漫画の地球儀

Outlookで「BCC:」を利用する方法!【宛先、CC、BCC、設定、pc、Windows】

スポンサーリンク

Outlookで「BCC:」を常に表示して使用する方法

f:id:rick1208:20200621192416p:plain
ここでは、Outlookで「BCC:」を使用する方法を解説します。まず最初は、Outlookで「BCC:」を常に表示して使用する方法について解説します。

BCCボックスを常に表示させる設定手順

f:id:rick1208:20200621192249p:plain
OutlookBCCボックスを常に表示させる設定手順は簡単です。

Outlookのメール送信画面を開く
メール送信画面の「オプション」をクリック
BCC」をクリック

Outlookのメール送信画面を開く

f:id:rick1208:20200621194525p:plain
Outlookの初期設定画面では、BCCがありません。
f:id:rick1208:20200621204354p:plain
Outlookのメール送信画面を開き、「オプション」を押してください。
f:id:rick1208:20200621204427p:plain
オプションを押したら、「BCC」を押します。
f:id:rick1208:20200621204436p:plain
すると、CCの下に「BCC」が追加されます。この設定をすることで、次回以降、OutlookBCCを追加する必要がありません。

Outlookで「BCC:」を一時的に追加して使用する方法

f:id:rick1208:20200621192338p:plain
次に、Outlookで「BCC:」を一時的に追加して使用する方法です。

BCCボックスを一時的に追加する設定手順

f:id:rick1208:20200621192310p:plain
Outlookの宛先で、BCCボックスを一時的に追加する設定手順です。

メール送信画面の「宛先」あるいは「CC」をクリック
送信先追加画面のBCC欄にメールアドレスを追加

メール送信画面の「宛先」あるいは「CC」をクリック

f:id:rick1208:20200621204517p:plain
まず最初は、Outlookを開き、メール初期画面を出します。
f:id:rick1208:20200621204527p:plain
Outlookのメール送信画面の「宛先」あるいは「CC」を押してください。ここでは、CCを押します。
f:id:rick1208:20200621204536p:plain
Outlook送信先追加画面のBCC欄にメールアドレスを追加します。
f:id:rick1208:20200621204546p:plain
送信先追加画面のBCC欄が、メールアドレスが既に記入されている状態で現れます。以上が、Outlookで「BCC:」を一時的に追加して使用する方法です。

Outlookの送信済みメールの「BCC:」をチェックする方法

f:id:rick1208:20200621192310p:plain
Outlookの送信済みメールの「BCC:」をチェックする方法です。

送信済みメールのBCCのチェック手順

f:id:rick1208:20200621192416p:plain
Outlookの送信済みメールの「BCC:」をチェック手順です。

適当なメールを送信
送信済みメールを開く
BCC欄をチェックする

f:id:rick1208:20200621204613p:plain
Outlookで適当なメールを作成し、送信します。
f:id:rick1208:20200621204622p:plain
送信済みメールを開いてください。
f:id:rick1208:20200621204631p:plain
後は、BCC欄をチェックするだけです。Outlookの送信済みメールの「BCC:」をチェックする手順は以上です。


まとめ

f:id:rick1208:20200621151846p:plain
ここでは、ここでは、Outlookで「BCC:」を使用する方法を解説しました。意外と、宛先、CC、BCCの使い分けができず、メールが分からないという人も多いです。今回の記事を参考に、Outlookで宛先、CC、BCCの使い分けをしてみましょう。