漫画の地球儀

Gmailの未読の数字がアイコンから消えない原因、対処法!【パソコン、iPhone、Android、バッジ】

スポンサーリンク

Gmailの未読の数字(バッジ)

f:id:rick1208:20200617090321p:plain
Gmailの未読の数字(バッジ)とはメールを受信すると、当たり前ですがアプリのアイコンの右上に表示される数字のことです。通知数とも言われたりしますね。

ここでGmailの未読のメールの有無や数を把握することが出来ます。このままGmailの未読メールが貯まるとその数だけ数字でお知らせしてくれるというわけです。

未読メールが2通届いている場合は「2」となります。さて、今回の課題はGmailでその未読の通知が消えないということです。


アイコンには確かに1の数字が出ているのにも関わらず、Gmailの受信BOXに未読メッセージはありません。1度アプリを終了させてみても、何回開いてもGmail内に未読のメールは見つからない、、、。

ちなみに余談ですがiPhoneでアプリを完全に終了するには、 「 ホームボタン」を2回素早く押し、マルチタスク画面を表示します。

マルチタスク画面から、アプリ画面を上部にスワイプすることで、バックグラウンドで起動中のアプリを完全に終了することが可能です。でもアプリのアイコンから未読の「1」の数字が消えることはありません。

これって結構気になりますよね!?こうなるとiPhoneの未読の通知はずっとお知らせしてくれるため、この数字が常にアピールしている状態になります。この通知が消えない状態は本当に気になりますね。

もしもチェックできていないGmailの未読メールが重要な案件だったら、、、考えただけでも恐ろしいですね。

デフォルトでなぜか未読のメールが探せない仕様
f:id:rick1208:20200617060943p:plain
基本的にアイコンの右上に表示される数字(バッジ)は未読数なわけですから、未読メールを探して読めば良いだけのハズです。ただ、Gmailはデフォルトで「未読メールだけをチェックする」という機能はありません。

フィルタ設定等で未読分、既読分のメールを受信BOXから絞り込んでチェックすることが可能な場合が通常は多いですが、、、便利なGmailではありますが、この仕様に関して言えばユーザーに対して優しいとは言い難いと感じさせるところでしょうか。

もっとスマートに・簡単に・分かりやすくGmailの未読メールをチェックすることができれば、Gmailの未読メールの通知が消えない現象に悩まされる人は少なくなるかとは思うのですが、、、

さて、そんなことを言っていても仕方ないのでいよいよ次ではGmailの未読メールが消えない現象に対する対応策をお伝えしていきます。

Gmailの未読の数字(バッジ)がアイコンから消えない対処法

f:id:rick1208:20200617060843p:plain
さてここからは、実ときにスマホIPhoneAndroid)・パソコンでGmailの未読の通知をアイコンから消すための具体的な対処法を説明していきます。下記の方法でGmailの未読の通知数が消えない現象からおさらばしましょう

未読メールを見るコマンドがある

f:id:rick1208:20200616195329p:plain
実はGmailにはメール検索時に使えるコマンド機能があります。その中で「is:unread」を使えばGmailの受信BOXの中から未読のみを抽出することが可能です。やり人は簡単で、検索窓で「is:unread」を記入するだけです。こんなに簡単な方法で未読メールを消していくことが可能なのは驚きですね!

未読メールの抽出以外にも便利なコマンドが色々あります。一部をここでご解説します。

説明 コマンド
送信者の指定 from:
受信者の指定 to:
件名に含まれる単語の指定 subject:
検索結果から除外するキーワードを指定 -

ここで解説したコマンドはあくまで一部ですので、興味のある人はGmailのヘルプで「コマンド」と検索すると色々なコマンド(検索演算子)が出てくるので参考にしてみてください。

他に考えられること

f:id:rick1208:20200616195456p:plain
ちょっと話が脱線してしまいました。ここで本題に戻りますが、上記の未読検索のコマンドを使用して、Gmail内のメールはすべて既読に変えたにも関わらず、まだ未読の数字(バッジ)がアイコンから消えない場合は、Gmailアプリの不具合の可能性もあります。

しかし、キャッシュファイルが壊れている場合も考えられます。キャッシュファイルが壊れている場合、未読が消えないことがあります。

ちなみに「キャッシュファイル」とは、1回見たデータを一時的に保存して、再度必要な時に速く表示可能なようにする機能です。キャッシュファイルを消去しても、不具合が出るわけではありませんので心配する必要はありません。

上記の手段でも解決しない場合は、設定しているアカウントの再設定を行ってみましょう。使用しているメールによって、設定方法が異なります。

設定アプリを起動させて、「アカウントとパスワード」を押すと、メールに設定している「アカウント(メール)」が表示します。

再設定するアカウントを選びて、「アカウントを消去」を押します。もう1回、「アカウントとパスワード」を開いて「アカウントを追加」からもう1回設定をします。

あるいは、iPhoneの標準アプリを用いてGmailのアカウントを管理している場合は、Gmailアカウント以外に未読メールが存在している可能性も否定できないため、Gmail以外のアカウントで未読メールがないか探してみることも試してみる価値はあるでしょう。

Gmailで利用しているキャッシュファイルがおかしくなっている

f:id:rick1208:20200617024123p:plain
上記の通り、キャッシュファイルがおかしくなっている場合は、Androidなら「設定」➡︎「ストレージ」➡︎「内部共有ストレージ」➡︎「キャッシュデータ」の手順を踏むことで内部のキャッシュデータをすべてクリア可能です。

たまにクリアして不要なファイルを消すことをしておけば、動作の改善をはかることも可能なかと思います。キャッシュファイルの容量が大きい場合、フリーズしたように見えることがあります。

これは頑張って消去している証拠なので固まってしまっていても数十分は放置して我慢しましょう。これでGmailの未読数を消えない状態を解消可能なかと思います。

iPhoneの場合は、再起動をはかることでキャッシュファイルをクリアにすることが簡単に可能です。しかし、この場合は時間がかかかってしまうのが難点です。
f:id:rick1208:20200617092320p:plain
そこで以下の方法を行うことで再起動することなくキャッシュをクリアすることが可能です。

上記画面になるまでスリープボタンを長押しする(電源をオフする時と同じ要領です)。
上記画面になった後は、ホームボタンを長押しします。
自然とホーム画面に戻れば終了です。

Gmailの未読の数字が消えないとき『iPhone(Safari)』

f:id:rick1208:20200617025557p:plain
iPhoneSafari)でGmailの未読数を消えない状態を解消したい場合、まず最初はiPhoneSafariGmailを開き、ログインしてください。その後、共有メニューを開き「デスクトップ用サイトを表示」を押します。
f:id:rick1208:20200617092351p:plain
そして、検索窓に「is:unread」と記入するとGmailの受信BOXの中から未読メールのみを検索して、表示してくれます。
f:id:rick1208:20200617092357p:plain
これで表示されたGmailの受信BOX内の未読メールを既読にして未読の数字(バッジ)をアイコンから消えない状態を解消することが可能です。

Gmail未読の数字が消えないとき『パソコン、AndroidChrome

f:id:rick1208:20200617035356p:plain
Androidなどのスマートフォンの場合、Gmailアプリを勧める画面が表示されるので、Chromeの右上のメニューから「パソコン版サイトをリクエスト」を選びましょう。

Androidなどのスマートフォンの画面だと小さいので、ここでは分かりやすくパソコン版のスクリーンショットで説明していきます。まず最初は検索フォームに「is:unread」と記入してGmailの受信BOX内の未読メールを検索します。
f:id:rick1208:20200617092642p:plain
すると、Gmailの受信BOXの中から未読メールのみを見つけてくれました。次にGmailの見つかった未読メールのチェックBOXを選びます。複数ある場合は、複数チェックしてください。

また、Gmailの未読メールの内容をチェックする場合は、一つ一つ未読メールを押してチェックしてください。
f:id:rick1208:20200617092650p:plain
次に、上メニューより「既読」を選択することで選びたGmailの未読メールを全部既読にすることが可能です。
f:id:rick1208:20200617092656p:plain
これでAndoroidでGmailの通知を消えない状態を解消することが可能です。

また、Gmailの未読メールをチェックする必要がない場合は、より簡単に未読の通知を消えない状態を解消することが可能です!「その他」メニューより「すべて既読にする」を選択するだけです。

こうすることでAndroidGmailの受信BOX内の未読メールの通知が消えない状態を解消することが一気に可能です。
f:id:rick1208:20200617092704p:plain
しかし、この手順ですとGmailの未読メールの内容をチェックすることのないまま既読となってしまうため、「すべて既読にする」を選択する場合は、本当に自分自身にとって必要のない未読メールがないかチェックしてから行うことをお勧めします。

Gmailの未読メールをチェックしてから処理していきたい場合は、前述の方法をお勧めします。

個人的にはどんな未読メールであっても1回はチェックをしておいたほうが無難であると思っているので、一つ一つチェックする方法を取ることが多いです。

しかし、時間がない場合は後述の方法で未読メールを処理していくのも全く悪くないと思います。実とき、チェックをする必要のないGmailの未読メールもたくさんあるかと思いますしね。

だとしたら、必要のないGmailの未読メールを処理するのにかかる時間をもっと有効な時間に使いたいです。

iPhone標準アプリから全部既読にする方法

f:id:rick1208:20200617035247p:plain
iPhoneの標準アプリを利用してGmailを管理している人は、iPhoneの標準アプリ上からも未読メールを一発で既読にする事が可能です。ちなみに、こちらの方法はGmailアカウントに限らず全部のアカウントに応用が可能です。

まず最初は、iPhoneの標準アプリから「Gmail」アカウントを開き右上の「編集」を押します。
f:id:rick1208:20200617092732p:plain
そして、下ポップアップメニューより「すべてマーク」を押します。
f:id:rick1208:20200617092740p:plain
最後に「開封済みにする」を押します。
f:id:rick1208:20200617092747p:plain
これで未読メールを既読にして未読の数字(バッジ)をアイコンから消すことが可能です。これまた簡単でしたね。この手段の利点はGmailアカウント以外でも応用可能な点です。

特に標準アプリでiCloudのアカウント以外にGmailも管理している場合は、Gmail内では未読メールを処理したはずなのに、標準アプリでは未読の通知が消えない場合に、他のアカウントでも同じような手段を行って、未読の通知が消えないか試せたりします。

Gmailの未読の通知が溜まってくるとどうしてもチェックを怠ってしまいがちですが、それでは必要なメールも見落としてしまいかねませんので、上記の方法を活用しながらそのようなリスクに備えてみて下さい。