漫画の地球儀

iPhoneの画面が明るくならない原因、対処法!【ズーム機能、自動調節、NightShift、バッテリー】

スポンサーリンク

画面の明るさが明るくならない、暗い原因

f:id:rick1208:20200626040236p:plain
iPhoneの画面が暗いときや明るくならない時の原因や対処法を知っていますか。iPhoneの画面が暗いと昼間操作がしづらいって経験をしたことはありませんか。

特に夏場にiPhoneの画面が暗い時や明るくないとiPhoneの画面が見えづらいという経験をしたことはありませんか。iPhoneの画面が暗いと映像が見えづらかったり、メッセージが見えないことがあります。

ここではそんなiPhoneの画面が暗いときの原因や画面が明るくならない時の対処法について解説します。もし最近iPhoneの画面が暗いと感じている人は是非チェックしてみてください。

画面の明るさの設定をチェック

f:id:rick1208:20200626035205p:plain
まずiPhoneの画面が暗いや明るくならないと感じたときは、画面の明るさの設定をチェックしてみましょう。iPhoneスマートフォンには、画面の明るさを設定可能な機能がついています。

またiPhoneの画面明るさ設定は、あまり設定変更しないのであまり画面の明るさ設定を忘れている人も多くいるのではないと思いますか。

iPhoneの画面が明るくない時はまず最初はiPhoneの画面の明るさ設定をチェックする必要があります。なのでここではiPhone画面の明るさ設定についても解説します。
f:id:rick1208:20200626040303p:plain

自動調節のチェック

f:id:rick1208:20200626035147p:plain
iPhoneの画面が暗いや明るくならないと感じた場合は、まず最初は自動調節のチェックをする必要があります。

iPhoneの画面の明るさ設定は、はじめから設定する場合と自動調節にする方法があります。自動調節にするとそのときの明るさによって、iPhoneの画面の明るさを変更することが可能です。

なのでここではiPhoneの画面の明るさを設定しないで、自動調節にする場合の設定方法や対処法について解説します。

チェック手順

f:id:rick1208:20200626023829p:plain
それではここではiPhoneの画面が暗いときや明るくならないときにiPhoneの画面の自動調節設定をチェックする方法について解説します。

iPhoneの画面を自動調節設定しておくとiPhoneの画面が自動的に暗いときや明るくないときに画面の明るさを変更してくれます。

しかしiPhoneをずっと使用しいているiPhoneの画面が自動調整できなかったり、暗いままの場合もあります。なのでiPhoneの画面が明るくないときの対処法としてiPhoneの自動調節をチェックする方法を解説します。

まず最初はiPhoneの画面は明るくならないと感じた場合に、自動調節をする場合の対処法やチェック方法について解説します。

まずiPhoneの画面の自動調節をチェックする場合は、iPhoneの設定アプリを起動しましょう。iPhoneの設定アプリを起動したら、設定画面で一般を押しましょう。
f:id:rick1208:20200626040344p:plain
そして一般画面が表示したら、アクセシビリティを押しましょう。アクセシビリティは、ちょっとスクロールする必要があります。

またアクセシビリティには、iPhoneの色んな設定を変更することが可能です。なのでアクセシビリティを見ると結構色んな設定が可能なのチェックしてみましょう。

そしてアクセシビリティを押すと、アクセシビリティが表示されるのでディスプレイ調整を押しましょう。ディスプレイ調整がなかれば、ディスプレイ調整まで戻ってチェックしてみましょう。
f:id:rick1208:20200626040355p:plain
ディスプレイ調整を押したら、まず最初は明るさの自動調節をオフにしましょう。この明るさの自動調節をオフにするとiPhoneの画面が自動で明るくなったり、暗くなったりする機能が無効化になります。
f:id:rick1208:20200626040824p:plain
また明るさの自動調節以外にもホワイトコツに関してもオフにしましょう。
ホワイトコツを下げるをオンの状態で使用するとディスプレイはより暗くなるため、バッテリー持ちにも多少影響します。

NightShiftのチェック

f:id:rick1208:20200625221648p:plain
iPhoneの画面が暗いときや明るくならない時は、iPhoneの画面の自動調節以外にもNightShiftのチェックをする必要があります。

NightShiftとは、目に負荷を与えやすいブルーライトを軽減して、ディスプレイの光を暖色系に変える機能です。

ここでは、「NightShift」(夜間モード)の設定方法と使用方法を解説します。 夜にiPhoneをいじって疲れ目になることが多い人は設定することをおススメします。

チェック手順

f:id:rick1208:20200625221818p:plain
それではここではiPhoneの画面が暗いときや明るくならない時にNightShiftのチェックする方法について解説します。

また「NightShiftモード」は iOS 9、3以降からの機能ですので、まだ iOS の更新をしていない人は iOS のアップデートを行いましょう。

スマートフォンの登場によって、いつでもどこでもインターネットが使用可能なようになった影響で目の疲れを訴える人が多くなってきています。

眼精疲労の主原因はスマホなどの端末のブルーライトにあります。目を酷使するあまり20代で老眼になってしまう人も多いです。

まず最初はiPhoneの画面は明るくならないと感じた場合に、NightShiftのチェック方法について解説します。

まずiPhoneの画面の自動調節をチェックする場合は、iPhoneの設定アプリを起動しましょう。設定アプリを起動したら、「画面表示と明るさ」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200626040903p:plain
「画面表示と明るさ」の画面が表示されたら、「NightShift」を選びます。
NightShiftを使う時間を設定する場合は「時間指定」を選びます。

今すぐNightShiftモードを有効にしたい場合は「手動で明日まで有効にする」を選びます。このようにしてNightShiftの設定をチェックする必要があります。

ズーム機能のチェック

f:id:rick1208:20200625201805p:plain
iPhoneの画面が暗いときや明るくならない時のズーム機能設定のチェック方法について解説します。ズーム機能とは、iPhoneのあらゆる画面を簡単なジェスチャ操作で拡大することが可能です。

iPhoneの画面が見ずらいと感じることが多い人は、ズーム機能をオンにしておいて、必要なときだけ拡大可能なように、操作方法を覚えておくといいかもしれません。

また画面全体を拡大するフルスクリーンズームと、サイズ変更可能なウィンドウ内に拡大表示するウィンドウズームが使用可能です。拡大率はコントローラを表示、あるいは設定アプリのバーで操作可能です。

チェック手順

f:id:rick1208:20200625201740p:plain
それではここからは、iPhoneの画面が暗い場合や明るくならない時にズーム機能、ズームフィルタの設定をチェックする方法について解説します。

ズーム機能の設定はiPhoneの画面が暗いとき以外にも文字サイズを変更する場合にも活用可能なので、是非知っておきましょう。
f:id:rick1208:20200626040938p:plain
まず最初はiPhoneの画面は明るくならないと感じた場合に、ズーム機能、ズームフィルタ設定のチェック方法について解説します。

まずiPhoneの画面の自動調節をチェックする場合は、iPhoneの設定アプリを起動しましょう。設定アプリを起動したら、「一般」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200626040949p:plain
そして一般画面が表示されたら、「アクセシビリティ」を押しましょう。
アクセシビリティ画面からズーム機能を選びましょう。

「ズーム機能」のスイッチをオンにすると、画面にウインドウが表示され、拡大されます。このウインドウを「ズームウインドウ」と呼びます。
f:id:rick1208:20200626041005p:plain

ズームフィルタをタップ

f:id:rick1208:20200626041247p:plain
ズームフィルタは、ズームした領域に対して、グレイスケールなどのカラーフィルタをかける機能です。色の見え方が異なる人は、自分自身が見やすいように色を調整可能です

ズームフィルタは、最大ズームレベルは、ズーム機能中の拡大率をバーで変更可能です。またズームフィルタは、コントローラでも拡大率を変更可能です。

ズームフィルタは、iPhoneの画面見づらいときや高齢者におススメの機能です。もし画面の大きさに困っている場合は、ズームフィルタを設定してみましょう。

設定変更でも画面が明るくならない場合

f:id:rick1208:20200625174954p:plain
iPhoneの画面が暗い場合と明るくならない場合の対処法についてはわかって頂けましたと思いますか。

しかしiPhoneの画面が設定変更しても画面が明るくならない場合もあります。なのでここではiPhoneの画面が画面が明るくならない場合の対処法について解説します。

バッテリーの劣化が原因の可能性

f:id:rick1208:20200626041317p:plain
それではiPhoneの画面が暗い場合に設定を変更しても、iPhoneの画面が暗いままの場合の原因としては、iPhoneのバッテリーに原因がある場合があります。

iPhoneのバッテリーは、ずっと使用していると徐々にバッテリーが劣化します。なのでiPhoneのバッテリーが劣化するとiPhoneの画面が暗いままの場合になる可能性があります。

なのでiPhoneの画面が暗い場合は、バッテリーに原因がある場合があるので気を付けてください。

チェック手順

f:id:rick1208:20200626041337p:plain
iPhoneの画面が暗い場合にバッテリーに原因があるかをチェックする場合は、設定アプリからバッテリーを押してチェックしましょう。

またiPhoneの画面の明るさを変更しても、明るさが変わらない場合はバッテリーを伺った方がいいかもしれません。
f:id:rick1208:20200626041359p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200625173827p:plain

iPhoneの画面が暗い場合は、設定を変更して明るくなるかをチェックするようにしましょう。もしかしたらバッテリーに問題がある場合があるので、なるべく早めにチェックしましょう。