漫画の地球儀

Gmailで未読メールだけを表示する方法!【パソコン、スマホ、Android、iPhone、検索演算子】

スポンサーリンク

Gmailで未読メールのみを検索・表示する方法『パソコン』

f:id:rick1208:20200616195329p:plain
Gmailはとても便利で活用されている方も多いかと思います。Gmailのアカウントを使用してサイトなどに登録したりすることもあるかもしれません。そんな場合、どんどんGmailアカウントに登録したサイトからメールがきますよね。

私はそんなGmailのメールを未読にしたまま放置してしまうことが多いです。たまに見返して、Gmailの受信BOX内をスクロールしながら、一つ一つGmailの未読メールを処理していたこともありました。

しかし、途中であまりに溜まったGmailの未読メールの多さに断念してしまいます。そうするとGmailの未読メールの通知数ががとんでもないことになって、必要なGmail内の未読メールを表示してチェックすることが困難になってしまいます。

Gmailの受信BOXから必要なメールのみを探そうとしても、既読メールと混在していてひたすらスクロールして探すのはなかなか大変な作業ですよね?こんな時にGmailの未読メールのみを表示できたら、、、

ここではそんな悩みを解決すべく、Gmailの未読メールのみを表示して整理する方法を説明していきます。

検索演算子を使用して未読メールだけを検索・表示する方法

f:id:rick1208:20200616195456p:plain
実はGmailにはメール検索時に使えるコマンド機能(検索演算子)があります。その中で「is:unread」を使えばGmailの受信BOXの中から未読のみを表示することが可能です。

やり人は簡単で、検索窓で「is:unread」を記入するだけです。こんなに簡単にGmailの未読メールのみを一気に出しることが可能なとは驚きです。

しかし、意外とこのGmailの未読メールのみを出しる方法を知らない人も多いのではないのでしょうか。他にもGmailには便利なコマンド(検索演算子)が色々あります。

興味のある人はGmailのヘルプで「コマンド」と検索すると色々なコマンド(検索演算子)が出てくるので参考にしてみてください。ちなみにGmailのヘルプは左上の歯車マークを選択することでアクセスすることが可能です。

Gmailにおける既読・アーカイブ・消去の違い

f:id:rick1208:20200617060843p:plain
「既読」とは、メールを開封した状態を指します。逆に未開封の状態が「未読」と呼びます。Gmailの未読メールを「既読」にすると、Gmailの受信BOXの数字が減ります。Gmailアプリの場合、アイコンの右上に表示される赤い数字(バッジ)が少なくなります。

ここで誤解しやすいのが、「アーカイブ」と「消去」です。これらは、機能の実行後にGmailの受信BOXからメールが取り除かれるといった点では共通していますが、その後でGmailアカウント内にメールが保管されるか否かという点で異なってきます。

アーカイブ」だとメールがGmailアカウント内に保管されるので、後からGmailアカウント内を検索してアーカイブしたGmailのメールにアクセスしたいときにアクセスすることが可能です。

Gmailのメールを消去すると後で必要になったときに困るけれど、Gmailアカウント内で受信したメールを整理したい、読み終えたGmailアカウント内のメールは受信BOXの一覧では非表示にしたい。そんなときに役立つGmailの機能にアーカイブがあります。

しかし、「消去」してしまうと30日経過後にGmailアカウント内で検索しても探し出せない状態となってしまいます。なのでGmailでは、「消去」よりも「アーカイブ」の使用をおススメしています。

まとめるとGmailアカウント内のメールを「消去」してしまうと後で必要になったときに困るけれど、受信したGmailアカウント内のメールを整理したい。

さらに、読み終えたGmailアカウント内のメールは受信BOXの一覧では非表示にしたいといったときに役立つのがGmailの「アーカイブ」機能です。

Gmailの未読メールを一括処理(既読、アーカイブ、消去)する方法『パソコン』

f:id:rick1208:20200617060943p:plain
まず最初は、パソコンでGmailの未読メールのみを処理する方法をお伝えしていきます。パソコンでGmailの未読メールのみを表示して、一括で処理する場合はまずパソコンからGmailを開き、ログインしてください。

Gmailにログインした後は、検索フォームに「is:unread」と記入してGmailの受信BOX内の未読メールを検索します。こんなに簡単なことで未読メールのみを表示することが可能です。
f:id:rick1208:20200617085307p:plain
すると、Gmailの受信BOXの中から未読メールのみを表示してくれました。次に見つかったGmailの未読メールのチェックBOXを選びます。チェックBOXは表示されたGmailの未読メールの左横にある正方形を指しています。

この時、Gmailの整理したい未読メールのみを選びてください。もちろんGmail内のすべての未読メールを選びていただいても構いません。
f:id:rick1208:20200617085331p:plain
次に、上メニューより「既読」を選択することで表示された未読メールの中から、選びたGmailの未読メールのみを既読にすることが可能です。

アーカイブ」や「消去」をしたい場合は、上メニューから既読ではなく、それらを選択することで検索後に表示されたGmailの未読メールのみを一括処理することが可能です。

自分自身の用途に合わせて機能を選びてGmailの受信BOXの整理したいメールのみ処理しましょう。

受信BOX内に出しておきたい未読メールなんかもあるかと思いますので、その場合は表示された未読メールのチェックBOXにチェックを入れないことも場合によっては必要となってくるかもしれません。

受信BOX内に表示されている整理したい未読メールのみを処理していきましょう。
f:id:rick1208:20200617085345p:plain
さらにGmailの設定で「キーボード ショートカットキー ON」に変更することでショートカットを上手く使用して既読にすること・未読することも可能です。

操作 ショートカット
既読にする Shift+i
未読にする Shift+u

他にも便利なショートカットキーはたくさんあるのでGmailのヘルプをご参照ください。

このようなショートカットキーを活用すると未読メールのみを出した後の処理がより効率的に行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200617085423p:plain
これでパソコンのGmailの受信BOX内の未読メールのみを表示して、簡単に整理可能ですね。Gmailはこういった機能も装備されていてとても使用しやすいです。

Gmailの未読メールを一括処理(既読、アーカイブ、消去)する方法「スマホ

f:id:rick1208:20200617085742p:plain
さて、続いてスマホGmailの未読メールのみを処理する方法をお伝えしていきます。まず最初はスマホからGmailにログインします。ログイン後はGmailの検索フォームに「is:unread」と記入しましょう。

「未読」と記入するだけでも検索ワードに「未読メール」が出てきて、これを選択するだけでもGmailの未読メールのみを表示することが可能です。コマンドを忘れてしまった場合やコマンドを知らない場合にも未読メールのみを出しることが可能なので、Gmailはとても便利です。
f:id:rick1208:20200617085750p:plain
こうすることでGmailの未読メールのみをスマホで表示することが可能です。
f:id:rick1208:20200617085935p:plain
あとはそれぞれの表示された未読メールのチェックBOXをクリックすると下にメニューが表示されるので、そこから「アーカイブ」「消去」「既読」を選びていただければGmailの受信BOXを整理することが可能です。

メニューの位置関係がパソコンとは異なるため、パソコンでGmailの操作に慣れている人はスマホGmailを操作するときに違和感を覚えるかもしれませんね。しかし、Gmailは出先などでも多く使用することがあるかと思いますのでどっちでもGmailの扱いに慣れていた方がいいかと思います。
f:id:rick1208:20200617085942p:plain
さらにスマホGmailアプリからでも同様に検索ホームに「is:unread」と記入することで、Gmailの未読メールのみを表示することが可能です。しかし、Gmailアプリの場合ではチェックBOXが存在しないため、一括でGmailの未読メールのみを処理することは可能でせんでした。

ただし、アーカイブしたいGmailの未読メールに関しては横にスライドさせることで、Gmailの受信BOXから未読メールは表示されなくなり、動作を終了させることは可能でした。こちらはGmailアプリ特有の機能でした。

こうしたちょっとした機能の違いがあるため、スマホGmailを使用するときは、Gmailアプリを使用するかサイトからGmailを使用するかは個人の好みになってきます。

しかし、一括で整理をするのであれば、サイトからGmailを使用した方が遥かに効率はいいのかもしれませんね。

Gmailで未読の表示が消えないときの対処法

f:id:rick1208:20200616191335p:plain
検索のコマンドを使用して、Gmailの受信BOXから未読メールのみを表示して、すべてのGmailアカウント内のメールを既読に変えたにも関わらず、まだGmailの未読の表示がアイコンから消すことができていない場合は、Gmailアプリの不具合の可能性もあります。

しかし、キャッシュファイルが壊れている場合も考えられます。キャッシュファイルが壊れている場合、Gmailの未読の表示が消えないことがあります。

ちなみに「キャッシュファイル」とは、1回見たデータを一時的に保存して、再度必要な時に速く表示可能なようにする機能です。キャッシュファイルを消去しても、不具合が出るわけではありませんので心配する必要はありません。

上記の通り、キャッシュファイルがおかしくなっている場合は、Androidなら「設定」➡︎「ストレージ」➡︎「内部共有ストレージ」➡︎「キャッシュデータ」の手順を踏むことで内部のキャッシュデータをすべてクリア可能です。

たまにクリアして不要なファイルを消すことをしておけば、動作の改善をはかることも可能なかと思います。キャッシュファイルの容量が大きい場合、フリーズしたように見えることがあります。

これは頑張って消去している証拠なので固まってしまっていても数十分は放置して我慢しましょう。これで未読の表示を消すことが可能なかと思います。iPhoneの場合は、再起動をはかることでキャッシュファイルをクリアにすることが簡単に可能です。

いかかでしたでしょうか?今ではGmailを活用されている人は多いかと思います。便利で使用しやすいGmailですが、通知数が溜まってきただけで使いにくくなっていしまうのはもったいないですよね?

今までの記事をご覧いただければ簡単に未読メールのみを表示して受信BOX内を整理することが可能なことを理解していただければ、そんな簡単なところでつまずいてGmailを手放すのは惜しいことが分かっていただけるかと思います。

今回で、意外と簡単な方法で未読メールのみを表示してくれることがお分かりいただけたかと思います。これで日々のちょっとしたイライラを解消しましょう。皆さんもこれから便利な機能をどんどん使用していっていただければ幸いです。