漫画の地球儀

iPhoneでウィジェットを設定する方法!【削除、並べ替え、追加、消去、Android、ホーム画面】

スポンサーリンク

iPhoneウィジェット

f:id:rick1208:20200623135553p:plain

ウィジェットとは、よく使うアプリの情報をすばやくチェックしたり、アプリの特定の機能にアクセスしやすくしたりする機能のことです(Android OSではホーム画面に配置可能)。


ホーム画面やロック画面、通知センターで右スワイプすることで表示可能なので、使用頻度の高いアプリのウィジェットを画面上部に出しておくと利便性が高まります。アプリによっては複数のウィジェットを所持しているものも存在します。

ウィジェットはすべてのアプリに用意されているわけではありません。また、個々のウィジェットの機能を自由に編集することは可能でせん。

iPhoneウィジェットを並べ替える

f:id:rick1208:20200623135438p:plain

iPhoneウィジェットを並び替える手順を解説します。

1、ウィジェット画面を表示する


ホーム画面の1ページ目、ロック画面のいずれかの画面で右方向にスワイプします。

2、「編集」をタップ

通知センターの画面を下にスクロールし、一番下にある編集を押します。

3、項目を並べ替える

f:id:rick1208:20200623141245p:plain

アイコンをドラッグして並べ替えることが可能です。最後に終了を押します。

この「ウィジェットを追加」の画面で順番を並び替えると、実ときのウィジェット画面の順番に反映されます。

4、ウィジェットに編集が適用される

編集内容が適用され、ウィジェットの順番が並び替わります。

iPhoneウィジェットを追加する

f:id:rick1208:20200623061847p:plain
アプリをダウンロードするだけではウィジェットは有効になりません。編集画面で登録する必要があります。
f:id:rick1208:20200623141336p:plain
f:id:rick1208:20200623141341p:plain
まず、ウィジェットを並べ替える手順と同じような方法で編集画面を開きます。

ウィジェットに追加されていない機能は「ウィジェットに追加」の項目に表示されているので、横にある+ボタンを押すと上段の項目に移動し、ウィジェットに追加されます。


iPhone 6s以降の3D Touch対応機種、iPhone X以降の触覚タッチ対応機種では、ホーム画面でアプリを長押しするとクイックアクションを表示可能です。アプリによっては、このクイックアクション内にウィジェットが表示されることがあります。


たとえば「YouTube Music」アプリでは、クイックアクションでウィジェットを表示可能です。ウィジェット右上のウィジェットを追加をタップすれば、ここからウィジェットに追加可能です。

なお、通常のウィジェットが用意されているアプリであっても、クイックアクションにウィジェットが存在するとは限りません。

iPhoneウィジェットを消去する

f:id:rick1208:20200623141422p:plain
ウィジェットを消去することも可能です。

ウィジェットの編集画面でウィジェットの左側にある−ボタンを押して消去を選択すると、下段の「ウィジェットを追加」セクションに移動し、ウィジェットの画面から消去されます。