漫画の地球儀

GmailのSMTPサーバーでGmail以外からメールを送信する方法!【Android、制限付き、G Suite 】

スポンサーリンク

GmailSMTPサーバーの設定を選択する

f:id:rick1208:20200617060943p:plain
Androidスマートフォンを使用されている方なら誰でも所持しているGoogleアカウントとGmailアドレス。

色々な機能があって便利ですが、GmailSMTPサーバーを使用してGmail以外の他のメールクライアントからメールを送信したり、Gmail経由で転送することが可能です。

この機能を使用するのでにはいくつかの設定があります。ここではGmailSMTPサーバーを使用するときの設定方法とメールクライアントの設定方法、送信できない場合の対処方法を解説します!

G Suite SMTPリレーサービス

f:id:rick1208:20200617060843p:plain
まず最初はGmailのG Suite SMTPリレーサービスの設定を選びた場合の使用可能な機能を解説します。

この機能を使用するとGmail以外にも、他のメールアドレスもGmailSMTPサーバー経由でメールを送信したり、転送することが可能になります。

この機能は企業向けで、この機能を使用する場合にはG Suite Basicにアップグレードが必要になります。

Microsoft® Exchangeなど、Gmail 以外のSMTP サーバーを組織で使用している場合、SMTPリレーサーバーを設定してGoogle経由でメールを送信、転送することが可能です。

SMTPリレーサービスの設定を使用すると、メールが外部の連絡先に配信される前に迷惑メールやウィルスをフィルタで除去したり、送信メールや転送するメールにG Suite のメールセキュリティ設定を適用したりすることが可能です。

設定のオプションとして送信ポート25、465、587のいずれかを選択でき、セキュア ソケット レイヤ(SSL)、Transport Layer Security(TLSプロトコルに対応しています。また動的IPも使えますが、選択する認証要件によっては静的IPが必要な場合があります。

Gmail SMTPサーバー

f:id:rick1208:20200616195456p:plain
次にGmail SMTPサーバーの設定を選びた場合の使用可能な機能を解説します。この機能を使用するとG Suite SMTPリレーサービスと同様にGmail以外にも、他のメールアドレスもGmailSMTPサーバー経由でメールを送信したり、転送することが可能になります。

この機能も企業向けで、この機能を使用する場合にもG Suite Basicにアップグレードが必要になります。Microsoft® Exchange など、Gmail 以外の SMTP サーバーを組織で使用している場合、SMTPサーバーを設定してGoogle経由でメールを送信したり、転送することが可能です。

設定のオプションとしてセキュア ソケット レイヤ(SSL)、Transport Layer Security(TLSプロトコルをサポートしている端末、アプリでないとこの機能は使用可能でせん。

制限付きのGmail SMTPサーバー

f:id:rick1208:20200616195329p:plain
制限付きGmail SMTPサーバーの設定はセキュア ソケット レイヤ(SSL)、Transport Layer Security(TLSプロトコルをサポートしていないアプリや端末からメールを送信したり、転送する場合に使用する設定です。

また宛先として選択可能な送信アドレスがGmailのメールアドレス、あるはG Suiteのアカウント利用者のメールアドレスのみに限定されます。

GmailSMTPサーバーの設定方法

f:id:rick1208:20200617093848p:plain
設定の選択で解説しましたが、この機能は企業向けで、この機能を使用する場合にはG Suite Basicにアップグレードが必要になります(14日間は無償使用可能)。恐らく個人ユーザーではG Suite SMTPリレーサービスを使用してGmailの以外のメールアドレスの送信や転送は行わないと思いますのでここでは簡単に解説いたします。

G Suite SMTPリレーサービス

f:id:rick1208:20200616194812p:plain
G Suite SMTPリレーを使用するにはまず、ネットワークのIP範囲をSMTPリレーサービスに追加します。その後、ポート25、465、あるいは587でsmtp-relay、gmail、comに接続するように端末を設定します。以下のGoogleGmail用ヘルプのページから設定方法の詳細をチェック可能です。
https://support.google.com/a/answer/2956491

Gmail SMTPサーバー

f:id:rick1208:20200617024123p:plain
設定を開始する前に、目的のアカウントで安全性の低いアプリが有効になっていることをチェックしてください。SSL を使用している場合は、ポート465でsmtpgmail、com に接続します(TLS の場合はポート587で接続します)。

認証用にGoogleのユーザー名とパスワードを使用してログインし、SSLあるいはTLSで接続します。初回ログイン時に表示されるキャプチャ画像の文字記入でチェック済みのユーザー名を使用してください。アカウントで安全なパスワードが使用されていることをチェックします。

以下のGoogleGmail用ヘルプのページから設定方法の詳細をチェック可能です。
プリンタ、スキャナ、アプリからのメール送信 - G Suite 管理者 ヘルプ

制限付きのGmail SMTPサーバー

f:id:rick1208:20200617035356p:plain
ポート25からaspmx、l、google、com に接続します。端末あるいはアプリケーションのIPアドレスを使用してドメインSPFレコードを設定し、送信されたメールが受信者に拒否されないようにします。

Google管理コンソールで、このIPアドレスを「メールのホワイトリスト」ボックスに追加します。

たとえば、送信端末が123、45、67、89のアドレスからメールを送信する場合は、このアドレスをSPFレコードに追加します(v=spf1 ip4:123、45、67、89 include:_spfgoogle、com ~all)。

その場合、G SuiteのメールサーバーをSPFレコードから削除しないでください。

以下のGoogleGmail用ヘルプのページから設定方法の詳細をチェック可能です。
https:、、support、google、com、a、answer、176600?hl=ja

GmailSMTPをメールクライアントに設定する方法


GmailSMTPをメールクライアントに設定するにはGmailIMAP(インターネットメッセージアクセスプロトコル)の設定変更が必要になります。ここではiPhoneのメールクライアントからGmailを送信、受信する設定方法を解説します。

GmailSMTPの認証方式をチェックする

まずSafariなどのWebブラウザからGoogleGmailサイトにアクセスします。
「ログイン」の左横にある黒い四角が9つあるアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200617094020p:plain
アプリ一覧が表示されるので「Gmail」を押します。
f:id:rick1208:20200617094043p:plain
自分自身のGmailアカウントとパスワードを記入して「次へ」を押します。

1回でもSafari経由でGmailアカウントにログインしたことがある場合はログインしたときのGmailアカウントが表示されるのでGmailアカウントを再度記入する必要はありません。
f:id:rick1208:20200617094057p:plain
Gmailのメインのメールボックスが表示されるので横線3本のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200617094102p:plain
Gmailのメールボックス一覧が表示されますので、下にスクロールします。
f:id:rick1208:20200617094109p:plain
「デスクトップ」を押します。
f:id:rick1208:20200617100154p:plain
右上にある「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200617100205p:plain
Gmailの設定全般の画面が表示されますので「メール転送とPOP、IMAP」を押します。
f:id:rick1208:20200617100211p:plain
IMAPが有効になっているかチェックします。有効でない場合は「IMAPを有効にする」のラジオボタンを選びて「設定を保存」のボタンを押します。
f:id:rick1208:20200617100218p:plain

GmailSMTPのポートをチェックする

f:id:rick1208:20200617100233p:plain
次にiPhoneのメールクライアントの設定を行います。「設定」のアイコンを押します。

「設定」画面を下にスクロールします。
f:id:rick1208:20200617100242p:plain
「パスワードとアカウント」を押します。
f:id:rick1208:20200617100250p:plain
「アカウントを追加」を押します。
f:id:rick1208:20200617100257p:plain
Google」を押します。
f:id:rick1208:20200617100304p:plain
Gmailアカウントを記入して「次へ」を押します。
f:id:rick1208:20200617100311p:plain
Gmailアカウントのパスワードを記入して「次へ」を押します。
f:id:rick1208:20200617100320p:plain
Gmailの機能で使用したいものを選びます。ここでは「メール」と「連絡先」を選びています。
f:id:rick1208:20200617100327p:plain
「パスワードとアカウント」に「Gmail」が追加されるので「Gmail」押します。
f:id:rick1208:20200617100334p:plain
「アカウント」を押します。
f:id:rick1208:20200617100630p:plain
SMTP」を押します。
f:id:rick1208:20200617100641p:plain
Gmail SMTPサーバ」を押します。
f:id:rick1208:20200617100650p:plain
サーバポート465が設定されていることをチェックします。これが設定されていればSSLを使用してサーバにアクセスするのでセキュリティ上は安全です。
f:id:rick1208:20200617100659p:plain
メールボックスをチェックするとGmailのメールボックスが追加されていますので「Gmail」を押します。
f:id:rick1208:20200617100705p:plain
今まで受信したメールがチェック可能です。
f:id:rick1208:20200617100722p:plain
右下のアイコンをクリックするとメール編集の画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200617100735p:plain
メール作成後に「送信」ボタンをクリックすることでメール送信出来ます。
f:id:rick1208:20200617100740p:plain
メールクライアントの設定は以上になります。

GmailSMTPサーバーで送信できないときの対処法

f:id:rick1208:20200617035512p:plain
以上の設定を終了した後に以下のようなエラーが発生し、メール送信できない場合があります。その場合の対処法も一緒に記載します。

・添付ファイルのサイズが大きすぎるというエラー

Gmailのメールに添付されたファイルの容量が25MB以上の場合はメール送信できないという制限があるために発生するエラーです。複数のファイルをメールに添付している場合は2通に分けて送信してみてください。

・ダウンロード容量を超えているのでメール受信できないというエラー

Gmailは1日にIMAP経由で受信可能なデータ容量が2,500MBまでという制限があるために発生するエラーです。

翌日まで待ってからダウンロードしてみてください。

・送信容量を超えているのでメール送信できないというエラー

Gmailは1日にIMAP経由で送信可能なデータ容量が500MBまでという制限があるために発生するエラーです。

この場合も翌日まで待ったからメール送信してみてください。

・同時接続数が多すぎますというエラー

Gmailは使用可能なIMAPの同時接続数がアカウント1つにつき最大15に制限されているために発生するエラーです。

複数のメールクライアントや端末で1つのGmailアカウントを使用している場合は、一部を閉じるかログアウトしてみてください。

上記の対処法を試してもメール送信できない場合は端末を再起動を試してみてください。それでもメール送信できない場合、「Gmail」画面から「アカウントを削除」を押して、最初からもう1回設定しなおしてみてください。
f:id:rick1208:20200617100804p:plain

ドコモなどのキャリアのメールも管理可能なようになるとさらに便利になります