漫画の地球儀

iPhone『アップデートを確認中』から進まない原因、対処法!【フリーズ、止まる、Wi-Fi、自宅】

スポンサーリンク

iPhone「アップデートをチェック中」から進まない時の原因と対処法①

f:id:rick1208:20200623055003p:plain
iPhoneの設定に通知が来ていたので、導かれるままアップデートをチェックしたところ、下の様な「アップデートをチェック中・・・」の画面から全く進まなくなってしまった(止まる、動かない)ってトラブル(不具合)が結構頻繁に起こっているみたいです。

何度も繰り返しチェックするうちにiPhoneがフリーズ(止まる、動かない)(不具合)したりと言った二次被害にも繋がる可能性があって、困ってる人は意外と多いです。

電波が安定していない

f:id:rick1208:20200623054906p:plain
アップデートするのでには、まずiOSの更新データをiPhoneにダウンロードする必要があります。ダウンロードはネットから行うものなので、通信環境が整っていなければなりません。

もし電波が不安定なところでアップデートをしてしまうとダウンロード中に電波が悪くなり不具合が生じます、通信が途切れてしまう可能性(不具合)があるため気をつけましょう。

なので、アップデートを開始する前には画面の上に表示されている電波のマークを参考にし、安定した通信が可能なかどうかをチェックすることが重要です。

LTEや4Gといったモバイル通信ではなく、自宅の無線LANなどを使用する場合は、可能な限りルーターの近くで行いましょう。通信が安定するのでオススメです。そうしなければ、不具合(止まる、動かない)が生じます。

Wi-Fiの電波が強く安定している場所で行う

f:id:rick1208:20200623060003p:plain
もしもアップデート中に「アップデートをチェック可能でせん。ソフトウェアアップデートのチェック中にエラーが起きました」といったメッセージが出たら、まず最初は通信ネットワーク環境を疑ってみましょう。

iOSのアップデートは、必要なファイルをAppleのサーバーからダウンロードすることから始まります。だからパソコンとつなげずにiPhone単体でiOSのアップデートをするには、Wi-Fiに接続したほうが通信が安定するし、時間がかかってもギガ節約が可能なのでベターです。

逆に言えば、うまくアップデートができない時には、Wi-Fiにつながっていないか、つながっていても電波が弱い(不具合)などが原因で、必要ファイルのダウンロードがうまくいかなかった可能性があります。

iPhoneのディスプレイの左上に出るWi-Fiマークで電波の強度をチェックしながら、電波が強く安定する場所に移動するなどしてみましょう。

4G、LTEなどのモバイル通信でも同様に、電波が強く、安定している場所を探しましょう。そのような場所を選べば、不具合(止まる、動かない)は生じないでしょう。

iPhone「アップデートをチェック中」から進まない時の原因と対処法②

f:id:rick1208:20200623060042p:plain
ここでは、iPhone「アップデートをチェック中」から進まない時の原因と対処法その2について説明していきます。

アップデートファイルが中途半端に残っている

iPhone「アップデートをチェック中」から進まない時の原因としては、アップデートファイルが中途半端に残っている可能性があります。

アップデートファイルを消去する

f:id:rick1208:20200623054757p:plain
アップデートをチェック中の画面が終わって、「今すぐダウンロード」が表示された段階で、アップデートファイルがiPhoneの中に保存されています。

ただ、通信環境が不安定だったり、何度もアップデートチェックを繰り返したりすることで、アップデートファイルがダウンロードできているにもかかわらずうまく認識できていない状態(不具合)になる場合があるようです。

1回以下の手順でiPhoneのストレージ管理画面から、「iOSのアップデートファイル」がすでに保存されてしまっていないかチェックしておきましょう。

まず、iPhoneの設定画面を開いてください。

・「一般>iPhoneストレージ」と押す。

・下のアプリ一覧の中から「iOS○○、○、○」を探して押す。

・「アップデートを消去」を押す。

・これで不具合が起きていた可能性のあるアップデートファイルの消去が終了しました。

・再度「ソフトウェア・アップデート」からiOSのアップデートをチェックしてみて、うまくいけばOKです。

こうして、消去することで、不具合(止まる、動かない)は生じないでしょう。

iPhone「アップデートをチェック中」から進まない時の原因と対処法③

f:id:rick1208:20200623054653p:plain
ここでは、iPhone「アップデートをチェック中」から進まない時の原因と対処法その3について解説します。
f:id:rick1208:20200623060142p:plain

Apple側の問題の可能性

f:id:rick1208:20200623054606p:plain
また、iOSのアップデートが配信された直後なんかは、Appleにアクセスするユーザー数が爆発的に増えます。

そのせいで回線が混雑していてなかなかアクセスできず(不具合)、アップデートのチェックが全然終わらないなんてこともあるみたいです。

何度かやってみるうちにたまたまアクセスできて、無事にアップデート可能なこともあれば、繰り返しすぎてiPhoneに負担がかかってそのままフリーズ(止まる、動かない)してしまったなんてこともあります。

iPhoneのアップデートを心待ちにしていて、1秒でも早くアップデートしたい!」って方でもなければ一旦アップデートは我慢して、改めて数日後に再度試してみるというのが無難かなと思います。

万が一アクセス数が原因ではなくApple側の不手ときでした・・・なんて場合だったとしても、天下のApple社ですから間違いなく数日以内には解決できているはずです。こういった原因で、不具合(止まる、動かない)が生じてしまいます。

2〜3日おいてから行う

f:id:rick1208:20200623053136p:plain
また、iPhone「アップデートをチェック中」から進まない時の対処法としては、2〜3日おいてから行うやり方もおススメです。

「アップデートをチェック中」がどうしても解決できない場合

f:id:rick1208:20200623053107p:plain
ここでは、「アップデートをチェック中」がどうしても解決できない場合の対処法について解説します。

バッテリーをフル充電

f:id:rick1208:20200623053053p:plain
iPhoneのバッテリー残量が不十分だと、アップデートの途中で電源が切れてしまい、失敗してしまうことがあります。

また、iOSのバージョンによっては「ソフトウェア・アップデートにはバッテリー残量が50%以上であるか、電源に接続されていることが必要です。」というメッセージが表示され、そもそもアップデートの画面に進めないこともあります。

解決策としてはiPhoneをフル充電することです。充電しながらでもアップデートは可能なのですが、バッテリーが消耗しやすくなってしまうためオススメ可能でせん。必ずフル充電してからアップデートしましょう。

フル充電をすることで、不具合(止まる、動かない)は生じないでしょう。

iTunesから行う

f:id:rick1208:20200623061709p:plain
まず、iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。

次に、iTunes左上の「モバイルアイコン」→「概要」をクリックする。
f:id:rick1208:20200623061736p:plain
そして、iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」を押して、念のため、アップデートの前にバックアップを取っておきましょう。
f:id:rick1208:20200623061742p:plain
次に、「アップデート」を押します。
f:id:rick1208:20200623061750p:plain

再起動する

f:id:rick1208:20200623061812p:plain
再起動はiPhoneに起こる色々な問題を解決する時に有効な対処法です。これまで説明してきたどの方法でもアプリのアップデートが改善されない場合は、1回再起動した後に、再びアップデートを行ってみましょう。

iPhoneを再起動するときは、まずサイドボタン(電源ボタン)を長押しします。スライダが表示されたら、スライダをドラッグして電源をオフにします。

そして、電源が切れたことをチェックしたら、Appleのマークが表示されるまで、もう1回サイドボタンを長押しします。これで再起動は終了です。

再起動の方法についてさらに詳しく知りたい場合は、 iPhoneiPadiPod touch を再起動する – Apple サポートこちらをご覧ください。

「アップデートをチェック中」からホーム画面に戻れなくなった時の対処法

f:id:rick1208:20200623061847p:plain
アップデートの画面でホームボタンを押しても、まれにフリーズ(止まる、動かない)してしまいホーム画面に戻れないパターンがあります。

そんなときは下記手順に従い、iPhoneの強制リセットを行なってください。

・画面が一旦消えてAppleロゴが表示されるまで(約15秒)、「電源ボタン(スリープ)」と「ホームボタン」を長押しする。

・数秒後にiPhoneが起動しますので、パソコンに接続してアップデートを行なって下さい。

※強制リセットといってもiPhone内の設定やアプリデータなどが消去されるわけではありません。(パソコンの強制終了と同じもの)

まとめ

f:id:rick1208:20200623061921p:plain
今回の記事では、iPhone「アップデートをチェック中」から進まない3つの原因・対処法を説明してきました。

順番に、原因は、以下の3つです。

・電波が安定していない

・アップデートファイルが中途半端に残っている

Apple側の問題の可能性

また、対処法は以下の3つです。

Wi-Fiの電波が強く安定している場所で行う

・アップデートファイルを消去する

・2〜3日おいてから行う

加えて、「アップデートをチェック中」がどうしても解決できない場合の対処法や「アップデートをチェック中」からホーム画面に戻れなくなった時の対処法を説明していきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。