漫画の地球儀

iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れたときの対処法!【解読方法、初期化、バックアップ】

スポンサーリンク

iPhoneのスクリーンタイムパスコードを忘れた時の対処法

f:id:rick1208:20200623061921p:plain


皆さんiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法をご存知と思いますか。リカバリモードにして端末を初期化する方法や、Pinfinderという解読ソフトを使う方法など色々な対処法が考えられます。

ここでは、そんなiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法についてご説明していきたいと思います。

本章では初めにiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法として、初期化を行う方法をご説明していきたいと思います。

必要なデータのバックアップを取る

f:id:rick1208:20200623061847p:plain
iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法として、初期化を行います。なので、iPhoneを初期化してもいいようにバックアップを取ってください。これはどのような方法でバックアップをとっても大丈夫です。

リカバリーモードで端末を初期化

f:id:rick1208:20200623061812p:plain
バックアップを取った後、iPhoneリカバリーモードにして、端末の初期化を行います。リカバリーモードとはiPhoneで強制的に初期化が必要になる状態のことを指します。ここではあえてこのリカバリーモードします。

リカバリーモードにして端末を初期化、その後復元を行うことで問題が解決する場合があるので、必ずリカバリーモードにしてから端末の初期化を行うようにしてください。

リカバリーモードから復元をするにはパソコンが必要になります。リカバリーモードにしたiPhoneiTunesが入っているパソコンを用意し、リカバリーモードのiPhoneをパソコンに接続してから、リカバリーモードで復元を行います。

バックアップから解読

f:id:rick1208:20200623061709p:plain
前章では初期化を行うiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法をご解説しました。これで初期化を行うiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法についてはご理解頂けたかと思います。

次に本章ではiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法の中でもバックアップから解読を行う方法をご説明していきたいと思います。

iOS11のバックアップファイルから解読する方法

f:id:rick1208:20200623060042p:plain
iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法の中でもバックアップから解読を行う方法があります。具体的にはiOS11のバックアップファイルから解読するという方法になります。

この解読が可能な人はiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時でも対処法が簡単になるので、よくiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れる人は、解読方法を覚えるというのも方法の1つです。

ダウングレード

f:id:rick1208:20200623060003p:plain
前章ではバックアップを行うiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法をご解説しました。これでバックアップを行うiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法についてはご理解頂けたかと思います。

次に本章ではiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法の中でもiOS12からiOS11にダウングレードを行う方法をご説明していきたいと思います。

ダウングレードとタイムスクリーンのパスコードを忘れた時の対処法は関係ないように見えますが、ダウングレードもタイムスクリーンのパスコードを忘れた時の対処法になるので、試してみることをおススメします。

iOS11にダウングレード

f:id:rick1208:20200623055003p:plain
iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法の中でもダウングレードを行う方法として、iOS11にダウングレードするというものがあります。これはiOS12の人でないと可能でせん。iOS12からiOS11にダウングレードします。

このiOS11にダウングレードして、どうやってスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法になるかは次項からご解説します。

バックアップファイルの作成

f:id:rick1208:20200623054906p:plain
このiOS12からiOS11へのダウングレードを行うiPhoneのスクリーンタイムパスコードを忘れた時の対処法はバックアップファイルを作成しないと解読できないため、必ずバックアップファイルを作成するようにしてください。

バックアップファイルから解読

f:id:rick1208:20200623054757p:plain
そして、作成されたバックアップファイルからiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを解読します。この解読はiOS12は難しくなったとようなので、わざとiOS12からダウングレードし、iOS11にしています。

それでも解読には専門的な知識や根気が必要になるため、iOS12からダウングレードして解読する方法はあまりおススメ可能でせん。

こちらも上で書いた通り、iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた方でも解読方法を知っていれば簡単に可能です。なのでよくiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れたとなる人は解読方法を覚えておいてください。

解読ソフト

f:id:rick1208:20200623054653p:plain
前章ではiOS12からダウングレードを行うiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法をご解説しました。これでiOS12からダウングレードを行うiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法についてはご理解頂けたかと思います。

次に本章ではiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法の中でも解読ソフトから解読を行う方法をご説明していきたいと思います。

この解読ソフトを使う方法は知識がある人からすると簡単にスクリーンタイムのパスコードが分かるためおススメです。しかし知識がない人はスクリーンタイムのパスコードのために導入は難しいと思います。

iOS12のバックアップファイルの作成

f:id:rick1208:20200623054628p:plain

iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法として、解読ソフトを使用するものがあります。その解読ソフトを使用するのでに、まず最初はiOS12のバックアップファイルを作ってください。

このバックアップファイルからスクリーンタイムのパスコードを解読するのでには、このiOS12のバックアップファイルは必ず作っておく必要があります。

Pinfinderで解読

f:id:rick1208:20200623054606p:plain
次にiOS12で作成したバックアップファイルを解読するのでにPinfinderという解読ソフトで解読していきたいと思います。このPinfinderという解読ソフトを使用するときにちょっと条件があります。

Pinfinderという解読ソフトの使用条件として、パソコン内に暗号化されていないiTunesのバックアップファイルがない場合は機能制限パスコードを解読することはできなくなります。

なのでスクリーンタイムのパスコードを解読するのでに、必ずPinfinderという解読ソフトを入れたパソコン内で、暗号化されていないiTunesのバックアップファイルを作っておくようにしてください。

Pinfinder

f:id:rick1208:20200623054037p:plain
このPinfinderという解読ソフトは、機能制限パスコードを解読するのでに作られた解読ソフトになります。なので、iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時などに使えるソフトになっています。

このPinfinderという解読ソフトはシェアウェアとなっているため、Githubというところからダウンロードする必要があります。Githubはプログラミングをする人でしかないと見ることは滅多にありませんが、ここからダウンロードする必要があります。

次項ではそんなiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時に使うPinfinderという解読ソフトをダウンロードする方法をご説明していきたいと思います。

Pinfinderのダウンロード方法

スクリーンタイムのパスコードを解読するのでに入れるPinfinderのダウンロード方法として、まず最初は下記のリンクからPinfinderのダウンロードが可能なGithubまでいきます。上図のような画面になると思います。
f:id:rick1208:20200623131034p:plain
次にそのPinfinderのダウンロードを押すために、Githubを下にスクロールすると、上図のようにダウンロードリンクが存在します。ここで自分自身のパソコンに適したものをダウンロードしてください。
f:id:rick1208:20200623131425p:plain
ダウンロードしたPinfinderを起動してください。起動すると簡単にパソコン内のiTunesで先ほど作成したバックアップファイルから、機能制限パスコードを解読することが可能になっています。

別機能のものをやってみる

f:id:rick1208:20200623053144p:plain
前章では解読ソフトを使うiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法をご解説しました。これで解読ソフトを使うiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法についてはご理解頂けたかと思います。

次に本章ではiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法の中でも別機能のものをやってみる方法をご説明していきたいと思います。

iOS11の機能制限パスコードがiOS12に継承されている

f:id:rick1208:20200623053123p:plain
iOS11の機能制限パスコードがiOS12に継承されているため、この機能を使用してiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処することも可能です。この機能制限パスコードを記入する箇所がiOS11とiOS12では異なるため、ご注意ください。

iPhoneのスクリーンタイムパスコードを間違えた場合の挙動

f:id:rick1208:20200623053136p:plain
前章では別機能のものをやってみるiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法をご解説しました。これで別機能のものをやってみるiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法についてはご理解頂けたかと思います。

最後にiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを間違えた場合、iPhoneはどのような挙動を行うのか疑問に思っている方も多いと思います。主にスクリーンタイム等がどうなるか気になると思います。

そこで本章ではiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを間違えた場合の挙動についてご説明していきたいと思います。

記入待機時間が設定される

f:id:rick1208:20200623053107p:plain
iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを間違えた場合の挙動として、iPhone端末の機能制限がくると思っている方が多いと思います。しかしある意味機能制限ではありますが、iPhone端末の機能制限よりもちょっと重いペナルティがあります。

そのiPhone端末の機能制限よりちょっと重いiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを間違えた場合のペナルティについては下記の表にまとめたので、これでiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを間違えた場合のペナルティをチェックしてください。

間違い回数 ペナルティ
1~5回目 なし
6回目 1分間パスコード記入不可
7回目 5分間パスコード記入不可
8回目 15分間パスコード記入不可
9回目 60分間パスコード記入不可

上記の表から分かる通り、iPhone端末の機能制限といえば機能制限なのです。なので、iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れたのに無理やり記入するのは、どんどんiPhone端末の機能制限に繋がるのでお辞めください。

まとめ

f:id:rick1208:20200623053053p:plain
iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法はたくさんあります。iPhone端末の初期化やバックアップファイルの解読、Pinfinderという解読ソフトの使用など、自分自身にあった対処法を選んでください。

iPhoneのスクリーンタイムパスコードを間違えた場合の挙動として、間違えを重ねればどんどんパスコードのロックというiPhone端末の機能制限が起こるため、iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた状態で記入しないでください。

皆さんもiPhoneのスクリーンタイムパスコードを忘れた時は、是非ここの内容を参考に、スクリーンタイムのパスコードを思い出してください。思い出せない場合はスクリーンタイムのパスコードを解読してください。