漫画の地球儀

Twitterのキャッシュの削除方法!【iPhone、Android、パソコン、ブラウザ、Edge、アプリ】

スポンサーリンク

ツイッターのキャッシュを消去しないとどうなる

f:id:rick1208:20200615151820p:plain
そもそも、ツイッターのキャッシュとは何なのか解説したいと思います。
ツイッターのキャッシュとは、よく使うツイッターのデータを早く読み込むために存在するものです。一時的なツイッターのデータ、ツイッターの履歴のようなものです。

たとえば、ブラウザアプリで再度同じページを開いた場合に速やかに出しることが可能なといった役割があります。

そこで、ツイッターのキャッシュの定期的に消去しないとどうなるのか?説明します。

iPhone,Androidなどのツイッターのストレージの容量が少なくなると、ツイッターの動作が重きなり、いつも通りツイッターの操作ができない状態になってしまう。また、ツイッターのキャッシュはどんどん増え続け流のです。

加えて、蓄積されていくとツイッターの他の動作に影響を及ぼすほどのゴミとなってしまいます。

ツイッターのキャッシュの定期的に消去しないことでおこるこれらのこと、はiPhone,Android,パソコンなどで生じるもので、Android端末もツイッターのキャッシュが溜まりすぎるとiPhone,Android,パソコンのツイッターの動作が遅くなってしまいます。

ツイッターのキャッシュの定期的に消去しないことは、スムーズにツイッターの動作できない原因になります。

どんどん動作が重くなる

f:id:rick1208:20200615151635p:plain
また、ツイッターの容量が少なくなると、どんどんツイッターの動作が重くなり、ツイッターでスムーズな動作ができない状態になってしまいます。

ツイッターのキャッシュの定期的に消去しないことはかなりツイッターを使用する上で不利になります。

加えて、ツイッターのキャッシュの定期的に消去しないことは、iphone,Androidの中に蓄積したツイッターのキャッシュがツイッターの動作をスムーズにできない原因になっています。

スマホのストレージ不足になることも

f:id:rick1208:20200615151617p:plain
また、ツイッターのキャッシュはいちど表示したツイッターの画像やWebページのデータを一時的に保存しておくもので、再度見るときにツイッターのデータをダウンロードせず、速く表示可能です。

スマホでのツイッターのストレージ不足になるとどうなるのか?ツイッターのキャッシュの定期的に消去しないとどうなるのか?

二度と見ないツイッターのデータを保存しておく必要はないので、iPhoneでのツイッターのストレージ(容量)が少なくなっているときは消去してツイッターのストレージ(容量)の空きを確保しましょう。

ツイッターのキャッシュを消去する方法「Android

f:id:rick1208:20200615151617p:plain
上記では、ツイッターのキャッシュを定期的に消去しないとどうなるのか?スマホでのツイッターのストレージ不足になるとどうなるのか?について説明してきました。

ここからは、ツイッターの動作をスムーズにできない原因やツイッターでのスムーズな動作ができない状態から解放される方法を説明していきます。いかにツイッターのキャッシュが不要であるのか解説します。

ここから、ツイッターのキャッシュについて詳しく見ていきます。Android 4、2以降ではOS自体にキャッシュの消去機能が搭載されたため、設定アプリから簡単に消去することが可能となりました。

ここでは、その方法と、ブラウザアプリ「Chrome」のキャッシュ消去方法、アプリを使ったツイッターのキャッシュクリアの方法をご解説します。

設定を開きアプリを管理をタップ

f:id:rick1208:20200615145319p:plain
まず最初は設定アプリを押して、「ストレージ」(※)を押します。

※端末により「端末容量」「ストレージ」など表記が異なります
※写真はALCATEL ONETOUCH製のIDOL3

設定アプリから「SDカードと端末容量」(あるいは「ストレージ」)を押してください。

「キャッシュされているデータ」を押し、OKを選択すれば端末内のアプリのキャッシュデータが消去可能です。
f:id:rick1208:20200616094054p:plain

ツイッターを押しキャッシュを消去をタップ

f:id:rick1208:20200615145309p:plain
「アプリ」という項目があるので、そこからツイッターを選び、消去してください。

これで、ツイッターのキャッシュを消去するやり方の説明を終わります。これからはツイッターのキャッシュの定期的に消去するようにし、ツイッターのストレージを常に空け、ツイッターをスムーズに使用していきましょう。

ツイッターのキャッシュを消去する方法「iPhone

f:id:rick1208:20200615165042p:plain
ここでも言っておきますが、ツイッターのキャッシュですが、データを保存しておく以上容量をとります。

なのでツイッターのキャッシュが増えすぎると「アプリの動作がなんとなく重い・・」という事態にもなりかねません。

ツイッターで自分自身のプロフィールを開く

まず、ツイッターで自分自身のプロフィールを開いてください。

設定ボタンをタップ

f:id:rick1208:20200615165258p:plain
ツイッターのプロフィールの「設定とプライバシー」を開きその中の基本設定の項目にある「データ使用の設定」を押します。

データー使用の設定をタップ

f:id:rick1208:20200615165815p:plain

ツイッターのストレージの箇所の「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」がキャッシュにあたります。
f:id:rick1208:20200616094217p:plain

メディアストレージあるいはウェブサイトストレージをタップ

ウェブサイトストレージではウェブサイトページ、Cookie、保存済みのログイン情報、その他のファイルを消去することが可能です。

cookieが消去されると、ログインしっぱなしのサイトでログアウトされますのでご注意下さい。
f:id:rick1208:20200616094255p:plain
メディアストレージでは1回表示した「画像」「GIF画像」「Vineの動画」などが保存されています。これを消去することで容量を節約することが可能です。
f:id:rick1208:20200616094301p:plain

メディアストレージを消去、ウェブストレージを消去をタップ

f:id:rick1208:20200615163813p:plain
そして、最終的にメディアストレージを消去、ウェブストレージを消去を押して以上終了です。

ツイッターのキャッシュの消去について見てきましたが、いかかでしたか?これからは、ツイッターのキャッシュの定期的に消去することを心掛けて、ツイッターのストーレージを常に空けときツイッターを使用しやすいようにしておきましょう。

ツイッターのキャッシュを消去する方法「パソコン」

f:id:rick1208:20200615165815p:plain
使用しないツイッターのキャッシュを放置していると、不正アクセスを受けてログイン情報が漏えいしたり、乗っ取りに遭ったり、などの被害に遭う可能性があります。

なので、使わないのであれば早めに退会したほうがよいでしょう。ここでは、パソコンでのツイッターのキャッシュの消去方法を解説します。

ブラウザのキャッシュをクリアにする

f:id:rick1208:20200615165335p:plain

パソコンからであれば自動で「ツイッター、com」が開くので、スマホでおこなったパソコン版ページを開く手順が不要です。
1、 ログインした状態で右上にある自分自身のアイコンをクリック→「設定とプライバシー」

f:id:rick1208:20200616094333p:plain
2、 ユーザー情報ページが開いたら最下部「アカウントを消去」を押します。
f:id:rick1208:20200616094415p:plain
3、 @◯◯(自分自身のID)を消去」を押します。
f:id:rick1208:20200616094430p:plain

Chromeのキャッシュを消去する方法

手順を順番に説明します。


1、 「ツイッター、com」にアクセス(このとき「mobile、ツイッター、com」に飛ばされても問題ありません)

2、 アドレスバー右の三点アイコンを押す→メニューから「パソコン版サイトを見る」

3、 パソコン版のページが開いたらログインし、右上にある自分自身のアイコンをタップ→「設定とプライバシー」

4、 ユーザー情報ページが開いたら最下部「アカウントを消去」→「@◯◯(自分自身のID)を消去」

Edgeのキャッシュを消去する方法

Microsoft Edgeでは、Webページを見ることしたときの画像などの情報を、キャッシュ(インターネット一時ファイル)として一時的にパソコンに保存しています。

次回同じWebページを表示するときには、キャッシュの情報を使用してすばやくページを表示可能です。
保存されている一時ファイルは、定期的に消去することでハードディスクの使用量を節約可能です。

Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

Microsoft Edgeでキャッシュを消去するには、以下の操作手順を行ってください。
Microsoft Edgeを起動し、「」(設定など)を押して、表示された一覧から「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200616094504p:plain
設定」が表示されます。
「閲覧データのクリア」欄から「クリアするデータの選択」を押します。
f:id:rick1208:20200616094603p:plain
「閲覧データのクリア」が表示されます。
「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを入れて、「クリア」を押します。
f:id:rick1208:20200616094625p:plain
「クリア」の下に「すべてクリアされました」というメッセージが表示されたら、消去終了です。
※ メッセージは自動的に消えます。
f:id:rick1208:20200616094634p:plain

IEのキャッシュを消去する方法

(1) インターネットオプションの起動してください。

InternetExplorerのメニュー「ツール」の「インターネットオプション」で、「全般」タブを開き、「閲覧の履歴」の「消去」を押します。

f:id:rick1208:20200616094653p:plain
2 「閲覧の履歴の消去」画面が表示されます。下記の様にチェックがついていることをチェックし、「消去」を押します。

f:id:rick1208:20200616094703p:plain
(3) 以下のが表示が出ましたら、消去は終了です。

f:id:rick1208:20200616094709p:plain
ツイッターのキャッシュを消去する方法〜パソコン〜では、色々な方法を説明しています。これからは、ツイッターのキャッシュの定期的に消去してツイッターのストレージを常に空け、スムーズにツイッターご使用ください。

まとめ

f:id:rick1208:20200615163619p:plain
今回の記事では、ツイッターのキャッシュの消去方法は?消去するとどうなる?「iPhoneAndroid」について説明してきました。また、ツイッターのキャッシュの消去方法では、iPhoneAndroid、パソコンに分けて説明しています。

また、ツイッターのキャッシュの定期的に消去しないことで起こる、ツイッターの動作をスムーズにできない原因やツイッターでのスムーズな動作ができない状態から解放される方法を説明しています。

ツイッターのキャッシュを消去する方法〜Android〜では、Android 4、2以降ではOS自体にキャッシュの消去機能が搭載されたため、設定アプリから簡単に消去することが可能となりましたので、設定アプリの使用方法を説明していきました。

ツイッターのキャッシュを消去する方法〜iPhone〜では、ツイッターで自分自身のプロフィールを開く所から始まり、ツイッターからツイッターのキャッシュを消去可能なやり方をスクリーンショットを使いながら説明していきました。

ツイッターのキャッシュを消去する方法〜パソコン〜では、ブラウザのキャッシュをクリアにする方法、Chromeのキャッシュを消去する方法、Edgeのキャッシュを消去する方法。

また、IEのキャッシュを消去する方法について順番にスクリーンショットを使いながら説明していきました。