漫画の地球儀

Macのダッシュボードの使い方!閉じる方法!【ウィジェット、カスタマイズ、デスクトップ】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200618162701p:plain

Macの機能の一つにダッシュボード(Dashboard)というのがあります。

これは天気予報や計算機など、普段欲しい情報や操作を小型のアプリケーション(ウィジェット)で表示してくるボードです。

ダッシュボードの中のウィジェットは追加したり消すことができ好きにカスタマイズ可能です。

簡単に起動でき簡単に閉じることが可能なので、設定さえしておけば、作業の合間に使いたい時にすぐに呼び出せます。

Macダッシュボード(Dashboard)の使用方法

f:id:rick1208:20200618161939p:plain

では、Macダッシュボードの使用方法を解説します。

ダッシュボードは呼び出し後に、ウィジェットの追加や配置変更や消去を行うことも可能です。

Macダッシュボードを呼び出しました。

最初の設定で、カレンダーや天気予報や電卓などのウィジェットはすでに配置されています。
f:id:rick1208:20200618170928p:plain
ウィジェットには、ガジェットのように電卓や計算機など色々なツールがあります。

ウィジェットの追加

f:id:rick1208:20200618170936p:plain
ダッシュボードの左下の「+」を押します。

インストールされているウィジェットの一覧が表示されます。

ここでは、この中から「辞書」のガジェットを押します。
f:id:rick1208:20200618171002p:plain
ダッシュボードに辞書のウィジェットが追加されました。
f:id:rick1208:20200618171037p:plain
ウィジェットはドラッグすれば自由に移動させられます。
f:id:rick1208:20200618171050p:plain

ウィジェットの消去

f:id:rick1208:20200618161305p:plain
ウィジェットの消し方も解説します。
f:id:rick1208:20200618171234p:plain
ウィジェットの消し人は、ダッシュボードの左下の「-」を押します。

表示されているすべてのウィジェットの左上に×マークが表示されます。

消去したいウィジェットの×マークを押します。
f:id:rick1208:20200618171251p:plain
対象のウィジェットが消去できました。
f:id:rick1208:20200618171257p:plain
消去したウィジェットを再度追加したい場合は、左下の+マークから一覧を表示し選択すれば追加可能です。

MacOS Mojaveでダッシュボードを使うには

f:id:rick1208:20200618025009p:plain
MacOS Mojaveでダッシュボードを起動するにはいくつか方法があります。

まず最初は、ダッシュボードが使用可能な設定になっていることをチェックします。

画面左上のリンゴマークから「システム環境設定」を押します。
f:id:rick1208:20200618171455p:plain
「Mission Control」を押します。
f:id:rick1208:20200618171512p:plain
画面中央に「Dashboard:」という項目があります。

「操作スペースとして表示」になっていればダッシュボードは使用可能です。
f:id:rick1208:20200618171520p:plain
あるいは「オーバーレイ表示」になっていても使用可能です。
f:id:rick1208:20200618171534p:plain
ダッシュボードを使用したくない場合は、「オフ」を設定してください。
f:id:rick1208:20200618171850p:plain
以下、ダッシュボードを起動する3パターンの方法を解説します。

アプリケーションから起動

f:id:rick1208:20200618025040p:plain
Macの「LaunchPad」を起動します。 
f:id:rick1208:20200618171916p:plain
アプリケーションの一覧の中から「Dashbaord」のアイコンを押します。

またFinderのアプリケーションからでも同様に起動可能です。
f:id:rick1208:20200618171921p:plain
なお、Mission ControlのDashboardを「操作スペースとして表示」で設定している場合と「オーバーレイ表示」で設定している場合では、ダッシュボードの表示が異なります。

「操作スペースとして表示」の場合は、ここまでの表示のように画面自体が切り替わります。

「オーバーレイ表示」の場合は、デスクトップ画面上に重なるようにダッシュボードが表示されます。

「操作スペースとして表示」は右下の「>」をクリックするとダッシュボードが終了し、元の画面に戻ります。
「オーバーレイ表示」は画面をクリックするとダッシュボードを閉じることが可能です。

キーで起動

f:id:rick1208:20200618023147p:plain
「fn」キー+「F12」キーを押すことで、ダッシュボードを起動可能です。
終了方法は、アプリケーションで起動した場合と同様です。

トラックパッドジェスチャーで起動

Mission ControlのDashboardは「操作スペースとして表示」に設定してください。「オーバーレイ表示」では使用可能でせん。

システム環境設定画面から「トラックパッド」を押します。
f:id:rick1208:20200618171959p:plain
「その他ジェスチャ」タブの「フルスクリーンアプリケーション間をスワイプ」にチェックが入っていることをチェックします。
f:id:rick1208:20200618172835p:plain
これで、3本指でトラックパッドを左から右にスワイプすると、ダッシュボードが起動します。

ダッシュボードを消すには、3本指でトラックパッドを右から左にスワイプするか、画面右下の「>」マークを押します。

まとめ

f:id:rick1208:20200618022802p:plain
Macダッシュボードは使用方法がわかると便利です。

一つ一つのアプリを起動しなくても、カレンダーや計算機などちょっとしたツールを使いたい場合にダッシュボードを開くことで簡単に使用可能です。

ただ簡単に起動してしまうので、ダッシュボードを使用しない場合は、設定をオフにしておくといいと思います。

ご自身のMacの使用方法に合わせてダッシュボードもうまく設定してみてください。