIVEのハートの貯め人は、頻繁にLINELIVEを使用することです。

LINELIVEをよく使用していれば自然に貯まっていきますが、ハートがたくさん貯まっている人の特徴として、毎日LINELIVEにログインすること、ライブ見ることをしてボーナスをもらうこと、LINELIVEのチャンネルをフォローすること、LINELIVEのスクリーンショットをシェアすることです。

ただLINELIVEから貯め方の細かい条件は公開されていないので、地道にハートを貯めていくしかありません。

でもLINELIVEの動画配信はYOUTUBEの動画配信とは違い、パソコンやビデオ、スマホなど沢山のデジタル機器を使う必要がありません。スマホ1台で撮影して配信することが可能なので、学生でも気軽に可能です。

またYOUTUBEの動画配信とは違い、動画は生配信なので編集したり、字幕を付けたりする必要がありません。YOUTUBERはしゃべり方や編集の仕方などを勉強する必要がありますが、LINELIVERはもっと気軽に可能です。

LINELIVEのハートの効果的な貯め人は、友だちと協力することです。仲がいい友達同士でお互いのLINELIVEのライブ見ることをして、お互いにハートを送り合い、コメントを送りあえば、LINELIVEの配信を終えてすぐに表示されるスコアの評価が高くなる可能性があります。

積極的にお気に入りのLINELIVERさんをフォローして、毎回必ずライブ見ることをし、コメントやハートを送りましょう。相手にも同様にハートやコメントを送ってもらえる可能性があります。LINELIVEの効果的なハートの貯め人は、お互いに良くし合うことですね。

配信動画にタグをつけるハートの貯め方

f:id:rick1208:20200626154509p:plain
それ以外のLINELIVEで効果的なハートの貯め人は、タグをつけることです。SNSでもハッシュタグをつけるとフォロワー数が伸びたり、コメントや「いいね」を多くもらえたりしますが、LINELIVEでもそれは同じです。

流れで操作していれば、簡単に誰でもタグが付けられるようになっているので、上手に利用してください。LINELIVEはハートの効果的な貯め方が特にないので、タグをつけるかどうかでハートの貯まり人は違ってきます。

面白い動画を配信しているのにハートが集まらない場合は、こうした効果的なハートの貯め方を試してみましょう。

ハートを持てる上限

f:id:rick1208:20200626152309p:plain
LINELIVEでハートを持てる数の上限は、一人100個までです。YOUTUBEの動画配信とは違い、受け取るハートに制限があるのです。YOUTUBEはコメントや「いいね」が無制限で受け取れます。

どんなに効果的な貯め方をしていても、それ以上ハートを貯めようとしても貯まりません。100個に達したら使いましょう。しかしLINELVEのハートの使いかたをしらないと、貯めることしかできないのでハートがどんどん無駄になってしまいます。

LINELIVEのハートは貯め方だけではなく、使用方法も知っておかないといけません。

LINELIVEのハートは持てる数の上限も決まっていますが、時間ごとの上限も決まっています。1時間以内に貯められるLINELIVEのハートは100個なので、それ以上は貯まらないのです。

f:id:rick1208:20200626115833p:plain

いろいろな人のLINELIVEをライブ見ることしてハートを貯めて、利用して、またすぐにハートを100個以上貯めるといった使い人はできません。

またYOUTUBE動画配信とは違い、LINELIVEには動画の配信時間に制限があります。YOUTUBEは60分以上の動画でも配信可能ですが、LINELIVEは60分までの動画しか配信可能でせん。

LINELIVEを配信していて60分を過ぎてしまうと、強制的に配信は終了します。続きを配信したい場合は、あたらめてすぐに配信をスタートさせましょう。手元にタイマーを用意して時間を考えながら配信するのがおススメです。

また配信する内容を事前に決めて、動画の流れもある程度決めておいて、簡単に紙に書いておきましょう。簡易的な台本を用意して配信しないと、観ている側に伝わりにくい配信になってしまいます。

配信をするメインテーマを決めて、最初に何をするかを説明し、それを行い、もらったコメントやハートにお礼を言いながら進めていくというのが一般的です。

また動画の最後に、次回の配信の日にちと曜日、時間を言いましょう。すると次の配信も観てもらいやすくなります。

LINE LIVEのハートの使用方法

f:id:rick1208:20200626112846p:plain
LINELIVEでハートの使い人は、基本的に人にプレゼントするか、プレゼントしてもらい、換金します。

LINELIVEを観て気に入った動画にハートを送り、相手に支持していることを伝えるか、自分自身で動画配信をしてハートをもらい、貯めて換金してほしいものを手に入れるという2種類の使用方法があります。

LINELIVEでのハートの送り人はとても簡単で、ハートを送りたい動画の右下にあるハートマークを押すだけですし、換金の仕方も自動で送られてくるので、誰でも可能です。

応援のために使う

f:id:rick1208:20200626230302p:plain
LINELIVEでのハートの使用方法で一般的なのは誰かにハートを送ることです。

送り人は、10個のハートを1セットで送ります。ハートをあげたい動画画面の右下にあるハートマークを10回押すと、「ハートで応援ポイントを送りました!」と表示されます。

LINELIVEでのハートはSNSの「いいね」と同じで、その動画の人気度を表すものです。ハートを多く送られている動画は、みんなに指示されている動画なのです。

ハートを連打する方法

f:id:rick1208:20200626113016p:plain
LINELIVEは1回ハートを押して終わりな人もいますが、10回ハートを連打すると「ハートで応援ポイントを送りました!」というメッセージが表示されます。

LINELIVEのハートを連打する方法は、スマホの画面でハートを連打すればいいだけです。とても簡単なので誰でも可能です。

ハートは1回押すと浮かび上がって沈むのですが、連打するとハートマークがずっと浮かぶ上がります。ハートマークを連打すると、動画の配信者が最後に報告することが多いハートランキングで上位にランクイン可能です。

ハートを連打することで、相手に支持していることが伝わります。LINELIVEを通じて親しい人ができたり、実ときの友達と距離を縮めることができたり、気まずい関係だった友達と仲直りできたりします。

LINELIVEでハートを連打するコツは、指で連打するのではなく、爪で連打することです。指だとスマホでは反応してくれないこともありますが、爪なら固いので確実に連打可能です。

スマホはテーブルに置いて安定させて、爪でハートを連打すると確実に多くハートを送れるので試してみてください。

ハートを連打しにくい場合はLINEのアプリを最新版に更新できているか、AppStoreをチェックしましょう。またスマホのOSも更新できているか、「設定」メニューからチェックをしてください。最新版の方が素早い操作に適格に反応するので、ハートの連打もしやすくなります。

また連打のような繊細な操作にきちんと作動できない場合は、スマホの画面が汚れている可能性もあります。またスマホの画面カバーが浮いていて、連打が反映されにくい可能性もあります。それ以外にはスマホの画面にひびが入っていると、押していない部分までタップされてしまい、正しく連打が反映させません。

画面をスクロールして、ひびが入っていない部分にハートが来るように調節しましょう。

ハートを送れない、押せないときの対処法

f:id:rick1208:20200626095029p:plain
LINELIVEの楽しみであるハートですが、最近はハートが送れない、押せないというトラブルが多く発生しています。

ハートの貯め方には100個までという制限がありますが、送り方には制限がないので、通常ならハートを送るのに制限がかかることはありません。LINELIVEでハートを送れない、押せないトラブルは、LINEを5、0、0にアップロードしてから起こるようになったという人が多いです。

LINEの新しいアプリの不具合や不調が原因なので、どの動画にハートを送ろうとしても送れない、押せない場合は、LINEのアプリを再起動してみてください。LINEを閉じて再び立ち上げて、それでもハートが送れない、押せないかチェックしてみましょう。

それでもハートが送れない、押せない場合は、スマホを再起動してみてください。電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しして電源を切り、数秒経ってからもう1回同時に長押ししてスマホを起動します。

それでもハートマークが送れない、押せない場合は、スマホのOSを最新版に更新できているか、スマホの「設定」メニューからチェックしてみてください。

OSが最新版の場合は、LINEのアプリを再ダウンロードしましょう。LINEのアプリをスマホのメイン画面で長押しして、画面上部に表示される「消去」というアイコンに指で移動させます。

そしてAndroidならGoogleから、iPhoneからAppStoreから無料でLINEアプリをダウンロードします。メールアドレスとパスワードを記入してログインすれば、これまで通りに友だちリストやスタンプなどを使うことが可能です。

それでもハートマークが送れない、押せない場合は、LINEの問い合わせフォームから不具合の報告をして、対応を待ちましょう。

また高速でハートを連打して1回は相手に送れたばずなのに、次にハートが送れない、押せない状態になっていることがありますが、これは制限がかかったのではなく、LINELIVE側の不調です。

1回遅れたはずのハートを送れない、押せない状態になった場合の対処法も、LINEアプリの再起動やスマホの再起動をするか、再ダウンロードして様子を見ましょう。

配信者が制限している場合

f:id:rick1208:20200626094437p:plain
再起動しても再ダウンロードしてもハートを送れない、押せない場合は、動画の配信者がハートをもらえないように制限している可能性があります。もうすでに100個のハートを所持していて、これ以上ハートが集まっても無駄になってしまうから、一時的に制限をかけている可能性があります。

この場合は配信者自身が制限を解除して、ハートを送れない、押せない状態を解除するのを待つしかありません。

またあなた自身がLINELIVEの規約違反をして、ハートを送れない、押せない状態になっている可能性もあります。この場合は特定の人だけではなく、全員にハートを送れない、押せないので、すぐに分かります。

LINELIVEは生配信です。生配信ということは編集ができないので思いがけず、規定違反を犯してしまうリスクもあります。ハートを誰にも送れない、押せない状態になると、動画配信自体も制限されてしまうことがありますので、くれぐれも気を付けましょう。

また顔を配信したくなかったのに、スマホの操作ミスなどで顔が映ってしまう可能性もあります。LINELIVEはYOUTUBEの動画配信とは違い、気軽に可能ですが、ネットに動画を生配信するリスクも知っておきましょう。

LINE LIVE配信でハートをたくさんもらうポイント

f:id:rick1208:20200626041636p:plain
LINELIVEでハートをたくさんもらうと、お金を稼ぐことが可能です。LINELIVEで動画を配信する人の中には、お金目的で動画を配信している人もいます。

LINELIVEのハートはLINEPayで簡単に換金可能なので、あなたもLINELIVEで動画を配信するなら、ハートをたくさんもらえるように工夫しましょう。

LINELIVEでハートをたくさんもらうポイントは、感動可能な動画を配信することです。友だちや家族と練習したダンスや歌・演奏を披露したり、友だちにする誕生日のサプライズを配信したりと誰が見ても感動可能な内容だとハートをたくさんもらえます。

歌やダンスは一般人なので、プロ級に上手い必要はありません。ただ一生懸命練習したとわかる完成度じゃないと、ハートをたくさんもらえないです。

あるいは友達や家族と仲がいい様子やペットの動画など、ほっこり系動画はハートがたくさんもらえます。

他には手品やトリックアートなどの驚きがある内容もハートをもらいやすいです。フラッシュモグも人気配信の定番ですし、一般人とは思えない出来の料理やDIYの作品を披露するのも、ハートをたくさんもらえます。

逆にハートをもらえないのは人の悪口や下品なお笑い動画、内輪ネタだけで他人が見ても分からない内容などです。こうした配信はしないように気を付けましょう。

LINE LIVEのハートの換金方法

f:id:rick1208:20200626230654p:plain
LINELIIVEで面白い動画や役に立つ動画を配信すると、ギフトアイテムをもらうとそのギフトアイテムに応じたハートをもらうことが可能です。このハートはお金にすることが可能です。

3ハートもらえるギフトアイテムから5,000ハートもらえるギフトアイテムまで、8種類あります。このギフトアイテムはライブ見ることでしかもらうことが可能でせん。もしライブ見ることしている人にギフトアイテムをもらって、ハートが100個近く貯まったら、どうやって換金すればいいのでしょうか?

LINELIVEは見ること者数だけで評価されるYOUTUBEの動画配信とは違い、ハートやギフトアイテム、コメント、見ること者の数などに応じて、お金がもらえます。LINELIVEでお金がもらえる仕組みは、まず動画配信が終わったら、ハートやギフトアイテムなどに応じたボーナスが計算され、スコアが決まります。

それを「報酬履歴」からチェックして、配信者は今回の動画でもらえるお金を把握します。あとは動画を配信した次の週の金曜日に、LINEポイントとしてLINEアカウントに送られてくるのを待つだけです。

自分自身で換金するのでに何か手続きをする必要がないので、とても楽ですね。

あとはLINEアカウントに送られてきたLINEポイントを、LINEPayで換金してコンビニでの買い物や飲食店での食事に使えばいいだけです。換金したらLINEPayカードを作ってもいいですし、スマホの画面でバーコードを出して、それをレジのスキャナーで読み込んでもらう方法でも支払いが可能です。

f:id:rick1208:20200626041659p:plain

LINELIVEで直接お金をもらえるわけではありませんが、電子マネーに換金可能なので人気があります。LINEPayで換金すると、Amazonギフト券やLINEコインにも可能なので幅広く使えます。

LINELIVEのスコアはLINELIVE側の判断で決まります。あなたがLINELIVEの規定違反の動画を配信していると、スコアが低くなってしまうので規定はきちんと守りましょう。

また下ネタや違法行為、迷惑行為などの動画を配信していると、スコアが下がり、動画配信ができなくなる可能性もあります。LINELIVEで人気になり、お金を稼ぐコツは、ネットリテラシーをきちんと守って、誰に観られてもOK動画を配信することです。

LINELIVEでの動画配信はYOUTUBEでの動画配信とは違い、広告収入がありません。最初の動画配信からスコアがもらえ、お金が入るので、人気が出ないとお金が入らないYOUTUBEの動画配信とは違い、お金をもらいやすいです。

しかしLINELIVEは見方がよく分からないという人が多いので、見ること者が多いのはYOUTUBEです。LINELIVEである程度人気が出てきたら、YOUTUBEでチャンネルを持つと本格的にお金を稼ぐことが可能です。

LINELIVEで貯めたスコアを換金すると使い道が多い

f:id:rick1208:20200626041728p:plain
LINELIVEで稼いだスコアをLINEPayで換金すると、ZOZOTOWNなどの通販でも使うことが可能です。

他には全国のコンビニやカラオケ館西松屋などでも使えるので、幅広い用途があります。またLINEPayから現金に換金することも可能なので、LINELIVEは貯金を直接的な利益にも可能です。

カードを作る場合もスマホから簡単に無料で作れますし、カードなしでもスマホからでも使えるので便利です。

LINELIVEのハートを課金する方法

f:id:rick1208:20200626230744p:plain
LINELIVEのハートは動画配信でもらうだけではなく、自分自身で課金し購入することも可能です。人からコメントや「いいね」をもらうことしかできないYOUTUBEの動画配信とは違い、LINELIVEを通じて相手にも利益をあげることが可能なのです。

LINELIVEを課金する方法はプロフィール画面の上部にある「設定」メニューを押して、「LIVEコイン」を選びます。「LIVEコイン」の画面の上部にある「チャージ」を押して、好きなチャージ金額を押して課金しましょう。
f:id:rick1208:20200627002920p:plain

LIVEコインを課金可能な額は、120円で100コイン、360円で300コイン、600円で500コイン、1,200円で1,000コイン、3,600円で3,000コイン、6,000円で5,000コイン、11,400円で9,500コインです。

LIVEコインは1コインの課金単価が1、2円です。120円で50コイン、240円で100コインのLINEコインよりも1コイン当たりの課金単価が安いです。

LINE LIVEのハートをもらうために見ること者を増やす方法

f:id:rick1208:20200626023829p:plain
LINELIVEでハートをもらうために見ること者を増やす方法は、YOUTUBEでの動画配信とは似た方法です。まず観る人にとって有益だったり、魅力的だったりする動画を配信することです。動画配信とは観る側の立場に立って考え、作成しないと成功しないのです。

フォロワーを増やす

f:id:rick1208:20200625221648p:plain
ハートをたくさんもらう方法は、まずLINELIVE内でフォローしている人を増やしましょう。いつもLINELIVEの動画を観ていて、好感を所持している人をフォローしてください。

LINELIVEでフォローすることで動画を配信し始めると、その人たちに通知が届きます。時間があればライブ見ることしてくれる可能性が高くなるのです。ライブ見ることでしか送ってこられないギフトアイテムは課金アイテムがもらる可能性も増えます。

観ている人からハートがもらえるギフトアイテムが送られた場合、LINELIVEの動画の画面に表示されます。配信者は送ってきてくれた人にお礼を言うので、ライブ感が演出されます。

ファンを覚える

f:id:rick1208:20200625201822p:plain
LINELIVEで人気な人はフォローしていて、よくハートをくれたり、ギフトアイテムをくれたりする人の顔と名前を覚えています。

動画の画面にファンランキングが表示され、誰が多くハートをくれているのか、ギフトアイテムをくれているのかが分かります。その人たちがあなたにLINELIVEを通じてお金をくれているので、上位の人は必ず覚えましょう。

予告する

f:id:rick1208:20200625201805p:plain
LINELIVEの人気配信者は、動画を配信する前にLINELIVEをする予告をしています。「〇月〇日〇曜日〇時〇分から、LINELIVEをやります。みんな観てねー!」とSNSを通じて予告しておくことで、多くの人に観てもらうことが可能なのです。

予告は早すぎるとみんな忘れてしまうので、24時間前からしましょう。予告で動画の内容について軽く触れておくとさらに観る人を増やすことが可能です。動画の内容を説明する文章は「〇〇をやってみた結果・・・」や「〇〇を△△してみたら・・・」など、結果が気になる文章にするとライブ見ること者を増やすことが可能です。

他にはメイク方法やおしゃれテクニック、おススメのプチプラ服などを解説する動画など、みんなの生活に役に立つ内容にしても、観る人を増やせます。

配信する時間を決める

f:id:rick1208:20200625190312p:plain
またLINELIVEをする曜日と時間帯を毎回同じにすると、告知を見ていない人にもライブ見ることしてもらいやすくなります。毎回曜日や時間が変わるとライブ見ることしたくても、スケジュールが合わず観られない可能性があります。

見る側にとって観やすく工夫するだけで、フォローしてくれる人を増やせます。その結果、お金を多くもらえるので、毎回工夫してみましょう。

LINELIVEのハートの使用方法がよく分からず、せっかく貯まったハートを使えていない、お気に入りの動画にハートを送れない、押せないと困っている人でも、LINELIVEのハートのやりとりはとても簡単に出来ます。積極的にハートを送ってみましょう。