漫画の地球儀

iPhoneの動画を回転させる方法!【おすすめアプリ、パソコン、縦横回転、反転アプリ、機能、特徴】

スポンサーリンク

iPhoneで動画を縦横回転させる方法

f:id:rick1208:20200624054432p:plain
iPhoneXsが新しく発売となり、iPhone内臓カメラでの写真や動画の撮影がさらに楽しくなってきましたが、iPhoneで動画を撮影したときに自分自身が思っていたのと異なる方向で撮ってしまう場合もあると思います。

iPhoneで撮影した動画を回転させるにはアプリを使用して編集する、もしくはパソコンに動画を取り込んで向きを変えるという方法などがあります。

iPhoneで動画を縦横回転させる方法「アプリ」

f:id:rick1208:20200624054421p:plain
まず、iPhoneで撮影した動画をアプリで編集して回転させる方法をご解説します。動画編集アプリはいくつもありますが、ここでは簡単に動画の向きを変えることが可能なアプリをピックアップしていきます。

iPhone動画回転・反転アプリ」iMovie for iPhone

f:id:rick1208:20200624055052p:plain
iPhoneに初めからダウンロードされている「iMovie for iPhone」。初心者でも簡単に動画の向きを変えることが可能です。詳しい動画の回転方法もご説明していきます。
f:id:rick1208:20200624055159p:plain
このアプリは初めからiPhoneにダウンロードされていますが、もし消去してしまっていた場合は再ダウンロード可能です。アプリを開いたらまず最初は「プロジェクトを作成」を押します。
f:id:rick1208:20200624055210p:plain
新規プロジェクトという画面が出てくるので、ここで「ムービー」の方を選びます。
※「予告編」を選択するとテンプレートを使用しながら動画を作成可能です。

iPhoneで撮影した動画を選択する画面が出てくるので、回転させたい動画を選んで押します。選択すると右下にチェックがつきます。

ここから編集画面に移動します。動画を回転させたい場合は下の画像のように2本の指を画面の赤い〇のあたりに置いて、回転させたい方向に動かします。時計周りでも反時計回りでも大丈夫です。この動作で動画の向きを変えることが可能です。
f:id:rick1208:20200624055402p:plain
右上の?を押すとヘルプのメッセージが出てくるので安心です。編集を終えたら左上の「終了」を押し動画の回転があっという間にできました。
f:id:rick1208:20200624055419p:plain
回転させた動画をiPhoneに保存する場合は下の赤い枠で囲ったマークを押します。動画を再生したい場合はその左のボタン、動画を消去したい場合は右のボタンをそれぞれ押します。
f:id:rick1208:20200624055935p:plain
動画のサイズを設定可能ですので、自分自身の好みのサイズで保存します。きれいな画質の動画にしたい場合はHDと書いてあるものを選びます。

おもな機能・特徴

初心者でも簡単に動画を回転させることが可能な。
iPhoneに最初からダウンロードしてあるので安心。
無料で使用可能な。

iPhone動画回転・反転アプリ」Video Rotate

f:id:rick1208:20200624060101p:plain
こちらのiPhoneアプリは有料(120円)なのでより機能が充実しています。動画の縦横の回転だけであれば無料のアプリで十分かと思いますが、参考までにご解説します。

おもな機能・特徴

他のiPhoneアプリと同様、簡単に動画を回転させることが可能な。
動画の回転以外にもたくさんの編集機能がついている。

iPhone動画回転・反転アプリ」Video Rotate Free

先ほどの有料iPhoneアプリの無料版です。有料と異なるのは下に広告が表示されるところです。
f:id:rick1208:20200624060133p:plain
使用するのはとても簡単です。アプリを開くとiPhone内に保存されている動画の一覧が出てきますので、縦横を回転させたいものを選択可能です。下には広告が表示されていますので、気になる人は有料のiPhoneアプリの使用をおススメします。

選択すると元の動画の他に3パターンで回転させたものが表示されるので、好きなものを押して保存します。このiPhoneアプリでは動画の回転の他にフリップと言って、動画を鏡に写したように左右逆にすることも可能です。

おもな機能・特徴

操作がとても簡単。
無料なので広告が表示される。
動画の回転、フリップ以外の機能はほぼついていない。

iPhone動画回転・反転アプリ」Video Rotate & Flip

f:id:rick1208:20200624060211p:plain
こちらも有料(120円)のアプリです。先ほどのiPhoneアプリ「Video Rotate」とほぼ同様な機能がついていますので、使用してみて好きな方を使うのが良いと思います。
f:id:rick1208:20200624060222p:plain

おもな機能・特徴

簡単に動画を回転させることが可能な。
回転以外にも文字が逆に映ってしまったときに向きを変えることが可能な。

iPhone動画回転・反転アプリ」Cute CUT

f:id:rick1208:20200624060437p:plain
こちらのiPhoneアプリは無料で使用可能です。有料(720円)のものもありますが、無料でも十分に編集機能がついたiPhoneアプリになります。

Cute Cutを利用して動画を回転させていきます。

アプリを開くと左上に+のボタンがあるので、そちらを押して新規ムービーを作成します。この時、タイトルや動画の設定の画面も出てきますので、自分自身の好きなようにカスタマイズします。
f:id:rick1208:20200624060453p:plain
編集画面に入ると左中央に+のボタンが出てくるのでそちらを押すと、iPhoneのメディアフォルダから動画を選択することが可能です。
f:id:rick1208:20200624060500p:plain
タブが出てくるので、「ビデオ」を選び回転させたい動画を選びます。
f:id:rick1208:20200624060509p:plain
回転させたい動画をインポートしたら、その動画の部分をダブル押すことで下に作業ボタンが出現します。その中から回転させるボタンを選び、動画の向きを変えることが可能です。

動画を回転させる以外にもいろいろな機能がついています。
f:id:rick1208:20200624060516p:plain
編集が終わったらiPhoneのアルバムに保存することが可能です。画面上の再生ボタンの左のボタンを押すとタブが出てきますので、「アルバムにエクスポート」を押します。
f:id:rick1208:20200624060525p:plain

おもな機能・特徴

無料のアプリでもたくさんの編集機能がついている。
facebookyoutubeにも簡単にアップロード可能な。
ちょっと操作が難しいところもあるが、慣れれば簡単に可能な。

iPhone動画回転・反転アプリ」どれがおススメ

f:id:rick1208:20200624053344p:plain
ここまででいくつか動画回転アプリをご説明してきましたが、やはりiPhoneに元からダウンロードされているiMovieは利用しやすいです。無駄な機能もありませんし、初心者でも簡単に動画を回転させることが出来ます。

動画を縦横に回転させる以外の編集もしたいという人にはCuteCUTがおススメです。

iPhoneの動画を縦横回転させる方法「パソコン」

f:id:rick1208:20200624053220p:plain
ここまではiPhoneのアプリを使用した動画の回転方法を説明してきましたが、パソコンの方が作業しやすいという方もいるかと思います。パソコンで動画を縦横に回転させるのに便利な方法をご解説します。

iPhone動画回転・反転ソフト」Filmora (旧名:動画編集プロ)

f:id:rick1208:20200624053158p:plain
wondershare社の「filmora」というアプリを使用していきます。アプリがまだない人は下記からダウンロード可能です。
Wondershare Filmora9 (フィモーラ9)使い方・操作ガイド

パソコンの指示に従ってダウンロード出来たら用意終了です。iPhoneで撮影した動画はあらかじめパソコンに転送するか読み込んでおきます。画像のサイズを決めて「高度編集モード」を選びます。
f:id:rick1208:20200624060705p:plain

画面の左上のあたりに回転させたい動画をインポートします。その動画を選びて下の作業場に追加しておきます。
f:id:rick1208:20200624060712p:plain
下に追加したクリップ(挿入した動画)をダブルクリックすると縦横の回転が可能なようになります。
f:id:rick1208:20200624060944p:plain

おもな機能・特徴

パソコンで作業するので、画面が見やすく作業しやすい。
縦横の回転以外にもたくさんの機能がついている。
音楽やエフェクトを使用した高度な動画編集が可能。

iPhone動画回転・反転」アプリとパソコンどっちがおススメ

f:id:rick1208:20200624053056p:plain
それでは、iPhoneで撮った動画を回転させるのにはアプリとパソコンどっちで編集するのが便利でしょうか?簡単に編集可能なのはやはりiPhoneのアプリだと思います。撮影した動画の向きを変えるだけであれば、アプリが手軽に操作可能です。

パソコンで作業するとなると、iPhoneからパソコンに動画をインポートするという手間が発生します。ただ、iCloudを使用している人はより簡単にパソコンでも編集可能なかもしれません。

iPhoneで動画を撮るときに回転しないようにするコツ

f:id:rick1208:20200624061026p:plain
iPhoneで動画を撮影した後に編集するのも良いですが、初めから編集がいらない方が手間がかかりません。動画を撮影するときに回転しないようにするにはどうしたら良いでしょうか?

iPhoneで動画を撮影する場合は基本的に横向きで撮るのが望ましいです。というのも、撮った画像をFacebookyoutubeにアップするときなどにどうしても小さくなってしまうからです。

また、他の動画や写真と組み合わせて編集するときにも横向きで撮影した方が編集しやすいと思います。
iPhonevideo

最近のiPhoneでは自動的に向きが直りますので、撮影した動画を再生するときに向きが逆さまになってしまうということは少なくなっておりますが、編集が必要な時もあるかと思います。

動画の向きを変える時には今回ご解説したアプリを使用すれば簡単に動画を回転させることが可能ですのでぜひ試してみてください。
関連するまとめ