漫画の地球儀

iPhone、iPadのコントロールセンターのカスタマイズ方法!【ツール、iOS、機能、ミュージック】

スポンサーリンク

iPhoneiPadのコントロールセンター

f:id:rick1208:20200626005258p:plain
あなたは普段からiPhoneiPadのコントロールセンターを利用していますか?iPhoneiPadのコントロールセンターの機能を追加したり並びをカスタマイズしたりすると、操作の使用方法が便利になりますよ。そのコントロールセンターについて見てみましょう。

iPhoneiPadのホーム画面から上にスワイプ・下にスワイプしたりすると、ふと表示されるものがあります。それがコントロールセンターなのです。コントロールセンターの使い人は、写真を撮る、フラッシュライトなどの機能を素早く使うものです。

さまざまな機能が素早く使うことが可能ですので、コントロールセンターをカスタマイズして使わない機能を消去したりすると、ますます使用方法が高速になります。本日はコントロールセンターをカスタマイズする方法を詳しく見ていきましょう。

色々な機能をワンタップで操作可能な機能

f:id:rick1208:20200625221818p:plain
そんな便利なiPhoneiPadのコントロールセンターなのですが、具体的にどのように便利になるのか説明をさせていただきます。iPhoneiPadのコントロールセンターの機能を使うと色々な機能をワンタップで操作できてしまうのです。

ということは、今まで操作に手間がかかっていた機能を素早く使えるというわけです。よく使うiPhoneiPadの機能をコントロールセンターにカスタマイズしておくと、その機能の並びをワンタッチするだけで起動させることが可能です。

コントロールセンターにカスタマイズしたことにより、時間がかかってしまっていた操作も数秒で行うことが可能なので、起動したいと思ったらすぐに機能を使うことが可能です。特に電話や写真など急に使う機能は便利になると思います。

iPhoneiPadのコントロールセンターの使用方法

f:id:rick1208:20200625221648p:plain
まず最初は、iPhoneiPadのコントロールセンターをカスタマイズする前に、iPhoneのコントロールセンターの使用方法を知らなければ何もはじまりません。コントロールセンターの使用方法や操作を理解しておきましょう。

それでは、iPhoneのコントロールセンターを最初に出しなくてはなりませんので、コントロールセンターを呼び出す方法を解説させていただきます。iPhoneのコントロールセンターの使用方法と呼び出す方法を一緒に学んでいきましょう。

コントロールセンターの呼び出し方

f:id:rick1208:20200625201822p:plain
iPhoneのコントロールセンターの呼び出し方法は、iPhoneの各モデルによって操作方法が異なります。ですので、iPhone8以前のモデルとiPhoneX以降のモデルの両方のiPhoneのコントロールセンターの呼び出し方法について説明をしていきます。

iPhone8以前

まず最初は最初に、iPhone8以前のコントロールセンターの呼び出し人は、ホーム画面から上にスワイプしていきます。
f:id:rick1208:20200626005351p:plain
そうするとiPhone8以前のモデルでは、コントロールセンターが画像のように表示されます。ここでカスタマイズしたコントロールセンターの機能を利用していきます。操作は上にスワイプするだけでした。

iPhoneX以降

次には、iPhoneX以降のモデルでのコントロールセンターの呼び出し方方法を見ていきましょう。まず最初は、iPhoneのホーム画面から下にスワイプしていきます。
f:id:rick1208:20200626010131p:plain
そうしましたら、iPhoneX以降のモデルはコントロールセンターが画像のように表示されます。カスタマイズしたコントロールセンターの機能はここから使えるようになっています。下にスワイプするだけでしたね。

詳細機能の設定

f:id:rick1208:20200625190312p:plain
各種アイコンを画面を軽く押し込むことによってより詳細な画面を出すことが可能になりました。この操作を取ってみると便利になると思います。

iPhoneiPadのコントロールセンターで何が出来る?

f:id:rick1208:20200625174954p:plain
では、iPhoneiPadのコントロールセンターをカスタマイズするのはいいけど、どのような機能が使えるのか知ることができなければ機能の追加や変更・消去・並び変えを行っても使うことがないかもしれません。まず最初は機能を知ることから始めましょう。

iPhoneiPadのコントロールセンターのカスタマイズをうまく自分自身好みにしていくには、一つ一つの機能を使いこなしていきましょう。

ネットワークの設定

f:id:rick1208:20200625174937p:plain
iPhoneiPadのコントロールセンターに目立つボタンがあります。それは、ネットワークの設定ボタンです。機内モード・モバイルデータ通信・Wi-FiBluetooth・インターネット共有(デザリング)の5つのネットワークボタンがあります。

機内モードをタッチすると、機内モードのオン、オフが切り替わります。モバイルデータ通信をタッチすると各キャリアの回線を通したモバイルデータ通信のオン、オフが切り替わります。Wi-Fiをタッチすれば、Wi-Fiとの接続、接続解除が切り替わります。

Bluetoothを押したらluetooth機器との接続、接続解除が切り替わります。インターネット共有(デザリング)をタッチすると、テザリング機能の検出可・検出不可能の状態が切り替わります。

ミュージックの操作

f:id:rick1208:20200626010156p:plain
つぎにiPhoneiPadのコントロールセンターには、ミュージックコントロールの変更ボタンが配置されています。ミュージックのコントロールでは、音楽の再生中・再生停止中の曲名とアーティスト名および再生・順送り、逆送りの各ボタンが含まれます。

3Dタッチ機能を使用すれば、ミュージックアプリの詳細を表示可能です。詳細コントロールでは、ジャケット写真・曲名・アーティスト名などのチェックや再生状態の操作、音量調整のほか、再生デバイスの変更も可能になります。

物理ボタンを押すのが面倒なひとは、ミュージックの操作をコントロールセンター上で行えば便利そうですね。

画面ロック

f:id:rick1208:20200625173827p:plain

画面ロック機能がiPhoneiPadのコントロールセンターにあります。ですから間違って画面ロックボタンを押さないようにしましょう。画面ロックボタンを押さないように並びを変更するか消去するかも行うことが可能です。

コントロールセンターをカスタマイズすると、このように邪魔な機能を消去したりすることも可能ですので理解をしておきましょう。

おやすみモード

f:id:rick1208:20200625173737p:plain
おやすみモードもiPhoneiPadのコントロールセンターにあります。おやすみモードで設定した設定が反映されます。ですのでおやすみモードの設定を変更したい場合は、1回おやすみモードの設定を変更し直す必要があります。

画面の明るさ設定

f:id:rick1208:20200625173339p:plain

画面の明るさ設定をiPhoneiPadのコントロールセンターで行えます。画面の明るさスライダーを上下方向にスワイプしていきますと画面の明るさを変更することが可能です。

音量の設定

f:id:rick1208:20200625173408p:plain
iPhoneiPadのコントロールセンターで音量の調節が可能です。ボリュームボタンをいちいち押すのが嫌だというひとは、コントロールセンターで音量の調節を行っていきましょう。

気を付ける点ですが、コントロールセンターでの音量調節は音楽やムービーなどのサウンドのボリューム変更です。着信や通知音量や受話音量ではありませんので気をつけてください。

ミラーリング

f:id:rick1208:20200625170115p:plain
ミラーリングボタンもiPhoneのコントロールセンターで行うことが可能です。タッチするとミラーリングが開始します。

ライトや電卓などのツール

f:id:rick1208:20200625155137p:plain
フラッシュライト、電卓、タイマーなどのツールまでiPhoneのコントロールセンターで素早く行うことが可能です。急な停電に遭遇した場合は、フラッシュライトが必要です。コントロールセンターに追加して並び変えをしておけばとっさに使えるのと思います。

電卓も買い物やビジネスシーンでとっさに使うことがあるかもしれません。コントロールセンターに追加しておけば、すぐに計算が可能です。タイマーも料理やスポーツなどで使うこともあると思います。コントロールセンターに追加しておきましょう。

iPhoneのコントロールセンターのカスタマイズ方法

f:id:rick1208:20200625155114p:plain

それでは、いよいよiPhoneのコントロールセンターをカスタマイズしていきましょう。iPhoneのコントロールセンターを追加したり消去したり可能な。と言いましたがカスタマイズ可能な範囲が決まっています。

ですから追加・消去可能な領域を知っておきましょう。

カスタマイズ可能な領域について

f:id:rick1208:20200625152749p:plain
iPhoneのコントロールセンターをカスタマイズ領域は決まっています。コントロールセンターの追加・消去をする画面で「-」「+」が付いている機能が変更可能な部分です。それ以外は消去したり追加したり並び変えることは可能でせん。

機能を追加する手順

f:id:rick1208:20200625150800p:plain
では、iPhoneのコントロールセンターに機能を追加する手順を詳しく見ていきましょう。コントロールセンターのカスタマイズ画面を表示しなければなりませんので、一緒に行っていきましょう。

最初に、iPhoneのホーム画面から「設定」を押して進んでいきます。
f:id:rick1208:20200626010515p:plain
設定画面から「コントロールセンター」を押していきましょう。
f:id:rick1208:20200626010526p:plain
コントロールセンターの画面から「コントロールをカスタマイズ」を押してください。
f:id:rick1208:20200626010615p:plain
ここからコントロールセンターに追加したいアプリや機能を押していきます。追加したい機能に+アイコンが付いていることをチェックして「+アイコン」を押していきます。

これでiPhoneのコントロールセンターに機能が追加されています。1回機能が追加されたかチェックをしていきましょう。
f:id:rick1208:20200626010625p:plain
もしiPhoneのコントロールセンターに追加した機能を消去をしたい場合も可能です。コントロールセンターに追加した操作と同じような画面で、消去した機能を見つけます。消去したい機能に-アイコンが付いていることをチェックしてください。

そして消去したい機能の-アイコンを押します。これでiPhoneのコントロールセンターから機能が消去されます。消去されたか1回、コントロールセンター見てチェックしてみましょう。

機能の並びの変更手順

f:id:rick1208:20200625140352p:plain
次には、iPhoneのコントロールセンターに追加した機能を並び替えてみましょう。並び替えることにより、さらに機能を素早く使うことが期待されます。
f:id:rick1208:20200626010719p:plain
コントロールセンターに機能を追加した操作と同じような画面(カスタマイズ)の機能一覧の右端で、上にドラッグさせます。画像のように右端をドラッグすると、並び替えを変更することが可能です。

変更したい機能を押してドラッグさせ並び替えてください。
f:id:rick1208:20200626010736p:plain
そしたらコントロールセンターを呼び出していきましょう。機能が綺麗に並び替えが終了していると思います。

iPhoneiPadのコントロールセンターがカスタマイズできない場合

f:id:rick1208:20200625134142p:plain
iPhoneのコントロールセンターをカスタマイズできないよいうひともいるのではないと思いますか?このような場合は原因があります。なぜ?コントロールセンターをカスタマイズすることができないのか原因を探っていきましょう。

iOSのバージョンアップ

f:id:rick1208:20200626010849p:plain
一部のiOSでは、コントロールセンターにアイコンを追加したり消去することができないなどのバグが発生しているとの報告があります。iOS自体に問題が発生しているので、iOSをバージョンアップすることでしか解決することは可能でせん。

1回利用しているiPhoneのバージョンをチェックして、アップデートがあるかどうかチェックしておきましょう。

iPhoneiPadの再起動

f:id:rick1208:20200626010902p:plain
iPhone本体に何かしらの不具合が発生しているため、一時的にコントロールセンターのカスタマイズができない状態になっているかもしれません。これは一時的に不可能な状態になっているだけなので、深刻な問題ではありません。

対処法としては、iPhoneiPadの再起動をしましょう。再起動することにより、一時的な不具合がリセットされますので、とりあえず再起動をしておきましょう。