漫画の地球儀

Youtube Liveのアーカイブが2時間しか見れない原因、対処法!【ライブ配信、動画、再生時間】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200610025927p:plain


Youtubeライブ配信であれうYoutube Liveでは、ライブ配信の終了後にすぐにアーカイブ動画が作成されます。しかし、本来4時間以上などの長時間のライブ配信アーカイブ動画が作成された場合に、何故か2時間しか見れない・途中からの再生になっていて困ってしまったことはありませんか?

アーカイブ動画が残るからとライブ配信をリアルタイム見ることしなかったのに、後で見たらじっさいの再生時間と異なるもので、フルサイズで見られないとなってしまうと困ってしまいますよね。ここでは、Youtube Liveのアーカイブが2時間しか見れない場合の対処法について説明しています。

Youtube Liveのアーカイブが2時間しか見れない場合の対処法

f:id:rick1208:20200610025938p:plain
Youtube Liveのアーカイブの再生時間が2時間しかない場合の対処法ですが、実はシンプルで「待つ」ことが対処法となります。

何故待つことが対処法になるのかを説明します。Youtube Liveでは放送時間が2時間以内で終了している場合は動画のエンコードがリアルタイムで終了しているため、フルサイズでアーカイブ動画が見られるわけです。これが2時間以上のライブ配信となると、エンコードが間に合わないためすぐにフルサイズの動画が作成されず、とりあえず2時間分のエンコードが行われたアーカイブ動画が用意されるという仕組みになっています。


ですので、2時間以上のライブ配信アーカイブ動画をフルサイズで見たい場合はエンコードが終了するまで待つ必要があるわけですね。4時間以上の動画であれば数時間ほどでエンコードが終了するので、とにかくエンコードが終わるまで待ちましょう。