漫画の地球儀

Twitterで過去ツイートを見る方法!【自分、他人、パソコン、スマホ、オススメアプリ、ツール】

スポンサーリンク

ツイッターで過去ツイートを遡る方法

f:id:rick1208:20200615151820p:plain
皆さんはツイッターで昔のつぶやきを見返すことはあるでしょうか。ツイッターで昔つぶやいた自分自身のツイートや他人のツイートを懐かしんで見ることは誰にでもあるかと思います。

とはいえ、ツイッターでの自分自身や他人の過去ツイートを見るときは手動で見にいくことが大半ではないでしょうか。実は、ツイッターには検索することで自分自身や他人の過去ツイートを遡ってみる方法があるのです。

ここではそんなツイッターで過去ツイートを遡る方法について説明していきたいと思います。

twilog」使用

f:id:rick1208:20200615151635p:plain
ツイッターで過去ツイートを遡る方法として代表的なサービスが「twilog」です。「twilog」は、ツイッターのツイートをブログ形式にて保存・見ること可能なサービスです。

twilog」の特徴に日ごとにまとめて記録していくので過去ツイートを遡ることが簡単に可能という点があります。ほかにもツイッター上でリプライを送った相手やハッシュタグごとにツイートを分けて遡ることも可能です。

さらに「twilog」は、登録しなくてもツイッター IDを記入するだけで最新100件分のツイートをチェック可能なのです。
f:id:rick1208:20200616020014p:plain
とりあえず試しで利用してみたいという方ぜひ、ツイッターと合わせて「Twilog」を使用してみてください。
f:id:rick1208:20200616020022p:plain
試しにツイッター IDを記入してみましょう。「「とりあえず利用してみたい」「Twilog登録ユーザーのページを見てみたい」」という欄がありますので、そこに遡りたいユーザーのツイッター IDを挿入してみてください。
f:id:rick1208:20200616020030p:plain
ツイッター IDを挿入すると、該当のツイッターユーザーについての情報が表示されます。

画面を下へスクロールさせると、ツイッターでの最新のツイートから100件分のツイートを遡る形で表示されているのが分かると思います。
f:id:rick1208:20200616020046p:plain
このように指定のツイッター IDを挿入するだけで自分自身や他人のツイートを遡ることが可能なのです。

とても手軽に操作可能ですので、自分自身や他人のツイートを遡る・見る為のツールを探しているのであれば、ぜひTwilogを使用してみてください。
f:id:rick1208:20200616020058p:plain

ツイッター公式アプリ(サイト)から、期間を指定して検索

f:id:rick1208:20200615151617p:plain
続いてツイッターで過去ツイートを遡る方法として、ツイッター公式アプリ(サイト)から期間を指定して検索するという方法もあります。

これは単純に、ツイッター公式アプリ(サイト)の検索ボックスに対してツイッター IDと日付を指定して検索をかければいいだけです。まず最初は検索ボックスにツイッター IDや日付などを指定してみましょう。
f:id:rick1208:20200616020139p:plain


このように、遡って見るだけならツイッター上でも可能です。日付指定も簡単に行えますので、遡って見たい人は公式ツイッター内でもぜひご使用してみてください。

自分自身の過去のすべてのツイートを見たい場合は、「全ツイート履歴」

f:id:rick1208:20200616013619p:plain
ツイッターで過去ツイートを見る方法として自分自身の過去のすべてのツイートを見たい場合は、「全ツイート履歴」をリクエストする方法もあります。

この全ツイート履歴は、公式ツイッター上で行うことが可能です。まず最初は、アカウントトップページを開いてみましょう。

この画面から右上のアイコンを押してみましょう。
f:id:rick1208:20200616020443p:plain
その後、設定とプライバシーを選びてみてください。
f:id:rick1208:20200616020453p:plain
設定とプライバシーのページ内には「ユーザー情報」という項目があります。

そのユーザー情報という項目内のページを下へスクロールしてみると、「全ツイート履歴をリクエストする」という項目がありますので、こちらを選びてみてください。
f:id:rick1208:20200616020500p:plain
リクエストを終えると受付終了のポップが表示されますので、これでリクエスト作業は終了です。

操作自体も簡単ですので、自分自身の過去ツイートを手動で見るのを面倒と感じていた方など気になる人はぜひお試しください。

ツイッター過去検索ツール「Topsy」を使う

ツイッターで過去ツイートを見る・遡る方法として、ほかにもツイッター過去検索ツールTopsyを使うという手段がありました。ですが、今はTopsyはサービス終了しています。

残念ですが、ツイッターで過去ツイートを見る・遡る為の別の手段を検討していきましょう。

ツイッターで過去ツイートを遡る方法「自分自身、他人」

f:id:rick1208:20200615192908p:plain
他にもツイッターで自分自身や他人の過去ツイートを遡る方法は存在します。たくさんありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ツイッターで過去ツイートを遡る方法「自分自身、他人」「スマホ

f:id:rick1208:20200615181216p:plain
ツイッターで自分自身や他人の過去ツイートを遡る方法として、スマホでツイートを見る方法もあります。ツイッター用のアプリがあるのでそちらをチェックしてみましょう。

ツイッターで過去ツイートを遡るオススメアプリ

ツイッターで過去ツイートを遡るオススメアプリとしてはtwiccaやツイッターのついっとぺーん(ツイッター)、sobachaなどのアプリがあります。
f:id:rick1208:20200616020612p:plain
過去ツイートを見るというよりはツイッターを純粋に楽しむというイメージかもしれませんが、遡るときにも有用です。
f:id:rick1208:20200616020618p:plain
ぜひ利用してみてください。
f:id:rick1208:20200616020625p:plain

ツイッターで過去ツイートを遡る方法「自分自身、他人」「パソコン」

f:id:rick1208:20200615180718p:plain
続いてはパソコンにおけるツイッターで自分自身や他人の過去ツイートを遡る方法についてです。

ツイッターで過去ツイートを遡るオススメツール

ツイッターで過去ツイートを遡るオススメツールとしては、twilogや公式ツイッターでの検索、そして全ツイート履歴のリクエストが挙げられます。これらについては前述していますが、代表的なオススメツールです。ぜひ使用してみてくださいね。
f:id:rick1208:20200616020647p:plain

ツイッターの過去ツイートを遡る外部サービス

f:id:rick1208:20200615180630p:plain
ツイッターには、ツイッターの過去ツイートを遡る外部サービスも存在します。便利なサービスは沢山存在していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ツイッターの過去DMを遡る方法

ツイッターの過去DMを見る・遡る方法としては、「twDocs」というサービスが存在します。「twDocs」はツイッターのツイートやDM、検索結果をダウンロードして見ることの可能なサービスです。

さらに特定のキーワードで検索した結果もダウンロード可能となっています。XMLやPDF、HTML、テキストなど、色々な形式でダウンロードが可能となっています。ダウンロード形式を自由に選べる点が人気の理由かもしれませんね。
f:id:rick1208:20200616021340p:plain

ツイッターのDMを自動保存する方法

f:id:rick1208:20200615180530p:plain
ツイッターのDMを自動保存する方法として、「Store your DM」というサービスが存在します。「Store your DM」は、ツイッターのDMを保存を目的としたサービスとなっています。

「Store your DM」は、あなた自身が送信・受信したDMのデータをバックアップとしてメールで届けてくれます。

ツイッター上でDMが消えてしまっても、バックアップによってDMのやり取りをチェックすることが可能ですので、とても便利なサービスです。なお、届くメールについては2種類のタイプが存在しています。

一回送信するたびに一回メールが送信されるタイプと、一日一回、送受信したDMがまとめて送信されるタイプのメールです。お好きなほうを選んで使用してみてください。

登録も簡単で、メールアドレスを登録してツイッターの連携アプリ認証を行えば終了します。無料で使用可能なので、日常的にDMを使用している方にとってはとても助かると思います。
f:id:rick1208:20200616021401p:plain
「Store your DM」の使用方法もサイト上に案内されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
f:id:rick1208:20200616021413p:plain

日付を指定してツイートを検索する方法

f:id:rick1208:20200615165323p:plain
ツイッターでは日付を指定してツイートを検索する方法があります。ツイッターでは、ブラウザ・アプリともに同様に検索することが可能です。この作業については冒頭に記載していましたが、より詳しく説明していきたいと思います。

検索コマンドの使用方法

検索コマンドの使い人は単純です。ツイッターを開き、検索ボックスにて検索方法を挿入するだけとなっています。人を指定して検索する方法や、日付を指定して検索する方法など、自由に指定可能ですのでぜひ試してみてください。

人を指定して検索する方法

f:id:rick1208:20200615163619p:plain
ではまず、人を指定して検索する方法についてです。

ツイッターの検索ボックスにて人を指定して検索する場合、「@ユーザーID名」と記入すると指定したユーザーのツイートやリプライ、メンションなど、指定したユーザーに関するツイートを検索結果として表示してくれます。

さらに、「from:ユーザーID名」で検索すると、指定したユーザーのツイートのみに絞って検索結果を表示することが可能です。

「to:ユーザーID名」で検索すると、指定したユーザーの行ったリプライやメンションに絞り込むことも可能です。

このように、各ユーザーに対してさらに細かく絞り込んで指定可能なのもツイッターの強みといえるでしょう。

日付を指定して検索する方法

f:id:rick1208:20200615163527p:plain
ツイッターにて日付を指定して検索する方法としては、「since」や「until」という文言を検索ボックスに挿入する方法があります。

「ユーザーID since:2018-08-01」と記入して検索をかければ、指定したユーザーが2018年の8月以降につぶやいたツイートを検索結果として表示してくれます。

「ユーザーID until:2018-08-01」と記入して検索をかければ、指定したユーザーが2018年の8月までにつぶやいたツイートを検索結果として表示してくれます。

要するにsinceとuntilを合わせれば、2018年8月から2018年9月までの検索結果を表示することも可能ということになります。

日付を指定してツイートを検索できない場合の対処法

f:id:rick1208:20200615163813p:plain
ツイッターでは日付を指定してもツイートを検索できないパターンも存在します。この点においても注意事項として記載しておきましょう。

ツイッターでは日付を指定してもツイートを検索できないパターンというのは、該当のユーザーが鍵垢になっている場合に発生します。もしくは該当の期間、鍵を掛けていた場合です。

鍵垢はツイートを非公開としていますから、非公開の情報は取り出せないということですね。

過去を遡る最初のツイートを検索する方法

f:id:rick1208:20200615151043p:plain
ツイッターにて過去を遡る最初のツイートを検索する方法としては、「Discover your first Tweet」という公式サイトのサービスがあります。最初のツイートを検索表示してくれるとても便利なサービスです。

興味が湧いた人はぜひ試してみてくださいね。

Discoverの使用方法

f:id:rick1208:20200615150807p:plain

Discoverの使用方法としましては、まずツイッターにログインした状態で「Discover your first Tweet」にアクセスしてください。その後、「@username」という項目に対して自分自身のIDや検索したい別のユーザーのIDを挿入してみましょう。

・・・とここまで記載してはみたのですが、調べたところ、2018年9月現在、この「Discover your first Tweet」というサービスは終了しているようです。

About


上記アドレスが「Discover your first Tweet」というサービスサイトなのですが、今は日本語版公式ツイッターサイトへとジャンプしてしまうようです。悲しいですが、また新たなサービスが導入されるのを待つしかないようですね。

アプリやサービス自体はこのように、生まれては消えてを繰り返しています。今後、より良いアプリやサービスが誕生するのを心待ちにしていましょう。さて、ここではツイッターにてツイートを遡る方法について説明してみました。

いかがだったでしょうか。消えてしまったアプリやサービスはともかく、今もツイッターは世界中で使用されています。今やツイートをつぶやくなんて当たり前の日常です。過去の履歴を懐かしむのは楽しみの一部ともなっているでしょう。

ツイッターに対する便利なアプリやサービスも、今では世にたくさん誕生しています。好きなツイッターユーザーのツイートや画像を保存しておきたいと思うのは自然な流れともいえます。ツイッターは手軽な分、ユーザー自身での消去も簡単に行えます。

「今見ておかないと消えてしまうかも」なんて思ってしまうこともあるでしょう。今のうちに過去のツイートを見てみたいと思っている人はぜひ当記事を参考にしてみてくださいね。それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。