漫画の地球儀

MacでもF5でリロード、更新する方法!【Windows、パソコン、ショートカット、キーボード】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200619202533p:plain


Windowsのパソコンを長く使用されている人はブラウザやその他のソフトにおいて共通で「更新(リロード)」のショートカットはF5というイメージが強いですよね。

その後Macを使用するようになり、同じ要領でF5キーを押しても「更新されないじゃないか!!」と思われた人は多いはずです。

WindowsではF5キーは更新のショートカットでしたが、Macでは異なるのと思いますか?

Macの更新(リロード)はCommand + R

f:id:rick1208:20200619201941p:plain
Macの更新(リロード)のショートカットは「Comman + R」となります。

Rはリロード(reload)のRと覚えればわかりやすいですね。
F5・F6キーを押した時の光量調整機能
一方でMacにもF5キーがついていますが、F5キーやF6キーはバックライトの光量の調節のための機能として用意されています。

Macでブラウザの見ているページをリフレッシュしたい場合は「Command + R」ですので、覚えておきましょう。

MacでF5キーで更新(リロード)する裏技

f:id:rick1208:20200619194300p:plain
Macで更新(リロード)のショートカットは「Command + R」ですが、実はキーボードのF5キーを更新(リロード)に割り当てる方法があります。Windowsと同じくF5キーを更新に割り当てればWindowsと同じ感覚で更新が行えます。

そのやり方をご説明していきます。

システム環境設定を開き、「キーボード」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200619202643p:plain
キーボード設定のタブで「ショートカット」を選び、その後左メニューで「アプリケーション」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200619202704p:plain

ここではアプリケーション毎のショートカットを設定することが出来ます。ここではブラウザのGoogle ChromeにF5キーで更新のショートカットとして適用します。

「+」を選び、そのあとアプリケーションでGoogle Chromeを選択、メニュータイトルに「ページを再読み込み」、キーボードショートカットでF5を記入します
f:id:rick1208:20200619202725p:plain

ここでF5を記入できない人は、キーボード設定のキーボードタブに戻り、「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」のチェックが外れている可能性があります。

チェックを入れることで、F5キーをショートカットで使用出来ます。チェックを入れて再度Google ChromeのF5のショートカットキーの設定を行いましょう。
f:id:rick1208:20200619204205p:plain
以上の設定でF5キーを更新(リロード)の機能に割り当てることが可能でした。

試しにChromeを開いて表示メニューを選択すると「ページを再読み込み」のショートカットがF5に変わっている事がチェック可能です。
f:id:rick1208:20200619204213p:plain
これでWindowsと同様にF5キーでブラウザのリフレッシュが行えます。