漫画の地球儀

Twitterで他の人を凍結させる方法【アカウント凍結、スパム報告、ブロック数、 規約違反、永久凍結】

スポンサーリンク

アカウント凍結になる条件

f:id:rick1208:20200615151820p:plain
皆さんはツイッターを利用していますか?誰もが1回は耳にしたことがあるような有名なSNSですよね。ツイッターには多くの機能が備わっています。例えばいいね機能やリツイート機能を使えば、あなたのフォロワーにもその投稿をシェア可能です。面白い記事なら是非みんなでみたいですよね。

フォロー機能を使えば、自分自身が気に入ったユーザーの投稿だけがタイムラインに出てくるようになります。そうすれば、自然とあなた好みのツイッターが出来上がりますよね。なのでツイッターを見せて、と言われるとは自分自身の好みがバレてしまうので恥ずかしいですよね。

ツイッターのDMなどを使えば、SMSのように一対一でトークが可能です。最近はツイッターで連絡を取り合う人も結構いるみたいです。

ですが、そんなツイッターには困った人がいます。それは、嫌がらせや誹謗中傷を書き込んでくるツイッターユーザーです。そんな相手アカウントに対して、何かやめさせる手はあるのでしょうか?相手アカウントから嫌がらせを受けている場合どうすればいいのでしょう?

そんな時は、ブロックとスパム報告で、相手のツイッターアカウントを凍結(永久凍結)させるのが有効です。相手のツイッターアカウントをブロックやスパム報告で凍結(永久凍結)させると、凍結(永久凍結)させられた相手アカウントはツイッターを一切使用できなくなります。

こうすることで、あなたのみが守れますし、あなたと同様に相手アカウントから嫌がらせを受けていたアカウントを助けることが可能です。

最終判断はあくまでも運営側で行われる

f:id:rick1208:20200615151635p:plain
ツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法の前に知っておいて欲しいのですが、凍結(永久凍結)させる最終的な決定権はツイッター運営側にあります。要するに、あなたがどれだけブロックやスパム報告を繰り返しても、ツイッター側がOKアカウントと判断した場合、凍結(永久凍結)させることは可能でせん。

これは、いたずらや逆恨み、気に入らないからといった理由でブロックやスパム報告をツイッターで繰り返すユーザーがいるからです。凍結(永久凍結)はあくまでツイッターのルール違反や一人〜複数人に対し、不快になるような行為や誹謗中傷を書き込んだ場合にだけ適応されます。

いたずらにブロックやスパム報告をして、凍結(永久凍結)を狙うのはやめましょう。逆にあなたが凍結(永久凍結)されます。

アカウント凍結の調査を行うのは「スパム報告」と「ブロック数」

f:id:rick1208:20200615151617p:plain
さて、ツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法ですが、その方法はブロックとスパム報告です。ブロックとは、相手アカウントとの関係を切る行為です。これは自己防衛のためのツイッター機能(方法)で、ブロックした相手も自分自身も、もう相手への干渉はできなくなります。しかし、一部防げないツイッター機能もあるので、そこは注意が必要です。

次にスパム報告ですが、これはツイッター側に「このユーザーは違反しています」と伝えるツイッター機能(方法)です。誹謗中傷もこのツイッターの違反に当てはまります。なので、ブロックしてもしつこくつきまとわれたり、誹謗中傷を書き込まれたりしたら、スパム報告をしてもいいと思います。

ですが、ブロックやスパム報告をやりすぎると、あなたが凍結(永久凍結)される可能性があるので注意しましょう。

規約違反でもアカウント凍結に

f:id:rick1208:20200615151617p:plain
次のツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法ですが、あなたが通報しなくても、相手ユーザーがツイッターのルール違反をしていた場合、強制的に凍結(永久凍結)させられます。それはツイッター側の監視に違反が見つかった場合に凍結(永久凍結)される方法です。

この方法で見つかった違反ユーザーは、問答無用でツイッターから凍結(永久凍結)させることが可能です。ですがこの方法には弱点があり、それは、ツイッター側が違反ユーザーを見つけてくれるかわからないということです。違反ユーザーがツイッター側から見つからなかった場合、凍結(永久凍結)はされません。

なので、あまりにしつこいようならブロックとスパム報告を利用して、ツイッター側に違反ユーザーを伝える方法を取りましょう。

どれくらいの報告数が必要?

f:id:rick1208:20200616013619p:plain
ツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法では、いったいどれくらいの報告が必要なのでしょうか?ツイッターで凍結(永久凍結)させる方法を知ったからには、その条件も知っておきたいですよね。このツイッターでアカウントを凍結(永久凍結)させる方法にも条件があります。

ではどれくらいの報告が必要なのでしょうか?どれくらいの報告数が必要かに応じで対応が変わってきますよね。ここからは、相手のツイッターを凍結させるにはどれくらいの数の報告が必要なのか見ていきましょう。

「複数」の報告が必要

f:id:rick1208:20200616165508p:plain
では、ツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法を実行するにはどれくらいの報告数が必要なのでしょうか?どれくらいかというと、正確な数は決まっていません。ですが複数必要だとは言われています。その複数の数が具体的にわかっていないのが痛いところです。

複数がどれくらいなのか?と調べましたが、複数には多くの数が含まれていて、見当がつきませんでした。あるひとは2、3個の報告でツイッターを凍結(永久凍結)されていましたし、またある人は何百人に通報されてもツイッターアカウントは凍結(永久凍結)されていませんでした。なので、この「複数」の数は具体的にはわかりません。

ですが、この「複数」多ければ、それだけ早くツイッター側の目につき、結果的に凍結(永久凍結)されるのが早まるでしょう。

1つのアカウントでのカウントは何度やっても「1回」

f:id:rick1208:20200616165542p:plain
ではツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法では、一人何回通報可能なのでしょうか?実は、ツイッターの報告は、何度同じ方法をしても一回です。たとえ時間を開ける方法でも、1回ログアウトした方法でも、結局方法は同じなので、報告数は一回です。ですが、これ以外の通報方法はありません。

要するに、何度同じ方法を試しても通報は一回なので、実質何回異なる方法で通報しても、1つのアカウントで、嫌がらせをしてきたアカウントを通報可能な回数は一回のみです。さらに、何度も同じアカウントで通報していると、今度はあなたがツイッター側から凍結(永久凍結)されてしまいます。

複数アカウントを作って報告数を増やそう

f:id:rick1208:20200616165609p:plain
ツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法を実行するには、夜多くのアカウントが必要になります。もし、本当にしつこくて嫌になってしまう場合、複数のアカウントを作って報告数を増やす方法をとってもいいでしょう。流石に複数のアカウントをとる方法は面倒ですし、時間の無駄ですが、本当に苦しんでいるならこの方法を取りましょう。

ツイッターの誹謗中傷の方法は、いじめの方法と一緒です。いじめは今や社会問題になっており、毎年多くの学生や社員がいじめや、それが発展したパワハラなどで自殺しています。日本人の自殺率は、世界でも上位5番目に入る多さです。自殺した人には依頼があったはずです。そんな人の未来を奪うのがネットいじめです。

あなたも苦しむ前に、可能なだけ対策をとったり、周りに知らせましょう。

永久凍結にするには?

f:id:rick1208:20200616165644p:plain
ツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法で、次は永久凍結について説明していきます。嫌がらせなどをしてくる相手のアカウントを凍結させる方法を説明してきましたが、次は永久凍結させる方法を解説します。

そもそも永久凍結とは何か?まず、凍結とはあくまで一時的にツイッターを凍結させる方法であって、ずっとツイッターアカウントを凍結させることとは異なる意味です。ですがツイッターの永久凍結とは、そのツイッターアカウントを今後一切使用できなくする方法です。要するに、普通の凍結の方法と違ってもう復活することは可能でせん。

なので、この方法を使えばもうツイッターで嫌がらせや誹謗中傷を受けることはなくなります。

相手が悪質な事をしていない限り凍結は解除される

f:id:rick1208:20200616011141p:plain
では、ツイッターで凍結させたい相手を永久凍結させる方法を実行するにはどうすれば良いのでしょうか?そもそも、凍結から解放されるのはツイッター側が、このアカウントは問題がないと判断した場合です。なので、私たちがツイッターアカウントを絶対に永久凍結させる方法はありません。

あくまで最終決定権はツイッター側にあるのをお忘れなく。ですが、そのアカウントが悪質な行為をしているとツイッター側で判断された場合は、永久凍結になります。要するに、やはり永久凍結させる方法は、通報をする方法が一番なのです。

あまりに悪質なユーザーだった場合は、上記の報告方法を試しておきましょう。

「悪質」と判断される「脅迫行為」に注意しよう

f:id:rick1208:20200615192908p:plain
ここまでツイッターで凍結させたい相手を凍結させる方法を説明してきましたが、ツイッターでこの方法をするのにはちょっと危険があります。それは、悪質とされる通報です。これは、通報された相手に何も非がないのに、通報した場合に判断される違反です。

通報した側に正当な理由がなく、ただの逆恨みや気に入らないから、といった理由で上記の方法で通報する行為を「脅迫行為」といい、ツイッターの立派なルール違反になってしまいます。

もし、ツイッター側にあなたの投稿が「脅迫行為」と判断された場合、あなたのアカウントが凍結されてしまいます。
気に入らないから・逆恨みでの通報は絶対にやめてください

先ほどから記載していますが、気に入らないから・逆恨みでの通報は絶対にやめてください。その行為に迷惑するのは通報したあなたではなく通報されたなんの非もない人です。

前にツイッターで、絵師を凍結させるという嫌がらせ行為が流行りました。それは、何も悪いことをしていない絵師を「気に入らないから」といった理由で通報するという行為です。絵師とは漫画や小説などの絵を書いている、イラストレーターとも呼ばれる人も含めた職業をもつ人達の呼び名です。

昔からオタクや漫画や小説のイラストを描く絵師は嫌われてきました。その大半が「キモい」や「気に入らない」という、自分自身勝手な理由からです。この言葉を自分自身の胸の内に留めておくことが可能な人は立派だと思います。ですが、ネットの世界ではこの言葉が充満しています。これこそ誹謗中傷です。

オタクも、絵師も、自分自身が好きなことをやっているだけです。みなさんがサッカーや野球が好きで、実ときにやったり、テレビで応援しているのとなんら変わらない「趣味」なのです。なのになぜ、「オタク」などの言葉に過剰反応して誹謗中傷をするのでしょうか?あなたたちが所持しているものとなんら変わらない「趣味」なのです。

そんなちょっと違った「趣味」をもつ人達を一斉にツイッターでブロック・スパム報告をして永久凍結させようとする人がいるのです。何も悪いことをしていない人達を悪者にして優越感に浸りたいだけなのです。こんなくだらないことのためにツイッターに凍結があるわけではありません。

絵師にとってツイッターなどのSNSは重要な仕事のツールなのです。普通の会社で言ったらCMや新聞・雑誌などの宣伝と同じなのです。そんな仕事のツールを遊び感覚で潰す。自分自身の会社で考えてください。広告がなくなれば収入が見込めず、下手をすれば倒産です。絵師で言えば稼ぎを失うことになります。そうなれば当然生活ができなくなります。そこから鬱などの病気を発症する人もいるでしょうし、最悪自殺してしまうかもしれません。

要するにツイッターでのいたずらな通報は、間接的に人を殺すかもしれない行為なのです。

まとめ

f:id:rick1208:20200615180605p:plain
SNSは多くの人と友好的な関係を築くことが目的だと思っています。決して、人を傷つける方法としてのツールではありません。もちろんツイッターもそうです。ツイッターを人を傷つける方法を持った凶器にしないでください。もしそんなことをしようとしていた人がいたら、この記事のコピペでも、この記事の晒しでもなんでいいです、止めてあげてください。

ツイッターでは争いなんて起こさず、友好的な関係を築きながら、安心して使える環境にしていってください。