漫画の地球儀

Macで新規テキストファイルを簡単に作成する方法!【デスクトップ、拡張子、touchコマンド】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200618162701p:plain
みなさんはMacですぐに新規テキストファイルを作成したいと思ったことはないと思いますか?

すぐにテキストファイル(拡張子「、txt」のファイル)を作成したいと思いつつ、テキストエディターを起動するのに時間がかかり、イライラすることもあります。

そこでここではMacで新規テキストファイルを作成する方法を2つご解説します。新規のテキストファイルを作って、仕事や勉強を効率的に進めましょう。

Macで新規テキストファイルを作成する方法

f:id:rick1208:20200618161305p:plain

デスクトップ上でテキストファイルを量産する方法

デスクトップ上でテキストファイルを量産する方法をご解説します。

テキストエディットからテキストファイルを作成

まず最初は普通にテキストエディターを立ち上げ空のファイルを作成します。
f:id:rick1208:20200619180541p:plain
空のファイルをデスクトップに保存します。ここではリッチテキストフォーマットを選びておきます。
f:id:rick1208:20200619181609p:plain

デスクトップ上で作成されたテキストファイルを選び、Optionキーを押しながら横にD&Dすることで、コピーされて新規ファイルを作成されます。
f:id:rick1208:20200619181633p:plain
更に複数ファイルを選び、またOptionキーを押してD&Dすると、今度は複数ファイル分ファイルが作成されます。

このやり方でテキストファイルを量産することが出来ます。
f:id:rick1208:20200619183008p:plain
ちなみに上記のやり人はFinder上でも可能ですので、ぜひお試し下さい。コピペよりも素早く量産可能なはずです。

touchコマンドで量産する方法

Macにはコマンドでtouchコマンドという空のファイルを作成するコマンドがあります。このコマンドを使用することでファイルを簡単にすばやく作成することが出来ます。
Launchpadを立ち上げ「その他」からターミナルを選択
Launchpadを立ち上げ「その他」からターミナルを選びます。

そして目的のフォルダまでcdコマンドで移動し下記のtouchコマンドを実行します。

touch sample.txt

ここではsample、txtという仮のファイル名にしていますが、ファイル名は自由に変えて下さい。
デスクトップに「sample、txt」ファイルが作成
デスクトップを見てみるとたしかに「sample、txt」ファイルが作成されています。

あとはこのテキストファイルをダブルクリックすると関連付けられたテキストエディターが立ち上がるはずです。
f:id:rick1208:20200619183252p:plain
touchコマンドではファイル名をかえることでファイルを量産可能ですし、ちょっとシェルを知っている人であればコマンドを組み合わせたり、スクリプトを組んでファイルを量産可能なようになります。