漫画の地球儀

OutlookとGoogleカレンダーの同期方法!【メリット、複数、Microsoft Flow、無料プラン、有料プラ】

スポンサーリンク

OutlookGoogleカレンダーを同期させるメリット

f:id:rick1208:20200621192338p:plain
Microsoft Flow(マイクロソフト フロー)を使うと、OutlookGoogleカレンダーを同期することが可能です。Microfost Flowを利用してOutlookGoogleカレンダーを同期することで、スケジュール管理がとても簡単に可能なようになります。

仕事とプライベートのスケジュール管理

f:id:rick1208:20200621192310p:plain
Microfost Flowを利用して同期可能なスケジュールはジャンルを問わないので、仕事の重要な会議やプレゼンのスケジュールも可能です。

プライベートの友だちの結婚式、同窓会、子供の学校のイベントなど仕事もプレイベートも関係なく、総括してあなたのスケジュール管理が可能なのです。

複数のカレンダーを同期するメリット

f:id:rick1208:20200621192416p:plain
Microfost Flowを利用して同期可能なのはOutlookGoogleカレンダーです。これらの異なるアプリのスケジュールを複数同期することで、今までよりもスケジュールの管理がしやすくなります。

Outlookを起動してスケジュールを登録して、次にGoogleカレンダーを起動してスケジュールをチェックするなどの作業が必要なくなるのです。

ダブルブッキングなどを未然に防ぐ

f:id:rick1208:20200622061139p:plain
OutlookGoogleカレンダーなどの複数のスケジュール機能があるアプリを利用していると、スケジュールの登録漏れやカレンダーの編集ミスなどでダブルブッキングしてしまう可能性があります。

スケジュールの作成段階でミスをしてしまうと、ミスに気が付きにくいのでそのまま予定がこなせなくなる可能性が高いです。Microfost Flowを使うことで予定の登録ミス、編集ミスがなくなり、ブッキングの心配もありません。

OutlookGoogleカレンダーの同期方法

f:id:rick1208:20200622061346p:plain
Microfost Flow(マイクロソフト フロー)を利用してOutlookGoogleカレンダーの編集データを同期する方法は、初心者でも可能です。ここからはMicrofost Flowを使った同期の流れを説明していきます。

Microsoft flowで同期させる

f:id:rick1208:20200622175100p:plain

Microsoft Flowには無料プランがあるので、費用をかけずにアカウント作成可能です。Microsoft Flowで同期するのでには、初期設定を行いましょう。
f:id:rick1208:20200622175110p:plain
Microsoft Flowのトップ画面右上にあるメールアドレスを記入する項目に、あなたが今利用しているメールアドレスを記入してください。
f:id:rick1208:20200622175120p:plain
団体用メールアドレスを進められますが、個人用メールアドレスでもMicrosoft Flowでアカウント作成可能です。
f:id:rick1208:20200622175130p:plain
次にMicrosoftのログイン画面になるので「パスワードの記入」の部分を編集し、あなたのパスワードを記入してサインインします。
f:id:rick1208:20200622175138p:plain
Microsoft Flowを使う国や地域を指定したら「開始する」ボタンを押してください。これでMicrosoft Flowの初期設定は終了です。

Microsoft flowの機能

Microsoft Flowはワークフロー(フロー)を作成したり、OutlookアプリからGoogleカレンダーアプリへデータを移行したり、同期したりすることが可能です。

費用プラン

f:id:rick1208:20200622061222p:plain
Microsoft Flowには無料プランと有料プラン、2つの費用プランがあります。ここからはMicrofost Flowで登録可能な2つの費用プランを比較していきます。

無料プラン

Microsoft Flowには無料の費用プランがあります。無料プランでは実行数が月間750回まで、フロー作成は無制限、15分ごとにチェックが入ります。

有料プラン

Microsoft Flowの有料の費用プランには、無料プランとは違った特徴があります。実行数は月間4,500回まで、フロー作成は無制限、3分ごとにチェックが入ります。

また無料プランにはないPremiumコネクタの機能が使えるのも特徴ですが、Microsoft Flowの有料プランに加入するのでには、Premiumアカウントが必要です。

有料プランの月額費用は500円です。オンラインで簡単にスケジュールの同期が可能なだけではなく、Premiumコネクタなどの便利な機能も使えるので、複数の予定を管理している人におススメです。

OutlookGoogleカレンダーの同期手順

f:id:rick1208:20200622121631p:plain
Microsoft Flowにアカウント設定をして、同期操作が可能な状態になったら、いよいよOutlookGoogleカレンダーを同期していきます。ここからはOutlookGoogleカレンダーを同期する方法を説明します。

同期する手順

f:id:rick1208:20200622175735p:plain
OutlookGoogleカレンダーを同期する手順は、まずGoogleアカウントにログインして「作成したもの、実行したこと」という項目の中から「カレンダー」を選びます。
f:id:rick1208:20200622175743p:plain
Googleで出来る項目や機能が一覧で表示されている画面になるので、その中から「カレンダー」を選びてください。
f:id:rick1208:20200622175754p:plain
カレンダーの画面になったら「マイカレンダー」の項目から、左側にあるあなたの名前にマウスをあてて、表示される点線アイコンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200622175800p:plain
表示されるメニューの中から「設定と共有」という項目を押してください。次に表示さえる画面からOutlookカレンダーへの同期の用意を進めていきます。

コピペする

f:id:rick1208:20200622175811p:plain
Googleカレンダーの「設定と共有」画面には左側にメニューが表示されていますので「カレンダーの統合」という部分を押してください。
f:id:rick1208:20200622175825p:plain
表示されているURL一覧の中から「iCal形式の非公開URL」という項目にあるURLをコピーしてください。

Outlookで複数のカレンダーを表示する

f:id:rick1208:20200622180020p:plain
Googleカレンダーでの用意ができたら、今度はOutlookでの操作になります。スタートメニューからOutlookを起動しましょう。

Outlookをメール画面からカレンダー画面に切り替えたら、ホームタブにある「予定表を開く」という項目を押してください。
f:id:rick1208:20200622180042p:plain
「インターネットから」という項目を押してください。
f:id:rick1208:20200622180051p:plain
Outlookに追加するインターネット予定表の場所を記入してください」というポップアップが表示されるので、先ほどのURLをペーストしましょう。

Microsoft Flowで同期させる

f:id:rick1208:20200622180110p:plain
Outlookでの操作でGoogleカレンダーとの同期は終了ですが、できない場合はMicrosoft Flowにログインしてそこから同期してください。

OutlookカレンダーとGoogleカレンダーの設定方法

f:id:rick1208:20200621151846p:plain
OutlookGoogleカレンダーを同期する方法は、テンプレートを使った方法もあります。ここからはOutlookGoogleカレンダーを同期するテンプレートの設定方法を説明していきます。

テンプレートを利用して同期フローを簡単に作成する

f:id:rick1208:20200622180136p:plain
Microsoft Flowでフローを作って同期する方法は、テンプレートを使うと簡単です。まずMicrosoft Flowのアカウント画面で「テンプレート」を選びます。
f:id:rick1208:20200622180146p:plain
テンプレートの画面になったら画面上部にある「テンプレートの検索」という項目で「Outlook、comカレンダーからGoogleカレンダーへイベント同期」と検索します。
f:id:rick1208:20200622180156p:plain
表示される検索結果のテンプレート一覧から、OutlookカレンダーとGoogleカレンダーの同期テンプレートを選びます。あとはOutlookへのログインとGoogleへのログインをすれば、フロー作成可能です。

テンプレートを編集して同期フローをカスタマイズする

f:id:rick1208:20200621151926p:plain
Microsoft Flowでは同期に使えるテンプレートを編集して、あなたが利用しやすいようにカスタマイズすることも可能です。同期フローをカスタマイズすることで、カレンダーに記入するイベントの予定がさらに管理しやすくなります。

同期のフローを登録する

f:id:rick1208:20200621130249p:plain
同期のフローでイベントの予定を同期する方法はとても簡単です。Outlookカレンダーにイベントの予定が追加されたら、Googleカレンダーにもイベントの予定が自動で追加されるのです。

複数のカレンダーを利用していても、1回のイベント予定の記入でスケジュール登録や編集などの管理が済むのでとても楽になります。

OutlookGoogleカレンダーの同期をやってみる

f:id:rick1208:20200621131014p:plain
Microsoft FlowでOutlookGoogleカレンダーにイベントを登録したり、編集したりした設定を同期する方法は、とても簡単です。今まで複数のカレンダーに、別々にイベントの予定を登録していた工程よりも楽です。

じっさいにイベントを入れて試してみる

f:id:rick1208:20200621131043p:plain
Microsoft Flowで費用プランを選び、アカウント登録を行い、フローの設定が済んだら、本当にOutlookGoogleカレンダーが同期されるのか試してみましょう。

実ときにあなたが忘れないようにしないといけないイベントの予定を登録したり、作成したスケジュールを編集したりしてみてください。イベントの登録方法は無料プランでも有料プランでも同じです。費用によって操作方法に違いはありません。

OutlookからGoogleカレンダーへイベントを同期

f:id:rick1208:20200622180617p:plain
Outlookから作成、編集した予定をGoogleカレンダーへ同期する方法は、費用によって違いはありません。予定を入れる日付を右押して「新しい予定」を選びます。

予定の作成画面になるので、そこから予定を作成したり、編集したりしてください。Outlookのスケジュール設定方法はMicrosoft Flowの費用プランに関係なく同じです。

あとはGoogleカレンダーを開けば、Outlookで設定したり編集したりした予定が同期されています。

GoogleカレンダーからOutlookへイベントを同期

f:id:rick1208:20200621130059p:plain
予定を作成するポップアップが表示されるので、そこで日程やイベント内容などを登録してください。スケジュールの作成や編集が終わったら、Outlookを開いて予定表をチェックしてください。同期されているはずです。

同期に必要な時間

f:id:rick1208:20200622180710p:plain
予定を作成したり、編集したりした時にかかる時間は数分ですが、予定を作成するときに「終日」という項目のチェックアイコンをオンにしておくと、すぐに同期されます。

OutlookGoogleカレンダーが同期できない場合の対処方法

f:id:rick1208:20200622180738p:plain
Microsoft Flowを利用してOutlookGoogleカレンダーを同期しようとしてもできない場合があります。そのような場合はまず最初は同期できない原因を特定してみましょう。ここからは同期できないときの原因を解説します。

同期できない理由をチェック

f:id:rick1208:20200622180753p:plain
OutlookGoogleカレンダーを同期できないとなると、とても焦ってしまいますが、まずなぜ同期できないのかをチェックする必要があります。

何も起こらない

OutlookGoogleカレンダーに予定を記入したはずなのに何も起こらない場合は、通信環境がよくないことが原因です。通信が不安定だと正しく同期できていても、予定が反映されないのです。

職場で同期できない場合は自宅で、自宅で同期できない場合は職場でなど場所を変えて、試してみてください。

同期失敗のエラーが出る

OutlookGoogleカレンダーを同期する場合、同期エラーが起こることがあります。同期エラーの原因は通信環境や設定ミスなどさまざまなものがあります。ちょっと時間をおいてから、同期されていないかチェックしてみてください。

同期できないときの対処方法

f:id:rick1208:20200622183816p:plain
OutlookGoogleカレンダーを同期できない場合は、あなたが簡単に可能な対処法があります。ここからは同期できない場合の対処法を説明していきます。

Microsoft Flow設定を見直す

Microsoft Flowの設定が間違っていると、OutlookGoogleカレンダーを同期することができません。Microsoft Flowにログインして、アカウントの画面からもう1回一から設定し直してみてください。

システム管理者にチェックする

設定し直してもOutlookGoogleカレンダーを同期することができない場合は、システム管理者にチェックしましょう。Microsoft Flowでは費用プランに関係なく、システム管理者にチェックすることが可能です。