漫画の地球儀

iPhoneアラームのスヌーズ間隔を変更する方法!【回数、無制限、アプリ、複数、目覚まし】

スポンサーリンク

スヌーズ

f:id:rick1208:20200624160804p:plain
皆さんの朝のお供になっているiPhoneのアラームアプリに搭載されている目覚まし機能の「スヌーズ」ですが、皆さんはスヌーズ機能について詳しくご存知とでしょうか?iPhoneスヌーズ機能は、朝起きが苦手な方のために使用されているアラーム機能の1つです。

ここ冒頭の本章では、iPhoneの目覚まし機能「スヌーズ」についてご説明していきます。

スヌーズとは

f:id:rick1208:20200624121326p:plain
iPhoneスヌーズとは、目覚ましアラーム機能の1つで、目覚ましアラームを停止しても、一定の間隔で再度アラームを鳴らしてくれます。また繰り替えしの回数は無制限です。スヌーズ機能を使い人は下記のやり方を実行してください。

f:id:rick1208:20200624160838p:plain
1、iPhoneで「時計」アプリを起動し「アラーム」を選びます。
2、画面右上の「+」あるいは「編集」を選び「アラームを追加」画面を表示して下さい。

3、「アラームを追加」画面で「スヌーズ」のスイッチをONにします。

後は「アラーム画面」で設定したアラームのスイッチをONにすれば、設定終了です。

9分間隔で繰り返す
f:id:rick1208:20200624160907p:plain
iPhoneの初期設定では、スヌーズ機能は9分間隔で繰り返しアラーム音が再生されます。通常の時計のスヌーズ機能は5分間隔や10分間隔のものが多いですが、iPhoneは時間経過の下一桁の「分」をチェックするのでに9分間隔が設定されています。

このスヌーズの間隔を変更することは可能でせんが、次の章ではiPhoneのアラーム機能を応用して、スヌーズ間隔を変更、調整する方法をご説明していきます。

iPhoneアラームのスヌーズ間隔を変更する

f:id:rick1208:20200624120732p:plain
前の章でも述べた通り、iPhoneスヌーズアラーム機能には、スヌーズの時間間隔を変更する項目がありません。なので9分間のスヌーズ間隔を変更する場合は、複数のアラームを設定して時間の間隔を調整しながら変更していく必要があります。

複数のアラームを利用して時間の間隔を設定する

f:id:rick1208:20200624165159p:plain
iPhoneスヌーズ機能の間隔は9分間隔なので、iPhoneのアラームをずらして設定しておくことで、アラームを鳴らす変更を変更することが可能となります。例えば、12:00から3分間各でスヌーズ設定したい場合は、11:54、11:57にアラームを設定し、スヌーズ機能をオンにしてください。

そうすることで、iPhoneスヌーズ機能を停止するまで、3分間隔のスヌーズが続く形になります。偶数の分数でスヌーズをかける場合は、正確に同じスヌーズ間隔を刻むことは可能でせんが、1分の誤差で収まるので、うまくアラーム時間を設定して変更してみてください。

iPhoneアラームのスヌーズの回数は無限

f:id:rick1208:20200624092952p:plain
iPhoneアラームのスヌーズの回数は、停止を押さない限り永遠と続きます。ここ最後の本章ではiPhoneアラームのスヌーズを停止する方法をご解説します。

iPhoneアラームのスヌーズを停止する方法

f:id:rick1208:20200624061026p:plain
iPhoneアラームのスヌーズ停止方法は「ロック画面」「ロック解除後の画面」では異なりますので、それぞれのやり方をご解説します。

ロック画面の場合

f:id:rick1208:20200624054421p:plain

iPhoneのロック画面でスヌーズ設定したアラームが鳴ると上記の画面が表示されます。画面下部の「停止」を押すとスヌーズが停止します。スヌーズを継続する場合は「スヌーズ」を押してください。

画面操作中の場合

f:id:rick1208:20200624054432p:plain
iPhoneのロック解除後の画面でスヌーズ設定したアラームが鳴る、画面上部に通知が表示されます。アラーム通知部分を下にスワイプして「停止」を押すとスヌーズが停止します。スヌーズを継続する場合は「スヌーズ」を押してください。

まとめ

f:id:rick1208:20200624053056p:plain
iPhoneのアラーム機能をうまく活用すれば、朝の目覚まし以外にも色々な使用方法があります。ここを参考にiPhoneスヌーズ機能を利用してみてください。