漫画の地球儀

Outlookのバージョンを確認する方法!【Windows、Chrome、Firefox、Word、Excel、PowerPoint】

スポンサーリンク

Outlookのバージョンをチェックするメリット

f:id:rick1208:20200621192338p:plain
みなさんはOutlookを使用していますか。Microsoft Office Outlookは、Windows版のMicrosoft Officeの一部として含まれている個人情報管理 ソフトウェアです。電子メール機能の他、予定表・連絡先管理・仕事管理・メモなどの機能が実装されています。

またOutlookとは、「Outlook」には「見通し」「展望」といった意味があり、「メール」以外にも「予定表」「連絡先」「タスク」といった機能を持った総合的な個人情報の管理ツールなのです。

一般的にOutlookとは、Microsoftのメールサービスをイメージする方が大半だと思います。Windows XP までは「Outlook Express」という「Outlook」から電子メール送受信の機能だけを取り出したようなソフトウエアが提供されていました。

最初から Windows に「Outlook Express」が付属していたため、電子メールソフトの標準のように広く利用されましたが、Windows Vista では後継として同等の機能を持つ「Windowsメール」に切り替わりました。

他のメジャーなWebメールサービスとは同様、Outlook、comもAjaxのプログラミング手法を用いており、Internet ExplorerGoogle ChromeFirefoxSafariの後期バージョンに対応している特徴もあります。

トラブル時の早期解決に役立つ

f:id:rick1208:20200622054932p:plain
それではそんな有名なですが、Outlookのバージョンをチェックするメリットはどんなことがあるのと思いますか。まず一番に考えられるメリットとしては、トラブル時の早期解決に役立つことです。

Microsoft Office Outlookは、各年で最新バージョンがリリースされています。それにともないバグやトラブル不具合を直していますが、もし自分自身のMicrosoft Office Outlookにトラブルがあるとバージョンをチェックする必要があります。

なのでOutlookのバージョンをチェックするメリットは、もしもの時のトラブル時の早期解決がメリットとして考えられます。他にもいくつかメリットはあるので、チェックしてみてください。
Outlook のバージョン情報をチェックする方法 トラブル時におススメ 使用する Outlook のバージョンをチェックするには、以下の手順を実行します。

アイコン

f:id:rick1208:20200621192310p:plain
それではここからはOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法について説明していきます。Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法はいくつかあります。

まずここではOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法として、アイコンからチェックする方法について説明していきます。Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンチェックで一番わかりやすい方法です。

是非知らなかった人は覚えておくと今後Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックするときに便利かもしれません。

アイコンでバージョンをチェックする手順

f:id:rick1208:20200621192249p:plain
Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法でアイコンでバージョンをチェックする手順を説明していきます。

Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のアイコンはバージョンによって異なります。なので自分自身が使用しているOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のアイコンをチェックしてから、ネットで検索してみましょう。

Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のアイコンは毎回バージョンの度に変わっていくので、今までのOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のアイコンを見るのも面白いかもしれません。

ヘルプあり

f:id:rick1208:20200621192416p:plain

それでは次にOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法として、ヘルプありを使用してOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする解決法を説明していきます。

ここからはOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックするのでの手順ですが、Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンによってちょっとチェック方法が異なってきます。

Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックしたいのに、Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンによって手順が異なるのでちょっとややこしいですが気をつけてください。

上部にヘルプがある場合のバージョンのチェック手順

f:id:rick1208:20200622055030p:plain
まず最初はOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェック方法として、上部にヘルプありの場合のバージョンのチェック手順について説明していきます。バージョンをチェックするには、「ファイル」タブを押して、「ヘルプ」を押します。

このウィンドウのことを「Backstage ビュー」と言います。「バージョンと著作権の追加情報」をクリックすると、より詳細な情報が表示されます。SP1かSP2かは、このウィンドウの1行目でチェック可能です。
Officeのアカウント内のヘルプを選択
f:id:rick1208:20200622055039p:plain
またOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックは、Officeのアカウント内のヘルプを選択することで可能ですがバージョンによってちょっと異なります。Outlook 2013ではキーボードの F1 キーを押すか右上隅の疑問符のアイコンを押します。

次に、「オンライン ヘルプの検索」 ボックスに質問を記入します。Outlook 2016 では、キーボードの F1 キーを押すか、「オンライン ヘルプの検索」 ボックスに質問を記入するか、リボンの上にある 「操作アシスト」 ボックスに直接質問を記入します。

「操作アシスト」 ボックスを利用して、探している機能の一部に直接移動することも可能です。

左部にヘルプがある場合のバージョンのチェック手順

f:id:rick1208:20200622055316p:plain
またOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェック方法として、左部にヘルプあり場合のバージョンのチェック手順を解説します。

ヘルプありの場合だと「ファイル」タブを押して、Backstageビューを開きます。メニューから「アカウント」を押します。ヘルプありだとここでチェックすることも可能です。このようにヘルプありでもチェックする方法がことなるので気を付けてください。

ヘルプなし

f:id:rick1208:20200621152001p:plain
それでは最後にOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法として、ヘルプなしの場合を説明していきます。ヘルプなしの場合は、管理者の設定でヘルプなしになっていることが原因です。

なのでヘルプなしの場合はどのようにOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックすればいいのと思いますか。

ヘルプありでもヘルプなしでもOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックすることは可能なので安心してください。

上部にヘルプがない場合のバージョンのチェック手順

f:id:rick1208:20200622055344p:plain
それではまず上部にヘルプがない場合のOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法です。Outlookを起動して、「ファイル」タブ → 「Office アカウント」 →「Outlookのバージョン情報」の順に押します。

バージョン情報をここでチェックすることが可能です。ここで「Office アカウント」が表示されない場合や「Office アカウント」が見つからない場合は、以下の手順でチェックしてみてください。

左部にヘルプがない場合のバージョンのチェック手順

f:id:rick1208:20200622055354p:plain
次に左部にヘルプがない場合のOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法です。Microsoft Officeのバージョンを取得する方法の1つは、コマンドラインを使用してシステムレジストリエントリを照会することです。
f:id:rick1208:20200622055411p:plain
システムレジストリを使用してWindowsのバージョンを取得するには、次のコマンドを使用します。reg query "HKEY_CLASSES_ROOT\Word、Application\CurVer"
f:id:rick1208:20200622055418p:plain
このコマンドの出力は、14、15などの番号形式でオフィスのバージョンを示します。出力を解析してバージョン番号を取得し、既存のMicrosoft Officeのバージョンの一覧と照合して、ダウンロードされているバージョンの名前を取得します。
f:id:rick1208:20200622055445p:plain
メニュータブの「ファイル」を押してください。 「office アカウント」を押します。「Outlookのバージョン情報」を押してください。 「MicrosoftOutlook のバージョン情報」画面が表示されます。

Microsoft Outlook のバージョン情報」の一行目をチェックします。これでヘルプなしの場合のOutlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックすることが可能です。

まとめ

f:id:rick1208:20200621151846p:plain

Outlook(Word,Excel,PowerPoint)のバージョンをチェックする方法についてはわかっていただけましたと思いますか。このようにバージョンをチェックしたいのに、バージョンを知らないと解決しない場合もあります。

なので今後トラブルが発生したときのためにバージョンを予め知っておくと早期解決につながるので是非自分自身のOutlookのバージョンは知っておきましょう。