漫画の地球儀

「Facebookが停止しました」「繰り返し停止しています」の原因、対処法!【iPhone、Android】

スポンサーリンク

AndroidFacebookの不具合

f:id:rick1208:20200617170112p:plain
2018年6月12日頃に、AndroidFacebookアプリでは、アプリを起動の有無にかかわらず、突然「Facebookが停止しました」「Facebookが繰り返し停止しています」というエラーメッセージが表示されている不具合が発生しました。

Facebookアプリがすぐ落ちる問題

f:id:rick1208:20200617181246p:plain
2018年6月12日頃から、突然Facebookアプリが停止して上記画像のエラーメッセージが表示される問題が発生しています。

※エラーメッセージ:Facebookが停止しました、Facebookが繰り返し停止しています

障害発生中

f:id:rick1208:20200617170203p:plain
Facebookアプリが停止してエラーメッセージが表示される場合には「Facebookが停止しました」と「Facebookが繰り返し停止しています」の二つがあります。

Facebookの全ユーザーで発生している問題ではありませんが、多くのAndroidFacebookユーザーの間でこの障害が発生しています。その中では、次のような声が挙げられています。

Facebookアプリが強制終了する
Facebookアプリが勝手に起動してポップアップを表示する
Facebookアプリが何度も再起動する
Facebookアプリから停止しましたとの通知が何度も表示される

これらのことから、Facebookアプリに障害が発生しているものと考えられます。

Facebookが停止しました」

Facebookが停止しました」とエラーメッセージが表示される場合には

・アプリを閉じる
・フィードバックを送信

が行えます。「Facebookが停止しました」というエラーを消せます。

Facebookが繰り返し停止しています」

Facebookが繰り返し停止しています」とエラーメッセージが表示される場合には

・アプリを閉じる
・フィードバックを送信

が行えます。

対策について

f:id:rick1208:20200617170259p:plain
この障害(エラーメッセージが表示される:「Facebookが繰り返し停止しています」、「Facebookが停止しました」)の対策について、有効な対策方法はFacebookアプリの最新版へのアップデートです。

他にも、Androidスマホの再起動を行う。Android OSが古い場合は、ソフトウェアアップデートを行い最新版へアップデートします。また、スマホの空き容量を十分確保するなどの対応を行う方法もあります。

空き容量確保の方法

この障害(エラーメッセージが表示される:「Facebookが繰り返し停止しています」、「Facebookが停止しました」)の対策として有効なのは空き容量の確保です。

スマホの空き容量を確保するには、キャッシュデータの削除、不要なデータの削除、データの移行などが挙げられます。

キャッシュデータの削除は下記を参考にしてください。

不要データの削除:写真や動画などの不要なデータを削除します。(特に動画ファイルは容量を多く消費します。)

Androidスマホの場合は、SDメモリカードに画像、動画ファイルの転送が行うことが可能です。また、オンラインストレージに画像、動画ファイルを保存しておくことも可能です。

オンラインストレージ

f:id:rick1208:20200617170316p:plain
オンラインストレージとは、クラウド環境に存在するHDDやSDDのことを言い、インターネットを通してファイルを保存することが可能なストレージのことを言います。

代表的なサービスとしてはGoogle DriveDropboxなどが挙げられます。これによりパソコンやスマホ端末本体のストレージに保存していたファイルをオンラインストレージに保存することで空き容量の確保が可能です。

エラー画面に表示される「フィードバックを送信の意味は?」

f:id:rick1208:20200617150323p:plain

今回の障害でFacebookアプリが終了してしまうときのエラーメッセージ(Facebookが繰り返し停止しています、Facebookが停止しました)には「フィードバックを送信」という機能があります。ここでは、フィードバックという意味が理解出来ず、どうしたら良いかわからないという人に向けて説明します。

フィードバックを送信の意味

フィードバック送信とはFacebookの開発元に対して「どのような操作を行ったらアプリが落ちた」などの情報提供を行うことを指します。この機能は任意で使用可能な機能なため必ず送信しなければならないというわかではありません。

類似の障害

f:id:rick1208:20200617145942p:plain
2018年7月12日頃からFacebookアプリを起動しても「数秒で落ちる」「強制終了する」「ホーム画面に戻る」などの問題が発生しています。

Facebookアプリで不具合の対処法

f:id:rick1208:20200617150020p:plain
Facebookアプリで不具合が発生した場合の対処法を説明します。

Facebookが停止しました」と表示された場合

f:id:rick1208:20200617145922p:plain
Facebookが停止しましたと表示される場合の対処法を説明します。

・キャッシュの削除
→「設定」→「アプリ」→「Facebook」→「データ」→「キャッシュの削除」
Facebookアプリを最新版にアップデートする
→GooglePlayStoreにアクセスしてFacebookアプリの最新版をダウンロードします。
Androidを再起動する
→電源ボタンを長押しして「再起動を行う」

これらの対処法を行うことでFacebookアプリで不具合(Facebookが停止しました)が解決する可能性があります。

Facebookが繰り返し停止しています」と表示された場合

f:id:rick1208:20200617150131p:plain

Facebookが繰り返し停止しています」と表示された場合は、上記と同じような方法で解決可能です。

・キャッシュの削除
→「設定」→「アプリ」→「Facebook」→「データ」→「キャッシュの削除」
Facebookアプリを最新版にアップデートする
→GooglePlayStoreにアクセスしてFacebookアプリの最新版をダウンロードします。
Androidを再起動する
→電源ボタンを長押しして「再起動を行う」

これらの対処法を行うことでFacebookアプリで不具合(Facebookが繰り返し停止しています)が解決する可能性があります。

Facebookアプリで不具合がでた時にまずチェックしたいこと

f:id:rick1208:20200617150056p:plain

Facebookアプリで不具合(エラーメッセージ:「Facebookが繰り返し停止しています」が表示されるなど)が発生した場合には、次の二つの事をチェックしましょう。

ブラウザからつながるかどうか

f:id:rick1208:20200617142449p:plain
ブラウザ(Safari,Google Chrome,Operaなど)からFacebookにログイン可能なか否かチェックします。この時、ブラウザからもFacebookに接続できない場合はFacebook側にエラーが発生している可能性があります。

しかし、アプリからは接続できないが、ブラウザからは接続可能な場合は、アプリあるいはスマホ本体に障害が発生していると考えられます。

OS・アプリ共に最新版にアップデートされているかどうか

f:id:rick1208:20200617142159p:plain
Android OSが古い場合は最新版にアップデートします。また、Facebookアプリのバージョンが古いため起きている障害などは最新版にアップデートすることで解決する可能性があります。

Facebookアプリの接続できない、落ちる、停止の不具合の対処法

f:id:rick1208:20200617142230p:plain
Facebookアプリの「Facebookが繰り返し停止しています」など接続できない、落ちる、停止の不具合の対処法を説明します。

「ブラウザ版」のFacebookで対処する

f:id:rick1208:20200617134237p:plain
Facebookアプリの不具合(エラーメッセージが表示:Facebookが停止しました など)が解消されない場合はブラウザ(Google ChromeSafariOperaなど)からログインすることでアプリと同じような機能を使用可能です。

スマホに原因がある場合の対処法「iPhoneAndroid

f:id:rick1208:20200617134218p:plain
自分自身だけにアプリの問題が発生する場合は使用しているスマホ本体に原因がある可能性があります。

1回アプリを終了させてから再起動を行うことで解決可能な場合があります。

スマホ本体の電源を1回落として再起動します。

また、動作が全体的に重く感じる場合は、音量調整ボタンの上と電源ボタンを同時押しで電源を落として再起動を行います。これは「強制リセット」と呼ばれ、スマホ本体がフリーズした場合などによく使用されます。一時的なメモリ解放も行うため、不具合が解消される場合が多くあります。

メモリ不足によりアップデートや起動ができないといった不具合が起きる可能性もあります。このような場合は、本体の内部データ全部を対象にしてクリーニングを行います。

スマホから「設定」アプリを開きます。次にアプリ一覧から「Facebook」→「メモリ、データ」→「キャッシュを削除」を選びます。

これによりFacebookアプリに蓄積されたキャッシュデータの削除が行えます。

キャッシュとは

パソコンやスマホに一時的にウェブページなどのデータを保存しておいて、次に同じページを出した場合に素早く出しる仕組みです。

此方でも、アプリのメモリ解放と同様な効果を得ることが可能です。さらに、アプリを最新バージョンで再ダウンロードするので、不具合が解消される場合が多くあります。

可能性は高くないですが、以前には、メッセンジャーアプリが原因となり不具合が発生していたことがあります。

「設定」→「アプリ」→「Messenger」から強制停止あるいは、アンダウンロードを行ってください。

Facebookアプリで不具合をリアルタイムで知る方法

f:id:rick1208:20200617125603p:plain
Facebookアプリの不具合が発生し始めの段階では、自分自身だけにその不具合が発生しているのかわかりませんよね。そのような場合には、ツイッターを使用してリアルタイムで不具合の状況を知ることが可能です。

ツイッターの#facebook不具合で検索

f:id:rick1208:20200617120358p:plain
ツイッターハッシュタグを使用して検索欄から検索を行うことで、他のFacebook利用者の不具合の状況をチェックすることが可能です。