漫画の地球儀

Facebook Liveのやり方!【ライブ動画配信、パソコン、スマホ、アプリ、カメラ、コメント】

スポンサーリンク

Facebookライブ配信機能

f:id:rick1208:20200617170112p:plain
まず、Facebookのニュースフィードには、以前からFacebook live動画コンテンツの投稿が可能でしたが、ちょっと前にFacebook liveと呼ばれるライブ動画のストリーミングサービスが開始されました。

そして、ユーザーは自分自身のモバイルデバイスからFacebookのニュースフィードに、ライブ動画を直接配信可能なようになり、このFacebook liveの登場に大喜びしたのがマーケターです。

要するに、企業のストーリを伝え、ファンやフォロワーと本当の意味で近い関係になるために、Facebook live動画はこれ以上ないパワーを発揮するからです。

Facebook上のライブ動画ストリーミングサービス

f:id:rick1208:20200617170259p:plain
しかしながら、ライブ動画というシンプルな機能でありながら、Facebook liveをマーケティングに最大限活用するには、理解しておくべきヒントやコツがいくつも存在します。

そこで、ここでは、Facebook live動画のパフォーマンスを大きく左右するトリックについて、すなわち、多くの人にライブ動画を見て、エンゲージメントを高めてもらうために必要なヒントやコツについて詳しくご解説します。

なお、Facebook live機能を活用する方法や、見込み客獲得の方法について解説した無料eBookは、ダウンロード可能です。

また、ここではFacebook liveを配信する方法と、ライブ動画のパフォーマンスを分析する方法、および、Facebook liveを最大限に使いこなすための重要なヒントやコツについて説明します。

うまく使用すれば集客効果もある

f:id:rick1208:20200617170316p:plain
そして、【Facebook live】ライブ動画配信をうまく使用すれば集客効果もあるのです。

パソコンからの配信も可能

f:id:rick1208:20200617170203p:plain
ここで、【Facebook Live】ライブ動画配信は、パソコンからの配信も可能です。

Facebookライブ配信開始のやり方、使用方法

f:id:rick1208:20200617150323p:plain
まず、パソコンのFacebookライブ機能の使用方法(やり方)ですが、ちょっと前まで、ライブ動画はiOSAndroidのモバイルデバイス以外では配信可能でせんでした。

しかし、最近になって、パソコンのFacebookページ用のライブ動画配信ツールを使用すれば、ユーザーは動画ソフトやハードウェアの制限なく、プロが作成するようなライブ動画コンテンツを配信可能なと発表されました。

だが、これについてはまた別の記事で解説することとし、ここではパソコンのモバイルデバイスからライブ動画を配信するやり方、使用方法のことについて取り上げたいと思います。

ライブ配信開始のやり方「スマホ、アプリ」

f:id:rick1208:20200617150131p:plain
まず最初は、やり方、使用方法では、パソコンのモバイルデバイスFacebookアプリを起動してください。

次に、自分自身のパソコンのFacebookプロフィールに移動し、新しい記事を作成する場合と同様に を押してステータスバーを開いて、「Facebook live動画」のアイコンを押します。

そして、パソコンのFacebookにカメラやマイクへのアクセスを許可するようメッセージが表示されますので、「OK」を押してください。(このメッセージは2回目以降は表示されません。)

続いてのやり方、使い人は、 次のページで、Facebook live動画の配信設定をして、プライバシー設定を選びましょう。

なお、企業として投稿するのであれば、プライバシー設定で「公開」を選ぶと思いますが、Facebook Liveを初めて使用する場合や、まずテストを行ってどのように表示されるかチェックしたい場合は、「自分自身のみ」を選びてください。

そこで、「自分自身のみ」が表示されない場合は「その他」を押し、一番下までスクロールして見つけてください。

ここから、「ライブ動画の内容を記入、、、」に興味を惹くような説明を書き、一般的な投稿と同様に、ライブ動画に説明を書くと、「今なにしてる?」に記入した近況アップデートのように、コンタクトのニュースフィードに説明が表示されます。

また、多くの人に注目してもらえるように、動画の内容をわかりやすく表す説明を作ってください。

次は、パソコンのカメラのビューを設定して、「ライブ配信を開始」を押す前に、動画をチェックしてカメラの向きをチェックしてください。

さらに、撮影した動画が、セットアップ画面の背景として表示されます。カメラのビューをセルフィーに(あるいはその逆に)切り替えたい場合は、画面の右上隅にある回転する矢印のアイコンを押してください。

ここで、注意として、 動画は正方形で表示されますので、パソコンのモバイルデバイスを縦に所持しても横に所持しても映像は変わりません。

続いて、「ライブ配信を開始」を押して配信を開始して、「ライブ配信を開始」を押すと、「3、2、1、、、」とカウントダウンが始まり、そして動画が配信されます。

加えて、ストリーミングを開始するとすぐ、Facebook live動画がニュースフィードに表示されます。

また、プライバシー設定に「自分自身のみ」を選んでいなければ、他の投稿と同様にコンタクトのニュースフィードにも表示され、現状では、Facebookは通常の動画よりもFacebook live動画の方を優先的に表示します。

そして、3、2、1とカウントされてすぐに配信がスタートしますので、実ときに配信するときはカメラの位置なのに気をつけてくださいね。

なお、Facebook live動画は最長で90分間配信可能ですし、配信時間が長いほど、より多くの人がそのFacebook live動画を自分自身のニュースフィードで見つけやすくなります。

次に、見ること者やコメントを書いた人と対話して、見ること者のエンゲージメントを保つために(また、より多くの人のニュースフィードに表示されるように)、Facebook live動画との対話を促してください。

一方、Facebook live動画のなかで直接見ること者と会話することや、誰かほかの人が別の場所でログインし、コメントに対してデスクトップコンピュータから応答してもらうことも可能です。

また、Facebook live動画の配信中には、経過時間と見ること者の数が画面の左上に表示され、見ること者からのコメントがフィードの下にライブ表示されます。

さらに、コメントはツイッターのように新しい順に並べられますので、先に投稿されたコメントほど下の方に表示されます。

ここで、注意として、ライブ配信中に特定の見ること者のコメントをブロックするには、その見ること者のプロフィール写真を押し、「ブロック」を押します。見ること者のブロックは、後で解除することも可能です。

次は、「終了」を押して配信を終了して、ライブ配信を終了すると、その動画はタイムラインやページに通常の動画の投稿のように表示されますので、動画をカメラロールに保存してください。

そして、配信を終了したら、下のスクリーンショットのような画面が表示され、動画をカメラロールに保存するオプションを選ぶと、万が一データを失った場合にもバックアップを使用でき、以上で終わりです。

ライブ配信開始のやり方「パソコン」

f:id:rick1208:20200618013004p:plain
まず、Facebook live配信に必要なもの、パソコンでFacebook liveを行うのに必要なものは、Facebookページ、Live配信用アプリケーションの最低でもこの2つが必要です。

そこで、ここではパソコンでライブ配信の設定を行う方法を説明して行きますが、まず、Live配信アプリケーション「OBS」のダウンロードして、Facebook live配信アプリはたくさんの種類が存在していますが、ここではOBSを使用します。

その理由は主にこの4つで、Macや、WindowsLinuxという幅広いOSで使える、設定が簡易で分かりやすい、Facebook liveだけじゃなく、Youtube Live、ニコニコ生放送も可能、完全無料なのに宣伝マークが出ないことです。

そして、特に完全無料で宣伝マークが出ないところが良い点で、広告外すのにお金かかると、スマホで良いかなって気になってしまうでしょう。

また、OBSでFacebook Liveを行うには設定が必要で、まず配信可能なようにしましょう。

まず最初は、ここではMacパソコンを中心に説明していきますが、Facebook側でLiveの用意として、まずLive動画の用意をして、Facebookページに行って、Live動画を作ってみましょう。

なお、動画、動画ライブラリ、ライブ動画を作成、ストリームキーをコピーがあり、重要なのは4つ目のストリームキーのコピーを忘れないことで、このキーは後々必要になります。

そこで、OBS側でLiveの用意が必要なのですが、OBSを起動するとこんな画面になるはずで、シーンが場面で、ソースは道具です。

そして、予め用意しておいた場面をクリックするだけで次々と切り替えていけるので操作がカンタンで、Live配信を行うのは「配信開始」ボタンですが、これからFacebook Liveで配信しますよ!ということをOBSに教えなければ配信は可能でせん。

まず、「設定」のボタンを押して、ストリームキーの設定し、配信という項目を選び、下記のように設定しましょう。

また、配信種別:ストリーミングサービス、サービス:Facebook Live、サーバー:Default、ストリームキー:さきほどコピーしたストリームキーなどの設定が終わったら「OK」を押しましょう。

そして、配信開始を押すのですが、配信開始を押せばOBS側の用意はOKで、Facebook Liveの場合、Facebook側で「ライブ配信を開始」を押さなければスタートになりません。

なお、エラーが出ずに「配信終了」に切り替わっていれば、正常に配信している状態になっています。

f:id:rick1208:20200617150056p:plain

次に、Facebook側でライブ配信の最終用意をして、OBSが終わったらFacebookに戻り、ロゴの右はタイムラインに掲載する文章を記入します。

そこで、基本設定ですが、動画タイトル:ライブ配信のタイトルを記入します。適当でOKで、動画のタグ:どんな配信を行っているかを記入し、記入しなくてもOKです。

一方、基本的にいじらなくてOKで、詳細設定では、今から配信するライブ動画に関していろいろな設定が可能です。

さらに、埋め込みを禁止についてですが、ブログとかでライブ動画を埋め込めるようにするかの設定では、ライブ配信終了後に公開を停止し、ライブ配信が終了した直後にライブ配信にアクセスできなくするかの設定で、この動画は長時間ライブ動画です。

また、90分以上の長い動画の場合、付けておくと良いし、基本的に全部チェック外しておいてOKです。

なお、ライブ配信中の設定では、Facebook Live中はこのような表示になり、ライブ見ること者のピーク:ライブ配信中の最大見ること者数、再生時間:ライブ配信時間、動画再生数:動画の再生ボタンが押された回数などです。

また、10秒以上の再生数:とりあえず見てくれたかどうか、ユニークビューワー:何人、この動画を見てくれたかなど、各ボタンを押すと詳細が出てきます。

そして、動画再生時間の場合はこのような感じで、音声オンで見てくれたかどうかもこれで分かってしまうのです。

一方で、ライブ配信の気を付ける点についてですが、ライブ配信には気を付ける点がありますので、以下の点に気をつけて配信しましょう。

まず、カメラを使うならプライバシーに気をつけ、ライブ配信の場合、動画の編集はできないので、隠したいものがあっても隠せません。

加えて、ライブ配信は誰でも見れるので、自宅の周辺が分かるなど身バレしないようにして、毎回ストリームキーは変わ理、ストリームキーは一時的な鍵です。

そして、何回も使うことはできないので、毎回設定する必要があります上、音の調整は必ずして、音はちゃんと出ているかチェックしましょう。

なお、特に音声が返ってくるという問題が生放送は発生しやすいです。

Facebookライブ配信終了のやり方

f:id:rick1208:20200617150020p:plain
ここでは、Facebookライブ配信終了のやり方、使用方法について説明して行きます。

ライブ配信終了のやり方「スマホ、アプリ」

f:id:rick1208:20200617142230p:plain
ライブ配信終了のやり方、使用方法手順~スマホ、アプリ~では、まず、画面の右下に表示される「終了する」のボタンを押すと、ライブ動画は終了されます。

そして、自分自身の動画を見た人のほか、「いいね!」の数をチェックして、ライブの反応を把握しましょう。

また、ライブ配信した内容は動画として投稿することも可能ですし、動画に参加したゲストの名前もわかるので、共通の知り合いにとって一目で内容がわかるでしょう。

ライブ配信終了のやり方「パソコン」

f:id:rick1208:20200617145942p:plain
ライブ配信終了のやり方、使用方法手順~パソコン~では、パソコンも場合も大半同じなので、割愛させていただきます。

Facebookライブ配信を成功させるコツ

f:id:rick1208:20200617145922p:plain
ここで、Facebookライブ配信を成功させるコツとして、ライブ動画のパフォーマンスを分析する方法についてです。

まず、分析のコツとして、Facebook Liveの動画でパフォーマンス分析に使用可能な指標は、Facebookの通常の動画の指標とあまり変わりませんが、いくつか便利なものが追加されています。

そして、分析のコツとして、録画済みの動画の場合: 再生時間、ユニークビューワー、動画再生数、10秒以上の再生数、平均終了率(%)でパフォーマンスを分析可能です。

また、Facebook Live動画の場合: 分析のコツとして上記の指標のほか、ライブ見ること者のピーク、リーチした人の数、リアクション、コメント、シェアの数でパフォーマンスを分析可能です。

なお、これらの指標を分析に使用可能なのに加えて、それぞれの指標をクリックすると、動画のライブ配信中にその指標が時間の経過とともにどう変化したかを見ること(分析)が可能です。

そこで、たとえば、「ライブ見ること者のピーク」をクリックすると、動画の見ること者数の増減が表示され、どの指標も、このスクリーンショットのように時系列のグラフで表示すること(分析)が可能です。

またここで、ビジネスページでこれらの指標を表示する(分析)方法ですが、まず、ページに移動して「インサイト」タブを押して、画面の左端にあるメニューから「動画」を押します。

次に、下の方へスクロールし、「動画ライブラリ」を押してすべての動画を表示(分析)し、分析データは新しいウィンドウに表示されます。

そして、Facebook Liveで録画された動画には、「動画ライブラリ」ウィンドウで、下のスクリーンショットのように、人のシルエットの形をしたアイコンが表示(分析)されます。

続いて、分析データを表示したい動画を押し、ウィンドウが開いて指標が表示され、どの指標を押しても、ライブ動画の配信中に数値がどう変化したかを、時系列に表示することが可能です。

それで、操作方法(分析)については以上ですので、次からはヒントとコツについてご説明します。

それでは、Facebook Liveを最大限に使いこなすための11のヒントとコツについて説明して行きます。

まず、Facebook Liveの動画を最大限に使用するのでのヒントやコツはいくつも存在しますが、それらを説明する前に、Refinery29による素晴らしいFacebook Live動画の例をご覧ください。

説明すると、これは「Chasing Daylight」という5回シリーズで作成されたライブ動画の第1回目で、世界中の5つの都市に住む女性たちが夜を楽しむ様子をライブで配信したものです。

そして、ここからは、この動画をたびたび例に挙げながら説明していきますが、職場で見るには不適切なシーンも含まれますのでご注意ください。

最初は、プライバシー設定に「自分自身のみ」を選びてライブ動画をテストして、動画を誰にも公開せずにライブ配信を試してみたい場合は、(他のFacebook投稿と同様に)動画が自分自身だけに再生されるように、プライバシー設定を変更してください。

次は、ライブ動画の前後に、他のFacebook投稿を続けないのですが、HubSpotのソーシャルメディアマネージャであるChelsea Hunersenによると、Facebookではライブ動画が通常の動画やその他の投稿よりも優先して表示されるのです。

したがって、Facebook Liveの動画を投稿する場合は、その前後に他のコンテンツを続けて投稿するべきではないとして、次のようにアドバイスしています。

また、「Facebookでライブ動画を投稿するのなら、少なくとも前後2時間は他の投稿を控え、そうしないと、Facebook Live動画によるトラフィックカニバリゼーション(共食い)が起こります。」

さらに、何度も繰り返し自己説明して、ライブ動画を開始してすぐ、ちょっと時間を取って自己解説をし、何の動画を配信しているかを説明してください。

しかしながら、ライブストリーミングを始めた直後は、まだ誰も見ることしていないかもしれませんし、数分後でも数えるくらいしか見ること者がいない可能性もあります。

なお、ニュースフィードで動画を見つけて参加してくれる人が、次第に多くなっていくと思われますので、2回、3回、あるいは4回でも繰り返し自己説明して見ること者に説明してください。

例を出すと、先ほどのRefinery29の動画では、ホストであるLucie Finkが、開始後数分間で3回、その後も繰り返し何度も自己解説をしています。

そして、開始直後に、Facebook Liveでこんばんは。Lucie Finkです。まだ誰も見ていないかもしれないので、このまま1分ほど待ちたいと思いますのでよろしくお願いします。

さらに、1分後に、309人の皆さんこんばんは。Refinery29のLucie Finkです。Refinery29による新しいグローバルイニシアチブ、Chasing Daylightの第1回目が今まさに始まったところになります。

また、数分後では、皆さんまだご存知ないかもしれないので説明します。私はRefinery 29のLucie Finkです。今日から始まったこのシリーズでは、世界中のさまざまな都市に暮らす女性の日常を皆さんにお届して行きます。

さらに、15分後では、見ること者の数が3,500人になりました。何の動画だかまだご存知ない方のために、最初から説明して行きます。

そこで、私はRefinery29のLucie Finkで、別の動画で私を見かけたという方にも、そうでない方にも、はじめましてよろしくです。

ここで、RefineryがFacebook Liveでお届けする新しいビデオシリーズ、Chasing Daylightが今日から始まりましたので、今週金曜日まで毎日配信して行きます。

また、25分後では、ここがChasing Daylightの本当に面白いところだと思うのですが、私がなぜ自分自身の家のトイレに座っているのか、参加したばかりでよくわからないという方のために説明して行きます。

そこで、私はLucie Finkですが、今日から始まったRefinery29の新しいFacebook Live動画シリーズ、Chasing Daylightの第1回目を、ニューヨークからお届けしてます。

一方で、見た目に面白い動画にすることについて説明して行きます。

まず、Facebookの動画はニュースフィードですべて自動再生されますが、音声はミュートになっていて、見ること者が自分自身で再生しなければ音が鳴りません。

要するに、映像を目にしただけで興味を惹く動画にする必要があり、配信を開始した直後以外にも、(動画を途中から見つけて参加する人のためにも)最初から最後まで興味深い映像にしてください。

また、見た目にも興味深い映像であれば、多くの人が動画から離れずに見続けてくれます。

そこで、なのでには、カメラを同じ場所に置くのではなく、(LucieがRefinery29の動画でとても上手にやっていたように)動かし続けることが大事です。

さらに、この方法でより多くの見ること者を獲得可能な以外にも、多くの人にニュースフィードで動画が表示されやすくなります。

また、その理由は、Facebookが動画に対して新しいエンゲージメント信号のモニタリングを始めたからで、オーディオをオンにしたり、動画を全画面に切り替えたり、高解像度で表示したりすると、見ること者がその動画を楽しんでいると見なされます。

f:id:rick1208:20200617145942p:plain


なお、その結果、Facebookアルゴリズムが、このような信号を発する動画を、ニュースフィードで他の投稿よりも多く表示するようになるのです。

ここでは、成り行きにまかせることについてですが、このライブ動画がこんなにも面白いのはなぜかというと、それは、あらかじめ展開を決めておくのではなく、成り行きにまかせて作られているからです。

なお、「見ること者は筋書きのないドラマが大好きです。」とHunersenは言いますが、「何が起きるかわからない、ライブな瞬間を見ていることにわくわくするのです。

そして、これはまったく新しいリアリティ番組で、Refinery29のライブ動画が特に素晴らしいのは、Lucieとその友人たちがこのライブ感満載の演出を実に上手く活かしているところです。

例を出すと、Lucieが「Hamilton」というブロードウェイのショーを友人に再現するようお願いするシーンがあります。

そして、そのような無茶ぶりに応えている様子がおかしくてたまりませんし、全員で大笑いしているのを見ると、自分自身も友人たちとこのように楽しい夜を過ごしたことを思い出します。

また、動画の後半では、見ること者がコメントで、Lucieと友人たちにジョークを言うよう頼み、慌てて「無理よ!」と言いますが、そのすぐ後にLucieがこう言います「ジョークの得意な人がいるわ。Debお願い」。

ここで、一瞬だけ静かになり、そのあと全員で大爆笑で、このような瞬間の積み重ねが、ライブ動画を特別なものにしているのです。

なお、台本があり、編集して録画されたビデオとはまったく別物ですが、ライブ動画を使用して冗談を言い合えば、必ず面白いものになります。

さらに、見ること者に動画の「いいね!」やシェアを促すことについてですが、Facebookアルゴリズムは、主に投稿を「いいね!」あるいはシェアした人の数に基づいて、投稿の優先度を決定しています。

したがって、ライブ動画を「いいね!」あるいはシェアした人が多いほど、より多くの人のニュースフィードにその動画が表示されます。

しかしながら、動画を見ている人は、テキストや写真の投稿を見ている人よりも、「いいね!」やシェアをしようとしない傾向があります。

コメントや閲覧者数を見ながら分析する

f:id:rick1208:20200617142449p:plain
さらに、Facebookライブ配信を成功させるコツとしては、コメントや閲覧者数を見ながら分析することをオススメします。

用意は念入りにする

f:id:rick1208:20200617130506p:plain
また、Facebookライブ配信を成功させるコツとしては、用意は念入りにすることも重要です。

見ること者が見る時間帯を考えて配信する

なお、Facebookライブ配信を成功させるコツとして、見ること者が見る時間帯を考えて配信することも大事です。

ライブの日時は事前に告知する

f:id:rick1208:20200617134218p:plain
さらに、Facebookライブ配信を成功させるコツは、ライブの日時は事前に告知することです。

会話の内容、状況説明をする

f:id:rick1208:20200617134237p:plain
そして、Facebookライブ配信を成功させるコツとして、会話の内容、状況説明をすることも大事です。