漫画の地球儀

iPhoneの写真の撮影日時や位置情報を変更する方法!【HashPhotos、地図、場所、時間、時刻】

スポンサーリンク

Phoneの写真の位置情報をチェック・変更する方法

f:id:rick1208:20200624193030p:plain
さっそく、実ときに写真に記録されている位置情報を変更してみましょう。ここでは「HashPhotos」というアプリを使います。

HashPhotosは無料でダウンロード可能ですが、位置情報と日付の変更は無料版の場合、それぞれ3回までしか使用できません。それ以上使用する場合は、有料版を購入する必要があります。

現状、日付や位置情報を完全に無料で編集可能なアプリは大半見当たらないため、HashPhotosの試用版を使用して気に入ったら、有料版を購入を検討してください。

HashPhotosで写真を選んで位置情報をチェック

f:id:rick1208:20200624193049p:plain

HashPhotosをダウンロードすると、写真へのアクセスを求められるので、OKを押して許可しましょう。

HashPhotosの画面上に、iPhoneに保存されている写真が一覧で表示されます。
f:id:rick1208:20200624204104p:plain
f:id:rick1208:20200624204111p:plain
画面左上のAlbumsを押すと、登録されている写真の枚数や「写真」アプリで作っているフォルダの一覧などが表示されます。

写真の一覧から、位置情報を変更したい写真を押してださい。

写真が拡大され、各種メニューが表示されます。位置情報を修正する場合は、画面右上に表示されているiを押します。

写真に記録されている位置情報が参照され、地図が表示されます。ピンが刺さっている場所が、撮影地として記録されているコツです。

写真の位置情報を変更する

f:id:rick1208:20200624204854p:plain
画面右下の共有ボタンを押してください。続けてChange Locationを選択すると、地図が全画面表示されます。
f:id:rick1208:20200624204835p:plain
f:id:rick1208:20200624204839p:plain
地図上に表示されているピンの位置は、スライド操作で動かすことが可能です。ピンの位置を変更したら、画面右上のSaveボタンを押してください。

「Set Location」のチェック画面が表示されます。お試し版の場合は、3回まで試用可能なことを意味するTry(3 times left)と表示されるので、これを選びます。有料版がほしい場合はBuyから購入することも可能です。


変更した位置情報が保存されました。

変更後にiPhoneの「写真」アプリでもチェックすると、位置情報が変更されていました。これで作業は終了です。

撮影地ごとにまとめて写真を表示するには

f:id:rick1208:20200624204720p:plain
f:id:rick1208:20200624204727p:plain
撮影地別に位置情報を変更したい時は、一覧画面の右下にある虫眼鏡ボタンから位置情報ボタンを押し、地図を表示しましょう。

f:id:rick1208:20200624204629p:plain
地図上にまとめて写真が表示され選択することが可能なので、撮影地別に位置情報や日付を変更したい場合に便利です。

iPhoneの写真の日付や時間をチェック・変更する方法

f:id:rick1208:20200624160907p:plain
写真の日付情報を変更する場合も、位置情報を変更する時と同様に「HashPhotos」アプリを使用します。HashPhotosのダウンロードや写真一覧の表示方法は、前項を参照してください。

HashPhotosで写真を選んで日時をチェック

f:id:rick1208:20200624204554p:plain
日付を変更したい写真を選び、画面左下の共有ボタンを押します。

共有メニューの画面が表示されるのでAdjust Date、Timeを選びてください。

写真の日付や時間を変更する

f:id:rick1208:20200624204537p:plain
f:id:rick1208:20200624204545p:plain
日時の編集画面が表示されます。DateやTimeを押して日付や時間を変更がおこなえます。

日時をそれぞれ変更した後は、Adjustを押しましょう。
f:id:rick1208:20200624204526p:plain

「Adjust Date、Time」のチェック画面が表示されます。

お試し版の場合は、3回まで試用可能なことを意味するTry(3 times left)と表示されるので、これを選びます。有料版がほしい場合はBuyから購入することも可能です。

タップ後、日付が指定通りに変更されました。

f:id:rick1208:20200624204508p:plain
写真の一覧を表示すると、時間を変更した影響で写真の並び順が変更されました。変更前とは異なる場所に写真が表示されるようになります。

iPhone標準の「写真」アプリ上でも、写真の日付が変更されます。

まとめて写真の日付・時間を変更するには

f:id:rick1208:20200624204418p:plain
f:id:rick1208:20200624204426p:plain
HashPhotosでは、複数の写真の日付をまとめて変更することも可能です。

写真が一覧表示される画面で、日付を変更したい写真のサムネイルを長押ししながらスライドさせ、複数を選びます。写真の選択後、左下の共有ボタンを押して、Adjust Date、Timeを選びます。
f:id:rick1208:20200624204353p:plain
あとは1枚だけ変更した時と同じやり方で、日付や時刻を修正してAdjustをタップすれば終了。選びた写真を指定した日時に一挙に変更することが可能です。

ただし、写真を1枚1枚個別の日時に変更可能な操作ではない点に注意が必要です。

写真の位置情報を記録しない設定

f:id:rick1208:20200624170006p:plain
SNS等で写真をシェアすることも多い昨今では、プライバシー上の心配からそもそも写真に位置情報を記録したくないという人も多いと思います。そこでiPhoneのカメラ設定から、写真の位置情報を記録しないようにする方法を解説します。
f:id:rick1208:20200624204321p:plain
f:id:rick1208:20200624204327p:plain
iPhoneの「設定」アプリを開いて、プライバシー→位置情報サービスと進みます。
f:id:rick1208:20200624204247p:plain
f:id:rick1208:20200624204300p:plain
位置情報サービスの一覧からカメラを選択。続けて、位置情報の使用で許可しないを選べば終了です。

以後、iPhoneのカメラで撮影した写真や動画に位置情報は記録されなくなります。