漫画の地球儀

Macのコマンドでタイマー、ストップウォッチを使う方法!【ターミナル、sayコマンド】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200618161939p:plain


みなさんMacでストップウォッチやタイマーの機能を使いたいと思ったことはないと思いますか?

デフォルトでMacに入っていそうな機能ですが、すぐには見つからずに困ったという方も多いかと思います。

そこで今回の記事ではMacでストップウォッチやタイマーの機能をすぐに使う方法についてご説明していきます。

ここでは「コマンド」でストップウォッチやタイマーとして使える方法をご解説します。

Macのコマンドでタイマー・ストップウォッチを使うおススメの方法

f:id:rick1208:20200618161655p:plain
コマンドを使用するのでにはターミナルを立ち上げます。

コマンドを実行するにあたりMacのターミナルを開きましょう。

ターミナルのアプリケーションはLaunchpadの「その他」の中にあります。ターミナルを立ち上げたら用意OKです。

コマンドでタイマー

f:id:rick1208:20200618162010p:plain
みなさんはMacの「sayコマンド」を知っていますか?sayのあとに続けた文字列をMacにしゃべらせる事が可能です。

このコマンドとsleepのコマンドを組み合わせることでタイマーとして使えます。例えば30秒のタイマーを作りたい場合は以下のようにします。

sleep 30 ; say 時間になりました

いかがと思いますか。あとは上記コマンドの「30」の箇所を任意の時間に変更して、すぐに使えるタイマーとして使用しましょう。

特に普段ターミナルを立ち上げている人はすぐに使える技で便利です。

コマンドでストップウォッチ

f:id:rick1208:20200618025040p:plain
コマンドでストップウォッチを実現するにはtimeコマンドを使用します。以下のコマンドを実行してみましょう。

time cat

そして、ストップウォッチを止めたいところで「Ctrl + C」で強制終了させましょう。

すると以下のようにストップウォッチのような結果を得られます。

real 0m3.158s
user 0m0.001s
sys 0m0.004s

realの箇所の秒数を参照しましょう。mが分で、sが秒です。

このようにコマンドから簡易的なストップウォッチとして使用出来ます。