漫画の地球儀

iPhoneの充電ケーブルが断線する原因、対処法!【断線対策、スマホ、予防、断線防止グッズ、保護ビニール】

スポンサーリンク

iPhone純正の充電ケーブルは切れやすい?

f:id:rick1208:20200625174954p:plain
iPhoneを購入すると付属品としてイヤフォン、充電ケーブル、ACアダプタが付いてきます。イヤフォンは専用のパターンに入ってくるので持ち歩くのが便利ですが、イヤフォンと同じくらいに持ち歩くことが多い充電ケーブルにはパターンがありません。

そのせいかiPhone純正の充電ケーブルは扱い方がついつい雑になってしまい、iPhoneを購入してすぐに断線してしまうことがあります。

断線しやすいiPhoneのケーブルを壊さずに使うためには普段から丁寧な使用方法をして、iPhone本体にきつく巻く、ケーブルを引っ張るなど、断線の原因になる行為は避けた方がいいです。

保護ビニールが破けやすい

f:id:rick1208:20200625174937p:plain
iPhoneの付属充電ケーブルは扱いが雑になりやすい以外にも断線しやすい原因があります。まずそもそもiPhoneの充電ケーブルはまわりの保護ビニールが破けやすいのです。

Androidの付属充電ケーブルの保護ビニールはもっと厚手で触り心地もちゃんとしているのですが、iPhoneの充電ケーブルの保護ビニールは薄く柔らかいので破けやすいのです。

iPhoneケーブルの保護ビニールが破けてしまうと、そこからケーブルの中身がむき出しになってしまうので、ちょっとしたことが断線の原因になります。保護ビニールだけが破れている場合はテープなどで補強しましょう。

断線しやすい

f:id:rick1208:20200625173827p:plain
保護ビニールが薄く柔らかいだけではなく、iPhoneの充電ケーブルはケーブルの銅線そのものも細く断線しやすいという特徴があります。保護ビニールも銅線そのものも壊れやすいため、丁寧に使用していても断線してしまう可能性があります。

iPhoneケーブルはAndroidケーブルに比較して一回り細いので、保護ビニールだけではなくケーブルそのものも断線しやすいのです。

iPhoneの充電ケーブルを断線させてしまう行為

f:id:rick1208:20200625170115p:plain
iPhone純正の充電ケーブルはもともと壊れやすい素材でできていますが、それ以外にも普段の使用方法が断線の原因になってしまっていることもあります。ここからは、iPhoneの充電ケーブルが断線する原因になる行動を説明していきます。

ケーブルをきつく巻く、引っ張る

f:id:rick1208:20200625190312p:plain
iPhoneの充電ケーブルはイヤフォンと違って専用パターンがないので、モバイルバッテリーに巻く、iPhoneの本体に巻くなどしてカバンに収納する場合があります。

余裕を所持して巻くだけなら断線する原因にはなりませんが、きつく巻くとずっと充電ケーブルに負担がかかった状態になってしまうため、断線する原因となります。かといって充電ケーブルを巻く、まとめるなどしないでカバンに入れても断線しやすいです。

iPhoneのバッテリーが少なくなってきたときに慌てて充電ケーブルを引っ張るようにカバンから出すと、充電ケーブルに大きな負担がかかるため断線する原因になります。

扱い方が乱雑

f:id:rick1208:20200625190337p:plain
モバイルバッテリーやiPhone本体にきつく巻き付ける、充電ケーブルを引っ張るなど毎日の使用方法をしているとiPhoneケーブルが断線する原因になります。充電ケーブルの扱い方が雑だと、iPhoneケーブルがどんどんモロくなってしまうのです。

純正の充電ケーブルをiPhoneに差しこむときにLightningポートにねじ込んでいる、ケーブルを置くときに放り投げている、充電ケーブルを使う時にいつも引っ張るなどの扱い人はよくありません。

毎日のように雑な扱い方をしていると保護ビニールや銅線が脆くなってしまい、ちょっとしたことで断線しやすくなります。

寝ながらスマホを使う

f:id:rick1208:20200625155137p:plain
保護ビニールが壊れやすい充電ケーブルを寝ながら使うのも、断線の原因となる使用方法です。寝ながらiPhoneを充電してSNSをチェックしたり、LINEしたりしてしまうのが習慣になっている人は多いです。

こうした習慣は充電ケーブルに負担がかかりやすいで、可能なだけしないことが断線の予防になります。iPhoneケーブルの断線する一番の原因は、充電しながらiPhoneを使うことだからです。

寝ているときは寝返りを打つ時に無意識で引っ張る、充電ケーブルを体の下にしてしまって圧迫するなど負担をかけてしまうからです。寝ながら使うのをやめるのは、充電ケーブルの断線対策に効果的です。

ケーブルの長さが合っていない

f:id:rick1208:20200625155114p:plain
いつもiPhoneを充電するときの定位置からコンセントまでの距離が純正の充電ケーブルの長さよりも離れている場合、ちょっと無理をして充電ケーブルを引っ張って使用してしまう人が多いです。

充電している間、ずっと充電ケーブルを引っ張り続けているのは断線の原因になってしまいます。対策として長さに余裕があるiPhoneケーブルに買い替えましょう。またiPhoneを使う場所を変えてみるのも効果的な対策です。
f:id:rick1208:20200625192812p:plain
iPhoneのバッテリー残量が少なくなってしまい、充電しながら自宅で使うこともありますが、そういう場合はケーブルを引っ張らないように気を付けながら使う必要があります。

iPhoneの充電ケーブルの断線を予防、対策するには?

f:id:rick1208:20200625152749p:plain
iPhoneの充電ケーブルの断線を予防、対策するには、ちょっとしたことで効果があります。ここからはiPhoneの充電ケーブルの断線を予防、対策する方法について説明していきます。

補強、断線防止グッズを使う

f:id:rick1208:20200625141725p:plain
断線防止グッズであるiPhone用の強化ケーブルは、防弾仕様ケブラー繊維とナイロンの二重に編み込みによって補強されています。価格も1,500円以下と安いですし、Apple純正の受電ケーブルよりも8倍耐久性があるので断線予防に効果的です。

iPhoneの充電ケーブルを引っ張るくせがある人には、ケーブルを巻く断線防止グッズで対策を打つと効果的です。充電ケーブルを画像のようなグッズに巻くことで、取り出すときに引っ張る必要がありません。

iPhoneの充電ケーブルを巻くと、カバンの中で荷物と荷物の間に挟まってケーブルが断線してしまうのも防ぐことが可能です。

寝ながら使ったり、コンセントといつも充電中に使う定位置が遠かったりする人は、3mや5mのロングタイプの断線防止グッズを使いましょう。5mのロングタイプでナイロンが編み込まれて補強されている充電ケーブルでも、3,000円以下で購入可能です。

充電ケーブルの断線防止グッズは100円均一でも購入可能です。また針金を断線しやすいケーブルのLightning端子の付け根に巻くことで補強する予防方法もあります。こうした予防や対策は、ケーブルを引っ張るくせがある人に効果的です。

しかしケーブル全体を補強するわけではないので、扱い方によっては効果がないことがあります。あなたがいつもしている扱い方に合わせて断線防止グッズを購入しましょう。

使用方法に注意する

f:id:rick1208:20200625134142p:plain
断線防止グッズは買いやすい価格ですが、受電ケーブルの使用方法を見直さないとまた断線してしまう可能性があります。

断線防止グッズを使用しているからと油断して今まで以上に引っ張る、きつく巻くなどの乱暴な扱い方をしてしまうと、断線する可能性もあるのです。

すぐにiPhoneの充電ケーブルが断線してしまう人は断線しやすい使用方法をしているので、補強グッズを買う前に扱い方を見直して予防しましょう。

iPhoneの充電ケーブルが断線したらどうすれば良い?

f:id:rick1208:20200625133812p:plain
買ったばかりのiPhone純正の充電ケーブルが断線してしまったら、テープや断線防止グッズで補強して使い続ける人が多いですが、正しい対策をしましょう。

そのまま使い続けるのは危険

f:id:rick1208:20200625125744p:plain

市販のiPhone充電ケーブルの断線予防グッズはあくまで断線を予防するのでのものなので、すでに断線してしまっているiPhoneを補強するものではありません。断線している充電ケーブルは漏電してしまうので、すぐに捨てましょう。

保護ビニールだけが破れている場合は、テープなどで補強して使い続けることが可能ですが、今まで以上に断線しやすい状態になっているので、100円均一などで購入可能なカバーをつけておいてください。

AppleStoreにて交換する

f:id:rick1208:20200625193253p:plain
iPhoneStoreに行けば、新しい純正の充電ケーブルと交換してもらうことが可能です。しかしその前にあなたのiPhoneが保証期間内であるかチェックしておきましょう。
f:id:rick1208:20200625193307p:plain
保証期間をチェックする方法は、まずiPhoneのホーム画面から設定アプリを起動します。
f:id:rick1208:20200625193325p:plain
設定アプリの最初画面にある一般のメニューを選んで、情報の項目を押します。
f:id:rick1208:20200625193333p:plain
iPhoneの情報をチェック可能な画面でシリアル番号という項目を長押しします。
f:id:rick1208:20200625193342p:plain
シリアル番号の項目を長押しすると画面にコピーアイコンが表示されるので、押しましょう。

iPhoneのホーム画面でAppleサポートのアイコンを押すか、Appleの公式サポートにアクセスするかして、画面左上にある2本線アイコンを押します。
f:id:rick1208:20200625193357p:plain
Appleの公式サポートに検索バーが表示されるので、押してキーボードを表示します。
f:id:rick1208:20200625193404p:plain
検索バーに「保証期間のチェック」と記入して、虫眼鏡の検索アイコンを押してください。
f:id:rick1208:20200625193410p:plain
「保証状況のチェック」という項目が検索結果の一番上に表示されるので、押しましょう。
f:id:rick1208:20200625193428p:plain
保証の購入資格をチェックする画面に切り替わるので、シリアル番号と表示されている項目を長押しします。
f:id:rick1208:20200625193438p:plain
シリアル番号を記入する項目にペーストアイコンが表示されるので押して、iPhoneのシリアル番号を記入します。
f:id:rick1208:20200625195347p:plain
iPhoneのシリアル番号を記入したら下にスクロールして、画面に表示されているコードを記入しましょう。
f:id:rick1208:20200625195355p:plain
iPhone画面に表示されているアルファベットと数字のコードを記入したら、「続ける」を押します。
f:id:rick1208:20200625195403p:plain
iPhoneに関する電話サービスの期間などが表示されるので、修理サービス保証という項目で保証期間内であるかチェックしてください。

自分自身で新しいケーブルを購入する

f:id:rick1208:20200625054319p:plain
もし保証期間内であれば無償で純正の充電ケーブルをAppleStoreでもらえますが、保証期間が終了している場合は自分自身自身で新しいiPhoneの充電ケーブルを購入しましょう。

自分自身自身でiPhoneケーブルを購入すると、純正のケーブルよりも強度があるものを購入できたり、長さを自分自身自身が使うのにちょうどいいものを選べたり、Ligntning端子が複数付いているものを選べたり可能です。

保証期間に無料で交換してもらっても保護ビニールが薄く強度にかける純正のiPhoneケーブルを使うことには変わりないので、すぐに断線してしまう可能性があります。

交換してもらって使用方法を見直しても断線する場合は、補強されているiPhoneケーブルを購入しましょう。

断線しにくい!iPhone向けおススメ充電ケーブル

f:id:rick1208:20200625054256p:plain

どんなに丁寧な使用方法をしていても、もともとの素材が断線しやすい充電ケーブルは壊れてきやすいです。もし断線してしまって、保証期間が過ぎてしまったら自分自身自身で購入しましょう。

おススメ充電ケーブル

f:id:rick1208:20200625050106p:plain

自分自身で購入する場合は、純正の充電ケーブルよりも補強されている断線防止グッズ機能付きのケーブルを選べます。例えば純正の充電ケーブルよりも断線しにくい素材で補強されていて、巻くことが可能な仕様になっているケーブルがおススメです。

ちょうどいい長さに固定可能なので、無理して引っ張ったり、どこかにひっかけてしまったりする心配がありません。純正のiPhoneケーブルと違い、カラーのバリエーションも豊富です。

Apple認証の強化ケーブル

Apple認証の強化ケーブルも発売されているので、純正の充電ケーブルじゃないと不安という人におススメです。

Apple認証の強化ケーブルはナイロンで補強されていて、長さも1、8m以上あるものが多いので、充電しながらiPhoneを使うという使用方法でも断線しにくいです。

ケーブルが短いとついつい無理に引っ張る、iPhoneケーブルがピンと張った状態で使い続けるなどの負担がかかる扱い方になってしまうので、余裕のある長さのケーブルを選びましょう。

複数端子のケーブル

1本のiPhoneケーブルに3つのLightning端子がついているものもあります。iPhoneiPadなど複数のiOSバイスを同時に充電可能ですし、友達と遊ぶ時にもっていけば一緒に充電可能です。

複数のLightning端子がついているケーブルは長さに余裕があり、iPhoneケーブル自体も補強されているので断線しにくいです。