漫画の地球儀

MacでGitをインストールする方法!【アップデート、アンインストール、MacBook Air、プログラミング】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200619201941p:plain


みなさんはiMacMacBook Air、Proを購入し、プログラミングをしようとしたときにGitを使う機会が出てくるかと思います。

Gitとはプログラムの変更履歴をバージョン管理をするシステムで、Macに最初からインストールされている場合があります(MacOSのバージョンによりインストールされていないものもある)。

ここではMacでGitの導入としてインストール、アップデート、アンインストールする方法とおススメのGitクライアントについてご説明していきます。

ぜひMacでGitを自由自在に使えるように設定をして、Gitを使用するGithubなどプログラマー必須のサービスを使用してプログラミング学習を加速させて行きましょう。

MacでGitをインストールする

f:id:rick1208:20200619194300p:plain

それではMacでGitをインストールする方法をご説明していきます。複数やり方がありますので、ご自身の好きなやり方・設定でGitをインストールしていきましょう。

また最新のMacを購入している人は最初からGitがインストールされている場合があります。その場合でも、下記のhomebrewで統一管理したい場合や最新版のGitを使いたいという人は下記のやり方を参考にしましょう。

homebrewを使う

Macではhomebrewというパッケージ管理ソフトを使用して開発をしている方が多いです。

homebrewを使用してGitをインストールすることも可能です。
f:id:rick1208:20200619205427p:plain

homebrewでGitをインストールするには以下のコマンドを実行します。

$ brew install git

Gitのインストーラーをダウンロードして使う

f:id:rick1208:20200619205530p:plain
Gitのインストーラーをダウンロードして、dmgファイルからGitをインストールする方法があります。Gitのインストーラーをダウンロードするには以下のサイトにアクセスして下さい。
Git - Downloading Package

上記サイトにアクセスすると自動的にGitのインストーラーがダウンロードされますが、ダウンロードされない人は上記サイトの「click here to download manually」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200619205552p:plain
ダウンロードされたdmgファイルを実行すると、中身が表示されます。その中のpkgファイルを実行しましょう。
f:id:rick1208:20200619205600p:plain
Gitのインストーラーが起動します。

「続ける」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200619205611p:plain
Gitのインストールには数十Mの容量が必要となります。

「インストール」を押して先に進みましょう。
f:id:rick1208:20200619205619p:plain
インストールが開始され、それほど時間がかからずにインストールが終了します。

閉じるを押しGitのインストールを終了させましょう。
f:id:rick1208:20200619205625p:plain

MacでGitをアップデートする

f:id:rick1208:20200619185934p:plain
続いてインストールされているGitを最新バージョンなどにアップデートする方法です。

homebrewを使う

homebrewでアップデートするコマンドを使います。homebrewでパッケージをアップデートするには「upgrade」を指定します。

$ brew upgrade git

上記コマンドを実行するとGitがアップデートされます。

Gitのインストーラーをダウンロードして使う

f:id:rick1208:20200619185619p:plain
Gitのインストーラーからアップデートする場合は、最新版のインストーラーをダウンロードしてアップデートする形となります。なのでやり方としてはインストーラーを使用してGitをインストールしたやり方と変わりません。

下記にアクセスして、最新の(があれば)インストーラーをダウンロードして、Gitをアップデートしましょう。
Git - Downloading Package

MacでGitをアンインストールする

f:id:rick1208:20200619210443p:plain
続いてMacでGitをアンインストールする方法です。

homebrewを使う

homebrewでアンインストールを行うにはbrewコマンドに「uninstall」を指定する形となります。

$ brew uninstall git

上記コマンドでGitがアンインストールされます。

Gitのインストーラーからダウンロードした場合

f:id:rick1208:20200619185522p:plain
Gitのインストーラーからインストールした場合はMac内のどこかにアンインストール用のスクリプトが設置されているはずです。ターミナルからアンインストール用のシェルスクリプトを実行しましょう。

Launchpadを開き、その他を選びます。

その中の「ターミナル」を選びましょう。

下記のコマンドを実行します「、usr、local、git」に消去用のスクリプト「uninstall、sh」があるはずです。

$ cd /usr/local/git
$ sh ./uninstall.sh

uninstall、shの実行
このようにGitを消去していいか最終チェックされますので、「yes」をタイプして実行します。
f:id:rick1208:20200619211123p:plain

MacでおススメのGitクライアント

f:id:rick1208:20200618161320p:plain
Macを購入して立ち上げると色々なアプリケーションが最初からインストールされていますが、Macのクライアントは入っていません。そこでMacでおススメのクライアントソフトをいくつかご解説します。

GitUp

f:id:rick1208:20200618161305p:plain
GitUpはとても高速に動くGitクライアントです。視覚的にGitの歴史を見通しやすいです。

GitUpのダウンロードは以下のリンクから可能です。
GitUp

GitUpは立ち上げてGitのリポジトリを設定するだけですぐに使えます。
Gitの歴史
Gitのコミットの歴史は視覚的に見やすくなっていて、キー一つ押すことで色々な操作を行えます。

例えば一つコミットしている状態でスペースキーを押します。
f:id:rick1208:20200619214432p:plain
すると、そのコミットの内容を見ることが出来ます。コメントは変更内容を見ることができ、とても分かりやすいです。

他のGitクライアントに慣れている方だと、その使い勝手の良さがわかるかと思います。
f:id:rick1208:20200619214441p:plain

Sourcetree

f:id:rick1208:20200618025009p:plain
Gitのクライアントの定番と言えばSourcetreeです。もちろんMacにも対応しています。Sourcetreeは以下のリンクからダウンロードが出来ます。

Sourcetreeも面倒な設定は特になく、リポジトリを設定するだけですぐに使用可能です。

Gitのクライアントとしては歴史も長く、改善もされ続けていて必要な機能は一通り揃っています。

さらに設定により日本語対応しているのも魅力です。
f:id:rick1208:20200619214503p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200618025040p:plain
プログラミング学習におススメとされるMacのパソコンを購入し、いざプログラミング学習をスタートするときにGitのインストールが登場する教科書や解説サイトが多いです。

Gitは現在のプログラマーにとって必須のツールとなっていて、Gitの操作についても慣れていく必要があります。最初にMacでGitの環境を整えた上で深遠なプログラミングの世界に入門していきましょう。

一方でプログラミングはしないけど、Gitを使う環境におかれているデザイナーなどエンジニアではない人はコマンド操作には苦手意識があるかと思います。ぜひ今回解説したGitクライアントを使用してGitを使用していきましょう。