漫画の地球儀

iPhoneでメモが消える原因、対処法、復元させる方法!【アプリ、iCloud、同期、iOS、アップデート】

スポンサーリンク

iPhoneでメモが消えた原因

f:id:rick1208:20200623185936p:plain
パソコンやスマホで、皆さん1回は経験したことがあるiPhoneのメモ(メモ帳)(復元させるもの)のアプリの保存し忘れや誤った消去で消えた経験。そこで、ここではiPhoneのメモを復元させる方法を伝授します。

作業時間がそんなにかかっていないものや、そんなに大事なことが書かれていないことでしたらダメージは少なくて済みますが、逆に大事なものが消えたらとても大きなダメージを受けてしまいます。

そこでここでは、iPhoneでメモ(復元させるもの)(復元させるもの)のアプリが消えた時の原因と復元する方法について説明していきたいと思います。iPhoneのメモを復元させる方法はちょっと複雑です。

iPhoneのメモ(メモ帳)(復元させるもの)のアプリが消えた原因は、誤って削除してしまったり、保存先が切り替わっているのが大半ですが、突然iPhoneのメモが消えたこともあります。

普通に利用していたiPhoneのメモ(メモ帳)(復元させるもの)のアプリが、突然消えた場合に考えられる原因は次の3つです。

1,iOSのアップデートでiCloudのアカウントを設定し忘れた
2,メモのアカウント同期ををオフにしてしまった
3,同期先のNotesフォルダが消えた

順番にiPhoneのメモ(メモ帳)のアプリが消えた原因について見ていきます。また、iPhoneのメモを復元させる方法もみてきます。

メモが勝手に消えるのはiCloudが原因の可能性あり

f:id:rick1208:20200623135622p:plain
iPhoneのメモ(復元させるもの)のアプリが勝手に消えるのはiCloudが原因の可能性あり、それは、iCloudを設定し忘れたということです。iPhoneは、初期設定でiCloudの設定をしていた場合、iPhoneのメモ(復元させるもの)がiCloud上に保存されます。

ところが、iOSのアップデートを行うとiCloudの再設定が必要になります。この時に、iCloudの設定をスキップすると、iPhone上のメモ(復元させるもの)のアプリを表示する設定になってしまいます。

結果としてiCloud上には、iPhoneのメモ(復元させるもの)が残っていますが、iPhone上ではメモ(復元させるもの)のアプリが消えたように見えてしまうのです。

iPhoneで消えたメモを復元させる方法

f:id:rick1208:20200623140903p:plain
ここでは、iPhoneで消えたメモ(復元させるもの)を復元させる方法について説明していきます。

iCloudの設定をしているiPhoneの場合、バックアップはWiFiに接続され充電をしている状態であれば、iCloudに空き容量があれば自動でバックアップがとられています。復元可能な可能大です。

もし以前から、iCloudの同期をオフにしていた場合は、万が一バックアップがとられていなかったら復元できない可能性が大になるので、設定がONにすることをおススメします。

iCloudiPhoneのメモ(復元させるもの)の同期設定をチェックするには、「設定→iCloudiCloud Drive」を見て、機能がONになっているかをチェックしてください。

復元させる方法は以上です。

iPhone本体から消えたメモ帳を復元する方法

f:id:rick1208:20200623054906p:plain
ここでは、iPhone本体から消えたiPhoneのメモ帳(復元させるもの)を復元する方法について解説します。まず、iPhoneのホーム画面から「設定」を選びて「iCloud」を選びて、「Apple ID、パスワード」を記入してサインインする

※最初からサインインされているならこの過程はありません。

iPhoneの「メモ」を「オン」にする
iPhoneの「すべてのメモ」を選択する

消してしまったiPhoneのメモ(復元させるもの)がメモ一覧の表示に残っているのかをチェックする(復元したかチェック)。iPhoneの最近削除した項目に注目することも良いです。

iCloudに同期してあるiPhoneのメモを復元する方法

f:id:rick1208:20200623054653p:plain
ここでは、iCloudに同期してあるiPhoneのメモ(復元させるもの)を復元する方法を解説します。

iPhoneのメモ帳の同期機能を設定している場合、iPhone本体とメールサーバーにメモ(復元させるもの)が保存されますが、優先されるのは、サーバー側になります。iCloudバックアップしてあれば完璧です。

なので、もし誤ってメモ(復元させるもの)のアカウント同期をオフにしてしまった場合でも、iPhoneのメモのデータはメールサーバーに保存されています。

要するに誤って同期をオフにしてしまっても、再度アカウントの同期をONにすれば、iPhoneのメールサーバーのほうから復元させることが可能です。また、iCloudバックアップをしていた場合もOKです。復元可能な可能性大です。

iTunesに同期してあるiPhoneのメモを復元する方法

f:id:rick1208:20200623054628p:plain

ここでは、iTunesに同期してあるiPhoneのメモ(復元させるもの)を復元する方法を解説します。

まず、復元させるために、iTunesを起動しiPhoneを接続します。iPhoneiTunesに認識されるのを待ちます。
「デバイス」の下に表示されるiPhoneを右押して「バックアップから復元」を選びます。

次に、iPhoneiTunesに同期したり、iTunesiPhoneのバックアップをとっていたり、iOSのアップデートをしていると複数のバックアップデータが可能です。iPhoneの最新のバックアップデータを選びて「復元」を押します。

作業が終了すると、iPhoneのメモが復元されます。

iPhoneで消えたメモを復元させるときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200623054037p:plain
iPhoneで消えたメモ(復元させるもの)を復元させるときの気を付ける点として、iPhoneのメモ(復元させるもの)はアプリ内だけに保存されていると思われがちですが、携帯電話を契約しているiPhoneのメールサーバー上に自動で保存されている可能性があります。

iPhoneの設定から「アカウントとパスワード」→契約しているメールサーバー」を押すとメモ帳(復元させるもの)の項目が表示されます。

すでにONになっていれば、iPhoneのメールサーバー上で自動に復元されている可能性が高いです。

iPhoneで消えたメモを復元できない時の対処法

f:id:rick1208:20200623053144p:plain
iPhoneの機種変更やiPhoneが修理から戻ってきた時に、iCloudバックアップを復元すると思うのですが、iPhoneのデータの一部が戻ってこないと、結構ショックです。

特にiPhoneのメモ(復元させるもの)、このメモ(復元させるもの)、私は何でもメモに取る癖があって、iPhoneのメモ(復元させるもの)が消えてしまったら、かなり困ります。

そんなiPhoneのメモ(復元させるもの)がiCloudバックアップを戻してみると、消えたとなったら、大変です。

というわけで、今日はiCloudバックアップを戻した時に、万が一iPhoneのメモ(復元させるもの)が消えてしまった時の対処法を解説します。

iPhoneのメモの仕組みを理解すれば、対応もそれ程難しくありませんので、じっくり読んでいただければと思います。

iPhoneのメモ(復元させるもの)がどのアカウントに紐づいているのか?という事をバックアップを取る時に把握しておかなければ、いけません。

どのアカウントのiPhoneのメモ(復元させるもの)に書いていたのかが、ポイントになります。もし、全部のアカウントにサインインしたのに、iPhoneのメモ(復元させるもの)が戻ってこない場合は、直接サーバーをチェックしましょう。

また、iPhoneの最近削除した項目をチェックしても良いです。

iPhoneのメモが消えたらすぐに試したいこと

f:id:rick1208:20200623053123p:plain
iPhoneには、iPhoneのメモ(復元させるもの)帳機能という便利なものがあり、明日の予定やアイデアが思いついたらメモ(復元させるもの)を取り、また頼まれた買い物のリストメモ(復元させるもの)などさまざまな用途に使えます。

でも、そのiPhoneのメモ(復元させるもの)が、何かしらの影響でiPhoneのメモが全部消えてしまうなんて言うこともないとは言えません。

ここでは、iPhoneのメモ(復元させるもの)が消えたらすぐに試したいことについて説明していきたいと思います。まず、iPhoneの最近削除した項目をチェックしてみてください。

一回削除しただけでは消えない

f:id:rick1208:20200623053107p:plain
iPhoneのメモ(復元させるもの)が消えたらすぐに試したいこととして、まず、一回削除しただけでは消えないので、まず最初はiPhoneの「最近削除した項目」をチェックしてみましょう。iPhoneの最近削除した項目にだいたいあると思います。

iPhoneの最近削除した項目に残っている可能性は十分にあるので、忘れずにiPhoneの最近削除した項目をチェックしましょう。

消しても一回なら蘇るシェイク機能を試す

f:id:rick1208:20200623053053p:plain
iPhoneのメモ(復元させるもの)が消えたらすぐに試したいこととして、消しても一回なら蘇ると言われている機能であるiPhoneのシェイク機能を試してみましょう。このiPhoneのシェイク機能とは何なのか?

それは、iPhoneをフリフリすることで、文章が消える機能です。知ってると便利なiPhoneのシェイク機能です。

iPhoneのシェイク機能で気をつけたいことは、フリフリしただけで消えてしまうことです。iPhoneのシェイク機能を使うときは気をつけて、iPhoneのシェイク機能を利用してください。

設定からメールサーバーをオンにしてメモをチェック

f:id:rick1208:20200623053037p:plain
最後に、iPhoneのメモ(復元させるもの)が消えたらすぐに試したいこととして、iPhoneの設定からメールサーバーをオンにしてメモ(復元させるもの)をチェックしてみましょう。

バックアップなしの場合消えたメモの復元は可能?

f:id:rick1208:20200623053022p:plain
復元出来ないわけではありません。しかしバックアップが無い状態で復元したいと言うのであればやはり、専用のソフトや専用のアプリが必須となるようです。

AppStoreで検索すると復元アプリもいくつか出てきますので、使い勝手の良さそうなものを探してみて

iPhone X、8、7、6s、6から消えたメモだけを復元する方法

f:id:rick1208:20200623053011p:plain
1、 使用可能なiPhone X、8、7、6s、6バックアップがあります。この場合、iTunesiCloudバックアップを通じて、iPhone X、8、7、6s、6のメモを復元可能です。

しかし、iTunesiCloudでメモを復元すると、以下のような欠点があります。

iTunesiCloudでデータを復元すると、iPhoneに既存しているデータが上書きされます。
iTunesiCloudのいずれもiPhoneのすべてのデータを復元し、個別に選択可能でせん。

2、 事前にiPhone 8、X、7、6s、6のバックアップを取っていませんでした。その時になると、専門のデータ復元ツールが必要です。

必要となるツール

f:id:rick1208:20200623043323p:plain
事前にiPhone 8、X、7、6s、6のバックアップを取っていなければ、専門のデータ復元ツールが必要です。
iPhoneRescue for iOS

より便利かつ安全なサードパーティ製ソフトウエアのほうがいいと思います。ここでは、「PhoneRescue for iOS」をおススメします。

復元する詳細手順

⑴ PhoneRescue for iOSをパソコンにダウンロードします。
⑵ PhoneRescue for iOSをダウンロード&起動 > iPhone X、8、7、6s、6をUSBケーブルでパソコンに接続します。
⑶ 「iOSバイスからリカバリー」を選択 > 「次へ」ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200623201937p:plain
⑷ 時間を節約するのでに、「メモ」だけを選びて「OK」を押してください。PhoneRescue for iOSは紛失したメモだけをスキャンします。
f:id:rick1208:20200623201949p:plain
⑸ 真ん中の上部にあるカテゴリーを「削除された項目を表示」に変更可能な > 復元したいメモをプレビュー・選択 > 右下の「パソコンへ復元」 アイコン、「デバイス本体へ復元」アイコンをクリックすると、メモがパソコンあるいはiPhone 8、X、7、6s、6に復元されます。
f:id:rick1208:20200623202002p:plain

iPhoneのバックアップ方法

f:id:rick1208:20200623043315p:plain
iPhoneのバックアップ方法を解説します。

iCloudに同期

f:id:rick1208:20200623001624p:plain
iCloudバックアップする方法を解説します。

まず、デバイスWi-Fi ネットワークに接続します。
「設定」>「「ユーザ名」」の順に選び、「iCloud」を押します。

次に、「iCloudバックアップ」を押します。

「今すぐバックアップを作成」を押します。バックアップが終わるまで、Wi-Fi ネットワークに接続したままにしておいてください。

iTunesに同期

f:id:rick1208:20200622235804p:plain
まず最初は、最新バージョンの iTunes にアップデートします。iTunes を開き、コンピュータにデバイスを接続します。

これらのデバイスのパスコードの記入を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。

次に、iTunesiPhoneiPadiPod が表示されたら、それを選びます (詳しくはこちら)。iTunes にデバイスが表示されない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

そして、iOSバイスあるいは Apple Watch 上のヘルスケアとアクティビティのデータを保存しておく場合は、バックアップを暗号化する必要があります。

最後に、「「デバイス」 のバックアップを暗号化」というチェックボックスを選び、覚えておけるパスワードを指定してください。

ヘルスケアとアクティビティのデータを保存する必要がなければ、暗号化せずにバックアップを作成可能です。そのまま「今すぐバックアップ」を押してください。

その他の方法

f:id:rick1208:20200622235704p:plain
その他の方法としては、Windowsでやるやり方があります。

まとめ
f:id:rick1208:20200622235650p:plain
ここでは、冒頭からiPhoneで消えたメモ(復元させるもの)を復元させる方法、iPhone本体から消えたメモ帳(復元させるもの)を復元する方法、iCloudに同期してあるiPhoneのメモを復元する方法。

また、iTunesに同期してあるiPhoneのメモ(復元させるもの)を復元する方法、iPhoneで消えたメモ(復元させるもの)を復元させるときの気を付ける点、iPhoneで消えたメモ(復元させるもの)を復元できない時の対処法、バックアップなしの場合消えたメモ(復元させるもの)の復元は可能?など説明してきました。

途中で、シェイク機能について軽く解説しています。