漫画の地球儀

Twitter「このアカウントは一時的に制限されています」の原因、対処法!【英語、ルール違反】

スポンサーリンク

ツイッター「このアカウントは一時的に制限されています」の意味

f:id:rick1208:20200615151820p:plain
ツイッターではそのツイッターアカウントのプロフィールに「このアカウントは一時的に制限されています」が表示されているものがあり、その原因はいくつかあります。なので表示にもパターンがいくつかあります。

ここではツイッターアカウントのプロフィールに「このアカウントは一時的に制限されています」が表示される原因と表示されるパターンを解説します。

いくつかパターンと原因がある

f:id:rick1208:20200615151617p:plain
先ほども書いたように、ツイッターで「このアカウントは一時的に制限されています」が表示される原因はいくつかあり、その原因に沿って表示のパターンも複数あります。

そのパターンとはすべてで3つあります。ここでは「このアカウントは一時的に制限されています」の表示について3パターンすべての表示と原因を説明していきます。

不審な操作

f:id:rick1208:20200615151635p:plain
まず一つ目のパターンは不審な操作というパターンです。このパターンの場合、以下のように表示されます。

注意: このアカウントは一時的に制限されています

不審な操作がチェックされているアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

このパターンで表示される原因は普段はそのツイッターアカウントではありえない過剰な操作・行為が見られたときに起こります。

操作・行動とは何を意味するのかというと、「フォロー」、「いいね」、「リツイート」、「引用リツイート」、「ブロック」の事を指します。

これらの操作・行為がツイッター上で過剰だと判断されるとそのツイッターアカウントは機能を一時的に制限されてしまいます。

ちなみにGooleChromeでツイッターを使用している方にはツイッターアカウントのプロフィールには

注意: このアカウントは一時的に制限されています

不審な行為がチェックされているアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

という表示になり、機能の一部を制限されます。

ツイッタールールに違反

f:id:rick1208:20200615151128p:plain
次に表示されるパターンとして解説するのはツイッタールールに違反したときの表示です。そのときの表示は以下のようになります。

注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

このパターンで表示されるときはその文字通りツイッター側が設けたルールに違反する操作・行為があったことが原因になります。

この表示で、ツイッターアカウントを制限された側はフォロワーにダイレクトメッセージを送ることしか可能でせん。ツイートしたり、リツイート、いいねもできなくなってしまいます。

逆にこの表示で制限されたツイッターアカウントををフォローしているフォロワーはその制限されたツイッターアカウントの過去のツイートを見ることが可能です。フォロワーではないツイッターアカウントからは見ることができません。

英語

f:id:rick1208:20200615151222p:plain
最後に余談程度ですが、表示されるパターンとして英語があります。表示は以下のようになります。

Caution: This account is temporarily restricted

You're seeing this warning because there has been some unusual activity from this account、 Do you still want to view it?
「Yes, view profile」

和訳すると、

注意:このアカウントは一時的に制限されています。

いくつかの変わった行動がこのアカウントからアカウントにあったので、あなたはこの警告を見ています。まだそれを表示してもよろしいですか?
「はい、プロフィールを表示」

ちょっとおぼつかない日本語ではありますが不審な操作が行われているためにそのツイッターアカウントが一時的に制限されているということが見てわかります。

年齢制限とは関係ある?

f:id:rick1208:20200615151043p:plain
ツイッター上に表示される「注意: このアカウントは一時的に制限されています」は年齢制限と何の関係もありません。

2017年3月からツイッターアプリ自体に年齢制限をかけられました。

ツイッターアプリの利用者は年齢の若い人が多いため「注意: このアカウントは一時的に制限されています」とアカウントに表示されたとき、勘違い人は少なからずいるのではないでしょうか?

しかし、年齢制限の場合その端末からツイッターアプリが消去されてしまいます。なので、

注意: このアカウントは一時的に制限されています

不審な操作がチェックされているアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

ツイッターアカウントに表示されるのを見る以前にその起動するツイッターアプリが存在しません。

不審な操作

f:id:rick1208:20200615150807p:plain
ツイッターで「このアカウントは一時的に制限されています」が表示されるにはいくつかの原因とパターンがあると書きました。

ここでは二つある原因のうち

注意: このアカウントは一時的に制限されています

不審な操作がチェックされているアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

と表示されたときの原因についてさらに詳しく説明していきます。

相手が短時間で大量のフォロー、フォロワーの変動があった場合

f:id:rick1208:20200615145309p:plain
不審な操作で「このアカウントは一時的に制限されています」が表示されたときの原因の一つ目として挙げられるのは、その表示がされているツイッターアカウントに短時間で大量のフォロー・フォロワーに変動があった時です。

どのくらいの人数でツイッターのアカウントが一時的に制限されてしまうのか定かではありません。

しかし、数百単位でフォロー・フォロワーが減ったり増えた利することはそんな稀にしかありません。

それにツイートがバズったときなどのようにツイッターアカウントのフォロー・フォロワーが大幅に変動するとツイッターのサーバーやそのツイッターアカウントにログインしているアプリの端末にも負荷がかかるためそういいう類は大体不審な操作と間違われてしまうかもしれません。

短時間で大量にツイートした場合

f:id:rick1208:20200615145320p:plain
不審な操作で「このアカウントは一時的に制限されています」が表示されたとき、その原因となるもう一つの理由は短期間で大量にツイートしたときです。

これも「相手が短時間で大量のフォロー、フォロワーの変動があった場合」と同様に大量のツイートをすることでサーバーが負荷がかかるためにその一時的な期間に処置として制限をかけます。

短期間で大量のアカウントをリムーブ、ブロックした場合

f:id:rick1208:20200615171520p:plain
不審な操作で「このアカウントは一時的に制限されています」が表示されたとき、その原因となる理由は短期間で大量にツイッターアカウントをリムーブ・ブロックすることです。

「相手が短時間で大量のフォロー、フォロワーの変動があった場合」、「短期間で大量にツイートした場合」と同様に、大量にツイッターアカウントをリムーブ・ブロックするとサーバーに負荷がかかります。

大量のリムーブ・ブロックでサーバーに負荷がかかるとそのうちサーバーが落ちてしまいます。

大量のリムーブ・ブロックでサーバー落ちしない処置としてそのツイッターアカウントに「このアカウントは一時的に制限されています」と出して、ツイッターアカウントの使用を制限します。

ルール違反

f:id:rick1208:20200615165335p:plain

ここではツイッターアカウントが

注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

と表示されたときの原因についてさらに詳しく説明していきます。

ルールに違反するツイートをした場合

f:id:rick1208:20200615180658p:plain

ツイッター公式のヘルプセンターのツイッタールールとポリシーに詳しく記載されていますのでそちらをご覧ください。

ここでは簡単にルールに違反するツイートをした場合の内容についてまとめたいと思います。

ツイッタールールに違反するツイートとは他者への攻撃的な行為を現すツイートです。ツイッター利用者には若い人が多く、いいねやリツイート欲しさに悪い意味で常識を超えたことをツイートしたりする人もいます。

度を越えたツイートや特定の人物に対する過度な嫌がらせ、攻撃をツイートしているツイッターアカウントはすべてツイッタールールに違反しているので

注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

が表示され、そのツイッターアカウントが制限されます。

プロフィールに規制対象の文字が入っている

f:id:rick1208:20200615180616p:plain

注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

が表示されるもう一つの理由はプロフィールに自己解説文をかける部分に規制対象の文字が入っているときです。

規制文字とは先ほども言った通り、他者を攻撃していると思われるような文字列の事を言います。入っていると一時的な期間ツイッターアカウントが制限されてしまいます。

ツイッターでこのアカウントは一時的に制限されていますと表示された場合

f:id:rick1208:20200615182220p:plain
上の画像のように

注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

ツイッター上に表示されていることがあります。
ここではなぜそれが起こるのか自身のツイッター上だけなのかなどについて説明していきます。

自分自身のアカウントがロックされたわけではない

f:id:rick1208:20200615182239p:plain

注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

この表示がされるのはツイッター上で自分自身が不審な操作をしたり、ツイッタールールに違反した訳ではあリません。

なので自分自身のツイッターアカウントがツイッターからブロックされたわけではないので安心してください。

相手のアカウントに問題がある

f:id:rick1208:20200615094926p:plain
注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

が表示されるのは自分自身が原因じゃないということを解説しました。ではなぜこのような表示がされるのでしょうか。

理由は簡単です。この表示がされるのはツイッターのアカウントのプロフィールです。一定の期間が過ぎると大半が解除されますが。

その表示がされるツイッターアカウントが大量にツイートしたり、大量のフォロワーに変動があったり、大量のリムーブ・ブロックがあると表示されてしまいます。

他にもツイッタールールを違反したり理由はそれぞれです。理由はそれぞれですが決して自分自身自身に原因はないので安心してください。

プロフィールを表示するを押すことで相手のツイートも見れる

f:id:rick1208:20200615095107p:plain

注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

という表示にある「プロフィールを表示する」はタップ可能なようになっています。これを押すとこの表示が出ているツイッターアカウントのプロフィールや、過去のツイートなどを見ることが可能です。

しかし、プロフィールやツイートを見ることが可能なのはそのツイッターアカウントをフォローしているフォロワーのみでしか見ることができないので気を付けてください。

相手のアカウントの制限がなかなか解除されない場合は

f:id:rick1208:20200615095535p:plain

相手のアカウントの制限はある一定の期間ツイッターにブロックされるとある一定の期間経てば解除されます。

なかなか解除されない時を含めその解除方法を説明していきます。
ツイッターに直接、異議申し立てをする

一定期間の制限の解除方法は簡単でツイッターのホームページに異議申し立て用のフォームがあります。そこにメールアドレスを記入し、メールアドレスにツイッターからメールが来るまで待ってください。

そこからツイッターとのやり取りをちょっとし、ツイッターアカウントの使用制限の解除を待ちましょう。制限の解除作業はツイッター側の仕事なので時期によって制限が解除されるまでの期間は人によって異なるので焦らず待ってください。

いかがでしたでしょうか。ツイッター

注意: このアカウントは一時的に制限されています

ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?
「プロフィールを表示する」

が表示されているのを見たとき自分自身がツイッターをある一定の期間制限されてみることができないと勘違いツイッターユーザーがいると思いますが、それは大きな勘違いです。

この表示がされるのは自分自身がツイッターで見ているツイッターアカウントのプロフィールです。自分自身のツイッターアカウントが一定の期間制限をされているわけではないことを知ってほしいです。

自分自身のツイッターアカウントが制限されるとツイッター上で可能なことがかなり制限されてしまいます。ツイートも制限され、フォローもリムも制限されてしまいます。ツイッターアカウントを制限するのは人ではなくAIなので不利に制限されても怒らずに冷静に対処しましょう。