漫画の地球儀

Outlookでメール検索ができない原因、対処法!【Windows10、インデックス、不具合、エラー】

スポンサーリンク

不具合

f:id:rick1208:20200621192338p:plain
今回ここでは、Windows10のMicrosoft Outlookでメール検索できない時の対処法としていくつかご説明していきます。まず初めにMicrosoft Outlook自体の不具合のせいでメールを検索できない場合の対処法をご解説します。

Windows10のアップデートによる不具合

f:id:rick1208:20200621192310p:plain
Microsoft OutlookMicrosoft Officeのソフトに含まれており、Outlookの更新自体はOffice Updateで行われます。ただWindows10のアップデートによりOfficeのアップデートエラーなどの不具合が発生することがあります。

要するに、Windows10のアップデートによってはMicrosoft OfficeMicrosoft Outlookでメールを検索できないといった不具合が起こる可能性があるということです。

新たなアップデートが配信されるまで待つ

Windows10のアップデートでOutlookでメール検索ができない状態に陥った場合、残念ながらWindows10の新たなアップデートを待つしかありません。Outlookでメール検索が可能なように後日Windows10のアップデートが配信されるはずです。

インデックス

f:id:rick1208:20200621192249p:plain
ここではインデックスの破損によりOutlookでメール検索してもうまく検索できない場合の対処法について説明していきます。

インデックスの破損

f:id:rick1208:20200621192416p:plain

Microsoft WindowsMicrosoft Outlookシステムのメール検索カタログ(データファイル)のインデックス作成に不具合(破損)があると、Outlookでのメールの検索結果が一部からしか返されなかったり、検索結果に当てはまるメールがない事があります。

インデックスの作成状況をチェックする

f:id:rick1208:20200621212909p:plain
まず初めにOutlook側でデータファイルのインデックスの作成状況をチェックしていきます。Outlookにあるメール検索記入欄の"下矢印マーク"を左押してください。ここでOutlookでメールを検索する範囲をチェック・変更することが可能です。

インデックスを再構築する

f:id:rick1208:20200621220117p:plain
それでもOutlookで検索したキーワードに関するメールが表示されない場合、Outlookからインデックスの再構築を行う必要があります。まず初めに"ファイル"タブを左押してください。
f:id:rick1208:20200621220128p:plain
次にOutlookのファイルタブの項目内にある"オプション"を左押してください。Outlookのメールに関する設定画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200622002623p:plain
Outlookのオプションにある"検索"項目を左押して、"インデックス処理のオプション"を左押します。
f:id:rick1208:20200622002631p:plain
続いて"詳細設定"を左押します。
f:id:rick1208:20200622002650p:plain
"インデックスの設定"タブにある"トラブルシューティング"の"再構築"を左押します。これでOutlookのメール検索カタログを作成し直すことが可能でした。

データファイル

f:id:rick1208:20200621151926p:plain

Outlookの個人用ファイルのpstファイル(データファイル)の破損によってOutlookでメール検索してもうまく検索できない時の対処法について説明していきます。

データファイルの破損

f:id:rick1208:20200621151846p:plain
Outlook個人用フォルダーであるpstデータファイルが破損している場合、データファイルの修復を行います。詳しいデータファイル修復方法については以下のMicrosoft公式ページを参考にしてください。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/272227/how-to-repair-your-outlook-personal-folder-file-pst

受信トレイ修復ツールを起動する

データファイルを修復するには、Outlookのメール受信修復ツールを上の外部リンクの"Microsoft Outlook 2013 以降の受信トレイ修復ツールを起動する"からダウンロードするか、パソコン内にある修復ツールを自動で起動する必要があります。
データファイルを修復する
f:id:rick1208:20200622052358p:plain
Outlookのメール受信修復ツールをダウンロードした場合、ダウンロードしたファイルをダブル押して起動してください。上の画像のようにOutlookのメール受信トレイ修復ツールの画面を順序通り進めていきます。
f:id:rick1208:20200622052410p:plain
上の画像のような画面が表示されたら、"開始"を左押してOutlookの受信トレイデータファイル修復を開始してください。

検索制限

f:id:rick1208:20200617134237p:plain
ここではOutlookのメール検索結果の画面表示するメール数制限によりOutlookでメールを検索してもうまく検索できない場合の対処法について説明していきます。

検索結果を画面に表示する数に制限がかかっている

f:id:rick1208:20200617130506p:plain
Outlookでメール検索をする場合、最大の検索結果の表示メール数を制限することが可能です。これによりOutlookでのメール検索の速度向上が見込める反面、全部の検索キーワードに関するメールが検索結果に表示されないといった欠点もあります。

表示結果数の制限を解除する

"f:id:rick1208:20200622053056p:plain
まず初めにOutlookの"ファイル"タブにあるメール設定"オプション"を左押します。
"f:id:rick1208:20200622053109p:plain
Outlookのメールに関する設定画面が表示されたら、"検索"の項目を左押して、"表示結果数を制限して検索速度を上げる"のチェックを外してください。この後"OK"を左押してOutlookのメール設定の変更内容を保存します。

検索モード

f:id:rick1208:20200617125603p:plain

最後にMicrosoft Outlookの検索モードにより、Outlookでうまくメール検索ができない時の対処法について説明していきます。

下にあるMicrosoft Outlook公式サポートページの外部リンクのように、Outlookには2つのメール検索モードのキャッシュモードとオンラインモードが存在しています。

オンラインモードではOutlookのExchangeサーバーでのみメール検索をしますが、キャッシュモードのクイック検索ではExchangeサーバーとローカルのWindows Search、高度検索ではローカルのWindows Searchが利用されています。

検索モードを変更する

f:id:rick1208:20200617120440p:plain

Outlookの"キャッシュ モード-オンライン モード"やメール検索で使う検索方法の"インデックス検索-逐次検索"を2つのメール検索モードのそれぞれどっちかに変更することで、Outlookでメール検索ができない問題を解消することがあります。

ただし"Exchange Online"ついては、Outlookのキャッシュモードでの使用を推薦しています。オンラインモードに変更することでメール検索などで重くなる可能性があります。

キャッシュモードとオンラインモードの変更

"f:id:rick1208:20200622053202p:plain
Outlookのオンラインモードをオンにしてをキャッシュモードオフにする方法について説明していきます。まず初めにOutlookの"ファイル"タブにある"アカウント設定"の"アカウント設定"を左押します。
"f:id:rick1208:20200622053212p:plain
"メール"タブにある"変更"アイコンを左押します。
"f:id:rick1208:20200622053221p:plain
上の画像のように"Exchange キャッシュ モードを使用して・・・"のチェックを入れることができない場合、"その他の設定"を左クリックします。
"f:id:rick1208:20200622053232p:plain
"詳細設定"タブを左押し、"Exchange キャッシュ モードの設定"にある"Exchange キャッシュ モードを使う"のチェックを外してください。最後に"OK"を左押して、Outlookを再起動してください。
f:id:rick1208:20200622053251p:plain
インデックスの破損でも前述したようにOutlookの"インデックス処理のオプション"を開いてください。"変更"を左クリックして、上のリストボックスにある"Microsoft Outlook"のチェックを外すことで逐次検索に変更可能です。