漫画の地球儀

iPhoneの保護フィルムの貼り方!【画面、汚れ、スマホ、気泡、ほこり、貼る場所、上手に貼るコツ】

スポンサーリンク

液晶保護フィルムの貼り方

f:id:rick1208:20200626212334p:plain

iPhoneの保護フィルムを貼る人は皆さん知っていますか。間違った保護フィルムの張り方をしているとうまくiPhoneの画面に保護フィルムを貼ることができず、曲がったりしています。

なのでここではiPhoneの保護フィルムの貼り方や上手にiPhoneの保護フィルムを貼るときに気を付けておく必要があるコツについて解説します。もし今貼っているiPhoneの保護フィルムを変えたい人は是非チェックしてみてください。

また上手にiPhoneの保護フィルムの貼り方として事前に用意が必要なものもあります。なのでiPhoneの保護フィルムを購入するときに一緒に必要な道具を用意しておきましょう。

柔らかい布やクリーナーなどを用意して拭く

f:id:rick1208:20200626191734p:plain
まず上手にiPhoneの保護フィルムの貼り方として、柔らかい布やクリーナーなどを用意して拭くことをおススメします。iPhoneの画面を適宜柔らかい布やクリーナーなどで拭いていますか。

実はiPhoneの画面には菌がたくさんいたり、傷があったりととても汚れているのが大半です。なのでiPhoneの画面を柔らかい布やクリーナーなどで拭くことで汚れを綺麗に取る必要があります。

もしiPhoneの画面が汚れている状態だとiPhoneの保護フィルムを綺麗にはることが可能でせん。なので用意して綺麗な状態でiPhoneの保護フィルムを貼るようにしましょう。

フィルムの貼り方

f:id:rick1208:20200626153119p:plain
また上手にiPhoneの保護フィルムの貼り方として、画面を綺麗な状態に保っておくことも大事です。iPhoneの画面は、常に手で触るのでどんどん汚れが目立ってきます。

なのでiPhoneの画面が汚れているとiPhoneの保護フィルムを上手にはることが可能でせん。まず最初はiPhoneの画面を綺麗な状態に保つことを覚えておきましょう。そしてここからはiPhoneの画面へ保護フィルムの貼り方について解説します。

上手にiPhoneの画面に保護フィルムの貼り方として人によってやり方や工夫している人もいるかと思います。ここでは一般的なiPhoneの保護フィルムを綺麗に貼る方法について解説します。

スマートフォンの画面上にまっすぐ平行に置く

f:id:rick1208:20200626152309p:plain
まず上手にiPhoneの保護フィルムの貼り方として、iPhoneスマートフォンに対して保護フィルムをまっすぐ平行に置く必要があります。

iPhoneスマートフォンが斜めの状態で保護フィルムを貼ろうとするどうしてもiPhoneスマートフォンの画面と曲がった状態で保護フィルムを張り付けてしまいます。なので平行にすることを意識してください。

なので必ず保護フィルムを貼るときには、iPhoneスマートフォンまっすぐ平行に置き、それに対してiPhoneの保護フィルムを平行に貼るつけましょう。間違っても垂直にやらないように平行してください。

剥離シートは付いた状態

f:id:rick1208:20200626112846p:plain
また上手にiPhoneの保護フィルムの貼り方として、iPhoneの保護フィルムについている剥離シートは付いた状態のまま平行にPhoneの画面にまず貼りつけましょう。

剥離シートとは、紙やフィルムに剥離剤をコーティングした剥離紙・剥離フィルムは、粘着製品の粘着剤面保護用や各種樹脂の製膜用など、幅広い用途で使用されています。最近ではiPhoneの保護フィルムに一緒についていることがあります。

なので間違っても剥離シートをはがさないようにしましょう。平行にしたiPhoneに剥離シートは付いた状態でまず画面に張り付けてください。

スマートフォン本体にセロテープを貼って2カ所仮止めをする

f:id:rick1208:20200626113016p:plain
また上手にiPhoneの保護フィルムの貼り方として、平行に置いたiPhoneに対してセロテープを貼って2カ所仮止めをしましょう。なぜセロテープを貼って2カ所仮止めをするのか知っていますか。

もし間違って平行にiPhoneの保護フィルムが晴れなかった場合に、やり直しをするのでにセロテープを貼って2カ所仮止めをします。

またこのときにやり直しをする場合は、再度柔らかい布で画面を拭きましょう。平行にしたり1回iPhoneの保護フィルムを貼ることで汚れることもあります。なので柔らかい布で再度拭くようにしましょう。

剥離シートを剥がし画面上にフィルムを貼る

f:id:rick1208:20200626095029p:plain
また上手にiPhoneの保護フィルムの貼り方として、平行に置いたiPhoneにまずiPhoneの保護フィルムをペーストたら、剥離シートを剥がし画面上にフィルムペーストてみましょう。

このときに無理に剥離シートを剥がすると保護フィルムも一緒に取れてしまうことがあります。柔らかい布を用意して上から抑えながら、柔らかい布と一緒に剥離シートを剥がしましょう。

またそのときにセロテープも一緒にはがすとよいと思います。いつまでもセロテープをつけておくとべとべとが残ってしまいます。なので柔らかい布で拭きながらセロテープもはがしましょう。

上手に貼るコツ

f:id:rick1208:20200626094437p:plain
iPhoneの保護フィルムを貼り方についてはわかっていただけましたと思いますか。先ほど解説した平行にiPhoneを置き、柔らかい布で汚れを拭き取るといった方法は一般的な方法になります。

しかしiPhoneの保護フィルムの貼り方には、上手に貼るコツがまだまだあります。なのでここでは綺麗にiPhoneの保護フィルムの貼り方としてコツとなる部分やコツになるところをもうちょっと詳細に説明します。

もし今までiPhoneの保護フィルムを綺麗に貼ることができず困っていた人は、ここで解説するiPhoneの保護フィルムの貼り方のコツを参考にしてみてください。

気泡や埃の混入を防ぐために新たにセロテープを使う

f:id:rick1208:20200626094420p:plain
それでは綺麗にiPhoneの保護フィルムの貼り方として、気泡や埃の混入を防ぐために新たにセロテープを使う方法があります。先ほどもiPhoneの保護フィルムを貼り方でセロテープを用意するように解説しました。

しかしiPhoneの保護フィルムを綺麗に貼る方法としてもセロテープを活用することで綺麗にiPhoneの保護フィルムを貼ることができす。なのでiPhoneの保護フィルムを貼るときは必ずセロテープも用意しておくといいかもしれません。

またセロテープは100均で売られている安いセロテープが用意出来れば大丈夫です。あまり効果セロテープを用意する必要はないので気をつけましょう。

セロテープを2~3cmほどにカットする(2枚)

f:id:rick1208:20200626091811p:plain
それでは綺麗にiPhoneの保護フィルムを貼り方として、セロテープを活用するコツについて解説します。まずセロテープを用意して、セロテープを2~3cmほどにカットしましょう。

使用するセロテープは、2枚ほどで大丈夫です。なので家にセロテープがあるのであれば無理にセロテープを用意する必要はありません。

またセロテープの代わりになればセロテープ以外でも大丈夫ですが、ガムテープやゴムテープといった粘着力が大きいテープはかえって使用しづらくなるので使わないようにしましょう。

フィルムの端にセロテープをペースト半分ほど剥がす

f:id:rick1208:20200626091250p:plain
そして綺麗にiPhoneの保護フィルムを貼り方として、セロテープを使用するコツとしては、先ほどセロテープを2~3cmほどにカットしたものを保護フィルムに張り付けて、iPhoneの画面にまず平行に貼りつけましょう。

またiPhoneの画面に貼るつけるときは、1回柔らかい布で汚れや誇りを取ってから張り付けるようにしましょう。そしてiPhoneの画面に保護フィルムを張り付けたら、フィルムの端のセロテープを半分ほど剥がします。

この時に勢いよくセロテープを剥がすと一緒に本体もはがれてしまいますので、慎重にセロテープを剥がすようにしてください。

2枚目のセロテープで気泡のある箇所や付着している埃を取り除く

f:id:rick1208:20200626042310p:plain
そして最後に綺麗にiPhoneの保護フィルムを貼り方として、セロテープを使用するコツで2枚目のセロテープで気泡のある箇所や付着している埃を取り除くようにはがしましょう。

このときに柔らかい布で気泡を出すようにするとよりいいかもしれません。気泡があると保護フィルムが浮いてしまいます。なので気泡をなるべく入れないようにセロテープで取り除いてあげましょう。

また保護フィルムの上から柔らかい布で気泡を出してあげるのもいいかもしれません。気泡なので簡単に取り出すことが可能なので、やってみましょう。

貼る場所

f:id:rick1208:20200626041659p:plain
iPhoneの保護フィルムをセロテープを使用して貼るコツはわかっていただけましたと思いますか。このコツを使用するとうまく気泡や汚れ、埃を入れずに、保護フィルムを張り付けることが可能です。

実はセロテープ以外にもiPhoneの保護フィルムの貼り方として、まだまだコツがあります。ここではiPhoneの保護フィルムの貼り方のコツとして、保護フィルムを張り付ける場所について解説します。

みなさんはiPhoneの保護フィルムをどこではりつけていますか。実はiPhoneの保護フィルムを張り付けるのにとっておきの場所があります。

液晶保護フィルムを貼るのに最適な場所とは

f:id:rick1208:20200626041728p:plain
iPhoneの保護フィルムの貼り方のコツとして、液晶保護フィルムを貼るのに最適な場所があります。iPhoneの保護フィルムを張り付けているときに汚れや誇りが入ってきてめんどくさい思いをした経験はありませんか。

特に乾燥している時期は汚れや埃が液晶画面に乗ってしまうことが多々発生してしまいます。なのでそんなときに汚れや埃があまり飛ばない場所でiPhoneの保護フィルムを貼ることをお勧めします

それでは埃や汚れが飛んでない場所でiPhoneの保護フィルムの貼り方のコツを解説します。

自宅で埃が少ないお風呂場

f:id:rick1208:20200626040236p:plain
まずiPhoneの保護フィルムの貼り方のコツとして、おススメな場所は自宅で埃が少ないお風呂場です。なぜお風呂場がiPhoneの保護フィルムの貼り方のコツとしておすすなのかというと湿気が高いからです。

iPhoneの保護フィルムを貼るとき場所が、お風呂場だとに湿気が高いので埃が飛ばずにiPhoneの液晶画面に埃がつかなくて済むので、好立地になります。

しかしiPhoneの保護フィルムを貼るときに場所をお風呂場や水が多いとことでやると防水効果がないiPhoneだと壊れる可能性があるので、気を付ける点として覚えておきましょう。

湿度が高くホコリが舞いにくい

f:id:rick1208:20200626035147p:plain
このようにiPhoneの保護フィルムの貼り方のコツとして、湿度が高くホコリが舞いにくい場所がおススメです。

他にもお風呂場以外にも加湿器をつけている場所やもともと湿度が高くホコリが舞いにくい場所であれば、その場所を使用してiPhoneの保護フィルムをはるようにしましょう。

iPhoneの保護フィルムを貼るときには、場所や貼り方を気をつけて行うと綺麗に貼ることが可能なので是非やってみてください。

iPhoneの保護フィルムを上手に貼れない時の対処法

f:id:rick1208:20200626035205p:plain
iPhoneの保護フィルムの貼り方のコツはわかっていただけましたと思いますか。しかしこのようなコツを上手く使用していてもiPhoneの保護フィルムが上手に貼れないこともあります。

なのでここではiPhoneの保護フィルムを上手に貼れない時の対処法について最後に解説します。もし先ほどのコツで上手く貼れない場合、是非試してみてください。

気泡が入った場合の対処法

f:id:rick1208:20200626023829p:plain
iPhoneの保護フィルムの貼り方が上手にいかない主な原因は、気泡が入ってしまいiPhoneの保護フィルムが浮いてしまったり、ゴミが入ってしまうことです。

なのでそんなiPhoneの保護フィルムを貼っていて、気泡が入った場合の対処法について解説します。

ゴムヘラやプラスチック製カードを使う

f:id:rick1208:20200626023817p:plain
まずiPhoneの保護フィルムの貼り方として、気泡が入ってしまったらゴムヘラやプラスチック製カードを使うことをお勧めします。

調理用や家にあるゴムヘラやプラスチック製カードを利用して、気泡を外に出してみましょう。

画面の外に押し出すように気泡を出す

f:id:rick1208:20200626023022p:plain
またiPhoneの保護フィルムの貼り方として、気泡が入ってしまったら画面の外に押し出すように気泡を出すとうまく保護フィルムから気泡をなくすことが可能です。

あまり強くやるとiPhoneの液晶画面が傷つくので気を付けてください。

貼り位置が合わなかった場合の対処法

f:id:rick1208:20200626005258p:plain
またiPhoneの保護フィルムの貼り方として、貼り位置が合わなかった場合はどのように対処すればいいのと思いますか。

iPhoneの保護フィルムは誤って貼ってずれて貼ってしまった場合の対処法について解説します。

セロハンテープを使用してフィルムを1回はがす

f:id:rick1208:20200625221818p:plain
まずiPhoneの保護フィルムの貼り方として、貼り位置が合わなかった場合はセロハンテープを使用してフィルムを1回はがしてみましょう。

セロテープをやさしく貼ってゆっくりはがすとiPhoneの保護フィルムがきれいにはがれるのでやってみてください。

フィルムの端部を持ちながら再度貼り付ける

f:id:rick1208:20200625221648p:plain
またiPhoneの保護フィルムの貼り方として、貼り位置が合わなかった場合はフィルムの端部を持ちながら再度ペーストてみましょう。

このようにすればiPhoneの保護フィルムを間違って貼ってしまっても、再度貼ることが可能なのでやってみてください。

まとめ

f:id:rick1208:20200626214434p:plain
このようにiPhoneの保護フィルムを貼るときにはいくつかコツがあるので、覚えておきましょう。

またiPhoneの保護フィルムは、事前に貼り直しが可能なようにセロテープを用意して、行う綺麗に貼れるので是非セロテープを用意しておきましょう。