漫画の地球儀

iPhoneの受信メールの文字化けの原因、対処法、解読する方法!【iPad、アプリ、パソコン、特殊文字】

スポンサーリンク

Phone、iPadの受信メールの文字化けを解読する方法

f:id:rick1208:20200623043400p:plain
iPhoneiPadの受信メールで文字化けをして解読に困ったという経験を皆さん1回はしたことがあるのではないと思いますか。受信メールでなくても、SNSアプリやウェブページで文字化けを見たことはあると思います。

ここではそんなiPhoneiPadで受信メール等で文字化けした文章が送られてきた時、解読や復元を行う等の対策法についてご説明していきたいと思います。

まず本章では簡単な文字化けへの対策として、iPhoneiPadの受信メールの文字化けを解読するサイトをご説明していきたいと思います。

もじばけらった

f:id:rick1208:20200623043323p:plain
iPhoneiPadの受信メールの文字化けを解読するサイトとして、もじばけらったというサイトがあります。このもじばけらった文字化けしている文字を解読するサービスです。

このもじばけらったはタブの切り替えで文字コードの変更も可能になるため、Shift_JISUTF-8など変更することが可能です。なので、色々な文字コードiPhoneの受信メールに試してみて文字化けを解読してみてください。

文字化けしたメールの修復

f:id:rick1208:20200623043315p:plain
iPhoneiPadの受信メールの文字化けを解読するサイトとして、文字化けしたメールの修復というサイトがあります。この文字化けしたメールの修復というサイトは文字解読サービスは別サーバーで提供されています。

なので、iPhoneの受信メールの文字化けの場所や文字化けのやり方によってツールを変更することが可能です。

パソコンでチェック

f:id:rick1208:20200623001624p:plain
前章ではiPhoneiPadの受信メールの文字化けを解読するサイトをご説明してきました。これでiPhoneiPadの受信メールの文字化けを解読するサイトがあるということをご理解頂けたかと思います。

しかし、いちいちiPhoneの受信メールをサイトでチェックするのは面倒だという方もいると思います。またiPhoneiPadの受信メールはパソコンでチェックするという方もいると思います。そんなパソコンで文字化けを解読可能なものがあったら便利だと思います。

そんな人向けに本章ではパソコンで受信メールをチェックする方法をご説明していきたいと思います。

iPhoneで受信したメールをパソコンでチェックする

f:id:rick1208:20200623000551p:plain
iPhoneで受信したメールをパソコンでチェックした場合文字化けを直すことが可能なかもしれません。パソコンの場合は文字コードを自動で判別してくれるため、文字化けを復元することが可能なかもしれません。

特殊文字

f:id:rick1208:20200623000543p:plain

前章ではiPhoneの受信メールの文字化けを解読する方法として、パソコンを用いる方法をご説明してきました。これで、パソコンでの文字化けを解読する方法はご理解頂けたかと思います。

次に、iPhoneの受信メールが文字化けする原因として特殊文字というものがあります。今はSNSの普及と共に絵文字も出てきたため、こまんどやはーとといった特殊文字を使う人を見たことがない人が大半だと思います。

しかし、本当に極まれにこまんど等の特殊文字を送信してくる人もいるかもしれないので、本章ではiPhoneの受信メールの文字化けを解読する方法の中でもこまんど等の特殊文字に関するものをご解説します。

送信者に特殊文字を入れてもらう

f:id:rick1208:20200623000522p:plain
こまんどのような特殊文字の文字化け対策として、送信者に特殊文字を入れてもらうという方法があります。しかし、こまんどのような特殊文字をどこに入れていいのか分からないという方向けに、どこに入れるのかご解説します。

なぜこの特殊文字を入れるかというと文字コードの判定を変更するのでです。Shift_JISUTF-8など色々な文字コードがある中で、Shift_JISならShift_JISと分かるものを入れておく必要があります。

今回の場合はその分かりやすくするものとして、送信者に特殊文字を入れておいてもらうことで、文字コードを特定することが可能な、要するに文字化けが起こらなくなるということになります。

本文に特殊文字を入れる(こまんど、まる、はーと)

まずこまんどのような特殊文字を入れる場所として、本文が挙げられます。この本文にこまんどのような特殊文字をいれることで、文字化けを回避することが可能なかもしれません。

署名にあらかじめ特殊文字を入れておく

署名にこまんどのような特殊文字を入れて置く事も文字化け対策になりますが、署名あるいはシグネチャの部分にこまんどのような特殊文字を設定しておけば、その度に特殊文字を挿入する必要がなくなります。

アプリ

f:id:rick1208:20200622235804p:plain
前章ではiPhoneの受信メールの文字化けを解読する方法として、特殊文字を入れるという方法をご解説しました。これで特殊文字を入れることで文字コードを判定し、文字化けを回避するということがをご理解頂けたかと思います。

次にiPhoneの受信メールの文字化けを解読する方法として、アプリを用いるという方法があります。本章ではこのiPhoneの受信メールの文字化けを解読する方法として、アプリを用いる方法についてご説明していきたいと思います。

Gmailアプリを使う

f:id:rick1208:20200622235742p:plain
iPhoneの受信メールの文字化けを解読するアプリとして、Gmailアプリが挙げられます。このGmailアプリは多くの方が使用していると思います。なので、Emailに拘らず、Gmailを使用することをおススメします。

Gmail - Eメール by Google

Gmail - Eメール by Google

  • Google LLC
  • 仕事効率化
  • 無料

デコメーラーを使う

f:id:rick1208:20200622235720p:plain

iPhoneの受信メールの文字化けを解読するアプリとして、デコメーラーというアプリが存在します。このアプリを使うことで、文字化けを回避することも可能です。

デコメーラー

デコメーラー

  • AWALKER co., Ltd
  • ユーティリティ
  • 無料

iPhoneiPadの受信メールの文字化け対策

f:id:rick1208:20200622235704p:plain
前章ではiPhoneの受信メールの文字化けを解読する方法として、アプリを用いる方法をご解説しました。これでアプリを用いたiPhoneの受信メールの文字化けを解読する方法をご理解頂けたかと思います。

本章ではiPhoneの受信メールの文字化けを解読する方法として文字を復元することはもちろん、iPhoneの初期化などを行って文字化けに対応する方法をご説明していきたいと思います。

文字コードを考慮して送信する

f:id:rick1208:20200622235650p:plain
まず、文字化けが送られた時、今のようにとても困ると思います。なので、自分自身自身自身が送信するときは文字コードに考慮して送信するようにしてください。そうしないと相手が文字化けに困ることになります。

Shift_JIS

Shift_JISは日本語を含む有名な文字コードです。

UTF-8

UTF-8とは世界で最も有名なで使用されている文字コードです。

文字化けを復元する時も文字コードを把握する

f:id:rick1208:20200622235624p:plain
前節で有名な文字コードを簡単にご解説しました。ここから分かる通り、文字化けを復元するとき、文字コードを把握することが、文字化けの復元の近道になります。

なので、次節のように初期化するのではなく、元の文字コードは何なのかを把握して、どの文字コードに変換すれば文字化けが解読可能なのか考えてみてください。

不具合が続く時は本体を初期化して復元する

f:id:rick1208:20200622235415p:plain
もしiPhoneの受信メールの文字化けが続く場合はiPhone本体を初期化するのもいいかもしれません。頻繁に文字化けが起こる場合iPhone文字コード判定がおかしくなっている場合があります。なので初期化を行うと戻る場合があります。

しかし、iPhoneの初期化は簡単にバックアップを行えますが、復元するのには色々な手順が必要になります。なのでiPhoneの初期化は最終手段とした方がいいと思います。

まとめ

f:id:rick1208:20200622234309p:plain

iPhoneの受信メールで文字化けを見た人は最近減っていると思います。しかし、まだ文字化けが起こる場合もあります。なので、ここのiPhoneの受信メールの文字化けの対策をちゃんととチェックして、いつでも文字化けを対応可能なようにしておいてください。

皆さんもたまにメールを使った時に、文字化けになってしまった場合は是非ここの内容を参考にしてみてください。