漫画の地球儀

Googleスプレッドシートで印刷範囲を印刷する方法!【パソコン、用紙サイズ、改ページ、余白】

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートで印刷する方法

f:id:rick1208:20200622184739p:plain
Googleスプレッドシートでグラフや資料を作成する人も多いと思います。Googleスプレッドシートはパソコンからネットワーク環境を利用して簡単に作成したものを、保存や共有をすることができ大変便利です。

そして、Googleスプレッドシートで作成したものを、紙の資料としてプリンタで印刷する必要がある場合も多いです。

印刷調整の自由度も高いGoogleスプレッドシートですが、まず基本的な操作として印刷する流れを解説します。

Googleスプレッドシートを印刷するには、画面左上にあるプリンタのアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200622192503p:plain
「印刷設定」画面が表示されます。

ここでは印刷した場合に紙に出力される状態であるプレビューが表示されます。
f:id:rick1208:20200622192517p:plain
右上の「次へ」を押します。
左欄にある「送信先」の項目に出力するプリンタ名が選択
印刷画面が表示されます。

ここで左欄にある「送信先」の項目に出力するプリンタ名が選択されていることをチェックします。

ここに「PDFに保存」が選択されていたり接続されていないプリンタ名を選びていると、紙で印刷されません。
f:id:rick1208:20200622192540p:plain
左上の「印刷」をクリックすると印刷処理が始まります。
f:id:rick1208:20200622192546p:plain
これで、印刷情報がプリンタに送信されるので、あとはプリンタから紙で印刷されたものをチェックするだけになります。

Googleスプレッドシートの印刷設定

f:id:rick1208:20200622183816p:plain

ここからは、項目分けをして印刷設定の調整方法を解説します。
どれもGoogleスプレッドシートで作成した資料を、きれいに紙で印刷するのに知っておいた方がいい設定です。

印刷範囲

全部を印刷したいわけでなく印刷範囲を指定したい場合や、印刷したいところがずれる・切れる場合に、印刷する範囲を調整することが可能です。

マウス操作で、印刷したい部分を選びます。
f:id:rick1208:20200622192614p:plain
すると、印刷設定画面では範囲選びた部分のみ印刷対象として表示されます。
f:id:rick1208:20200622200332p:plain
このまま印刷画面に進み印刷すれば、範囲選びた部分だけを紙で印刷することが可能です。

また逆に、印刷しようとすると文字や表がずれるあるいは切れる場合もあると思います。
印刷画面で、倍率を調整
印刷画面で、倍率を調整可能です。

1枚に資料をまとめたいけれど2ページにわたってしまう場合には、この倍率調整を試してみてください。
f:id:rick1208:20200622200344p:plain

改ページ

改ページとは、複数ページ印刷する場合にページごとの切れる場所を指定することです。
中途半端な位置で次のページが印刷される場合は、この改ページ設定を利用してみてください。

印刷設定画面から「カスタムの改ページを設定」を押します。
f:id:rick1208:20200622213320p:plain
画面が切り替わり「改ページ」画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200622215427p:plain
青いバーをマウス操作で動かすと改ページを調整可能です。

青いバーは縦横調整が可能です。調整したら、右上の「改ページを確定」を押します。
f:id:rick1208:20200622215436p:plain
このように改ページで設定した箇所でページの切り替えが行われます。
f:id:rick1208:20200622215446p:plain

余白の調整

紙で印刷する場合、必ず左右上下に余白の部分が出ます。その余白の広さを調整することも可能です。

印刷設定画面で、「余白」をクリックすると余白調整のやり方を選択可能です。
f:id:rick1208:20200622215457p:plain
選択肢は、「標準」「狭い」「広い」「カスタム数値」とあります。
f:id:rick1208:20200622215512p:plain
余白設定に「カスタム数値」を選択すると、任意の数字で余白の広さの調整が可能です。

用紙サイズ

印刷する用紙のサイズに合わせて、印刷表示を調整することも可能です。

用紙サイズは、デフォルトでは「A4」が設定されています。

印刷設定ページの「用紙サイズ」から指定のサイズを選択することが可能です。
f:id:rick1208:20200622215528p:plain
選択可能な用紙サイズは、A4サイズの他にはLetterサイズからA5サイズと多岐に渡ります。
f:id:rick1208:20200622215538p:plain
「カスタムサイズ」を選択すると、高さと幅を自由に数字で設定可能です。
f:id:rick1208:20200622215552p:plain

ページの向き

ページの向きも「横向き」か「縦向き」かを選択することが可能です。

印刷設定画面の「ページの向き」から、「横向き」あるいは「縦向き」にチェックを入れます。
f:id:rick1208:20200622215613p:plain

プレビュー

印刷設定を行ったら、印刷プレビューでどう出力されるかを都度チェックするのがいいと思います。

印刷プレビューは、印刷設定画面あるいは印刷画面でチェック可能です。設定を変更するとそれに合わせてプレビュー画面も変化します。

プレビュー画面では、設定の反映をチェックすることが可能です。

出力がOKであれば、あとは「印刷」ボタンを押して印刷を開始するだけです。
f:id:rick1208:20200622215750p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200622215824p:plain
Googleスプレッドシートで資料などを作成するとき、実ときは紙で印刷することを想定して作成することはそんなに多くないのではないかと考えられます。

作成後にいざ印刷するときに、文字が小さかったりせっかくの表が切れたり、印刷表示の不備に気がつく場合が多いと思います。

きれいに表示するのでにも今回の印刷設定のやり方を参考に設定を調整してみてください。