漫画の地球儀

TEMPフォルダのファイルを削除する方法!【Windows10、消去、pc、意味、場所】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200611163818p:plain

Windows10で、やけに容量の大きい「TEMP」というフォルダがあることが気になるユーザーもいらっしゃるかと思います。このTEMPファイルのTEMPという名前は「Temporary」から取られています。Temporaryの意味は(一時的な)という意味ですので、このフォルダには一時ファイルが保存されている・・・と思えばOKです。

TEMPフォルダの場所

TEMPフォルダの場所ですが、デフォルトの場所は「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp」・もしくは「C:\WINDOWS\Temp」となっております。AppDataフォルダは隠しフォルダになっているため、フォルダーオプションから隠しファイルとフォルダを表示するように設定することで、エクスプローラーからアクセスすることが可能です。

また、「Windowsキー+Rキー」で「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「%TEMP%」と記入して「OK」をクリックすることで直接TEMPフォルダを開くことが可能です。
f:id:rick1208:20200611160836p:plain

Windows10のTEMPフォルダ・ファイルは消去してもOK?

f:id:rick1208:20200611162108p:plain
Windows10のTEMPフォルダに入っているファイルやフォルダを消去していいのか不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、基本的には消去してもなんの問題もありません。TEMPフォルダ内にあるファイルは一時ファイルが大半なので、消去してしまっても大丈夫なファイルばかりです。

ただし、一時ファイルということは「そのファイルを使用しているプログラムが存在する」ということでもあります。もし実行中のプログラムに関連する一時ファイルを消去しようとした場合は「使用中のファイル」ウィンドウに消去できない旨が表示されます。ですので、すべてのファイルを消去しても問題はないが使用中のファイルは消去できない、と覚えておくといいと思います。


ファイルを手動で消去するにはエクスプローラー上でファイルの消去操作を行う以外にも、ディスククリーンアップを動作させて一時ファイルを消去する・フリーソフトを導入して消去するといった方法もあります。また、すべてのファイルを消去するにはWindowsをセーフモードで起動するという方法がありますが、基本的にはそこまでやらなくても問題はないと思います。

Windows10のTEMPフォルダのファイルを消去する方法

f:id:rick1208:20200611162049p:plain
それでは、Windows10のTEMPフォルダのファイルを消去する方法を説明します。消去する方法は至ってシンプルです。まず最初はTEMPフォルダ内で「Ctrlキー+Aキー」を同時押ししてすべてのファイルを選びた状態にしましょう。この状態でファイルを右押します。
f:id:rick1208:20200611160902p:plain
右クリックメニューの一覧から「削除」を押しましょう。この時にユーザーアカウント制御(UAC)が表示される場合は管理者権限の許可が必要になるので、許可されているアカウントか管理者権限を持ったアカウントで実行するようにしましょう。
f:id:rick1208:20200611161322p:plain
「これらの~個の項目をごみ箱に移動しますか(完全に消去しますか)?」と尋ねられるので、「はい」を押しましょう。これでTEMPフォルダ内ファイルの消去が行われます。
f:id:rick1208:20200611161632p:plain
※Ctrlキー+Aキーの同時押しですべてのファイルを選びてから、Deleteキーを押すことでもファイルの消去を行うことが可能ですよ。

ただし、現在実行中のプログラムに関連するファイルは「~によってファイルは開かれているため、操作を終了可能でせん。」と表示されてしまいます。この場合は関連プログラムを終了して「再試行」ボタンをクリックするか、そのファイルを消去しない「スキップ」ボタンを押しましょう。

TEMPフォルダのファイルを自動消去する方法はある?

TEMPフォルダのファイルを毎回手動で消去するのが面倒で自動消去したいというユーザーの方もいらっしゃるかと思います。Windows10では、「Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709)」から一時ファイルを自動消去することが可能なようになりました。

TEMPフォルダのファイルを自動消去する方法ですが、デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。
「システム」をクリック
Windowsの設定が表示されるので、「システム」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200611161711p:plain
設定画面が開きます。左側メニューの「ストレージ」を押してストレージ項目一覧を開きましょう。
f:id:rick1208:20200611161733p:plain
「ストレージ」項目の「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200611161743p:plain
「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」の詳細設定が開きます。「ストレージセンサー」のボタンを押してオンにしたら、「一時ファイル」の「アプリで使用されていない一時ファイルを消去します」のチェックボックスをオンにして、「ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを消去する」の期間を設定しましょう。
f:id:rick1208:20200611162021p:plain
これで、Windows10で一時ファイルを自動的に消去する設定は終了です。